2006年11月02日

心霊写真 (Shutter)

監督 パークプム・ウォンプム/バンジョン・ピサヤタナクーン 主演 アナンダ・エヴァリンハム
2004年 タイ映画 97分 ホラー 採点★★★

日本中がオカルトブームに沸いていた70年代後半。テレビをつければ必ずどこかで心霊写真特集や恐怖体験談をやっている、ある意味素晴らしい時代だったのだが、10人の自称霊能力者が一斉に違うことを騒ぎ立てる状況にいい加減ウンザリしたのか、80年代に入るとブームも下火に。そんな中登場したのが、確か『ワイドYOU』だったかとは思うが、視聴者から送られてきた心霊写真をプロのカメラマンが検証するというコーナー。実際に撮影された場所まで赴き、限りなく同じ条件で撮影をし、光の加減などが原因で出来上がってしまった不気味な写真の原因を次々と解明。中でも多いのは、「後ろは崖っぷちで人が立てるはずがない」状況で撮られた写真が、現地へ行ってみれば崖っぷちどころか後ろに遊歩道があったりする“思い込み・勘違い”の例。まぁ、だからといって「なーんだ。幽霊なんて存在しないんだ」と私は成長しちゃったわけではなく、解明され続ける膨大な数の心霊写真やUFO写真の中に僅かながらに解明できないものもあり、その中に一枚くらいは本物があるかも知れないなぁと、逆に興味深々に。“かも知れない”ってのが、恐怖を増長させる重要な要素なんでしょうねぇ。

【ストーリー】
写真家のタンと恋人のジェーンは、友人の結婚式の帰り道突然飛び出してきた女性をはねてしまう。動揺しその場を逃げ去った二人だが、その日以降タンの撮る写真に不気味な影が写りこみ始め…。

shut1.jpg

本国タイで大ヒットを記録した、心霊写真を題材としたホラー。劇中に本物の心霊写真が使われていることでも話題となったが、その心霊写真が効果的に恐怖を増長しているかと言えば、その辺はまぁ…別に
深い悲しみと優しさのこもった怪談映画の傑作『the EYE 【アイ】』を送り込む底力を誇るタイ映画界だけに、期待も大きく鑑賞したのだが、明らかに『呪怨』というか伽椰子の影響下にある幽霊描写には何ら新鮮味はなく、一本調子の展開によって、忌まわしい過去や被害者の悲痛な叫びが上手く活きてこない。謎が解明されるクライマックスからラストショットまでの恐怖演出のさりげなさが効果抜群なだけに、そこに到るまでの力任せで単調な演出が残念。とはいえ、時折挟まれるスタントシーンなどの“迫力が欲しければ身体を張る”基本に忠実な映画作りに対する姿勢は好印象。不満も多いが、その不満のほとんどは既に高いレベルにある本作に、あと一歩を望む贅沢な願いでもあるんですが。

shut2.jpg

時折女の子にすら見える可愛い顔立ちをした、主人公を演じるアナンダ・エヴァリンハム。本国ではオバサマ方に大人気だそうで、そんな彼が散々な目に遭い、実は自業自得の酷い奴だったと明らかになる本作では、「キャー!エヴァ様ぁー!」「エヴァ様がぁ!?信じられないわぁー!」と大騒ぎだったんでしょうねぇ。いかにも遊んでいそうな風貌に、本作の役柄は非常にリアルだと感じたんですが、まぁ、ひがみっちゃぁひがみでございますよ。いいですよねぇ、二枚目。自業自得男の因果応報話であるので主人公に同情心は一切生まれないのだが、地雷女として扱われ、無残な最期を遂げるネート役のアチタ・シカマーナーは、ちょっぴり好みのタイプかも。いえいえ、目の前で手首を切る女性が好きなわけではないですよ。役柄ではなく、見た目がってことで。まぁ、その見た目も素顔の伽椰子っぽかったりするので「しっかりしろ、俺!」と我にかえる必要があるんですが。
一部の好事家の間では話題になった本作であるが、ややアピールの足りなさを感じるのも事実。幅広い客層に受けそうな作品だけに、もう少し宣伝に力を入れても良かったのではと。DVDの付録に生写真を付けるとか。もちろん、“”と“写真”の間には“心霊”って文字が入りますが。

shut3.jpg
踏んだアナタが悪いんですから、最後まで面倒みてくださいよ

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        

        


posted by たお at 16:41 | Comment(6) | TrackBack(10) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!いつもありがとうございます!
この男、趣味じゃないし、、、
怖いところはありましたが、
もうすでに、ほとんど忘れてしまいました、、、
Posted by 猫姫少佐現品限り at 2006年11月03日 01:44
猫姫さまこんばんは!
まぁ、タイでは大人気ってことですが。それもオバサマ方に。。。
ちょっと印象的なシーンが多かっただけに、詰めの甘さが残念でしたねぇ。
Posted by たお at 2006年11月03日 21:31
こんばんわー!
どうにも伽椰子を連想してしまいますね(^^;
伽椰子のイメージ強すぎ、、強いのはイメージだけではないけどw
こういう映画にありがちな、「撮影中に不思議なことが・・・」ってのもちゃんとメイキングに入ってましたねぇw 
Posted by PINOKIO at 2006年11月04日 21:37
PINOKIO様こんばんは〜♪
すっかり伽椰子でしたが、日本だったら背中におぶさっている表現をしそうなところを、肩車にしちゃうところに「あぁ、よそ様のお国なんだなぁ」と。なんとなく楽しそうでしたが。
メイキングの例の写真ですが、道の真ん中に思いっきりスタッフらしき人影が写っているのに、そこにはノータッチでしたねぇ。道路脇の人影も、どう見てもスタッフなのでは。。。^^;
Posted by たお at 2006年11月05日 01:40
アナンダ・エヴァリンハムがオバサマに大人気とはビックリです。 何だか鬱陶しくてめんどくさそうな人でしたヨ。 役柄のせいなのかな〜。
Posted by みのり(楽蜻庵別館) at 2008年02月09日 18:42
みのり様、こんにちは!
>鬱陶しくてめんどくさそうな人
男としてこれ以上ない酷評ですねぇw
Posted by たお at 2008年02月11日 13:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

心霊写真
Excerpt: 「心霊写真」を動物園前シネフェスタにて鑑賞。 本国タイで大ヒットしたホラー映画。心霊写真を媒介に、登場人物たちを襲う恐怖の数々が戦慄の映像で描かれてゆく。友人の結婚式の帰り道、カメラマンのタンと..
Weblog: 雑記のーと Ver.2
Tracked: 2006-11-02 22:16

『心霊写真』
Excerpt:  悲しいことがあると 開く皮の表紙  卒業写真のあの人は やさしい目をしてる  町で見かけたとき 何も言えなかった  卒業写真の面影が そのままだったから  人ごみに流されて 変わってゆく私を..
Weblog: 映画大陸
Tracked: 2006-11-03 00:12

心霊写真 06年208本目
Excerpt: 心霊写真 SUTTER 2004年 タイ   パークプム・ウォンプム 、バンジョン・ピサヤタナクーン 監督アナンダ・エヴァリンハム 、ナッターウィーラヌット・トーンミー 、アチタ・シカマーナー タ..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-11-03 01:47

本物の心霊写真
Excerpt: 111「心霊写真」(タイ)  カメラマンのタンは恋人のジェーンと共に大学時代の親友4人組の1人、トンの結婚式に出席し、その帰り突然飛び出してきた女性を撥ね、逃げてしまう。その翌日仕事で撮影した写真に..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2006-11-03 03:04

『心霊写真』 主演:アナンダ・エヴァリンハム
Excerpt: タイのアジアンホラーと見くびっていたら予想以上に面白くて怖か った。 これはジャパニーズホラーの制作関係の人たちには先こされたと 悔しがるだろうな、今からこの手の作品作ってもまねでしかないも のね、心..
Weblog: La.La.La
Tracked: 2006-11-03 19:08

心霊写真
Excerpt: タイのホラーって初めて見るわ。 結構なかなか怖かった・・・。 どうしても呪怨やリングっぽいところはあるけれど。
Weblog: 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α
Tracked: 2006-11-04 21:27

『心霊写真』(2004)★★★☆☆
Excerpt: 『心霊写真』(2004)を観た。 友達と一緒に観た。 日本での劇場公開は2006年5月20日。 女性を轢き逃げした写真家に起こる奇妙な出来事の話。 タイでの原題は『シャッター』。 タイで..
Weblog: 映画ブログ『ポップコーンを食べながら』
Tracked: 2006-12-07 01:08

「心霊写真」(04タイ)
Excerpt: タイのホラー映画。女性をひき逃げしたカメラマンのタンとその恋人ジェーン。以後、タンの撮る写真には怪しい影と姿が映るようになる。呪いのビデオシリーズなど映像ネタが追究された今さら心霊写真ネタ?(なお、作..
Weblog: 新世紀活動大写真
Tracked: 2007-02-02 19:43

#57.心霊写真
Excerpt: 今日は、4月13日、金曜日。ン??13日の金曜日。・・・そうですか、これは、これは。ホラーの祭典が、したくなってしまったわ第一弾。というわけで、’06年日本公開の、タイ産ホラー、『心霊写真』。本国タイ..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2007-04-13 22:25

<心霊写真> 
Excerpt: 2004年 タイ 97分 原題 Shutter(Kod Tid Vinyaam) 監督 パークプム・ウォンプム  バンジョン・ピサヤタナクーン 脚本 パークプム・ウォンプム  バンジョン・ピサヤ..
Weblog: 楽蜻庵別館
Tracked: 2008-02-09 18:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。