2012年11月24日

ミッドナイト・イン・パリ (Midnight in Paris)

監督 ウディ・アレン 主演 オーウェン・ウィルソン
2011年 スペイン/アメリカ映画 94分 コメディ 採点★★★★

「まぁ!?なんて後ろ向きな人!」と言われようが何であろうが、自分の過ごしてきたある一時期に対する思い入れが強い私。自分の楽しんでいる娯楽の原点が全てそこに集約されてますし。ただ、目の前にタイムマシンがあって「戻る?」と言われたら、素直に「ヒャッホーイ!」となるかどうかはまた別。全てにおいて未熟で経験不足だったからこそ何もかにもが新鮮で、数多かったはずの困難もクリアした今だからこそ楽しい思い出として残ってるんであって、今の自分のままそこに戻ったら、もうそれは別物でしょうし。

mnip1.jpg

【ストーリー】
映画脚本家としての成功を捨て本格的な小説家を目指すロマンチストのギルは、婚約者イネズの父親の出張旅行に便乗し憧れのパリへとやって来る。しかし、イネズともその家族ともイマイチそりが合わない上に、いけ好かないイネズの男友達の出現により、一人真夜中のパリを彷徨うことに。そんな彼の前に一台のクラシックカーが現れ、誘われるがまま乗り込むギル。やがて彼が辿り着いたのは、ヘミングウェイやフィッツジェラルド夫妻らが活躍する1920年代のパリで…。

mnip3.jpg

マッチポント』のウディ・アレンによる、ファンタスティック・ラブコメディ。変わらぬ作家性なのか意図的な再現なのかは定かではないが、80年代中期のアレンっぽさが色濃く出た一本で。
如何せん文学や美術には疎いので“フィッツジェラルドやダリに会える!”と言われても特に心は躍らないんですが、自分に置き換えて考えれば70年代のロンドンに迷い込み、ボウイやミック・ジャガーと交流しつつマリアンヌ・フェイスフルに恋をする、及びマルコム・マクラーレンとヴィヴィアン・ウエストウッドの店に出入りしている内にナンシー・スパンゲンに出くわしちゃう的なことなのかと。うわぁ、心が躍る!
そんな誰しも一度は心奪われる過去への憧れをベースに、我の強い女性に対する本能的な恐怖感、恐怖しながらも従ってしまう自分へのちょっとした嫌悪感など、“ウディ・アレンらしさ”のみで完成された本作。すっかりと尻に敷かれた状況から離れて向かう先が、これまた一筋縄ではいかなそうな女性ばかりってのもまさに。
しかしながら、幾分あっさりし過ぎている印象もなきにしろあらず。幻想でしかない“過去への憧れ”と決別し現実と向き合うってオチも、そこに至るまで存分に後ろを向いていただけに置きにいった印象も。“今回は戻って来たけど、機会があったらまた過去に行くかもしれないし、その時は戻ってこないかもしれない”って余韻があっても良かったのかなぁと。まぁ、ちょっとした魔法を一緒に楽しむ作品としては、このくらいの軽さが良かったとも。

mnip2.jpg

ギルに扮したのは、『ホール・パス/帰ってきた夢の独身生活<1週間限定>』『幸せの始まりは』のオーウェン・ウィルソン。このオーウェンが素晴らしい。なんか久しぶりだが、もうオーウェンが可愛い。オドオドしている割には女性に積極的で、夢見がちな上に頑固者というウディ・アレンの代弁者としての役柄なのだが、そこに見知らぬ人の車にひょいひょい乗り込むアホちゃんならではの腰の軽さと、一度決めた事はどんなに困難な事であろうがやり通してしまう、やっぱりアホちゃんならではの頑固さと一途さというオーウェンらしさが見事に合致。最近元気がなくてちょっと心配だったオーウェンですけど、“ウディ・アレン作品”という意外なステージで彼らしさを取り戻してくれた嬉しさが大きい。そんなオーウェンの可愛らしさに★ひとつオマケ気味に。
そのオーウェンとは『ウエディング・クラッシャーズ』で共演済みである『シャーロック・ホームズ』のレイチェル・マクアダムスや、『ダークナイト ライジング』のマリオン・コティヤール、『バレンタインデー』のキャシー・ベイツ、如何わしさが絶品だった『プレデターズ』のエイドリアン・ブロディに、『4デイズ』のマイケル・シーン、『アベンジャーズ』のトム・ヒドルストンらといった豪勢なキャストも魅力的な一本。
そんな豪勢な顔ぶれを尻目に、トップモデルとしてのみならず歌手としても活躍するカーラ・ブルーニや、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のレア・セドゥーといった独特かつ強烈な色気を放つ女優を脇に配してるってのも、さすがウディ。衰え知らずだなぁと。

mnip4.jpg
“好きな事が一緒”ってのも大事だけど、“好きな人と一緒だから好き”ってのも大事

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramによるブログ分析   

        

        

posted by たお at 13:50 | Comment(8) | TrackBack(40) | 前にも観たアレ■ま行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はあえて決別とまでの覚悟をさせなかったって点で今の歳のウッディ・アレンぽいのかな、とか思いましたがホント、オーウェンが可愛い映画でしたよねぇ… 自分なら何時だろうなぁ… とか、夢想る余地も含めて気楽に楽しめましたが、こういう監督と脚本と俳優による化学反応みたいなのを楽しめた映画でしたわ。
  
Posted by USA-P at 2012年11月26日 23:06
USA-P様、こんにちは〜♪
>あえて決別とまでの覚悟をさせなかった
私もそれで全然いいと思うんですけど、もっと過去へ心の重心が向き切ってても良かったのかなぁと。アレンが自分に説得をしている感じの。
にしても、本作のオーウェンは可愛い!アレン作品にここまでオーウェンが馴染むとは、正直考えもしてなかったですし。
Posted by たお at 2012年11月28日 10:30
自分を出さなくなってからのアレンはいいなあと思います。
オーウェンを代弁者にっていうのも、ぴったりでした。
しかし、女性を見る目はほんとに確かですね。
やっぱ大事なのは、スケベ心でしょうか。
Posted by sakurai at 2012年12月04日 10:20
こんにちは♪
ウッディ・アレン作品はあまり観たことがなくて...いつもドンパチばかり観てるから(笑)
幻想的な雰囲気がいいですね。
Posted by yukarin at 2012年12月04日 14:17
sakurai様、こんばんは!
自分の代弁者たるものを上手に見つけてきますよねぇ、アレンは。でもまさかここまでオーウェンがハマるとは、正直思いもせず。
女性を見る目に関しては、ホント自分の好みに正直なご老人でw
Posted by たお at 2012年12月05日 23:08
yukarin様、こんばんは〜♪
なんだかんだとアレン作品を観る事が多かったんですけど、まさに本作は“アレンらしい”一本で。これがOKならば、大概のアレン作品はOKなのではと。
Posted by たお at 2012年12月05日 23:10
たおさん

コメントでは初めまして。首都クロムのElieです。
TBありがとうございました。

監督のくせとか、役者のうんぬんなどは詳しくないのですが、この作品、とても気に入っています。こんなタイムスリップなら、ちょっと体験してみたい(笑)

好きな人と一緒だから好き

って、ありますよね。素敵な気持ちです。
Posted by Elie at 2012年12月08日 20:31
Elie様、こんにちは!
相手への感情込みで好きになったものって少なくないんですよねぇ。その反面、別れてから興味を失ったものも少なくないんですけど^^;
Posted by たお at 2012年12月13日 16:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/303631148

この記事へのトラックバック

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: 当時の文学や芸術の知識があれば、より楽しめる内容だったと思う。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2012-12-02 23:36

『ミッドナイト・イン・パリ』 前を向いて歩こう
Excerpt:  一番好きな詩人を問われれば、やはりジャン・コクトーかもしれない。もっとも私はフランス語が判らないので、原語ではなく堀口大學の訳で親しむのみだが。  もしもジャン・コクトー主催のパーティーに参加....
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-12-03 13:06

ミッドナイト・イン・パリ/MIDNIGHT IN PARIS
Excerpt: 「ガール」も気になってはいるんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 映画脚本家のギルは、婚約者イネズの父親の出張に便乗して憧れのパリにやってきた。 脚本家として成功していたギルだが..
Weblog: いい加減社長の映画日記
Tracked: 2012-12-03 13:17

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: ★★★☆ 小説家志望で、社交性のない主人公ギルをオーウェン・ウィルソンが熱演し、その婚約者イネズをレイチェル・マクアダムスが演じているのだが、なぜかネットでのキャスト紹介では、キャシー・ベイツ、エイド..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2012-12-03 13:53

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: こんな絵見せつけられたら、行かないわけにはいかないでしょう。 《時空が歪んでいる》 《ゴッホが呼んでいる》 公開初日観てきた。(公開初日に劇場にのこのこ出かける映画ってあったけ) 12..
Weblog: KATHURA WEST・・・Art-Mill
Tracked: 2012-12-03 14:53

★ミッドナイト・イン・パリ(2011)★
Excerpt: MIDNIGHT IN PARIS 真夜中のパリに 魔法がかかる 上映時間 94分 製作国 スペイン/アメリカ 公開情報 劇場公開(ロングライド) 初公開年月 2012/05/26 ジャン..
Weblog: Cinema Collection 2
Tracked: 2012-12-03 16:08

アレン流 タイムスリップ!
Excerpt: 映画「ミッドナイト・イン・パリ」を鑑賞しました。 婚約者とパリに訪れたハリウッドの人気脚本家ギル しかし 小説家になることを捨て切れず、1920年代のパリに想いを馳せていた ある夜 彼は憧れの192..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2012-12-03 17:18

映画:ミッドナイト・イン・パリ Midnight In Paris 好調ウディ・アレンが再現する1920年代のパリ。
Excerpt: 最近「それでも恋するバルセロナ」「Whatever Works」(邦題忘れた)と、好調な作品が続いているウディ・アレン。 今回もまた評判が良く、アカデミー賞に4部門もノミネーション。 (作品賞/監..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2012-12-03 19:10

映画『ミッドナイト・イン・パリ』★真夜中のパリの夢が覚めてないアレンだから
Excerpt:       作品について http://cinema.pia.co.jp/title/158560/ ↑ あらすじ・クレジ..
Weblog: **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**
Tracked: 2012-12-03 19:11

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: 1920年代のパリへGO!                 * * * * * * * * *  ハリウッドの脚本家ギルは、 婚約者イネズと共に彼女の両親とパリへ来ていました。 憧れのパリ。 ..
Weblog: 映画と本の『たんぽぽ館』
Tracked: 2012-12-03 19:51

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: ウディ・アレンのロマンティック・タイムスリップ映画、『ミッドナイト・イン・パリ』を観てきました。 ★★★★★ また好みのジャンル、タイムスリップ物。 VFXバリバリの『MIB3』に続いて、同じタイム..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2012-12-03 20:54

「ミッドナイト・イン・パリ」
Excerpt: 「Midnight in Paris」 2011 スペイン/USA ギルに「トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合/2006」「ダージリン急行/2007」のオーウェン・ウイルソン。 イ..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2012-12-03 21:21

迷子の旅人〜『ミッドナイト・イン・パリ』
Excerpt:  MIDNIGHT IN PARIS  ハリウッドの売れっ子脚本家だが、実は作家志望のギル(オーウェン・ウィル ソン)は、婚約者のイネズ(レイチェル・マクアダムズ)..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2012-12-03 21:23

「ミッドナイト・イン・パリ」
Excerpt:  (原題:MIDNIGHT IN PARIS )ウディ・アレンの語り口が冴える快作だ。洒落ていて、笑いも取れて、幕切れは感慨深いという、ソフィスティケイトされた都会派コメディの見本みたいなシャシンで..
Weblog: 元・副会長のCinema Days
Tracked: 2012-12-03 21:30

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: ウディ・アレン監督&脚本のコメディ最新作です。 夜中のパリにタイムスリップするって面白そうだなと公開を楽しみにしていました。 芸術家たちが華やかに集う様子にワクワクしながら主人公と共にパリをさまよえる..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2012-12-03 21:58

◇『ミッドナイト・イン・パリ』◇
Excerpt: 2010年:アメリカ+スペイン合作映画、ウディ・アレン監督、キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・..
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2012-12-03 22:04

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: ミッドナイト・イン・パリ(2011 スペイン・アメリカ) 原題   MIDNIGHT IN PARIS 監督   ウディ・アレン 脚本   ウディ・アレン 撮影   ダリウス・コンジ 音..
Weblog: 映画のメモ帳+α
Tracked: 2012-12-03 22:42

『ミッドナイト・イン・パリ』
Excerpt: (英題:Midnight in Paris) 「こういう何の驚きもない映画というのも、 ある意味いいよね。 安心して観ていられる」 ----えっ? これって 主人公が自分の憧れる1920年代の..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2012-12-03 23:06

『ミッドナイト・イン・パリ』
Excerpt: ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は、婚約者イネズ(レイチェル・マクアダムス)とともに愛するパリを訪れる。ワンパターンの娯楽映画のシナリオ執筆に虚しさを覚えているギルは、作家への..
Weblog: beatitude
Tracked: 2012-12-03 23:31

「ミッドナイト・イン・パリ」
Excerpt: パリの真夜中、過去へタイムスリップ!?
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2012-12-03 23:46

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: ハリウッドの売れっ子脚本家の男性ギルは、ワンパターンな仕事に虚しさを感じ、作家への転身を夢見ていた。 婚約者イネズと彼女の両親と共にパリへやって来た彼は、真夜中にほろ酔い気分で旧式の黄色いプジョーに乗..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2012-12-04 00:12

「ミッドナイト・イン・パリ」
Excerpt: 2011年・スペイン・アメリカ/配給:ロングライド 原題:Midnight in Paris 監督:ウッディ・アレン 脚本:ウッディ・アレン 撮影:ダリウス・コンジ 製作:レッティ・アロンソン、スティ..
Weblog: お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
Tracked: 2012-12-04 00:55

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt:  『ミッドナイト・イン・パリ』を渋谷ル・シネマで見てきました。 (1)昨年の『人生万歳!』をはじめとして、これまで何本も見ているウディ・アレン監督作品というので、だいぶ遅れてしまいましたが映画館に足..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2012-12-04 04:00

「ミッドナイト・イン・パリ」
Excerpt: ウディ・アレン監督がおくるファンタジー・コメディ、「ミッドナイト・イン・パリ」(
Weblog: セレンディピティ ダイアリー
Tracked: 2012-12-04 07:58

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: ベトナムに行く飛行機の中で見た1本です。 ウディ・アレンが脚本と監督を務め、アカデミー脚本賞を受賞。 公開になったら映画館に見にいこうと思っていたので、飛行機の中で見れてラッキーでした。     ..
Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク
Tracked: 2012-12-04 13:13

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: 【MIDNIGHT IN PARIS】 2012/05/26公開 スペイン/アメリカ 94分監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤ..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2012-12-04 14:09

ミッドナイト・イン・パリ / Midnight In Paris
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 去年のカンヌ映画祭でオープニングを飾り、 今年のアカデミー賞作品賞、9作ノミネートのうち日本で公開となる最後の..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2012-12-04 21:02

ミッドナイト・イン・パリ / Midnight in Paris
Excerpt: 酔って深夜のパリを徘徊していると、クラシックカーに乗った人々から一緒に来るように誘われる。戸惑いつつも、付いて行ってみると、いつの間にか1920年代にタイムスリップしていた。 幻想的で、ユニークな内..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2012-12-04 22:18

映画・ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: 2011年 スペイン=アメリカ合作 原題 Midnight in Paris 2010年 ハリウッドの売れっ子脚本家ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者イネズ(レイチェル・マクアダ..
Weblog: 読書と映画とガーデニング
Tracked: 2012-12-04 22:21

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: 『ミッドナイト・イン・パリ』---MIDNIGHT IN PARIS---2011年(スペイン/アメリカ)監督:ウディ・アレン出演:キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ..
Weblog: こんな映画見ました〜
Tracked: 2012-12-04 22:46

ミッドナイト・イン・パリ・・・・・評価額1600円
Excerpt: 真夜中のパリは、不思議の街。 ウッディ・アレンが、自らもこよなく愛すパリを舞台に描くファンタスティックな寓話。 世俗的な仕事に嫌気がさし、小説家としての再出発を志す主人公、ギルが迷い込んだのは..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2012-12-04 23:34

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: 『ミッドナイト・イン・パリ』 “MIDNIGHT IN PARIS” (2011・スペイン=アメリカ・1h34) 監督・脚本 : ウディ・アレン 出演 : オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マ..
Weblog: カプサイシンノココロモチ
Tracked: 2012-12-05 19:26

『ミッドナイト・イン・パリ』 (2010) / アメリカ・スペイン
Excerpt: 原題: MIDNIGHT IN PARIS 監督: ウディ・アレン 出演: キャシー・ベイツ 、エイドリアン・ブロディ 、カーラ・ブルーニ 、マリオン・コティヤール 、オーウェン・ウィルソン 、..
Weblog: Nice One!! @goo
Tracked: 2012-12-06 07:38

ミッドナイト・イン・パリ(2011)☆彡MIDNIGHT IN PARIS
Excerpt:  真夜中のパリに魔法がかかる 好き度:=90点 MOVIX京都にて鑑賞。 ロマンチック☆★な大人の絵本って感じでお洒落。アレンおじさん傑作作品ですね。 オーエン・ウィルソンはどちらかというとち..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2012-12-06 23:20

『ミッドナイト・イン・パリ』(2011 スペイン・アメリカ)
Excerpt: 公開が待ち遠しかったウディ・アレン監督の新作を観に新宿へ。 大人のメルヘンの王道を行く一作でありました。 原題:『MIDNIGHT IN PARIS』(94分) 監督・脚本:ウディ・アレ..
Weblog: 映画の心理プロファイル
Tracked: 2012-12-08 14:17

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: ウディ・アレンのパリ好き度 【Story】 ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗しパリを訪れる。彼はハリウッドで売れっ子脚本..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2012-12-08 18:35

「ミッドナイト・イン・パリ」
Excerpt:  絵葉書のように切り取られた幾つものパリの風景が少しずつ暮れ、街灯の艶かしい反映の中に沈んでゆく。冒頭の数分間だけで、芸術と恋と歴史の街にぐっと引き込まれました。日本では古都へでも行かない限り、過ぎ去..
Weblog: 首都クロム
Tracked: 2012-12-08 20:27

「ミッドナイトインパリ」
Excerpt: 夢は夢のままで。 80歳を目前にして、これまでで最高の興行収入を記録したというW.アレン監督作品。 それだけでも驚きだが、この年齢になってNY以外の都市を舞台に新作を作り続ける彼の意欲にも脱帽す..
Weblog: Con Gas, Sin Hielo
Tracked: 2012-12-09 18:06

「ミッドナイト・イン・パリ」
Excerpt: 〔2011年/アメリカ〕 オーウェン・ウィルソンは婚約者・レイチェル・マクアダムスと、 彼女の両親と一緒にパリに来ていた。 映画の脚本家の彼は、 ハリウッドで成功を収めてはいたが、 本当は小説家..
Weblog: のんびり。
Tracked: 2013-03-02 17:29

ミッドナイト・イン・パリ
Excerpt: 監督:ウディ・アレン 出演:キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、マイケル・シーン、オーウェン・ウィルソン、ニナ・アリアンダ、カ..
Weblog: タケヤと愉快な仲間達
Tracked: 2017-02-25 21:35