2006年12月12日

トゥモロー・ワールド (Children Of Men)

監督 アルフォンソ・キュアロン 主演 クライヴ・オーウェン
2006年 アメリカ/イギリス映画 109分 SF 採点★★★

赤ん坊ってのは、ホント不思議な生き物で。その顔を真っ赤にして泣き叫ぶ泣き声に一体どんな効力を秘めているのか分からないが、一旦その泣き声が響き渡れば誰もが振り向き、年寄りは集まり、犬猫もオロオロとし始める。泣き声を聞いちゃうと、その言葉にならないメッセージによって「なんとかしなきゃ!なんとかしなきゃ!」とオロオロしてしまうんですが、最近そのオロオロをイライラと履き違えてしまっている方々も多いようで。赤ん坊のメッセージを受け取れない大人の増加、少子化、セックスに関心のない青少年の増加。あまり人類にとって良い兆候ではありませんねぇ。

chom2.jpg

【ストーリー】
2027年。原因が分からぬまま18年もの間子供が生まれなくなってしまった世界。暴力と絶望が渦巻く中、国境を封鎖し不法移民を徹底的に取り締まることで治安を維持しているイギリスのエネルギー省で働くセオは、ある日別れた妻ジュリアンが率いる反政府組織“FISH”に拉致される。彼女の要求は、一人の移民の少女を謎の組織“ヒューマン・プロジェクト”に引き渡す為に必要な通行証の入手。始めは拒むセオだったが…。

chom1.jpg

子供が生まれなくなることで、静かに、そして確実に滅亡へと進んでいく絶望に暮れた世界を舞台に描く一本。別に“子供の産まれない未来”の映画と言っても、美人のくのいちが飛んだり跳ねたりするアレではない。
子供が生まれなくなってしまった原因については一切描かれていないが、原因を描かないことで対抗策も何もない抗うことの出来ない運命として、非常に良い効果を上げている。『ゾンビ』もそうなのだが、原因が重要なのではなく、そうなってしまった世界の絶望が重要なのである。また、未来が見えてしまった絶望から暴力に溢れ、社会全体が停滞してしまったが故に見た目が現在となんら変わらない設定も良い。キング・クリムゾンの“クリムゾン・キングの宮殿”が高らかと流れるバターシー発電所跡を使ったシーンでは、ピンク・フロイドの“アニマルズ”のジャケットを豚気球を飛ばしてまで完全再現する芸の細かさを見せたりする。クライマックスの、幾層にも分かれる建物の内外で激しい銃撃戦が繰り広げられる中、赤ん坊を探すシーンをワンカットで見せる技術力の高さにも驚くし、ほんの僅かな希望にすがるしかない結末も、「これぞデストピア映画!」と満足のゆく出来である。しかしながら、人物描写があまりに弱い。生活描写もほとんどないため、何を考え、何を感じ、何故その行動を取るのかが上手く伝わってこない。仄かに伝わる演出をしているのだが、文章でならまだしも、映像になるとやはり弱い。ましてや映像があまりに力強いので、心象描写が負けてしまっている。国家・組織の相関図も整理されきっていない感も否めない。短い時間にこれだけの展開を詰め込んだ手際のよさは大したものなのだが、バッサリと読み飛ばしをしてしまったような印象もあり、どうせならあと30分ほど生活描写を加えても問題なかったのではとも。まぁそれでも、その曖昧な部分を鑑賞後にあれこれ考える楽しみはありますが。

chom4.jpg

ボーン・アイデンティティー』以降、『シン・シティ』などで目覚しい活躍を見せるクライヴ・オーウェン。本作では動物にだけは大人気の主人公を好演しているのだが、その濃い顔立ちとは裏腹にやる気を全く感じさせないオーラと始終苦虫を噛み潰したような表情は、イギリスならではのアイロニーに溢れた本作の世界観にピッタリ。その出番の短さが本作最大の不満点だったりもする『フォーガットン』のジュリアン・ムーアの、憂いた眼差しの美しさは絶品。ジョン・レノン、デイヴ・ギルモアというか、『世界を売った男』の頃のデヴィッド・ボウイのような髪型で登場するマイケル・ケインは、どうも最近このような浮世離れした役柄が多い気もするが、妻を前に意を決するほんの僅かなシーンで、思わず胸が熱くなるだけの奥深い表情を見せてくれるのは、さすが。
不満も少なくはないが大方満足のこの作品だが、字幕については一言二言。『セッション9』のピーター・ミュラン演じる警官のシドは、「シドはこうする」「シドはこれ嬉しい」と、必ず語頭に自分の名前をつけるちょっとアレな人なのだが、字幕ではそのニュアンスを一切無視。キャラクターの持つ人格を見事に壊している。文字数制限を言い訳にするほど長いセリフを喋っているわけでもないのに。そして、肝心のバターシー発電所跡でのシーンでは、場面と見事にリンクしているキング・クリムゾンの“クリムゾン・キングの宮殿”の歌詞を全く訳さず。被るセリフもほとんどないのに。なんだろ?ただのBGMだと思ったの?

chom6.jpg
どんな背景でも“絵”になる女優ですねぇ

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        

        
タグ:SF ★★★
posted by たお at 00:03 | Comment(26) | TrackBack(80) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらにも☆
書き出しの文、とても良かったですxxx
自分も、この作品、描かれていないところに表現力を感じました。
説明的でないものは、絶望そのものを描いている、。。その通りですよね!
ところで、ジュリアン・ムーア、随分とお好きだったんですね〜^^;
Posted by とらねこ at 2006年12月12日 02:38
とらねこ様こんばんは!
まぁ、子供の力に気付かなくなった時点で終わりなんじゃないのかなとも思ってるので^^;
ジュリアン・ムーアですか?大好きです!
『ロスト・ワールド』の頃なんて大嫌いだったんですが、『ブギー・ナイツ』からはまりましたねぇ♪
第一印象が悪ければ悪いほど、一旦気になると止まらないんですよw
Posted by たお at 2006年12月12日 19:31
たおさん TBとコメントありがとうございました!

いつものように、たおさんの細かい洞察と興味深いレビューを拝見して、「なるほど〜あれはそういう意味だったのか」と勉強になりました。

>赤ん坊のメッセージを受け取れない大人の増加
これは同感です。
こまった「子供な大人」たちが増えてますね。
Posted by なぎさ at 2006年12月13日 17:06
こんばんは♪

>動物にだけは大人気

これ、何かの伏線だと思ってちょっと期待して観てました(笑)
Posted by りら at 2006年12月13日 20:06
なるほど、人類に子供が生まれなくなったのはクライブ・オーウェンのように動物に好かれる男が増加したためだったのか。
Posted by kossy at 2006年12月13日 22:44
トラックバックありがとうございます。(http://www.yawarakacinema.com/cgi-def/admin/C-010/cinema/tdiary/index.rbのほうです。)
本家サイト(http://www.yawarakacinema.com/)も、よろしくお願いします。
Posted by やわらか映画〜おすすめDVD〜 at 2006年12月14日 01:30
たおさん、おはようございます。
TBありがとうございます。さすがですね。豚気球にしても、フロイドのジャケットにしても、自分は、思い出すのがたいへんでした。(かなり唸りました)
映像は、他の追随を許さないものがあったので「鬱」になりながらも、感心。でも、やっぱり「もう少し様子がわかればいいのに…」と思ってしまいます。
Posted by あかん隊 at 2006年12月14日 07:09
なぎさ様こんにちは〜♪
洞察というか、単なる思い込みだったりもするのですが^^;
自分も「オギャァ」しか言えない存在だったことを忘れてしまっている自称大人の多さには、ホント困りもので・・・。
Posted by たお at 2006年12月14日 10:19
りら様こんにちは〜♪
救いの赤子が小船に乗って川を下り大海原に出るなんて、もの凄く神話的ニュアンスを含んでいたんで、動物に大人気なのも意味があるんでしょうねぇ。読み取れませんでしたが^^;
Posted by たお at 2006年12月14日 10:24
kossy様こんにちは!
動物には大人気だが、女性にはw
他人事では・・・^^;
Posted by たお at 2006年12月14日 10:29
やわらか映画〜おすすめDVD〜様こんにちは!
後ほど伺わせていただきま〜す♪
Posted by たお at 2006年12月14日 10:30
あかん隊さまこんにちは!
思い出すもなにも、いつも目に付く所に置いてあるCDだったのでw
物語も映像も素晴らしいだけに、もう一押しが惜しいですよねぇ。
Posted by たお at 2006年12月14日 10:32
コメントを書かせて頂くのはお久しぶりです〜☆TBありがとうございました!

シドのしゃべり方、全く気が付かなかった〜さすが!たおさま!!
『セッション9』、悪夢を見てしまいそうなほど忘れられないシーンがいっぱいあります。。。
コワかった!
Posted by kenko at 2006年12月14日 11:31
ただただ圧倒された映画でした。
こだわりを感じる音楽が印象的でしたね。
TBありがとうございました。
Posted by とりこぷてら at 2006年12月14日 12:44
kenko様こんばんは!
いい歳こいて「シド、○○好き」とか、あからさまに文法もおかしい喋り方をしているというのに、字幕で無視するのはいかがかと^^;
『セッション9』は、面白かったですねぇ♪
あんな病院跡、仕事でも行きたくないものです。
Posted by たお at 2006年12月15日 19:05
とりこぷてら様こんばんは!
音楽の使い方が上手かったですねぇ。
確かに子供が生まれなくなってしまった世界では、音楽そのものも停滞してしまうんですね。
Posted by たお at 2006年12月15日 19:06
はじめまして TBありがとうございました。

こちらの不手際でちがう映画の分までTBつけてしまいました。失礼しました。

>バターシー発電所跡

あれがそのものズバリの場所だったとは知りませんでした。そう思ってもっとよく見ておけば良かったです(笑)。

Posted by starless at 2006年12月16日 10:27
starless様こんにちは!
バターシー発電所にクリムゾン・キングの宮殿が流れた瞬間が最も興奮した一瞬でしたねぇ^^
TBはこちらで修正しておきますので、お気になさらずに♪
Posted by たお at 2006年12月16日 10:36
たおさん、こんばんは。

「ジュリアン・ムーアが出ていて、子供がどうこう・・」と聞きかじっていたものですから、もし『フォーガットン』みたいなアレな映画だったらどうしよう・・と思っていました。
今思えばホント、無駄な心配でした・・。(汗)

私は、ピンクフロイドは名前くらいしか知らなかったので、お恥ずかしい事に“BGMくらいにしか”思っていなかった一人です。
たおさんのレビューを読んで、猛省致しました。
CDを借りて、歌詞をチェックした上で、もう一度観直したい気持ちでいっぱいです。
Posted by アガサ at 2007年03月25日 22:57
アガサ様こんばんは!
まぁ、クライマックスでクライヴ・オーウェンがバビューンと空へ飛んでいけば、それはそれで面白かったかも知れませんがw
アガサ様が猛省する必要は全くないですよ^^
誰もがキング・クリムゾンを知っているわけではないですし、クリムゾンキングの宮殿の歌詞を誰もが知ってるわけではないので、BGMと思われて全く当然なんですよ。問題は、それをただのBGMにしてしまった翻訳者であり、その点を指摘しなかった映画会社の人間なだけで^^;
Posted by たお at 2007年03月27日 23:45
たお様 TBありがとうございます。
映像はとてもしっかりしていて美しかったと思いましたけど、印象が散漫に思えて(アホだから)
分かりづらかったのが正直な感想です。
タイトルと原題がかなり違いますよね。
TBありがとうございました
Posted by Lance at 2007年05月09日 00:13
Lance様こんばんは〜♪
行間を読ませすぎる部分もありましたねぇ。それに乗れるか乗れないかは、実際体調とかでも大きく変わっちゃうので、仕方がないっちゃぁ仕方がないですよ。
Posted by たお at 2007年05月09日 22:24
たお様,コメント有り難うございました.

ココログのTB相性の悪さ,申し訳ありませんでした.

「クリムゾンキングの宮殿」の扱い,おっしゃる通りでしたね!久しぶりに聞いてゾクゾク来ました.

この映画の終末感や,逃避行の感じが好きです.ジャスパーの家での安らぎや,その結末の描き方も,印象的でした.
Posted by ほんやら堂 at 2008年03月07日 22:17
ほんやら堂さま、こんばんは!
どうにも昔からココログとは相性が悪いようで、ほぼ絶縁状態が続いてます^^;ごくごくたまーに仲良くしてもらえるんで、その時にでもお返しのTBをさせていただきます♪
しかしまぁ、クリムゾンキングの宮殿が流れるシーンは、2006年度のベストシーンの一つに数えられるほどゾクゾクしたシーンでしたねぇ。
Posted by たお at 2008年03月07日 22:53
そうなんですよねぇ〜。
赤ん坊の泣き声ってとてもオロオロとさせられますね。
説明不足な点はやはり感じましたが、
とても地味ながらも骨太な作品でしたね〜。
Posted by miyu at 2008年03月13日 23:31
miyu様、こんばんは!
その声が堪らなくイライラするって人も少なくないんですよねぇ。。。確かに鳴声が響き渡ると不安になりますけど、イライラとはちょっと違う気も。
Posted by たお at 2008年03月14日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

127.トゥモロー・ワールド
Excerpt: 2027年、子供が誕生しなくなって18年経っていた。人類が生殖能力というものを失って、一気に終わりを迎えるのでなく、少しづつ死に向かっていく、という感じ、それが、とてもリアリティのある描写をされている..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2006-12-12 02:39

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 9月上旬以来の大作とあって非常に楽しみにしていたのだが…。 あれ、何これ? 思っていたのとはちと違った。 いい意味で裏切られたよ。
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2006-12-12 23:23

人類の未来って、悲惨なものか?
Excerpt: 255「トゥモロー・ワールド」(イギリス)  西暦2027年。世界は戦争と退廃で、崩壊しようとしていた。更に人類には18年間も子供が誕生していなかった。世界最年少の男ディエゴの死で、悲しみに暮れる世..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2006-12-13 00:02

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 母よ あなたは    なんと偉大な         大きなチカラを持っているのか 人類はとうとう子孫繁栄ができなくなってしまう。 そして滅亡へとカウントダウンされていく。 ..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2006-12-13 17:07

トゥモロー・ワールド (2006) CHILDREN OF MEN 109分
Excerpt:  101匹もいませんが(笑)・・・それでもほとんどのシーンでたくさんの犬が出てきます。日本では「多産・安産」の象徴でもある犬ですが、イギリスもそうなのでしょうか?(笑)  珍しいことに、イギリスでは..
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2006-12-13 19:37

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 唯一の希望を 失えば、 人類に明日はない。           評価:★3点(満点10点) 2006年 109min 監督:..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-12-13 20:02

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 【トゥモロー・ワールド】  ★★★★  2006/11/23 ストーリー 人類に子供が誕生しなくなって18年がたった西暦2027年。人類の未
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2006-12-13 20:04

トゥモロー・ワールド
Excerpt: トゥモロー・ワールド 監督? アルフォンソ・キュアロン 出演? クライヴ・オーウェン?? ジュリアン・ムーア?? マイケル・ケイン?? キウェテル・イジョフォー? チャーリー・ハナム? クレア..
Weblog: <花>の本と映画の感想
Tracked: 2006-12-13 20:15

『トゥモロー・ワールド』
Excerpt: 監督:アルフォソン・キュアロン CAST:クライヴ・オーウェン、マイケル・ケイン、ジュリアン・ムーア 他 STORY:西暦2027年、人類は生殖能力を無くし、2009以来地球上には1人も子供が産..
Weblog: Sweet* Days
Tracked: 2006-12-13 20:21

トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN
Excerpt: http://hassei.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/3118 今日は、「UCとしまえん 」のポイントを使って映画を観ようと思ったので、レイトショーではなくて、10時からの上映..
Weblog: いいかげん社長の日記
Tracked: 2006-12-13 20:21

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 原題:CHILDREN OF MEN原作:P.D.ジェイムズ「人類の子供たち」監
Weblog: TRUTH?ブログエリア
Tracked: 2006-12-13 20:29

トゥモロー・ワールド(2006年)
Excerpt: タイトル トゥモロー・ワールド ---感想--- 人類が生殖能力を失ってから18年経った世界。舞台はイギリスです。 いまの”テロとの戦い”をそのまま推し進めていくと、こうなってしまうのか?と思わず..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2006-12-13 20:34

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 《トゥモロー・ワールド》 2006年 アメリカ/イギリス映画 ?? 原題 ??CH
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2006-12-13 20:45

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 子供が誕生しない未来〜人類だけが地球から消え去る〜このままでは、地球を受け継ぐ者は、誰もいなくなる。2027年 ─ 我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2006-12-13 20:55

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 2027年、子供が生まれなくなって18年。イギリスだけが、国家として唯一機能している、そんな世界が描かれます。 私はなぜか、近未来ものに強く惹かれます。そこでは、必ず
Weblog: skywave blog
Tracked: 2006-12-13 21:12

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 子どもが生れない未来に希望の火を灯すのは・・・
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2006-12-13 21:22

06??61 トゥモロー・ワールド
Excerpt: 鑑賞日 11月28日 感 想 ..
Weblog: 奇跡の人の映画部屋
Tracked: 2006-12-13 21:38

「トゥモロー・ワールド」  CHILDREN OF MEN
Excerpt: 西暦2027年、人類はすでに18年間も子供が誕生していなかった。原因は分からず、人類滅亡の時が刻一刻と迫り、希望を失った世界には暴力と無秩序が拡まっていた。そうした中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者..
Weblog: 俺の明日はどっちだ
Tracked: 2006-12-13 21:43

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 『CHILDREN OF MEN』公開:2006/11/18(11/22鑑賞)製作国:アメリカ/イギリス監督:アルフォンソ・キュアロン原作:P・D・ジェイムズ    『人類の子供たち』/『トゥモロー・..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2006-12-13 21:45

トゥモロー・ワールド(アメリカ・イギリス)
Excerpt: クライヴ・オーウェン主演作ってだけで、どんなお話なのか全然調べずに観てきました。 「トゥモロー・ワールド」( → 公式HP  ) 出演:クライヴ・オーウェン 、ジュリアン..
Weblog: 映画でココロの筋トレ
Tracked: 2006-12-13 21:46

「トゥモロー・ワールド」みた。
Excerpt: 劇場チラシや予告編、原題「CHILDREN OF MEN」から、なんとなく『アイランド』のようなイメージを持っていた。しかしまったく異なり、これは『日本以外全部沈没』でのGAT(外人アタック・チーム..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2006-12-13 21:57

「トゥモロー・ワールド」 「赤ちゃんよ永遠に」いや「赤ちゃんに乾杯」
Excerpt: 「トゥモロー」+「ワールド」。 なんかテーマパークみたい。 さらにチラシのデザインが『アンドリューNDR114 』と似てる。 楽しいSFやろ、コレ! そんで、ポスターに書いてある衝撃の..
Weblog: 『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記
Tracked: 2006-12-13 22:24

アルフォンソ・キュアロン監督「トゥモロー・ワールド」
Excerpt: 監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン  あらゆる映像がひたすら長い。1シーンが長いというのではなく、1ショットが長い。カメラが動くのである..
Weblog: 詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)
Tracked: 2006-12-13 22:25

『トゥモロー・ワールド』
Excerpt: (原題:Children of men) ----これってアルフォンソ・キュアロンの新作だよね。 彼のフィルモグラフィって、どこか変わってるよね 「うん。今度は近未来SFだしね。 しかも赤ちゃんが生..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2006-12-13 22:33

感想/トゥモロー・ワールド(試写)
Excerpt: 2027年、地球にはもう18年間子供が生まれていなかった。生殖能力とともに希望を失った人類の近未来を描いたSF大作『トゥモロー・ワールド』11月18日公開。 トゥモロー・ワールド さぞ派手なS..
Weblog: APRIL FOOLS
Tracked: 2006-12-13 22:40

トゥモロー・ワールド
Excerpt: トモロヲ・ワールドってどんな所かな〜
Weblog: ネタバレ映画館
Tracked: 2006-12-13 22:42

「トゥモロー・ワールド」
Excerpt: <水曜日> 2027年――人類にはすでに18年間も子供が誕生していなかった。このままでは、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう。絶望で荒廃して行く世界。英国人のセオも、そんな大人の一人だっ..
Weblog: 大吉。
Tracked: 2006-12-13 22:46

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 落選後、『インサイド・マン』では銀行強盗に身をやつしてしまった元ジェームズ・ボンド候補のクライヴ・オーウェン。 そろそろその『007』の最新作が公開という事でぶつけてきたのか気になったので『トゥモロー..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2006-12-13 23:04

トゥモロー・ワールド
Excerpt: ■ 渋東シネタワーにて鑑賞 トゥモロー・ワールド/CHILDREN OF MEN 2006年/アメリカ・イギリス/109分 監督: アルフォンソ・キュアロン 出演: クライヴ・オーウェン/..
Weblog: Addicted to the Movie and Reading!
Tracked: 2006-12-13 23:16

トゥモローワールド(*_*)子供が誕生しない未来
Excerpt:   「唯一の希望を失えば、人類に明日はない」 MOVX京都にて、『トゥモローワールド』を鑑賞した。2027年という時代設定、だが現在とさほど、街の風景には変化みられない・・・・・。何が違うのか。実は..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2006-12-13 23:31

★「トゥモロー・ワールド」
Excerpt: 2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00〜)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2006-12-13 23:58

「トゥモロー・ワールド」 now roadshow!
Excerpt: そう、ジュリアン・ムーアはフォーガットンの後、もう一回子供亡くしたのね…   トゥモロー・ワールド CHIRDREN OF MEN 製作年度 2006年 製作国 アメリカ/イギリス..
Weblog: とりあえず生態学+
Tracked: 2006-12-14 00:02

トゥモロー・ワールド/Children of Men
Excerpt: "子供のいなくなった未来"を観てきました〜{/kaminari/} ん??でも思ってたのと全然ちがうぞ、、、 SFかと思ったら、舞台は2027年というわりと近未来のお話。 そこでは、イギリス以外の..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-12-14 00:20

トゥモロー・ワールド☆独り言
Excerpt: 近未来、そう、今から20年ほど先の世界では、子供が生まれない事態が起きている。世界的な流れで、すでに18年間・・・出生の事実はない。そんな世界で、一人の少女キーと出会う。彼女は未来への希望・・・妊娠8..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2006-12-14 00:30

トゥモロー・ワールド
Excerpt:  評価/★★★★☆ (ユナイテッド・シネマにて鑑賞)  監督:アルフォンソ・キュアロン  藤子・F・不二雄の短編に人口が増えすぎ、その人口のバランスをとるために人々から"愛情"が消えてい..
Weblog: ギョニー・デップの界王拳
Tracked: 2006-12-14 01:11

『トゥモロー・ワールド』
Excerpt: 『天国の口、終わりの楽園』、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のアルフォンソ・キュアロン監督の最新作。人類滅亡をテーマにしたSF映画だが、そのあまりのリアルさと、新しい観点のSF的解釈に世界が注目..
Weblog: моя комната ??まやこむなた??
Tracked: 2006-12-14 02:11

映画〜トゥモロー・ワールド
Excerpt:  「トゥモロー・ワールド」公式サイト近未来SFアクション映画?普段まったく興味のないジャンルの映画だけど、なんとなくキャッチコピーとクライヴ・オーウェンに惹かれて観て来ました☆西暦2027年、人類は1..
Weblog: きららのきらきら生活
Tracked: 2006-12-14 06:36

トゥモロー・ワールド(20061119)
Excerpt: 本編とは別な印象を与えるような予告編が、少なくない昨今。この映画の予告編は、裏
Weblog: cococo
Tracked: 2006-12-14 07:10

トゥモロー・ワールド
Excerpt: そういえば・・・秘密の部屋では爆睡してしまったけど(寝不足だったからです、きっ
Weblog: C note
Tracked: 2006-12-14 11:10

トゥモロー・ワールド(映画館)
Excerpt: 「唯一の希望を失えば、人類に明日はない。」
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2006-12-14 12:22

豪華キャストだけど…【トゥモロー・ワールド】
Excerpt: なんかいや〜な予感がしました。 水曜日のレディースデーだってのに 有楽町の劇場
Weblog: 犬も歩けばBohにあたる!
Tracked: 2006-12-14 14:47

トゥモロー・ワールド(評価:◎)
Excerpt: 【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/チャーリー・ハナム 【公開日】2006/11.18 【製作】アメリカ 【ストーリー..
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2006-12-14 22:12

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人類の希望・・・それはたった一つの産声  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2006-12-14 22:18

「トゥモロー・ワールド」
Excerpt: 潔い作品だと思います。 状況説明は一切せずに、事件に巻き込まれていく主人公セオ(クライヴ・オーウェン)の視点で臨場感たっぷりに描き切りました。「なんで子供が生まれないの?」「じゃぁ、あの娘はどうして..
Weblog: the borderland 
Tracked: 2006-12-15 00:21

トゥモロー・ワールド
Excerpt:  来るべき世界  今日はちょっとだけ期待していた「トゥモロー・ワールド」を見てきましたよ〜。  近未来。  世界はすでに18年間もの間子供が生まれずにいました。  つまり、最年少の人間が18歳..
Weblog: なにも起こらなかった一日の終わりに
Tracked: 2006-12-15 15:56

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 2027年、そう遠くない未来ですね。
Weblog: 映画を観たよ
Tracked: 2006-12-15 20:03

トゥモロー・ワールド
Excerpt: これは少し前に見た映画です。。。 今から20年後のお話。 子供がまったく生まれなくなった世界です。 久しぶりに生まれた赤ちゃんが戦いの道具?になる。。。 最後の戦闘のシーンは圧巻でしたが。。..
Weblog: ちわわぱらだいす
Tracked: 2006-12-15 22:04

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、120億円もの巨額な制作費を用いて描いた近未来のサスペンス。クライブ・オーウェンの主演最新作
Weblog: なんちゃかんちゃ
Tracked: 2006-12-15 22:11

トゥモロー・ワールド
Excerpt: Children of Men 人類が生殖能力を失い、子供が生まれない近未来が舞台。荒廃した寂寥感漂う世界観の反ユートピアSF。 これって・・・こんなに大規模に公開されてるのが驚きの硬質な..
Weblog: knockin' on heaven's door
Tracked: 2006-12-16 00:35

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 2027年。約18年間、人類には子供が生まれていなかった。
Weblog: sailor's tale
Tracked: 2006-12-16 10:23

トゥモロー・ワールド(2006)
Excerpt: 窓の外には空飛ぶ豚が! ということで、とてもイギリス的な映画「トゥモロー・ワールド」を見た。 これ、主演がいまいち好みでないクライヴ・オーウェンだし、設定のほうも人間だけ絶滅するならべつにいいじゃん..
Weblog: 萌映画
Tracked: 2006-12-16 15:03

【 トゥモロー・ワールド 】
Excerpt: 18年間子供が生まれない状況が続いている2027年の世界。再会した元妻から人類の未来の鍵となる少女の救出を頼まれる主人公を描く近未来SFサスペンス。 うん、多分観た人はたいがい凄いと言うと思う、..
Weblog: もじゃ映画メモメモ
Tracked: 2006-12-16 21:04

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 子どもが生まれない、ってリアルに現実ですよね。
Weblog: エリ好み★
Tracked: 2006-12-17 00:10

トゥモロー・ワールド・・・・・評価額1550円
Excerpt: メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロンによる近未来SF大作。 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では少々勝手が違ったのか、食い足りない印象が残ったが、こちらは中々の仕上がりだ。 子供が誕生し..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2006-12-17 14:01

【劇場鑑賞127】トゥモロー・ワールド(原題:CHILDREN OF MEN)
Excerpt: 2027年 子供が誕生しない未来 そう遠くない明日 人類だけが地球から消え去る 唯一の希望を失えば、人類に明日はない
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2006-12-17 22:25

トゥモロー・ワールド
Excerpt: いかにも今日的な社会問題を重厚に描いた、 衝撃の近未来SF大作!! STORY:西暦2027年。 人類にはすでに、18年間子供が誕生していなかった。 この地球を引き継ぐものは、いずれ途絶え..
Weblog: 映画とはずがたり
Tracked: 2006-12-18 01:47

真・映画日記(3)『トゥモロー・ワールド』
Excerpt: (2から) 映画館を出て銀座に移動。 WINSの前にあるマクドナルドで時間を潰す。 午後7時から「シネマイッキ塾」に参加。 18人参加。 暑かったなあ。 『プラダを着た悪魔』、『麦..
Weblog: CHEAP THRILL
Tracked: 2006-12-24 18:58

映画「トゥモロー・ワールド」
Excerpt: 近未来、子供は国の宝なんですねぇ〜って、今でも子供は宝のはずですが…
Weblog: ちょっとひとことええでっかぁ〜♪
Tracked: 2006-12-26 10:14

トゥモロー・ワールド−(映画:2006年153本目)−
Excerpt: 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム、クレア=ホープ・ア..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-12-30 01:31

トゥモロー・ワールド
Excerpt:  2027年という年代は、あたかも遠い未来ではない。  今でも近づいている、その先にある世界を描いた作品である。そこに描かれるのは、人類が生殖機能を失ってすでに1..
Weblog: とにかく、映画好きなもので。
Tracked: 2007-01-07 11:25

トゥモロー・ワールド再び
Excerpt: 「トゥモロー・ワールド」感想その?? いつもながら劇場で遭遇する予告以外はほとんど 情報を得ないで観るほうで、クライマックス シーンが長回しだって知らず後でしまった! ちゃんと観と..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2007-01-14 17:50

映画「トゥモロー・ワールド」
Excerpt: 2006年65本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督作品。女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を映画化した近未来S..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2007-01-31 11:08

[ トゥモロー・ワールド ]セオの目を通して見た世界、109分
Excerpt: [ トゥモロー・ワールド ]を吉祥寺で鑑賞。 上映期間は、たぶん1ヶ月もなかったかもしれない。 [ 父親たちの星条旗 ] [ プラダを着た悪魔 ] [ 007カジノ・ロワイヤル ]など他の作品..
Weblog: アロハ坊主の日がな一日
Tracked: 2007-02-04 23:40

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) う〜ん、意味不明・・・ これは一体どこで楽しむ映画なんですかねぇ。 設定は面白いと思うし、結構興味深々で、そこからどー膨らませてる..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2007-03-01 05:31

「トゥモロー・ワールド」 子供は希望
Excerpt: 先日観た「パリ、ジュテーム」の一遍を撮っていたアルフォンソ・キュアロン監督の作品
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2007-03-25 19:16

『トゥモロー・ワールド』
Excerpt:   あと20年。 気が付いた時にはアメリカ映画中毒でした。 派手なガンアクション、勧善懲悪のストーリー。 悪い奴は死に、正しい奴が生き残る・・・デカイ銃を片手に。 そんな、アメリカ..
Weblog: すきなものだけでいいです
Tracked: 2007-03-25 22:41

赤ちゃんがいないいない世界「トゥモローワールド」
Excerpt: 「トゥモローワールド」をレンタル。 ボチボチよかっただす。 赤子は宝じゃ! あのY澤大臣はこれを見て何を思う? 気になったシーン。 途中の戦闘シーンでカメラに、なんか液体(血?)みたいな..
Weblog: 花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」
Tracked: 2007-03-30 13:03

トゥモロー・ワールド
Excerpt: どうでもいい話しだ50年後には全て消える 手遅れだ  希望なんてとうの昔に忘れてしまった“希望”って何だ? 人類は既に1
Weblog: さくらの映画スイッチ
Tracked: 2007-04-01 21:07

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 倫理SF! ピンポン・キャッチボールは可笑しかったw トゥモロー・ワールド プレミアム・エディションposted with amazlet on 07.04.04ポニーキャニオン (2007/..
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2007-04-04 17:59

トゥモロー・ワールド 07078
Excerpt: トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン  ジュリアン・ムーア  マイケル・ケイン  ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2007-04-14 20:34

トゥモロー・ワールド
Excerpt: ☆人気blogランキング集☆ & ☆インテリア・雑貨ブログ集☆ ↑皆様の応援が更新の励みとなっています。今日も応援ありがとう〜☆↑ 昨夜みた1本「Children of Men」(邦..
Weblog: things4u
Tracked: 2007-04-21 02:05

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 2006年:イギリス 原作:P.D.ジェイムズ「人類の子供たち」 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、チャーリー・ハナム、キウェ..
Weblog: mama
Tracked: 2007-05-08 01:49

トゥモロー・ワールド
Excerpt:  2006年 米 英 監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/ マイケル・ケイン/ キウェテル・イジョフォー/ チャーリー・ハナム/クレア=ホープ・アシティ/..
Weblog: オタク部屋
Tracked: 2007-05-08 23:53

銃声と産声
Excerpt: 『トゥモロー・ワールド』を観た。 2008年、世界中に吹き荒れたインフルエンザにより、消えた子供達。 人類が生殖能力を失ったリアルな世界観。 英国以外全部崩壊した近未来の世紀末。 &nb..
Weblog: ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル
Tracked: 2007-05-12 18:29

『トゥモロー・ワールド』'06・英・米
Excerpt: あらすじ西暦2027年。ロンドンには移民が溢れ当局は移民たちを厳しく取り締まっていた。街にはテロが横行し、全てが殺伐としていた。18年間、人類には子どもが誕生しておらず人々は未来のない世界を生きていた..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2007-06-05 23:53

トゥモローワールド
Excerpt: 未読ですが原作は、 イギリスの女流ミステリー作家・P.D.ジェイムズのベストセラー 「The Children of Men(人類の子供たち)」だそうですね。 DVDで鑑賞。 西暦2027..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2007-07-03 08:54

独断的映画感想文:トゥモロー・ワールド
Excerpt: 日記:2008年3月某日 映画「トゥモロー・ワールド」を見る. 2006年.監督:アルフォンソ・キュアロン. 出演: クライヴ・オーウェン(セオ・ファロン),ジュリアン・ムーア(ジュリアン・テイラー)..
Weblog: なんか飲みたい
Tracked: 2008-03-04 23:20

トゥモロー・ワールド
Excerpt:  『唯一の希望を失えば、人類に明日はない』  コチラの「トゥモロー・ワールド」は、11/18公開の人類に子供が生まれなくなってしまった近未来を描くSFサスペンスなんですが、観て来ちゃいましたぁ〜..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-03-11 19:56

『トゥモロー・ワールド』 TheChildrenofMen
Excerpt: 『トゥモロー・ワールド』人類に最後の子供が誕生してから18年が経過した、西暦2027年。原因が分からないまま子孫を生み出すことの出来なくなった人類。希望を失った世界には、暴力と無秩序が際限なく拡がって..
Weblog: *モナミ*SMAP・映画・本
Tracked: 2008-10-24 10:13

トゥモロー・ワールド
Excerpt: 32点 2006年のイギリス、アメリカの合作映画で、 監督は「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン、 主演は「キング・アーサー」、「インサイド・マン」のクライヴ・オ..
Weblog: 我が頭に巣くう映画達
Tracked: 2012-04-02 22:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。