2006年12月30日

アルティメット (Banlieue 13)

監督 ピエール・モレル 主演 シリル・ラファエリ
2004年 フランス映画 85分 アクション 採点★★★

何度も書くようではあるが、映画を楽しむポイントは決して一つではない。感動の物語を楽しむのもよし、情け容赦ない恐怖を楽しむのもよし。それこそ、景色だけ、美女だけ、筋肉だけを楽しむのでもよい。何を楽しむべき映画なのかを間違わなければいいだけの話である。『私の頭の中のなんとか』みたいな映画に、躍動感溢れる大胸筋の活躍を期待する方が悪い。ただ問題は、その楽しみ方に優劣が付けられがちな事で。「アクションやホラーよりも泣けるドラマの方が格が上」のような認識がまかり通ってしまっている。極端に言えば、「デ・ニーロの方がトニー・ジャーより演技が上手いから偉い」と言う意見は通っても、「トニー・ジャーの方がデ・ニーロより高く飛べるから偉い」とはならないようなもので。なんというか、寿司屋と大工を比べるような無意味さなんですが。

ban134.jpg

【ストーリー】
2010年、パリ。治安の悪化により周囲を高い壁で封じ込められた13地区で育ったレイトは、持ち前の正義感で街のボス、タハに立ち向かうが、逆に警察に捕まってしまい、妹ローラもタハに連れ去られてしまう。半年後、輸送中の中性子爆弾がタハに強奪され13地区にあることを知った政府は、武術の達人である捜査官ダミアンに、投獄中のレイトを案内人に13地区への潜入を命じる。爆発まで時間は残り僅か。しかし、この事件にはある陰謀が隠されていた。

ban133.jpg

自分が本当に観たい映画は後輩に作らせるベッソンが手掛ける、身体のバネ一本勝負の作品。
かねてから子飼いにしていた『トランスポーター2』などのスタントマン、シリル・ラファエリと、『クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』のスタントマン、ダヴィッド・ベルらがあんまりにも凄いので、「一本作っちゃおうよぅ。この間観た『マッハ!』だってそんな映画なんだからぁ」とばかりに完成させた一本。彼らの身体能力を存分に発揮させられる、余計なことに頭を使わせない程よくスカスカの脚本を用意させたらベッソンはピカイチ。毎週欠かさず“ショービズ・カウントダウン”を見ているであろう新しい物好きのベッソンらしく、「『要塞警察』が『アサルト13』にリメイクされるんだって!これからは、ジョン・カーペンターなんだって!」と、『要塞警察』と『ニューヨーク1997』を土台に…というか、核ミサイル発射ボタンを持つ大統領をより明確に中性子爆弾に変え『パリ2010』として、お気に入りのコクヨ自由帳に脚本を書き上げたベッソン。もちろん神さまブルース・リーへの敬意も、僅かではあるが忘れてはいない。
そんな彼らにとって非常に動きやすい舞台設定の中、「なんでわざわざ現場で起爆装置を入れなきゃなんないの?」などという設定の不満なんて吹き飛ばす、常識外れの肉体技を繰り広げる彼らは素晴らしい。物語の展開以上に素早い彼らの動きに、感嘆の声をあげるばかり。しかしながら、彼らの技の撮り方があまりにも淡白。如何に凄いことをやっているのか明確にわかるワンカットでのロングショットが思いのほか少なく、妙な所でカット割りが入ってしまうのは興醒め甚だしい。また、“クドイのはカッコ悪い”とでも思ったのか、どんなに凄いアクションでも、スローなどで繰り返し「これでもか!」と見せることもなく、非常にアッサリしているのも食い足りない印象を与えてしまっている。

ban132.jpg

マーシャルアーツのシリル・ラファエリに、『007/カジノ・ロワイヤル』で度肝を抜くアクションを披露したセバスチャン・フォーカンらと共に“パルクール”を創設したダヴィッド・ベル。それぞれの個性を活かしたアクションが見ものなのだが、特にダヴィッド・ベルが素晴らしい。彼の技もさることながら、ルックス、身体つきのどれをとっても非常にスクリーン映えのする役者だ。もちろん“泣かせの演技”など期待は出来ないが、“普段は見れないものを見せる”という映画の基本にのっとって考えれば、彼の肉体と技は充分に木戸銭を払って観る価値がある。どんなに偉そうなことを言ったって、「ほぇぇ!」と驚かせれば映画の勝ちなのだから。
どんな言語のどんな世代の人間にでも、映画の面白さをストレートに伝えることが出来るのは体の動きであることを証明したバスター・キートンやハロルド・ロイドらが蒔いた種が、ジャッキー・チェンを経由してフランスやタイで発芽したと考えるのは大袈裟かもしれないが、CGで塗り固められた背景の中にただ俳優が突っ立っているだけのアクション全盛の時代には、こういう映画は非常に快感でありますね。

ban131.jpg
“バカになる”とはこういうこと

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        

        



posted by たお at 01:17 | Comment(13) | TrackBack(14) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映画記事にごめんなさい。
今年は、ありがとうございました!
来年もよろしくお願いしますね。
よいお年を〜!
Posted by 猫姫少佐現品限り at 2006年12月31日 22:35
こんばんは♪
私の頭が単純な作りなもので、リュック・ベッソン脚本の作品は大好きです。

今年もあとわずか、、、
いろいろとお世話になりました。
来年もどうぞ仲良くしてやってくださいませ☆
Posted by ゆかりん at 2006年12月31日 23:33
明けましておめでとうございます☆★
昨年は私のブログにご来店・TB等ありがとうございました◆◇◆

今年もよろしくお願い致します(*^∀^*)

これからもお互い良いブログになるよう頑張っていきましょう♪
Posted by ☆Lazy☆Rose☆ at 2007年01月01日 01:21
猫姫さま、明けましておめでとーございます♪
いえいえ、TBのやり逃げばかりしているこんな所をお相手していただきまして、誠にありがとうございました。本年度もちょくちょくノゾキに伺いますので、よろしくお付き合い下さいませ^^
Posted by たお at 2007年01月01日 21:18
ゆかりん様こんばんは〜♪
中学生が授業中にノートにビッシリと書いたような話ばかりのベッソンですが、そこが魅力。作ってる本人があれこれ考えすぎていないってのが、いいですねぇw
Posted by たお at 2007年01月01日 21:28
☆Lazy☆Rose☆様、明けましておめでとーございます♪
TBのやり逃げばかりの昨年でしたが、本年度もきっとあまり変わらないのでは・・・^^;
“良いブログ”とは縁遠いサブタレでございますが、なにとぞよろしくお願いいたします^^
Posted by たお at 2007年01月01日 21:30
相変わらずのご無沙汰ぶり、すみません。
TB溜まりまくってます。こつこつお返ししてます。
いやーたおさんの喩えは素晴らしいですね。
すかっとします。シンプルでご都合主義的展開もすかっとします。
同キャストで続編ができたら 観に行きます。絶対。
でも、これ以上にひっそり公開されて終わりかも。
Posted by kino at 2007年01月15日 23:18
たおさん・・・TBはできたんですが、コメント入りません・・・(涙)
Posted by kino at 2007年01月15日 23:21
kino様こんにちは〜♪
お手の空いた時で構いませんので、お気になさらずに^^
しかしながら本作、ホントに楽しかったですねぇ。こんだけすごい身体能力を持つ人がいるなら、話はスカスカでも映画にするだけの価値はありますよね!
続編があったら、というか彼らが出る映画なら是非観たいですねぇ☆
あ、コメントも反応が遅いんですよ・・・^^;
Posted by たお at 2007年01月16日 16:51
こーんにーちはー♪
こいつは、爽快な映画でしたねー。新たな若ハゲが出てきやがった・・・と思ったとか思わないとか出てくるなり、そう呟いたとか言うのは想像にお任せします(笑)
まさか映画で上海雑技団とかシルク・ド・ソレイユとかボリショイとか見ている気分になれるとは思いませんでした。
この映画はストーリーとか設定じゃなくって、かっちょいいオシャレなマッハ!!!!!を撮りたかっただけって認識で間違いないですよね(苦笑
Posted by chibisaru at 2007年05月27日 14:23
chibisaru様こーんばーんはー♪
確かに若いしハゲてましたが、イケてるかどうかといえば・・・^^;
そんでもって、確かにかっちょいいしマッハでしたが、オシャレかどうかもw
ただ、「スゲー!!!あいつら、スゲーーーー!!!」って観る分には申し分ない映画でしたねぇ。
Posted by たお at 2007年05月29日 00:52
TB&コメントさせてもらっちゃいますねぇ〜。
単純に見て、非常に面白かったと思います。
面白ければ価値ですね。
確かに「アバター」みたいな、どこまでCGで、どこまでが人間か?
(ほとんどCGみたいだけど)みたいな映画と、
こういった体一つのアクションの両方を堪能できるとは
面白い時代に産まれたんだなぁと、感心してますw
Posted by oguogu at 2010年09月11日 00:32
oguogu様、こんにちはー!
「なんかスゲェもの見せてやる!」って姿勢は単純だけど、とっても大切ですよねぇ。これも映画の基本で。
Posted by たお at 2010年09月12日 13:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

流麗なる肉体アクションを見よ!
Excerpt: 157「アルティメット」(フランス)  近未来の2010年。パリ13街区はギャングの喧騒が渦巻く荒廃した地区。政府は13街区との間に鋼鉄の壁を張り巡らせ、都心の住人を守っていた。ある時政府の所有する..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2006-12-30 02:48

アルティメット
Excerpt: 舞台は2010年のパリ。悪がはびこる無法地帯として隔離された地区、バンリュー13
Weblog: 大発狂!マッドシネマ-映画天国-
Tracked: 2006-12-30 07:29

「アルティメット」
Excerpt: 「アルティメット」九段会館で鑑賞 ストーリーが初めはわかったのですが途中からちょっとわからなくなりました。ストーリーって余り必要の無い作品なのですが。実は九段会館の空調が寒いの何のって。凍えてい..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2006-12-30 09:21

アルティメット−(映画:今年2006年96本目)−
Excerpt: 監督:ピエール・モレル 製作・脚本:リュック・ベッソン 主演:シリル・ラファエリ、ダヴィッド・ベル 評価:88点 公式サイト (ネタバレあります)..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-12-30 09:26

『アルティメット』
Excerpt: ----「NO CG !NO STUNT! NO WIRE!」。 なんかどこかで聞いたような……。 あっ、分かった『マッハ!』だ。 「そう。 でももちろん、この映画にトニー・ジャーは出ていない(笑)。..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2006-12-30 14:40

アルティメット
Excerpt: 5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 気持ちはよ〜く分かります。 てか、フランス映画でこーゆーアクションが観れるとは思わなかったです。 てなわけで、リュック・ベッソ..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2006-12-31 04:08

アルティメット
Excerpt: 『BANLIEUE 13』公開:2006/07/15製作国:フランス監督:ピエール・モレル製作:リュック・ベッソン脚本:リュック・ベッソン、ビビ・ナセリ出演:シリル・ラファエリ、ダヴィッド・ベル、..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2006-12-31 23:29

『アルティメット』
Excerpt: 角川エンタテインメント アルティメット DTSスペシャル・エディション   『アルティメット』   タイムリミットは24時間! 国を守るため、妹を救うため、2人の男が立ち上がる..
Weblog: 唐揚げ大好き!
Tracked: 2007-01-03 15:44

アルティメット。
Excerpt:  シリル・ラファエリ主演、『アルティメット』、DVDにて鑑賞。  昨年末、『暗いところで待ち合わせ』を観に行った際のこと、斜め後ろに座っていたオッサンが寝てやがるんですよ。  寝るのはいいんですよ、..
Weblog: この世界の憂鬱と気紛れ
Tracked: 2007-01-04 22:27

「アルティメット」 ノーCG!ノースタント!ノーワイヤー!
Excerpt: ぜーんぜん予備知識なし。 ん?リュック・ベッソン印の映画かぁ・・・。 隣の映画館でやっていた「レイヤー・ケーキ」の ついでにハシゴで見ることにしました。 「アルティメット」 (BANLIEUE 13..
Weblog: 目の中のリンゴ
Tracked: 2007-01-15 23:13

#696 アルティメット
Excerpt: 製作:リュック・ベッソン 脚本:リュック・ベッソン 監督:ピエール・モレル 出演:シリル・ラファエリ、ダヴィッド・ベル、ビビ・ナセリ、トニー・ダマリオ 2004年フランス 近未来のパ..
Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
Tracked: 2007-05-27 14:13

映画『アルティメット』
Excerpt: 原題:Banlieue 13 ノーCG、ノースタント、ノーワイヤーが謳い文句のノンストップ・アクション・エンターテインメントなシーンにハードにスリリングに肉体が飛び跳ね躍動する・・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ?祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?
Tracked: 2007-07-02 01:29

アルティメット
Excerpt: 多少話題になったタイのノースタント、ノーCG映画よりもあんまりパッとしなかったこの映画のが面白かったぞ! アルティメット DTSスペシャル・エディションposted with amazlet o..
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2007-07-22 11:26

アルティメット
Excerpt: 2006年7月上映 監督:ピエール・モレル 主演:シリル・ラファエリ他 NO CG! NO STUNT! NO WIRE!アクション、極まる!・・・・・・・・・・凄い!まさにノンストップ!...
Weblog: oguoguの日々映画見っ放し!
Tracked: 2010-09-11 00:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。