2006年11月02日

ウエディング・クラッシャーズ (Wedding Crashers)

監督 デヴィッド・ドブキン 主演 オーウェン・ウィルソン
2005年 アメリカ映画 119分 コメディ 採点★★★★

ボク、ナンパなんてしたことないですよ。本当ですってば。

wecr4.jpg

【ストーリー】
離婚仲裁人として働くジョンとジェレミーは親友同士。休日となれば二人で他人の結婚式に忍び込んで、飲めや歌えや口説けやの大騒ぎ。そんな結婚式荒しを満喫していた二人だが、財務長官の長女の結婚式で出会った長官の次女クレアにジョンが一目惚れ。一方ジェレミーは末娘グロリアに付きまとわられ…。

wecr5.jpg

全米で2億ドルを超える大ヒットとなったラブコメディ。こんな他愛のないラブコメディが、なんでそんなにヒットしたのかですって?そりゃぁ、オーウェンが可愛いからに決まってるじゃないですか!
オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーン。“フラットパック”の中軸にして、プライベートでも大の仲良しで共に大の女好きだけあって、まるでドキュドラマを観ているかのような作品。演技なのか素なのか判別不能なほど楽しそうな彼らを観ているだけで概ね満足。“本当の愛”や“成長”と言ったありがちで汲み取りやすい要素こそ備えてはいるが、そこにこれ見よがしな押し付けがましさは一切なく、物語は彼らの本当に楽しそうな姿が生み出す凄まじい疾走感で突き進んでいく。裕福で変わり者揃いの財務長官一家との交流にしても、彼らは何ら影響や変化を与えるわけではなく、ひたすら翻弄されるばかり。その翻弄される彼らと一緒に、その状況を楽しむ観客参加型映画である。もちろん「楽しめる人だけ楽しんでいってね」という敷居の高さはなく、序盤からトップギアで笑い転げるオーウェンとヴィンスに知らず知らずのうちに巻き込まれ、気がついたら一緒の車に乗っている様なものなので、ご安心を。ただし、何にでも意味を見出そうと構えていると、置いてけぼりを食らう可能性大ですが。

wecr2.jpg

フラットパックの中で格段に目立つ仕事をしている訳ではないのだが、『アダルト♂スクール』『ドッジボール』『スタスキー&ハッチ』『ズーランダー』と、関わる作品全てが傑作揃いのヴィンス・ヴォーン。“どうでしょう班”におけるヤスケンの様な存在か?本作ではオーウェンの保護者として地雷処理に忙しかったヴィンスだが、2時間ぶっ通しでハイテンションな彼を観るのは新鮮。
作品選びの基準が“楽しそうな現場”に違いない『もしも昨日が選べたら』のクリストファー・ウォーケンの、もはや仙人の域に達しているマイペースさや、ツンとした鼻筋がキュートなレイチェル・マクアダムスも印象深かったが、やはり何をおいてもオーウェン・ウィルソンに尽きる。毎度毎度で申し訳ないのだが、オーウェンが可愛い。ソフトすぎる語り口の割に絶対に自分からは折れない頑固なオーウェンや、思いついたことは状況も考えず口に出さないと気がすまないいつものオーウェン以外にも、砂浜オーウェン、自転車オーウェン、自暴自棄オーウェン、どこから観始めても可愛いオーウェンが出てくる至福の2時間。オーウェン濃度のかなり高い作品であるので、オーウェンファン悶絶間違いなし。もし万が一…まぁ、そんな人が存在しているとは想像もつきませんが、予想外に甲高い声で早口に喋るヴィンスと、トロトロと喋るオーウェンが生み出すハーモニーに魅力を感じなくても、終盤“伝説の結婚式荒し”として登場するフラットパック随一の大物の魅力にはメロメロになることでしょう。背が高くて、毛むくじゃらで、目と目の距離が人よりちょっと近くて、ブヨブヨとしたアノ方の魅力に。

wecr1.jpg
これに釣られない方が難しい

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        

        


posted by たお at 03:21 | Comment(26) | TrackBack(23) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
主役二人のノビノビさ加減は本当に気持ちよかったんですが、その分もぅちょっとストーリーに説得力っか厚みが欲しかった私は贅沢者でしょうか?(苦笑)
 
でも
>アノ方の魅力
は反則でしたよねぇ(笑) 私も思わずあのガウン? バスローブ? が欲しくなってしまいましたもの。
 
しっかしこの日本版DVDも、肝心の音声解説が収録されてねぇんですか!? あんなに楽しいモノなのに…
 
Posted by USA-P at 2006年11月02日 17:31
USA-P様こんばんは〜♪
>もぅちょっとストーリーに説得力っか厚み
まぁ「ワァーーー!」って始まって「ワァーーー!」って終わるパーティ同時体験映画でしたからねぇw
アノお方は存在自体が反則だというのに、あのいでたちでモテモテで未だに親と同居って設定まで反則でした。
特典らしい特典がなかったですねぇ。
「出したんだから、いいだろ?」ってことですかねぇ?
Posted by たお at 2006年11月03日 21:29
こんばんは。
弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。
こちらからも、コメントとトラックバックのお返しを失礼致します。

この作品は、個性的な役柄をそれぞれの出演者の皆さんが楽しんで演じている事が窺える一本でした。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。
Posted by たろ at 2006年11月10日 01:46
いや〜 オーウェン・ファン必携のDVDです。
どこを見ても素敵な可愛いオーウェンってもう・・・(悶絶)
まぁ、こんな映画で2時間は長いと思うんですが、
楽しいからいいか。
最後にあのお方が観られるし!!
Posted by kino at 2006年11月10日 22:41
たろ様こんばんは!
間違いなく楽しんでますね、みなさんw
Posted by たお at 2006年11月10日 22:58
kino様こんばんは〜♪
オーウェン乱舞の2時間でしたねぇ^^
ご満悦です。
なんなら、3時間でも4時間でも。
いっそのこと『ロード・オブ・ザ・リング』をフラットパックの面々で。
Posted by たお at 2006年11月10日 23:02
こんにちは!
TBどうもありがとうございました。

日本ではDVDスルーになってしまったけど、なかなか面白かったです。
オーウェン・ウィルソンは素敵だったなあ。
笑顔がかわいいです!
ヴィンス・ボーンのマシンガントークも絶品。
肩の張らない楽しい映画でしたね^^
Posted by アイマック at 2006年11月11日 11:49
アイマック様こんにちは!
面白かったですよねぇ♪
オーウェンだけでも満足なのに、ヴィンスのハイテンションもかなり楽しい。でも、この手の作品は公開されないですよねぇ。。。
Posted by たお at 2006年11月12日 10:34
たお様
albrechtです。
>オーウェンの保護者として地雷処理に忙しかったヴィンス
そうそう!!
頼りがいがありそうですよね〜。身体デカイし(笑)。
で、もう一人の身体デカイ人・・・とにかくスゴカッタ(爆)。
Posted by albrecht at 2006年12月02日 18:41
ああー やっとTBできました。
遅くなってすみません!!
Posted by kino at 2006年12月02日 23:03
albrecht様こんばんは〜♪
もう一人のデカイ人は・・・反則ですよねぇ、アレw
Posted by たお at 2006年12月02日 23:19
kino様こんばんは〜♪
長々とご迷惑おかけしまして^^;
ようやく治りましたので、今後ともよろしくを〜
Posted by たお at 2006年12月02日 23:45
こんばんは〜♪TB有難う御座いました♪
お馬鹿ギャグ連発でしたけど、中々面白かったです^^
やっぱりオーウェンの可愛さのお陰でしょうかw
にしても、結局最後は全部あの方が持ってってしまった気が・・・^^;

ではでは〜、これからもよろしくお願いします♪
Posted by Aki. at 2006年12月04日 04:29
Aki.様こんばんは!
もちろん、オーウェンが可愛かったからです!!w
あのお方は・・・
あのお方は仕方がないんです。
あのお方は、あーしかできないんですから。
Posted by たお at 2006年12月05日 23:09
こんにちは。
オーウェン大好きなので
可愛いオーウェンの連呼にはかなり
興奮気味です!オーウェンいいですよね。
私は自転車オーウェンがかなり好きでした。浜辺でチューなんてされたから・・・
ちょっとジェラシーだったけどね。

また遊びに来ますね。
これからも宜しくです。
Posted by ALICE at 2007年01月09日 15:05
ALICE様こんばんは!
結局は“オーウェン可愛い”としか書いていないような気もしますが、そうだったんだから仕方がないですよねぇw
良かったですよねぇ、自転車オーウェン♪
それでは、こちらこそよろしくお願いいたします!
Posted by たお at 2007年01月10日 02:30
>オーウェンの保護者として地雷処理に忙しかったヴィンス
>どこから観始めても可愛いオーウェン
>背が高くて、毛むくじゃらで、目と目の距離が人よりちょっと近くて、ブヨブヨとしたアノ方
>クリストファー・ウォーケンの、もはや仙人の域に達しているマイペースさ

本編の「フラット・パックにしては、普通過ぎない?」と言う物足りなさを、たおさんのキャスト紹介で補っちゃいました!
まだまだ哀生龍は、オーウェンを味わい尽くしていなかったようです(笑)
Posted by 哀生龍 at 2007年01月25日 06:08
哀生龍さまこんばんは〜♪
確かに30分くらいカットされたかのような薄味さなんですが、役者だけは堪能できました^^
まぁ「オーウェン♪オーウェン♪」とバカみたいなことしか書いてないんdねすけど^^;
来月以降は、フラットパック物が連続で劇場公開!
大画面でオーウェンとルークとベンが観れるってだけで、興奮でございます☆
Posted by たお at 2007年01月26日 01:53
こんばんわ!
オーウェンかわいいよぉぉ、とのたうちまわって見ましたよ。
もちろんアノ方の魅力にもやられました。
これこれこれ、これを求めてたのよ!!
と思える超ーー満足作品ですw
Posted by PINOKIO at 2007年03月12日 01:51
PINOKIO様こんにちは〜♪
いやぁ、もう・・・オーウェンは可愛い!
これがベストのオーウェンだと確信してたんですが、先日スタハチを観直してみたら、あのオーウェンもすこぶる可愛い。結局、どのオーウェンも可愛いんですねぇw
Posted by たお at 2007年03月13日 16:15
ありゃりゃ、ここはオーウェンファンの巣窟ですな…。
しかし、ストーリー的には非常に無難で、喰い足りない気が若干しましたねぃ。
オーウェンが真面目でしたし。
Posted by sheknows at 2007年03月27日 20:56
sheknows様こんばんは〜♪
>ここはオーウェンファンの巣窟
私が「カワイイ!カワイイ!」ギャーギャー騒いでるだけなんですけどねぇwww
まぁ、マジメなオーウェンというか、オーウェンはいつもマジメなんですけど、そうは見えないってキャラが最近多いですからねぇ。
Posted by たお at 2007年03月27日 23:57
こんにちは☆
たおさんのおっしゃるとおり“オーウェンかわいい”というオーウェンさんファンのための作品ですね。
Posted by ゆかりん at 2007年04月24日 13:20
ゆかりん様こんばんは〜♪
まぁ、この映画に限らず、オーウェン出てればまず間違いなく「カワイイー!」って書いてるんですが^^;
Posted by たお at 2007年04月26日 00:34
初めまして。
ここ最近でオーウェンとフラットパックの面々に急に注目し始めた小鳥遊と申します。
たおさんの感想を読みながら首がもげるくらい頷きまくってます。今までどうして見逃してたんだこの可愛さを……!と過去流し見程度だった自分を説教しに行きたいくらいです。
この作品のオーウェンはまた可愛かったですよね!ヴィンスとの掛け合いが本当に楽しそうで、2時間堪能しました。(そして日本版にはコメンタリーがないって言うのでUS版を買ってしまいましたw)

それではこれからも感想楽しみにしてます(^^)
乱文ご容赦くださいませ。
Posted by 小鳥遊 at 2007年07月19日 19:30
小鳥遊さま、初めまして!
オーウェンが出ている映画は、基本的にオーウェンだけを観ている分にはハズレがありません!たとえ『アイ・スパイ』だろうが、オーウェンだけは可愛いのです!ずんずんとオーウェン道を突っ走ってください!
Posted by たお at 2007年07月19日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ウェディング・クラッシャーズ Wedding Crashers
Excerpt: オーエン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン レイチェル・マクアダムス、アイラ・フィッシャー主演 ・・・・・・(ウィル・フェレル)少しだけ ジョンとジェレミーは離婚仲裁人をして暮らしています そして..
Weblog: travelyuu とらべるゆう MOVIE
Tracked: 2006-11-04 04:21

ウェディング・クラッシャーズ
Excerpt: あなたは私の親友であり船長です 私はあなたの錨と帆... 結婚式での誓いでこんなこと言われたら...。 あなたなぁ〜らどうするぅー♪  ワタクシならその場で逃避行するか吹き出しますね。..
Weblog: 映画のメモ帳+α
Tracked: 2006-11-08 22:28

【洋画】ウェディング・クラッシャーズ
Excerpt: A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A- (演技3/演出4/脚本3/撮影4/音響3/音楽4..
Weblog: ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
Tracked: 2006-11-13 15:01

『ウエディング・クラッシャーズ』
Excerpt: 「真のクラッシャー」とはどんなものかということを、衣装で示し、動きで示し、ミート
Weblog: Albrecht's Alternativity@ココログ
Tracked: 2006-12-02 18:36

ウェディング・クラッシャーズ(DVD)
Excerpt: 全米で2億ドルを超えるメガヒットを記録した日本劇場未公開の痛快ラブコメディ。主演は「シャンハイ・ナイト」のオーウェン・ウィルソンと「ドッジボール」のヴィンス・ヴォーン。共演に「きみに読む物語」の..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2006-12-02 22:41

「ウェディング・クラッシャーズ」 母ちゃん!ミートローフ!
Excerpt: 日本では劇場未公開になってしまった マイ・ダーリンのオーウェン・ウィルソン主演のコメディ。 アメリカではかなりヒットしたのになー。 でも観たら、さもありなん、でした(笑) 「ウェディング・クラッシャ..
Weblog: 目の中のリンゴ
Tracked: 2006-12-02 22:59

ウェディング・クラッシャーズ
Excerpt: 6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 何とこの作品、2005年の全米興行収入第6位だそーですよ。 これが6位かぁ・・・ アメリカって凄い国だ・・・ なんて言いつつ、実は..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2006-12-04 04:25

ウエディング・クラッシャーズ
Excerpt: ウエディング・クラッシャーズ デラックス版Wedding Crashers2005年 アメリカこ
Weblog: cinema note+
Tracked: 2006-12-22 00:53

ウェディング・クラッシャーズ
Excerpt:    『ウェディング・クラッシャーズ』        2005年/アメリカ/(119分)        ??WEDDING CRASHERS ?? 監督:デヴィッド・ドブキン 出演:..
Weblog: Alice in Wonderland
Tracked: 2007-01-09 15:06

ウエディング・クラッシャーズ
Excerpt: Wedding Crashers 離婚調停人のジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェレミー(ヴィンス・ヴォーン)は、いわゆる“デート”は苦手。 その代わり、名前も経歴もでっち上げて全く関係の無い結婚..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2007-01-25 05:48

「ウエディング・クラッシャーズ」
Excerpt: オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーンの共演。 この2人ってことは、間違いなく、おバカコメディ。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-02-05 00:32

ウエディング・クラッシャーズ/山河遥かなり
Excerpt: 去年米国公開コメディNo.1。 なのに日本では公開せず。見て納得・・・なんちって。私は好きですが・・・。全く無関係の人の結婚式に乗り込んで、あの手この手でナンパ(?)するいかにもお馬鹿なお話で(汗)で..
Weblog: ColobaMilkBar
Tracked: 2007-02-08 17:26

ウエディング・クラッシャーズ
Excerpt: '''『ウエディング・クラッシャーズ』''' (Wedding Crashers デビッド・ドブキン監督 2005 アメリカ) バレンタイン..
Weblog: とんねるず主義
Tracked: 2007-02-14 13:26

ウェディング・クラッシャーズ
Excerpt: やっと見れたよぉぉぉぉ ウェディング・クラッシャー! どうしてこないにおもろいもんが 日本ではあっさりとスルーされるんだがね?!
Weblog: 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α
Tracked: 2007-03-12 01:46

ウェディング・クラッシャーズ
Excerpt: 【ウェディング・クラッシャーズ】 ★★★★ DVD ストーリー 共に離婚仲裁人として働くジョン(オーウェン・ウィルソン)とジェレミー(ヴィン
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2007-03-21 20:47

ウェディング・クラッシャーズ(DVD)
Excerpt: 製作年:2005年 製作国:アメリカ 監 督:デヴィッド・ドブキン 出演者:オーウェン・ウィルソン/ヴィンス・ヴォーン/クリストファー・ウォーケン/レイチェル・マクアダムス 時 間:119分 [..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2007-03-24 17:15

『ウェディング・クラッシャーズ』
Excerpt: ウエディング・クラッシャーズ デラックス版 CAST:オーウェン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン、クリストファー・ウォーケン 他 STORY:様々な結婚式に潜り込み女性をナンパして..
Weblog: Sweet* Days
Tracked: 2007-04-12 14:09

ウエディング・クラッシャーズ
Excerpt: 【WEDDING CRASHERS:2005年劇場未公開】製作国:アメリカ監督:デヴィッド・ドブキン出演:オーウェン・ウィルソン、ヴィンス・ヴォーン、クリストファー・ウォーケン、レイチェル・マクアダム..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2007-04-24 13:11

映画『ウエディング・クラッシャーズ』
Excerpt: 原題:Wedding Crashers 政略結婚の匂いも漂わせつつマリッジブルーな彼女と、他人の結婚式荒らしが趣味な披露宴でナンパを繰り返す男がめぐり合うロマンチック・コメディ・・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-07-25 01:24

『ウエディング・クラッシャーズ』を観たぞ〜!
Excerpt: 『ウエディング・クラッシャーズ』を観ましたオーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーンのコンビが送る全米で2億ドルを超えるメガヒットを記録した日本劇場未公開の作品。他人の結婚式に忍び込んでは女の子をナン..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2007-09-01 22:29

<ウエディング・クラッシャーズ> 
Excerpt: 2005年 アメリカ 120分 原題 Wedding Crashers 監督 デヴィッド・ドブキン 脚本 スティーヴ・フェイバー  ボブ・フィッシャー 撮影 ジュリオ・マキャット 音楽 ロル..
Weblog: 楽蜻庵別館
Tracked: 2007-09-07 10:27

『ウエディング・クラッシャーズ』'05・米
Excerpt: あらすじ離婚仲裁人として働くジョンとジェレミーは無二の親友。彼らの趣味は“結婚式荒らし”。身分を偽り他人の結婚式に紛れ込んでは、言葉巧みに女性たちを口説き、“お持ち帰り”してしまうのだった。そんなある..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-02-27 21:32

主演ウィル・フェレル? 「ウェディング・クラッシャーズ」
Excerpt: 主演オーウェン・ウィルソン&ヴィンス・ヴォーンなんだけど、見終わってみれば、ウィル・フェレルのあの軽〜くイラッとくるウィンクと、腕でする卑猥なポーズしか覚えてません。 登場時間、正味10分くらいなの..
Weblog: キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜
Tracked: 2008-10-24 08:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。