監督 スパイク・リー 主演 デンゼル・ワシントン
2006年 アメリカ映画 128分 サスペンス 採点★★★

“完全犯罪”を考えようとすると、ツララで刺し殺すとか、氷の銃弾とか、どれもこれも水を凍らせたものばかりしか浮かばないたおです。知的レベルが容易に計り知れますねぇ。そんな脳細胞の持ち主なもんで、完全犯罪を目論む知的な作品には身を乗り出して興奮するか、見事に置いてけぼりを食らうのかのどちらかなんですが。

【ストーリー】
白昼のマンハッタンで発生した銀行強盗事件。現場に急行した交渉役のフレイジャー刑事だったが、犯人グループの冷静沈着な行動に事態は一向に改善しない。一見よくある強盗・篭城事件に思えたが、彼らの目的は銀行の金ではなく、この銀行に隠されたある秘密であった。



人種問題を題材に、巧みな切り口と類稀なる映像センスで作品を撮り続けていたスパイク・リー。その人種問題の現状を切々と訴えるわけでも傍観させるわけでもなく、自らデモ隊の先頭に立ちプラカードを高く掲げ、メガホンを観客の耳元に押し当てて説教するかのような印象ばかりがあったスパイク・リーが、珍しく監督のみに従事して撮ったジャンルムービー。
人質全員が犯人と同じ恰好でワァーと逃げたら完全犯罪成立。『狼たちの午後』の二の舞にはならんぞと考え抜いたら『勝利への脱出』になった並に単純な手口ではあるが、映画的には説得力がある。犯人進入前の防犯カメラ映像を見れば犯人を絞り込めるだろうに、と言った余計なことを考える隙を与えないテンポの良さも見事。銀行内での攻防の緊張感も、さりげなく映し出されるニューヨークの風景の力強さも、時折挟まれるオフビートな会話の妙も、どれもこれも良く出来ている。非常にソツがない。全編ウェルメイド。しかし、そのどこを切っても及第点な作りに、猛烈な食い足りなさを感じるのも事実。まるで他人の店で料理をしている料理長のようなのだ。でしゃばらないようにした遠慮なのか、心が全くこもっていないのか、前後のバランスを壊してでも“コレを見せたい!”と言う強烈に印象に残るシーンがない。良く出来た脚本をそのまんま撮ったという力の弱さと言うよりは、インテリが書いた作品をインテリがサラリと撮り上げた印象が強い。それはそれで鼻につくのですが。確かに“白人=ホワイトカラー マイノリティ=ブルーカラー”な多民族国家の現状をゴリ押しするかのようなキャスティングや音楽の使い方にスパイク・リーの“作家性”を取り上げることも出来るが、それは借りてきた料理人が必ず持参してくるオリジナルブレンドのスパイスの様なものなのではと。
下品なまでの娯楽映画を撮り続けてきた監督であれば、ビックリするくらい面白い作品になったであろう本作。ジャンクフードにはジャンクフードの良さがあるんだなぁと。



作風の控えめさは、キャスティングにも影響を。『マイ・ボディガード』のデンゼル・ワシントンを筆頭に、『シン・シティ』のクライヴ・オーウェン、『フライトプラン』のジョディ・フォスターと錚々たる顔ぶれなのだが、それぞれがその存在感やアクを前面に出すわけでなく、ソツなくその役柄に没頭。まぁ、あんまりエゴを前面に出してウザったいのもなんですが、あまりに控え目なため“この人ならでは”な印象が薄く、正直三人が誰を演じても同じなのではと。紅一点が宝塚の男形のような雰囲気さえ持つ演技のジョディですから、なおさらで。せっかく脇にクリストファー・プラマーとウィレム・デフォーという2大変態系俳優が陣取っているというのに、この二人までもが大人しいのは寂しい限りで。画面には映らないが、きっとデフォーの制服の下は女物の下着なんだろうなと脳内補完してしのぎましたが。
決してつまらない作品ではないし、どちらかと言えば面白い部類に入るのだが、題材の割には暑苦しいまでのエネルギーをあまり感じず厳しい採点に。


結局こんな感じのキャスティング

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ