2006年11月22日

恋人はゴースト (Just Like Heaven)

監督 マーク・ウォーターズ 主演 リース・ウィザースプーン
2005年 アメリカ映画 95分 ラブロマンス 採点★★★★

「ちょっとぉ!グラスはちゃんとコースターの上に置いてっていっつも言ってるでしょ!」と、よく怒られます。「なんで、そんな簡単なことも?」と言われても。だって…面倒くさいんですもん

【ストーリー】
仕事一筋で男性に縁がなかった女性医師エリザベスは、姉が無理矢理セッティングしたデートに向かう途中、交通事故に。一方、妻を病気で亡くし生きる気力も失ってしまったデヴィッドは転居先のアパートを探していたが、何かに導かれるように一つのアパートにめぐり合い、契約を済ます。その夜、すっかりその部屋でくつろぐデヴィッドの前に、見知らぬ女性が現われ「ここは私の部屋なの!」と彼を追い出そうとするが、不思議なことに彼以外に彼女の姿は見えず…。

jlh1.jpg

厳密に言えば、“恋人は生霊”
ひょんなことからゴーストと関わることになってしまった主人公が、なんだかんだとある内に恋愛感情が芽生え始め、実は運命に導かれていたって物語自体はいたってシンプルで、何ら新味もない。しかしながら、そのシンプルな物語に余計な手を加えず会話の妙と役者の魅力、そしてカラフルな色使いにスピーディーなテンポで描ききったことにより得られる多幸感は、非常に大きい。なんでも目新しければ良いってワケではない。コメディとロマンスの配分具合も絶妙で、一時たりとも飽きることもない。まぁ、最近なにかと蒼白い映画ばかり観ていたせいもありますが。
劇中に使われる音楽も好み。タイトルにもなっているキュアーの“ジャスト・ライク・ヘブン”のカヴァー(オリジナルはエンドロールで使われている)がオープニングで流れた時点で、もうこの映画が好きだと大方決まったようなもの。キュアーに限らず、カーズ、ベック、イギー・ポップのカヴァーにスクリーミング・ジェイ・ホーキンスまで使われちゃってるんじゃ、嫌いになれるわけもない。その楽曲の傾向もあってか、本作にはアダム・サンドラー映画にも似た空気感もある。なんと言うか、今にもロブ・シュナイダーが出てきそうなハラハラ感と言うか…。

jlh4.jpg

デヴィッド役のマーク・ラファロの、パッと見キツそうだが良く見ると優しさ溢れる眼差しも印象的。全てのドアを彼女の為に開けてあげているさり気なさも、その印象を強めているのだが、やはり本作はリース・ウィザースプーンの魅力で満ち溢れている。止まっているとそのアゴばかりが目立ってしまうのだが、動いている彼女はとにかくキュート。とても地縛霊とは思えない前向きさとアクティヴさが、彼女から流れ出ていさえする。そして、相当センスのいいスタイリストが居るのか、彼女に限らず女優陣の髪型がさり気ないながらも非常に素敵。髪型を褒めるなんて、らしくはないですけど。
もちろん本作はリース・ウィザースプーンだけを堪能する作品ではない。『バス男ナポレオン・ダイナマイト』のジョン・ヘダーの存在感は絶大。扱いもすっかり大物ゲスト並で、随所随所で美味しい所を持っていく。欲を出せば男前の役を演れそうなものの、相変らずダルな喋りと半開きの口に一安心。そのままでいてくれ。

jlh2.jpg

“全米ナンバー1”の冠がなくても充分に劇場公開するだけのクォリティーを持っているのにも関わらず、本作は劇場未公開。“劇場公開作”の箔だけを付ける単館公開すらされないままビデオスルー。なぜ?リース・ウィザースプーンの認知度も低くないだけに、不思議で仕方がないのだが。ジョン・ヘダー作品として考えれば、『バス男ナポレオン・ダイナマイト』に続いて“全米ナンバー1”を獲得し日本でも待望されながら未公開に終わった作品ということになる。ん?もしや、ジョン・ヘダーのせいなのか?配給会社の重鎮で、個人的にジョン・ヘダーに恨みを持っている奴でもいるのか?愛人を取られたとか、小さな不幸を沢山振りまかれたとか?

jlh3.jpg
コースターを使いなさいと何度言えばわかるの?

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        

        


posted by たお at 02:52 | Comment(4) | TrackBack(11) | 前にも観たアレ■か行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ!

本編ももちろん好きですけど、
ジョン・ヘダーが観られたことが何よりも嬉しかった作品ですw
見た目だけは男前になってたけれど、不思議ちゃんがよかったですねー!!
Posted by PINOKIO at 2006年11月26日 00:37
PINOKIO様こんばんは〜♪
ナポレオンが一番美味しいんですよね、これ。出番少ないくせに、大物なみの扱いw
うっかり「カッコいいなぁ」と思っちゃったりしましたが、頭ぶんぶん振って消し去りました。ナポレオンはナポレオンだとw
Posted by たお at 2006年11月26日 01:46
TB失礼します。

ラファロ、個性派で結構好きだったんですが、リースとジョンの間にはいるとやはり影が薄かったように見えました…。
Posted by ももも at 2007年02月16日 11:51
ももも様こんばんは!
まぁ、エル・ウッズとナポレオン・ダイナマイトの間に挟まれりゃ、誰でも存在感がなくなりますよねぇw
Posted by たお at 2007年02月16日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ジャスト・ライク・ヘヴン Just Like Heaven
Excerpt: リース・ウィザースプーン、マーク・ラファロ主演 ジョン・ヘダー出演   2006/02/07Release R-1 美しい花に埋もれた庭に座っている女性がいます サンフランシスコに住むエリザ..
Weblog: travelyuu とらべるゆう MOVIE
Tracked: 2006-11-23 20:25

恋人はゴースト
Excerpt: もし天国へ向かう途中で、運命の人に出会ってしまったら…。スピルバーグ作品の製作陣、ラブコメ界屈指のスタッフが結集して贈る、とびきり切ない心温まるラブ・ストーリー!新しいマンションで、一人暮らしを..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2006-11-23 23:03

ジャスト・ライク・ヘブン(邦題:恋人はゴースト)
Excerpt: 絶好調!のリース・ウェザースプーン主演の 恋愛コメディ! STORY: サンフランシスコの病院に勤務する女性外科医 エリザベス(リース・ウィザースプーン)は、 真面目で仕事一筋!の女性。..
Weblog: 映画とはずがたり
Tracked: 2006-11-23 23:17

恋人はゴースト
Excerpt: 久しぶりに楽しいラブコメだった。 こういうの好きだわ♪ ラブコメってストーリーとか展開ってわかりきってるんだけど、 それでも楽しくてのほほんほんわかしてて好き
Weblog: 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α
Tracked: 2006-11-26 00:35

「ジャス・トライク・ヘブン(原題)」を観る
Excerpt: 今日は、まだ日本版のHPすらたっていない、新作中の新作、 リース・ウィザーズプーン主演の「ジャスト・ライク・ヘブン」を観て来ました。 今日の試写は少しだけお仕事(感想とかその場で書くんですよ..
Weblog: 紫@試写会マニア ??別宅??
Tracked: 2006-11-30 23:13

恋人はゴースト
Excerpt: 恋人はゴースト スペシャル・エディションJust Like Heaven2005年 アメリカリー
Weblog: cinema note+
Tracked: 2007-01-15 00:27

恋人はゴースト
Excerpt: 【恋人はゴースト】 ★★★★ DVD ストーリー サンフランシスコの病院に勤務するエリザベス(リース・ウィザースプーン)は仕事一筋の女性医師
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2007-02-10 19:52

恋人はゴースト
Excerpt: アゴ姉ことリーズ・ウィザースプーンの「恋人はゴースト」です。 一人暮らしを始めたデヴィッド。最愛の妻を亡くした悲しみか
Weblog: ○o。1日いっぽん映画三昧。o ○
Tracked: 2007-02-16 11:41

「恋人はゴースト」
Excerpt: オスカー女優リース・ウィザースプーン主演なのに・・・ 日本では劇場未公開作。 原題は「Just Like Heaven」。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-02-24 03:16

寒い季節に温まれる映画☆『恋人はゴースト/Just Like Heaven』☆
Excerpt: ここしばらく新作がなくて観れなかったラブコメ。 『ロマンティック気分に浸りた〜い』 『ラブコメが観たいぞぉ〜』 ってことでチョイスしたのが本作。 恋のお相手マーク・ラフ..
Weblog: honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
Tracked: 2007-11-11 11:38

映画『恋人はゴースト』
Excerpt: 原題:Just Like Heaven これはなかなか掘り出し物の映画だよね、劇場未公開なんてもったいない、無駄な間もなくてテンポよく展開して、コメディながらも暖かい涙に濡れそう・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-11-17 02:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。