2012年05月07日

2012年4月度 ベスト&ワースト

終わりましたねぇ、ゴールデンウィーク。夫婦共々仕事だったもんで、我が家では別にこれと言って思い出話もなし。強いて言えば、「お馬が見たい!」と言う末っ子連れて近所の馬小屋に行くも、思いのほか大きい馬の姿に末っ子が号泣したことか、近所の小川で石投げて遊ぶ長男を抱きかかえて川に落とすフリをしたら、長男にこっぴどく怒られたとか、子供らと粘土遊びをしていた時、息子らの「お父さん、何作ってるんだろーねー?」って問いに、長女が「どうせウンコでしょ」と冷たく言い放った話くらいしかないですねぇ。子供らよ、来月はどっか連れてってやるから、学校であんまりこのゴールデンウィークの話はするなよ。
そんな訳で、4月度のベスト&ワーストをとっとと。

ベスト
@エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE
A4デイズ

色々観てたつもりなのに、振り返ってみたら「面白かった!」と思えた作品がこの二つしかない体たらくな4月。それでも、前作『エリート・スクワッド』から更に物語の広がりと問題提起の深みを見せた@に出会えたのは良かったのかと。観る者の倫理観を測るリトマス試験紙のようなAも忘れ難し。まぁ、一番面白かったのは、レビューをちゃんと書いてないんでリストアップしなかった“ウォーキング・デッド”だったりするんですが。

ワースト
@バトルシップ
A酔拳 レジェンド・オブ・カンフー

考えてみたら、ワーストに挙げれるのもこの2本位しかなかった4月。総じて“あんまり印象に残らない”って感じだったんですかねぇ。ただまぁ、私の期待の仕方が悪かったとはいえ、海軍と戦艦が主人公なのに戦争映画にも海戦映画にもならずに、ただのSFアクションと化してた@へのガッカリ具合は大きかったなぁと。肝心な部分を「あぁ、なんか神さまが教えてくれたんだよ」で済ましちゃうAへのガッカリも大きく。その他、ダメな部分も忠実に再現した『ホーボー・ウィズ・ショットガン』や、ジェットコースターの主観映像を家で観てるような『ファイナル・デッドブリッジ』、若い娘がキャーキャー騒ぐ『ツインズ・エフェクト』なんかもありましたけど、それらは“狙い通り&期待通り”のダメっぷりなのでワーストには該当せず。

そんなこんなで、先月の振り返り終了ー!では!

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogramによるブログ分析   

        




タグ:ランキング
posted by たお at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 月間ベスト&ワースト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。