2006年12月16日

007/ユア・アイズ・オンリー (For Your Eyes Only)

監督 ジョン・グレン 主演 ロジャー・ムーア
1981年 イギリス/アメリカ映画 128分 アクション 採点★★★★

“初心に帰る”ってのは、どんな場面でも聞かれる言葉ですね。でも、「もう二度とこんなことしないから、もう一度オレとやり直そう!」とか言う奴に限って、三日もしない内にまた初心に帰らなきゃなんないようなことをしでかすんで、あんまりあてになんない言葉ですよねぇ。まぁ、「オレは初心になんか帰らない。このまま突っ走るぞぅ!」と開き直られるよりはマシですが。

fyeo3.jpg

【ストーリー】
全世界をターゲットにしうるミサイル誘導装置“ATAC”を積んだ英国スパイ船が沈没。引き上げに当たっていた海洋考古学者が何者かに殺害され、その暗殺者と背後で操る人物を探る為、ジェームズ・ボンドはギリシャへと向かう。

fyeo2.jpg

シリーズ屈指の迫力と面白さを持った『007/カジノ・ロワイヤル』であったが、「007を観た!!」という満足度にはいささか欠ける出来でもあったので、欲求不満を補う為に旧作をピックアップ。
3代目ジェームズ・ボンドのロジャー・ムーア5本目の作品で、シリーズ第12弾。宇宙空間でピピーピピーとレーザー戦を繰り広げた前作『007/ムーンレイカー』でさすがに行き過ぎたと感じたのか、大幅な軌道修正を施された本作。『女王陛下の007』で殺された妻の墓参りから始まる本作は、開始早々ボンドの宿敵ブロフェルド風の男をあっさりと倒し、『007/私を愛したスパイ』で大活躍した万能車ロータス・エスプリを木っ端微塵にする、『007/カジノ・ロワイヤル』でも見られたアンチボンド的な描写が満載。マティニも飲まない。悪役も東西冷戦を利用して小銭を稼ぐ密輸業者と、随分とこじんまりした設定。その反面、Qこそ出てくるが秘密兵器に頼らないボンドの肉体アクションに魅力が詰まった作品に仕上がっている。
元々スキースタントに定評のあったシリーズではあるが、ボブスレーのコースをスキーとバイクがチェイスするシーンは見事の一言。まぁ、華麗さでは『007/私を愛したスパイ』のオープニングスタントに軍配が上がるが、迫力の面に関しては本作が上。さすがシリーズのアクション監督等を長く務め、本作以降『007/消されたライセンス』まで連続して監督を務めるジョン・グレンだけあって、絶壁からのダイブシーンなど目を見張るアクションシーンが連続する。多少展開がまどろっこしく、いかにもラウンジミュージック風のシーナ・イーストンが主題歌は悪くないものの、シリーズ中最悪とも言えるビル・コンティの音楽に辟易もする。しかしながら、随所に織り込まれたキレのいいアクションの連続と、シリーズの名物でもある世界名所巡りが堪能できるので、退屈させない作品となっている。

fyeo1.jpg

ユーモアを忘れないボンドとして定着していたロジャー・ムーアだが、原点回帰を狙った本作では、持ち味の減らず口をだいぶ自粛。いつものロジャー・ムーアを期待していると幾分物足りなさを感じてしまうのだが、その物足りなさを補ってくれるのが、ボンドの協力者として登場するコロンボ役のトポル。海の男特有の豪快さと明るさを持ったこの役は、時折ボンド以上の魅力さえ発揮することも。まぁ、そばにいたらうるさくて仕方がないタイプの男ではあるんですが。
旧作だけで20本もあるシリーズだけにどれを再鑑賞するか迷ったが、どうせなら一番好みのボンドガールが出ている作品をと言うことで手に取った本作。やはり、何度観てもキャロル・ブーケの美しさは絶品。表情が異常に乏しいのでキャラクターとしての魅力に著しく欠けてはいるが、「これが“クールビューティ”ってやつだな」と思い込みさえすれば、そんな不満など些細なもので。また特筆すべきボンドガールとしては、伯爵夫人役として登場する故カサンドラ・ハリスが挙げられる。彼女が演じるキャラクター自身はさして特別なものではないのだが、撮影当時彼女に会いに撮影現場までやってきたのが、夫のピアース・ブロスナン。彼をひと目見たプロデューサーがいたく気に入ったようで、以降事ある毎にボンド役をオファーすることに。その他ボンドガールに、コッソリと男が混じってたり、プロアイススケーターとして人気のあったリン=ホリー・ジョンソンが出ていたりするが、特に印象はなし。まぁリン=ホリー・ジョンソンに関しては、高校時代に彼女の映画『アイス・キャッスル』を無理矢理学校の講堂で観させられた記憶が蘇りましたけど。映画の内容はさっぱり蘇りませんが、一箇所に集められた1000人近い男子学生が、男子特有の熱気を放ちながら女子スケートの映画を観るという、異様な雰囲気だけは蘇りましたよ。
最後に時のイギリス首相サッチャーのそっくりさんが登場しますが、そこだけコントの一場面のような出来なのはご愛嬌ってことで。

fyeo4.jpg
サッチャー以上にヒドイ扱いなのが、ダンナの方で

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        


posted by たお at 02:52 | Comment(2) | TrackBack(3) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
「ムーンレイカー」ではどうなっちゃうんだろうと心配しましたが、軌道修正してくれてありがとうとお礼をいいたくなりました(笑)
冒頭のブロフェルド?風?なヤツが出てきた時にはニヤリとしましたがあっさりやられてしまったのはちと残念でした。
ボブスレーコースでのチェイスシーンはホントにお見事でしたね〜
Posted by ゆかりん at 2007年03月19日 22:01
ゆかりん様こんばんは〜♪
さすがにスタッフも「あれはやりすぎたよなぁ」と自覚してたんでしょうねぇw
スペクターにもQにも頼らない、新しいボンドを作るそ!って意気込みは、しっかり伝わる一本でした。
Posted by たお at 2007年03月20日 02:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

DVD『007/ユア・アイズ・オンリー』
Excerpt: 1981年 監督:ジョン・グレン 出演:ロジャー・ムーア、キャロル・ブーケ、トポル他 冒頭の車椅子ハゲおやじ(ネコつき)は、誰だ。前のシリーズに出てきた悪者さんしか思い当たらないんですが。でもあの悪者..
Weblog: 映画ダイエット
Tracked: 2006-12-21 12:04

『007/ユア・アイズ・オンリー』(1981)
Excerpt: 漁船にカムフラージュしていた英国の監視船が撃沈された。その船内にはミサイル誘導装置ATACが搭載されていたため、英国政府は海洋考古学者にその引き上げを依頼するが、その作業中に何者かに殺害されてしまう。..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2007-03-18 20:11

007/ユア・アイズ・オンリー
Excerpt: 『FORYOUREYESONLY』公開:1981/07製作国:イギリス/アメリカ監督:ジョン・グレン原作:イアン・フレミング主題歌:シーナ・イーストン出演:ロジャー・ムーア、キャロル・ブーケ、トポル、..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2007-03-19 21:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。