2012年07月07日

宇宙人ポール (Paul)

監督 グレッグ・モットーラ 主演 サイモン・ペッグ
2011年 アメリカ/イギリス映画 104分 コメディ 採点★★★★

そのむかしの宇宙人っていえば、子供心にトラウマを植え付けさせられたフラットウッズモンスターや、警官が撮影したとかいうアルミホイルを巻き付けたような奴とか、“良く見ると目鼻立ちが不自然”と大変失礼なキャプションが付けられてた金星美人などバリエーション豊かだったんですが、最近はもっぱらグレイタイプ一色になりましたねぇ。矛盾する体験談の辻褄合わせに「そういや、私ら宇宙人に誘拐されてたんだっけ!」と言い出したヒル夫妻が最初の目撃者とも言われてますが、そのイメージの元となったのは“アウターリミッツ”に出てくる宇宙人との説も。ってことは、ヒル夫妻がもし前の晩にウルトラセブンとか見てたら、インコみたいな奴が宇宙人のスタンダードになったかも知れないんですねぇ。

paul1.jpg

【ストーリー】
UFO名所巡りにイギリスからアメリカへやって来た、SFオタクのグレアムとクライブ。そんな彼らは、ドライブ中に車の事故現場に遭遇。恐る恐る事故車に近づくと、中からポールと名乗る宇宙人が現れた。パニックに陥るグレアムらだったが、ポールが60年に渡り政府機関に囚われていた事を知り、彼を故郷に帰す為に共に旅することを決心するのだが…。

paul3.jpg

俗っぽい宇宙人との珍道中を描いた、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』『アドベンチャーランドへようこそ』のグレッグ・モットーラによるSFコメディ。主演コンビのサイモン・ペッグ&ニック・フロストが脚本を手掛けている。
イギリス人に宇宙人。共にエイリアンである主人公らから見たアメリカを、『未知との遭遇』や『E.T.』などスピルバーグ作品を中心としたSF映画に対する愛情をたんまりと込めて描いた本作。盲信的なキリスト教徒の姿やコミコン文化を笑い飛ばしつつも上っ面だけ笑って「アメリカって変なの!」で済ませず、きちんと物語に織り込んで変化させていく手腕は流石。『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』でもそうだったのだが、作品に対するオマージュをトッピングのように乗せて「はい、完成!」ではなく、ちゃんと消化させて展開上の必然にしている様も相変わらず見事。凡百のパロディや自称オマージュ作品とは異なり、きちんと“空を見上げたくなる”作品に仕上がっているのが嬉しい。
恋愛感情に限りなく近い男同士の深い友情を盛り込む、グレッグ・モットーラ作品らしい面白さも楽しめる本作。女性および第三者が自分たちの間に入ってしまう事で感じる嫉妬心や居場所を失ってしまう危惧感の描き方に、もう素直に「そうなんだよなぁ」と唸らされてしまう。また、基本的には“中年男版E.T.”のストーリー展開なのだが、これまでの信心が衝撃的な出来事によって崩れ去り新たな信念が芽生える様が興味深い。そんな経験をするのは別のキャラクターではあるものの、視力に関する出来事から「あぁ、ポールって迫害者から熱心な伝道師へと改心したパウロのことなんだぁ」と一瞬頭をよぎりましたが、まぁこれは深読みのし過ぎなんでしょうねぇ

paul2.jpg

主人公コンビに扮するのは、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のサイモン・ペッグと、『パイレーツ・ロック』のニック・フロスト。「自宅から持って来たんじゃないのか?」と思えてしまうTシャツ姿で見せる息の合いっぷりは、ほとんど素のようでなんとも楽しい。それぞれピンでも面白い役者なんですけど、可愛げを際立たせるサイモンに哀愁を漂わせるニックという、コンビによって更に高まるキャラクター性が見られるのは嬉しい。
その他、メン・イン・ブラックに就職したエリオット少年みたいなゾイルに扮した『ウソから始まる恋と仕事の成功術』のジェイソン・ベイトマンや、“激変”って意味で作品の最重要人物であったルースに扮した『ローラーガールズ・ダイアリー』のクリステン・ウィグ、モットーラ作品常連である『寝取られ男のラブ♂バカンス』のビル・ヘイダー、『ぼくたちの奉仕活動』のジョー・ロー・トルグリオに『ミート・ザ・ペアレンツ3』のブライス・ダナー、今回も“らしさ”全開だった『40歳の童貞男』のジェーン・リンチに『シャッター アイランド』のジョン・キャロル・リンチらと、笑いもシリアスも何でもございな巧い顔ぶれが揃ってるのも魅力。また、声だけの出演でスティーヴン・スピルバーグや、“ウォーキング・デッド”の中心人物でもあるロバート・カークマンらがカメオで出演し、クレジットに名前が出てるんで別にネタバレにはならないんでしょうけど、重要なオチなので名前は伏せさせていただく著名なエイリアンキラーも出演。
しかしながら、本作の目玉はやはり『素敵な人生の終り方』のセス・ローゲンが声をあてた宇宙人ポール。そのCGのクォリティの高さはもちろんのこと、監督自身が“俳優がたまたまCGだった”って扱いをしただけある人間臭さが絶品。『モンスターVSエイリアン』でもそうだったんですが、セスが声をあてると途端にそのキャラクターが人間臭くなるんですよねぇ。ホント、声優としても見事。たぶん本作のポールは、セスが素で出てても然程印象が変わらなかったのかも知れませんねぇ。

paul4.jpg
“虹の彼方に”が脳内で流れ

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
ブログランキングならblogram   

        

        

posted by たお at 12:35 | Comment(12) | TrackBack(49) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
インコってガッツ星人のことですか^^

深読みのとおり、ポールはパウロからとっているようです
…とパンフレットにありました
ユダヤ教であったパウロが盲信から目覚める過程を逆にポールが彼女にしているのですね
読み、さすがですねー

かなり気に入ってセルも買ってしまいました宇宙人ポール
Posted by おくやぷ at 2012年07月07日 20:23
個人的にはもうちょっとアメリカの風景や畳み掛ける構成ってのでエドガー・ライト監督で観たかったかなぁ… と思った作品ではありましたが、Paulとパウロの件は全く気がついておりませなんだ。その点からいくと色々と納得出来る部分もあり、自分の知識不足を恥じておりまする。
 
そういえば本作の日本版ソフト、海外オリジナル版と比べて特典カットが多いようで… 「愛」に満ちた映画だというのに、契約とか権利関係とか色々あるのは解りますけど「愛」の薄い事ですよね…
Posted by USA-P at 2012年07月09日 21:14
おくやぷ様、こんにちは!
たまたまアウターリミッツを見てたからグレイが世界基準になったんですが、もしかしたらガッツ星人とかボーグ星人とかが世界基準になったかも知れないと思うと、なんか胸が熱くなるんですよねぇw
にしても“ポール=パウロ”。山はって恐る恐る書いてみたんですが、パンフに堂々と書いてある程度のネタだったみたいなんで、それはそれで何か恥ずかしいですねぇ^^;
Posted by たお at 2012年07月13日 11:44
USA-P様、こんにちは〜♪
外国人から見たアメリカって面では、確かに突拍子無さも毒気も少なかったですねぇ。エドガー・ライトじゃなければ、それこそロマン・ポランスキー辺りにでも撮ってもらいたい題材でもあるんですけど、ブロマンス映画としての側面が強くなってたんで、まぁトントンかとw
Posted by たお at 2012年07月13日 12:16
>嫉妬心や居場所を失ってしまう危惧感の描き方
このコンビが愛らしく感じたのは、もちろんキャストの2人の息のあった掛け合いはもちろんですが、この部分の描き方が好みにあっていたからだろうなと思います。

>セスが素で出てても然程印象が変わらなかったのかも知れませんねぇ。
それはそれで見てみたい!!
Posted by 哀生龍 at 2012年07月19日 06:38
こんにちは。
TB、ありがとうございました。

>“中年男版E.T.”
↑上手いですね〜♪。
宗教の諸々や、ちょっぴりシュールな厳しい現実等も描いてあるも、
その事への感じ方は自由ですよ〜、な雰囲気も良かったです。
オマージュも含め、観る人各々がそれぞれに楽しめるんだろうなぁと(^^)。

コンビ+1宇宙人+ルースの珍道中も面白かったです。
Posted by みぃみ at 2012年07月19日 10:27
こんばんは♪
面白かったですね〜
ポールみたいな宇宙人だったら仲良くなりたいです。
ツボなシーンも多くてニヤニヤしながら観てました。
確かに“中年男版E.T.”ですね(笑)
Posted by yukarin at 2012年07月21日 23:25
>「自宅から持って来たんじゃないのか?」
ありですねえ。
秘蔵のTシャツ持って来たぞ!みたいな感じでした。
ポールはそうだったんですね。
んなこと思いもせずに見てましたが、みなさん真面目に見てらっしゃるんだなあと、そちらに感服してます。
Posted by sakurai at 2012年07月22日 07:47
哀生龍さま、こんばんは〜♪
ブロマンスって題材に長けた監督だけあって、男同士の友情を超えた愛情ってのを上手く描けてたなぁと。
にしても、セス。基本的に“セス・ローゲン”って役柄ばかりなんですけど、声のみになった時の表現力の豊かさには驚かされますよねぇ。
Posted by たお at 2012年07月22日 18:21
みぃみ様、こんばんは!
様々な要素を含めつつ、押し付けにならずに娯楽作品として完成してるのは立派でしたねぇ^^
Posted by たお at 2012年07月22日 18:22
yukarin様、こんばんは〜♪
外枠は確かに中年男版ETなんですけど、それだけでは終わらせない、昌によく出来た娯楽映画で!
Posted by たお at 2012年07月22日 18:23
sakurai様、こんばんはー!
>秘蔵のTシャツ
と言うか、普段着みたいなw
格別難しいことを考えながら観てたわけじゃないんですけど、たまたまミッション系の学校出てたんで「あれ?パウロ?」となっただけで^^;
Posted by たお at 2012年07月22日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/279216318

この記事へのトラックバック

宇宙人ポール 【映画】
Excerpt: 以前に、「カウボーイ&エイリアン【映画】」の感想でこんなことを書いた ↓ ↓ ↓ >地球外生物が >地球人をアブダクションするときって >こういうのを想像するじゃないですか ..
Weblog: as soon as
Tracked: 2012-07-07 20:22

2011年9月18日 『宇宙人ポール』 浅草公会堂
Excerpt: 今日は、したまちコメディ映画祭(通称:したコメ)で、『宇宙人ポール』 を鑑賞してきました チケットは自分で取ったんではありませんが、twitterでつぶやいたらどうですか? と易しくお声..
Weblog: 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
Tracked: 2012-07-18 17:09

「宇宙人ポール」 ヒッチハイクはグレイ(*^-^)
Excerpt: [E:good]ヒッチハイクして来たのは何と宇宙人[E:sign03]クールで陽
Weblog: ジョニー・タピア Cinemas 〜たぴあの映画レビューと子育て
Tracked: 2012-07-18 17:36

宇宙人ポール
Excerpt: SFオタクの夢かなう公式サイト http://www.paulthemovie.jp1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が、愛犬..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2012-07-18 19:38

宇宙人ポール/PAUL
Excerpt: 『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のサイモン・ペッグとニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディ。ポールという名前の宇宙人と、オタクの青年2人がアメリカ大陸のミステリースポットを旅..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2012-07-18 19:55

映画・宇宙人ポール
Excerpt: 2010年 イギリス=アメリカ原題 PAULB級SF映画だと思って観ましたが、意外や意外おおいに笑い楽しみましたA級まではいかなくてもBプラス級くらいの評価ありではないかしらイギリス人SF作家・クライ..
Weblog: 読書と映画とガーデニング
Tracked: 2012-07-18 20:23

宇宙人ポール
Excerpt: アメリカの荒野にはUFOがよく似合う                      * * * * * * * * 「未知との遭遇」や「E.T.」など、名作SF映画作品へのオマージュを捧げつつ、..
Weblog: 映画と本の『たんぽぽ館』
Tracked: 2012-07-18 20:35

宇宙人ポール
Excerpt: 《宇宙人ポール》 2010年 イギリス / アメリカ映画 − 原題 − PAUL
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2012-07-18 21:01

宇宙人ポール
Excerpt: スピルバーグ先生登場!? 【Story】 SFオタクのイギリス人青年、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ)は、念願だったコミックの祭典「コミコン」とアメリカ中西部..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2012-07-18 21:27

宇宙人ポール / PAUL
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」で人気のコンビ、 サイモン・ペッグ&ニック・フロストが主演と脚..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2012-07-18 21:39

宇宙人ポール
Excerpt: 『宇宙人ポール』---PAUL---2010年(アメリカ)監督:グレッグ・モットーラ 出演:サイモン・ペッグ 、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン 、クリステン・ウィグ 、..
Weblog: こんな映画見ました〜
Tracked: 2012-07-18 21:54

宇宙人ポール  監督/グレッグ・モットーラ
Excerpt: 【出演】  サイモン・ペッグ  ニック・フロスト  クリステン・ウィグ  セス・ローゲン(ポールの声) 【ストーリー】 1947年、ワイオミング州に怪しい飛行物体が落下した。そして60年後、イギリス..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2012-07-18 22:01

「宇宙人ポール」Paul (2011 米=英=仏)
Excerpt: イオンシネマ三川のラインナップも変わってきたなあ。 SC内のシネコンだからどうし
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2012-07-18 22:40

『宇宙人ポール』
Excerpt: (原題:PAUL) 「いやあ。これは聞きしに勝るオモシロさ。 70年代SF、とりわけ『未知との遭遇』に心を奪われた人は必見の作品だね。 冒頭から、あの映画そっくりの風景が、そのまんまの雰囲気で出て..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2012-07-18 22:49

宇宙人ポール
Excerpt: 期待通りで面白かった!
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2012-07-18 22:51

宇宙人ポール
Excerpt: サイモン・ペッグ&ニック・フロスト主演のコミカルなロードムービーです。 先に観た友達が楽しいよと言っていたのでチャレンジしてみました。 相変わらずちょっとブラックでしたけど、思わず吹き出してしまうよう..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2012-07-18 22:55

宇宙人ポール
Excerpt: 映画館で見ました。オタク風のイギリス人がコミコンのためにアメリカに渡り、ついでに
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2012-07-18 23:13

宇宙人ポール
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(10) リトル・グレイの異色キャラが微笑ましい(笑)
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2012-07-18 23:47

宇宙人ポール
Excerpt: PAUL/10年/米/104分/SFコメディ/PG12/劇場公開(2011/12/23) −監督− グレッグ・モットーラ 過去監督作:『スーパーバッド 童貞ウォーズ』 −脚本− *サイモン・ペッグ ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2012-07-19 00:18

宇宙人ポール
Excerpt: Data原題PAUL監督グレッグ・モットーラ出演サイモン・ペッグ ニック・フロスト ジェイソン・ベイトマン クリステン・ウィグ セス・ローゲン(声)公開2011年 12月
Weblog: 映画 K'z films 2
Tracked: 2012-07-19 01:03

『宇宙人ポール』
Excerpt: 1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が愛犬に向かって墜落してくるのを目撃した……。こ..
Weblog: beatitude
Tracked: 2012-07-19 02:23

宇宙人ポール
Excerpt: イギリスからアメリカにやって来た2人のオタク。 SF小説を書いているクライヴ(ニック・フロスト)とイラストを描いているグレアム(サイモン・ペッグ)は、長年の夢だったサンディエゴで開催されているコミコン..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2012-07-19 06:29

「宇宙人ポール」
Excerpt: イギリスからアメリカに来た宇宙人オタク二人組が、当局に監禁されていた本物の宇宙人に会う、数々のUFO目撃談とか映画テレビが、実は彼をモデルにしていたのでした、という人をくった話に、オタクネタが絡む。 ..
Weblog: prisoner's BLOG
Tracked: 2012-07-19 09:25

映画:「宇宙人ポール」♪。
Excerpt: 平成24年2月3日(金)。 映画:「宇宙人ポール」。 【監  督】グレッグ・モットーラ 【脚  本】サイモン・ペッグ 、ニック・フロスト 【音  楽】 デイヴィッド・アーノルド 【..
Weblog: ☆みぃみの日々徒然日記☆
Tracked: 2012-07-19 09:37

映画「宇宙人ポール」
Excerpt: 2011/12/21、ユナイテッドシネマ豊洲。 サイモン・ペグ、ニック・フロスト、セス・ローガン(声)、ジェイソン・ベイトマン。 ** サンディエゴのコミコン会場にやってきた、イギリス人でSFオ..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2012-07-19 10:02

『宇宙人ポール』
Excerpt: '11.12.18 『宇宙人ポール』@シネクイント 今はなきshowbiz countdown で紹介されててスゴイ見たかった! したコメで特別上映されて、行きたかったのだけど、気づいた時に..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2012-07-19 12:25

宇宙人ポール
Excerpt: 2011年12月31日(土) 16:55〜 シネ・リーブル池袋1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『宇宙人ポール』公式サイト (キャスト/スタッフの紹介がスクロールし..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2012-07-19 15:39

映画:ポール Paul オフビート系のくせに「モテキ」に対抗できる、今年有数のコメディか?!
Excerpt: SFオタクなイギリス人青年×2人、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ=MI4の100倍いい)がアメリカのUFOスポットを巡るロードムービー。 ところが宇宙人ポールに出会..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2012-07-19 20:14

宇宙人ポール・・・・・評価額1600円
Excerpt: ナードに栄えあれ。 スティーブン・スピルバーグによって生み出された、SF映画史上の金字塔「未知との遭遇」「E.T.」に影響された映画関係者は数多い。 この夏に公開された「SUPER 8/スーパ..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2012-07-19 22:06

宇宙人ポール
Excerpt: 第252回「SF好きのSF好きによるSF好きのための映画」 やけに今年は異星人の登場する映画が多い年でした。「スカイライン−征服−」「世界侵略:ロサンゼルス決戦」と・・・そして今年を締めくくるのは「..
Weblog: しんちゃんの徒然なる映画日記
Tracked: 2012-07-19 22:38

「宇宙人ポール」
Excerpt: イギリスから来た男たち。 UFOオタクの男二人と妙に地球慣れした宇宙人・ポールの珍道中。 この設定だけで期待感を抱くが、仕掛け人がS.ペッグとN.フロストの「あの」コンビなのだから、もっと何かあ..
Weblog: Con Gas, Sin Hielo
Tracked: 2012-07-19 23:50

「宇宙人ポール」:幾つ分かるかSF映画ネタ
Excerpt: 監督:グレッグ・モットーラ 出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト 米国2010年 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ」などで、一部で(?)有名コンビ、サイモン・ペッグ&サイモン・ペッグ..
Weblog: ひねくれ者と呼んでくれ
Tracked: 2012-07-20 05:36

「宇宙人ポール」
Excerpt:  1977年の「未知との遭遇」、1978年(日本では本国より1年遅れ)の「スター
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2012-07-20 06:36

「宇宙人ポール」
Excerpt: イギリスから来たSFオタク男2人が、異星人(エイリアン)ポールと出会って珍道中、大冒険。
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2012-07-20 06:43

宇宙人ポール
Excerpt: SFオタクのイギリス人青年、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ)は、念願だったコミックの祭典「コミコン」とアメリカ中西部のUFOスポットを巡る旅を楽しんでいた。 途中、ネ..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2012-07-20 11:50

★宇宙人ポール(2010)★
Excerpt: PAUL ヒッチハイクしてきたのは…なんとエイリアン!? 友情は星を超える! 映時間 104分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(アステア=パルコ) 初公開年月 2011/12/23 ..
Weblog: Cinema Collection 2
Tracked: 2012-07-20 14:45

宇宙人ポール
Excerpt:  『宇宙人ポール』を渋谷シネクイントで見ました。 (1)コメディタッチのSF物ながら、なかなか評判がいいというので、見に出かけた次第です。実際にも、実に楽しい作品でした。  イギリスからやってきた..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2012-07-21 04:01

5★宇宙人ポール
Excerpt: ’11年、アメリカ・フランス・イギリス 原題:Paul 監督: グレッグ・モットーラ 脚本: ニック・フロスト、サイモン・ペッグ 製作: ニラ・パーク、ティム・ビーバン、エリック・フェルナー 製作総指..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2012-07-21 16:40

宇宙人ポール
Excerpt: 【PAUL】 2011/12/23公開(宇都宮:2012/02/11) アメリカ PG12 104分監督:グレッグ・モットーラ出演:サイモン・ペッグ、ニック・フロスト、ジェイソン・ベイトマン、クリ..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2012-07-21 23:18

宇宙人ポール
Excerpt: あぁぁ、面白かった!
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2012-07-22 07:48

「宇宙人ポール」 これこそスピルバーグLOVE、宇宙LOVE
Excerpt: 「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」の
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2012-07-22 15:19

宇宙人ポール(2010)★☆PAUL
Excerpt:  ヒッチハイクしてきたのは…なんとエイリアン!?友情は星を超える! 評価:=90点 わあ〜このコンビものがとても好きなんです!それに+人間みたいな宇宙人ポールが絡んで最高で〜..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2012-07-22 22:51

「宇宙人ポール」
Excerpt: 2011年・米=仏=英合作/ユニバーサル=配給:アステア、パルコ 原題:Paul 監督:グレッグ・モットーラ 脚本:ニック・フロスト、サイモン・ペッグ 製作:ニラ・パーク、ティム・ビーバン、エリック・..
Weblog: お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法
Tracked: 2012-07-23 00:18

宇宙人ポール 【監督:グレッグ・モットーラ】
Excerpt: でも今年の作品の映評もどんどん書いてこう・・・
Weblog: 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
Tracked: 2012-07-24 22:31

「宇宙人ポール」
Excerpt: ツボにハマった。 どこが? わからん。このユルい感じの宇宙人にしてやられたとしか、言いようがない。 頭でっかちの、つるっぱげ。「未知との遭遇」の宇宙人がそのままじっちゃんになったような容貌。 古今..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2012-07-31 21:52

宇宙人ポール  PAUL
Excerpt: DVDの発売を待ってました。 サイモン・ペグのファンなんです。 最近は「スター・トレック」や「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコール」など ハリウッド大作にも出演しています。 しかし「ショ..
Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク
Tracked: 2012-09-27 22:40

宇宙人ポール
Excerpt: 【あらすじ】 1947年、アメリカ、ワイオミング州のムーアクロフト。 そこで暮らす幼い少女は、ある夜、怪しい光を放つ飛行物体が 愛犬に向かって墜落してくるのを目撃した……。 この不可解な出来事から6..
Weblog: タケヤと愉快な仲間達
Tracked: 2012-10-02 08:29

宇宙人ポール : 毒舌エイリアンとゆかいな仲間たち
Excerpt:  寒いですなぁ。今日は広島でも雪がちらちらしていました。こんな日は、すべり知らずで寒くならないこちらの映画を観てはいかがでしょうか。 【題名】 宇宙人ポール 【製作
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2013-01-17 17:43

【映画】宇宙人ポール…コミコンと宗教がツボ
Excerpt: まずは近況報告から… 2013年2月21日(木曜日)には、修理に出していた車が戻ってきました 既に代車に慣れて、自分の車の操作でチョイチョイ悩むのは困りモノです 2013年2月23日(土曜日)は、..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2013-02-25 14:49