2006年11月12日

ジャケット (The Jacket)

監督 ジョン・メイバリー 主演 エイドリアン・ブロディ
2005年 アメリカ映画 103分 サスペンス 採点★★★★

ジャンルとしては大好きなのにも関わらず、心底面白いと身悶えするような作品に滅多に出会ったことのない“タイム・トラベル”もの。「タイムパラドックスがどーたらこーたら」と屁理屈をこねるほど賢くはないのでその辺は大概スルーなのだが、“面白い・つまらない”以前に“嫌い”という作品にばかり出くわす。『サウンド・オブ・サンダー』は放っとくとして、『タイムマシン』にしても『タイムライン』にしても、それこそ『バタフライ・エフェクト』ですら嫌い。どうにも、自分の都合と倫理観で歴史をいじくる作品が嫌いなようで。「あれは面白かったなぁ」と思った映画を探してみても、『バンデッドQ』くらいしか思い出せないクセに、新作が出るとワクワクして観ちゃうんですよねぇ。イヤなことはスグに忘れちゃうタイプなんでしょうね

thja3.jpg

【ストーリー】
1992年。湾岸戦争時に頭部に受けた銃弾の後遺症で記憶障害を患ってしまったジャック。帰国後、ヒッチハイクで乗った運転手が起こした警官殺害事件の容疑者として逮捕されたジャックは、心神喪失を理由に精神病院へと送られてしまう。そこで治療と称し行われた、死体安置用の狭い引き出しに閉じ込められたジャックは意識を失うが、意識を取り戻した彼は2007年にタイムスリップをしていた…。

thja5.jpg

嫌いな作品に出会う確立が異常に高いジャンルのうえに大嫌いな俳優が主演しているのでかなりビクビクしながら手に取ったが、最後の最後まで画面に釘付けだった一本。走馬灯モノとして安易な展開をしがちな物語を、その選択を最後まで拒み、SF・サスペンス・ラブロマンスに寓話的要素をも加えた盛り沢山な物語を破綻せずに脚本化した手腕に、まず脱帽。しかしこの作品の完成度は、下手をすれば「寝タバコはダメよ」と説教された印象だけで終わりかねないこの脚本を、至極丁寧に仕上げた監督の手腕によるものが大きい。まるで残り少ない生を享受するかのように、ワンシーンたりとも無駄で美しくないシーンがない。物語の中核を成す“自らの死因を探る”サスペンスも、意外とマヌケな結末を迎えているものの、現実感と因果関係を曖昧にした演出によって醸し出された主人公の天使性により、結果よりもそれに向かって必死になった過程の重要さが、より浮き彫りに。愛の物語の側面もあるが、そこには“愛の押し売り”も“安売り”もなく、やることはやっているにも関わらず生々しさもない。愛する女性を救う物語というよりは、一つの家庭を救う為に苦労する天使見習いの物語のようにも見えてくる。時期が時期ですし。その後を匂わせるエンディングではあるが、画面を包む眩い光が象徴するのは二人で過ごす将来ではないはず。

thja6.jpg

本作にもタイムトラベルものに付き物と言えるでっかいタイムパラドックスは存在する。1992年にAがBから聞いた事は、実は2007年にAがBに話したことをBがAに話しただけで、じゃぁ元はどこなんだと。だが、そんなタイムパラドックスにばっかり拘ってたんじゃ、『プライマー』みたいになっちゃいますし。そんなせまっ苦しい思いをするくらいなら、面白さを最優先するほうが映画的には正しい
そもそも、“タイムトラベル”という目立つ奴が目の前にブラブラしているので、そっちにばかり目を奪われSF的な物語と思い込みがちだが、本作の骨組み自体は『素晴らしき哉、人生!』や『クリスマス・キャロル』と然程変わらない。戦争時代に一組の親子の運命を狂わせてしまった主人公が、帰国後我が身を呈して別の一組の親子の運命を救うという“使命”を背負う物語でもあるといえる。一度死んだ主人公が、僅かな時間と共に与えられた使命と。死をもって見習い天使になったとも、見習い天使になる為に死ぬ運命を持っていたともとれる現実味の曖昧な演出と、想像を刺激する隙間が心地よい。
音楽も本作の印象を高めている要素の一つ。ブライアン・イーノと言えばデヴィッド・ボウイとのコラボレーションが真っ先に思いつく私にとっては、劇中に流れるアンビエントでノイジーなサウンドは、非常に心地が良い。残念ながらボウイの楽曲は流れないが、キーラ・ナイトレイの母親の部屋にデカデカとボウイのアルバム“アラディン・セイン”のポスターがあるのは嬉しい気配り。母親の名前がジニーってのも、同アルバムの代表曲“ジーン・ジニー”と一緒だと有頂天になるバカがここに。画面に目を凝らすと、キーラ・ナイトレイの部屋にはイギー・ポップのアルバム“ラスト・フォー・ライフ”を発見できる。カエルの子はカエルですね。ボウイがプロデュースした名盤なのだが、当時ボウイとコラボレーションしてたのが、ブライアン・イーノ。そして、エンディングに流れる『女王陛下の007』でルイ・アームストロングが歌っていた“愛はすべてを越えて”をカバーしているのが、イギー・ポップ。なんか非常に狭い所で遊んでいる気もしないでもないが、嬉しいことには変わらないので。あ、もちろん採点には“ボウイ・アドバンテージ”が採用されてますよ。

thja4.jpg

先に挙げたのだが、エイドリアン・ブロディが嫌い。なんか、こうヒモっぽくてイヤ。したたかにダメ男を演じ、その捨て犬のような風貌で女性の母性本能をくすぐっていつの間にか転がり込んでそうな感じすらする。まぁ、昔好きな女の子を取り合った奴にソックリだってのが最大の原因だったりするんですが。『キング・コング』で3時間も観る羽目になり苦しんだ彼だが、本作では思いのほか感じが良い。別にしこたま痛みつけられているからではないのだが、存在のおぼろげで天使的な主人公にピッタリ。本作でも、いつの間にか女性宅に転がり込んではいますが。やっぱり、野良犬っぽい
そのエイドリアン・ブロディに転がり込まれるのが、『ベッカムに恋して』や『ドミノ』で見事に“ナタリー・ポートマンのそっくりさん”から脱却を果たしたキーラ・ナイトレイ。ゴスっぽいメイクをするとウィノナそっくりになってしまうのだが、小生意気な顔からは想像の出来ない歯を剥き出しにした人懐っこい笑顔で、ハスッパだが包容力のある女性を熱演。そんなんだから、野良犬が転がり込んでくるんですが。そんなキーラ・ナイトレイと新旧小生意気女優対決を果たすのが、『マシニスト』のジェニファー・ジェイソン・リー。老けましたねぇ…。その他にも、『ブレイド3』『ペイバック』のクリス・クリストファーソンや、『アンダーワールド2:エボリューション』のスティーヴン・マッキントッシュ、もうパッと見誰だか分からなくなってしまった昔の美少年ブラッド・レンフローなど顔ぶれも豪華なのだが、一番驚いたのが『ミュンヘン』のと言うよりは“新ジェームズ・ボンド”のダニエル・クレイグ。髪が黒いせいか、もうもの凄く顔が濃い。トミー・リー・ジョーンズから知能指数を100程抜いたようなその風貌に、ますます彼のボンドに不安が。
コンフェッション』『シリアナ』同様、ジョージ・クルーニーとスティーヴン・ソダーバーグらによるセクションエイト製作の一本だが、今回はジョージ・クルーニーもジミーちゃんも顔を出さず。出なくて正解。
ところで、死んだ患者として名前だけ出てくる“テッド・ケイシー”。連続殺人鬼のテッド・バンディとジョン・ウェイン・ゲイシーを足したんでしょうか?性格や性癖まで足されてたら、すげぃヤですねぇ。


thja2.jpg
ほら、イギーいたでしょ?

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        

        


posted by たお at 03:25 | Comment(14) | TrackBack(34) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ!
>テッド・ケイシー
そこに一番反応してしまいましたw
私もテッド・バンディ思い出しましたよーー
それに母親の部屋のポスターまでチェックしているとは、流石たおさんっ!!
Posted by PINOKIO at 2006年11月13日 23:46
こんにちは。TBありがとうございます。
わっ、たしかに似てるかもウィノナに。
...万引きしちゃダメだぞ。
Posted by もじゃ at 2006年11月14日 01:35
PINOKIO様こんばんは〜♪
ついついピンと来てしまう名前ですよねぇ。あざとすぎるというか^^;
チェックしているというか、部屋にデカデカとあるのがヴァン・ヘイレンとかだったら気付かないんですが、ボウイだったんで^^
Posted by たお at 2006年11月14日 02:48
もじゃ様こんばんは!
で、どっかのオヤジが“フリー・キーラ!”とかプリントされてるTシャツ作って大もうけですねぇw
Posted by たお at 2006年11月14日 02:50
はじめまして。通りすがりです。
タイムトラベルものがお好きなようですね。
邦画ですが「サマータイムマシンブルース」は如何でしょう。プロットが大変みみっちくって素敵でした。
それでは。
Posted by hookhook at 2006年11月18日 00:42
hookhook様こんばんは!
好きと言うか、期待とその後の印象のギャップが激しすぎるジャンルなんですよねぇ^^;
大抵、腹を立ててますw
大変みみっちくて素敵でしたかぁ。
うーん・・・^^;
Posted by たお at 2006年11月19日 00:35
たおさんはタイム・トラベルものだめでしたかぁ。『リプレイ』とかはいかがでしょ?
あと。。確か、ケビン・ベーコン主演の『タイムなんとか』っていう、格別に面白いSFがあったはずなんですが、忘れてしまいました(中途半端なこと言ってごめんなさい)。
>下手をすれば「寝タバコはダメよ」と説教された印象だけで終わりかねない
いやぁ、“雪の日に道路は滑っちゃダメよ”という説教では〜?
Posted by とらねこ at 2007年01月12日 05:41
とらねこ様こんばんは〜♪
タイムトラベルものがダメっていうよりは、ストーリー上の収集をつけるための手段がやたらとキレイごとだったり、自己チューだったりするんで、そこが嫌だったりすることが多くて^^;“蝶が羽ばたくとどうのこうの”という映画とか。面白いのも確かにあるんですけどね。
“雪道は滑る”“寝タバコは危険”と、どれもこれも当然のことばかりでしたねぇw
Posted by たお at 2007年01月12日 19:49
思い出しました★
ケビン・ベーコン主演の、面白かったタイムトラベルもの、『フラットライナーズ』でしたよ!
たおさんは見られましたー?
まだだったら見て欲しいなあ、なんてちょっとだけリクエストしてみたり・・・・
(無理にとは言いませんが)
Posted by とらねこ at 2007年01月13日 08:14
とらねこ様こんばんはー!
あぁ、『フラットライナーズ』!
むかーし観ましたよ。
でもあれって、タイムトラベルっつうか“今際の際でゴメンなさい”映画でしたよねw
まぁ、本作も似たようなテーマですが。
Posted by たお at 2007年01月13日 19:46
たお様!!お久しぶりです。
SFミステリーかと思って借りたら、随分セツナイサスペンスでした。
久しぶりに気に入った一作でした。
エイドリアンは妖怪顔ですけど。
Posted by Lance at 2007年06月18日 00:18
Lance様こーんばーんはー♪
切ない物語でしたねぇ。前向きではありましたが^^
しかしまぁ、妖怪顔ってのももの凄い形容でw
私は彼を見ると、名前は浮かばないんですが馬のように顔の長いちょっと高級な犬を思い出すんですよねぇw
Posted by たお at 2007年06月18日 02:47
あらら、あたしもタイム・パラドックスものって
好きなのだけどたおさんがあげてる作品は
どれも好きだわ(;・∀・)
Posted by miyu at 2008年04月18日 23:38
miyu様、こんにちは!
まぁ、私が偏屈者なだけですから^^;
Posted by たお at 2008年04月25日 14:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「ジャケット」
Excerpt: 原題:The Jacket 1992年湾岸戦争で気を許した子供に銃を向けられ、頭部に銃弾を受け一命は取り留めるものの突発性健忘症となる男のスリルと愛に溢れた物語。 ジャック・スター..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-11-13 00:34

ジャケット
Excerpt: 1992年の年末、拘束衣(ジャケット)を着せられ、狭い死体安置所のような「引き出し」に入れられたジャックが目を開けるとそこは2007年の世界。15年前に出会った少女と出会い、衝撃の事実を知らされます。..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-11-13 07:02

感想/ジャケット(試写)
Excerpt: ありきたりな映画レビューが多いブログですんません(不本意なのよ)。めげずに懲りずに5月20日公開の『ジャケット』、感想いってみよーかー。エイドリアン・ブロディ×キーラ・ナイトレイ出演。 『ジャケット..
Weblog: APRIL FOOLS
Tracked: 2006-11-13 07:56

『ジャケット』
Excerpt: ソダーバーグとクルーニーの製作チームによる作品ですが、『エターナル・サンシャイン』のようにサスペンスでありながらファンタジックな要素がある映画で、トレイラーとは印象が違いました。
Weblog: 映像と音は言葉にできないけれど
Tracked: 2006-11-13 08:04

ジャケット
Excerpt: あのロッカーはイルマーレのポストと同じ鉄板を使って作られていたのか! ジャケットposted with amazlet on 06.11.13松竹 (2006/10/28)売り上げランキング: ..
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2006-11-13 11:12

映画「ジャケット」感想
Excerpt: 「ジャケット」☆×5 監督:ジョン・メイバリー “拘束(しばら)れたい──時空を超えても。” 【1992年。湾岸戦争での頭部の負傷が原因で記憶障害になったジャックは、ある殺人事件に巻..
Weblog: すたじおG
Tracked: 2006-11-13 12:32

「ジャケット」
Excerpt: 「ジャケット」TOKYO FMホールで鑑賞 上映前のイベントは学生さんたちがデザインしたジャケットのファッションショー。映画「ジャケット」をモチーフにしてゲストのベッキーちゃんに着せたいジャケッ..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2006-11-13 15:38

「ジャケット」
Excerpt: [:映画:] 「ジャケット」 ずいぶん前から予告編を観てた気がするけど、やっと公開になったのね。 ちょっとした時間調整で観に行ったが、初日にして5〜6割ほどの入りか。 やはり客は 「ダヴィンチ..
Weblog: That's the Way Life Goes
Tracked: 2006-11-13 21:26

ジャケット
Excerpt: 記憶系、そして微妙にSF系。 ちょっとバタフライエフェクトとか思い出してしまう、、、 切ない・・・。
Weblog: 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α
Tracked: 2006-11-13 23:42

いつジャック・スタークスは死んだのか?
Excerpt: 116「ジャケット」(アメリカ・ドイツ)  15年後の未来へ行き、自分が死んだことを知る男。「何故俺は死んだのか?」運命的に出会った女性と自分の死の真相を探ろうとする男。  そのストーリーを知って..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2006-11-14 01:18

【 ジャケット 】
Excerpt: 時空を超え未来と過去を行き来しながら謎の死の真相を探る男女を描くサスペンス。主演はエイドリアン・ブロディ、キーラ・ナイトレイ。 何で15年後の未来にタイムスリップするんだろう?、なんて考えてはダ..
Weblog: もじゃ映画メモメモ
Tracked: 2006-11-14 01:33

ジャケット/試写会
Excerpt: ジャケット THE JACKET  http://www.jacket-movie.jp/ 監督:ジョン・メイブリー     脚本:マッシー・タジェディン 製作:ピーター・グーバー / ジョージ・..
Weblog: 如意宝珠
Tracked: 2006-11-14 08:03

カモシカと拘束衣
Excerpt: 「ココシリ」 「ジャケット」
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-11-15 11:10

ジャケット
Excerpt: 『THE JACKET』公開:2006/05/20製作国:アメリカ監督:ジョン・メイバリー出演:エイドリアン・ブロディ、キーラ・ナイトレイ、クリス・クリストファーソン、ジェニファー・ジェイソン・リー、..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2006-11-15 12:57

『ジャケット』
Excerpt: 製作はスティーブン・ソダーバーグとジョージ・クルー二ー、主演はエイドリアン・ブロディとキーラ・ナイトレイ。今、ハリウッドで最も注目されるスタッフ&キャストが揃った話題作で、しかも内容も一味違う。不条理..
Weblog: моя комната ??まやこむなた??
Tracked: 2006-11-15 20:50

「ジャケット」鑑賞
Excerpt: 5/20公開の映画「ジャケット」を一足お先に見てきました。 エイドリアン・ブロディとキーラ・ナイトレイの共演です。 ある親子に出会った直後、事件に巻き込まれた主人公ジャック。 その後精神病院に送..
Weblog: エモーショナル★ライフ
Tracked: 2006-11-16 02:41

ザ・ジャケット THE JACKET
Excerpt: エイドリアン・ブロディ,キーラ・ナイトレイ主演  ゴシック・スリラー映画 1991年湾岸戦争で頭に負傷したジャックが記憶喪失し  身寄りも不確かだがヒッヒハイクで生まれ故郷に向かう 途中で車が..
Weblog: travelyuu とらべるゆう MOVIE
Tracked: 2006-11-18 10:53

ジャケット
Excerpt: 「ジャケット」 2006年 米/独 ★★★☆ 意外性があって良かったです。 1992年、湾岸戦争でジャック・スタークス(ブロディ)は子供に頭を撃ち 抜かれるが・・・・奇跡的に一命をとり..
Weblog: とんとん亭
Tracked: 2006-12-06 23:25

ジャケット
Excerpt: 6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) またまた、ワタクシがあまり得意ではない核心部分がSFな人間ドラマです。 ん?サスペンスかな? ま、どっちでも良いんだけど・・・ 結構..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2006-12-14 04:22

ジャケット。
Excerpt:  エイドリアン・ブロディ主演、『ジャケット』、DVDにて鑑賞。    アマゾンのカスタマーレビューを読む限り、どうやら本作を見て同様のタイムスリップものである『バタフライ・エフェクト』を思い出した人が..
Weblog: この世界の憂鬱と気紛れ
Tracked: 2006-12-17 22:23

ジャケット
Excerpt: THE JACKET2005年 アメリカ・ドイツここでいう「ジャケット」とは精神病院の「拘
Weblog: cinema note+
Tracked: 2006-12-18 00:52

ジャケット
Excerpt: ★本日の金言豆★ セクション・エイト:スティーブン・ソダーバーグとジョージ・クルーニーが設立した映画会社。 2006年5月20日公開  これはまた、逆の意味で最近よくある、記憶と時間を逆..
Weblog: 金言豆のブログ ・・・映画、本について
Tracked: 2006-12-23 11:54

ジャケット
Excerpt: 「暗がり恐怖症」の私には、あんな所は耐えられません。。。
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2007-01-04 16:21

「ジャケット」
Excerpt: キーラ・ナイトレイ目当てで見てみようと思ったけど、 主役は完全に、エイドリアン・ブロディ。 この人の顔は特徴的なので、多少変装しても間違えないね。 時空を行ったり来たりするみたいだけど、どうなっ..
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-01-04 21:38

#6.ジャケット
Excerpt: 未来や過去に行き来する話って、なぜか何度見ても飽きない。特にそれが、タイムパラドクスを扱っていると、なんだか妙に嬉しいのはなぜなんだろう。特にそれが、この作品のように、タイムパラドクスを生じさせないも..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-01-12 05:29

『ジャケット』
Excerpt: ジャケット CAST:エイドリアン・ブロディ、キーラ・ナイトレイ 他 STORY:1992年、ジャック(エイドリアン・ブロディ)は湾岸戦争で頭を負傷し、記憶を失う後遺症が残る。帰還後、..
Weblog: Sweet* Days
Tracked: 2007-02-01 09:04

ジャケット…(またまた後半はウルトラマン記事)
Excerpt: 天気良いです{/kaeru_fine/} 寒いけど{/face_hekomu/} 生命保険の更新手続きの時期が来たので、別の保険に切り替えることにしました。 そのままの更新の場合でも、どうせ保険料は..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2007-03-18 13:42

「ジャケット」
Excerpt: ジャケット松竹このアイテムの詳細を見る 1992年、湾岸戦争で重傷を負ったジャック(エイドリアン・ブロディ)は、その後遺症で 記憶障害を抱えていた。ある日ヒッチハイクの旅に出た彼は、車の故障で立ち往生..
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2007-05-21 02:31

ジャケット
Excerpt:   2005年 米 監督 ジョン・メイバリー 出演 エイドリアン・ブロディ/ キーラ・ナイトレイ/クリス・クリストファーソン/ ジェニファー・ジェイソン・リー/ ケリー・リンチ / ブラッド・..
Weblog: オタク部屋
Tracked: 2007-06-18 00:13

ジャケット 〜DVDにて〜
Excerpt:   ジャケット・・・評価  3   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 1992年、湾岸戦争で頭部を負..
Weblog: 三日月のしっぽ。
Tracked: 2007-08-11 08:46

<ジャケット> 
Excerpt: 2005年 アメリカ 104分 原題 The Jacket 監督 ジョン・メイバリー 原案 トム・ブリーカー  マーク・ロッコ 脚本 マッシー・タジェディン 撮影 ピーター・デミング 音楽..
Weblog: 楽蜻庵別館
Tracked: 2008-01-21 20:47

≪ジャケット≫(WOWOW@2008/01/12@019)
Excerpt: ジャケット   詳細@yahoo映画 ≪パプリカ≫ ・≪悪夢探偵≫ に続いて観たんだけど、これも「夢」関係か? あっ、でもちょっと違うか…時空物か?どっちにしてもちょっ..
Weblog: ミーガと映画と… -Have a good movie-
Tracked: 2008-02-07 15:56

『ジャケット』を観たぞ〜!
Excerpt: 『ジャケット』を観ました1992年と2007年の2つの時を往き来しながら自らの死の謎を探る青年と、そんな彼と恋に落ちる孤独な女性の悲愴な運命をスリリングに描く異色サスペンスです>>『ジャケット』関連原..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2008-03-30 22:20

ジャケット
Excerpt:  『闇の先、君がいた 1992-2007 着ると運命が見える。』  5/20公開のコチラの「ジャケット」は、「オーシャンズ11」や「シリアナ」、「グッドナイト&グッドラック」のスティーヴン・ソダ..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2008-04-18 22:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。