2006年10月18日

DOOM ドゥーム (Doom)

監督 アンジェイ・バートコウィアク 主演 カール・アーバンザ・ロック
2005年 アメリカ/チェコ映画 104分 アクション 採点★★★

スーファミ後の次世代ゲーム機の覇権争いが熾烈を極めていた頃、周囲が「PSだぁ!」「ドリキャスだぁ!」「64だってば!」とそれぞれの好みに合ったゲーム機を買う中、私が迷うことなく購入したのが3DO。よりによって。だって、洋ゲー好きなんだもん。曲がり角を一つ間違えただけで問答無用で即死する洋ゲーの諸行無常感が大好きで、死んで覚える刹那的かつ不親切極まりのない“アウターワールド”ですら、ノーミスクリア出出来るまでハマったものです。そんな洋ゲー好きな私でも入り込めなかったのが、一人称視点でぐわんぐわんと画面が動く“ドゥーム”らシューティング勢。反射神経のなさもあるのだが、三半規管が人一倍弱いのか、あっという間に酔う。ゲームしている時ぐらいは酔いたくないものです。

doom1.jpg

【ストーリー】
火星の古代遺跡を研究する施設から入った救援要請により、海兵隊特殊部隊の8人が火星へと向かう。その研究所で彼らが見たものは、とても人間とは思えぬ巨大な生物であった。次々と隊員が命を落としていく中、怪物たちの正体が明らかになっていき…。

doom2.jpg

先に挙げた理由で“ドゥーム”シリーズをプレイしたことがないのだが、やはりファンの方が観ると“サージ”とか“リーパー”とかいう名称を聞くと「ひゃっほー!」ってなるんでしょうか?『ゴースト・オブ・マーズ』を例に挙げるまでもなく、“火星で古代遺跡が発見”“そこから何か出てくる”“さぁ大変”って物語自体には何ら新味もなく、密閉空間で屈強な男達が怪物に一人一人殺されていく展開も『エイリアン』シリーズ以降それこそ無数に作られている。「オリジナルがそうなんだから」と言われれば身も蓋もないが、ゾンビシューティングと化すクライマックスも今ではアクション映画の一つのパターンだ。そんな“いつもの映画”である本作なのだが、さすが爆発魔王ジョエル・シルヴァーの下で無味乾燥で派手なだけの映画を作り続けてきたアンジェイ・バートコウィアク監督だけあって、臨場感と迫力とテンポだけはすこぶる良い。暗闇を撮るセンスまでは求められないのが辛いですが。
迫力のみならずSF的小道具の数々も魅力的で、『モンスター・パニック』の女好きの半魚人を髣髴させるモンスターの造型もなかなか良い。まぁ、手放しで絶賛するまででもないんですが、「あれ?これ、コントローラーついてねぇじゃん!」と自分でプレイ出来ないフラストレーションが堪るばかりの作品が多い割にとめどなく作り続けられているゲーム映画の中では、だいぶマシな作品。ラストに流れるナイン・インチ・ネイルズの“ユー・ノウ・ホワット・ユー・アー?”のリミックスもなかなか良いですし。

doom3.jpg

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『リディック』のカール・アーバンが主役ではあるのだが、その極太の筆ペンで描いたかの様な風貌の彼には主役の座はまだ荷が重いようで、「じゃぁ、オレがちょっと君の分まで背負ってあげるよ」とロック殿下が何故か上半身裸で登場。主役はおろか作品の看板まで軽々と背負い暴れまわるロック殿下の広い背中にすっぽりと隠れてしまったカール・アーバンに誰も気付かなかったのか、映画は最後の最後ギリギリまでロック殿下がメインに。休憩中のロック殿下の背中にしがみ付くカール・アーバンの姿にようやく監督も気付いたのか、終盤やけに慌しくロック殿下が悪役になってましたが、結局はロック殿下の一枚看板作品の印象に。どうせなら、下半身をサソリにするくらいしてくれても良かったのに。それはさておいても、『スコーピオン・キング』で真っ裸に腰ミノという土人スタイルで登場したロック殿下も、『ランダウン』『ワイルド・タウン/英雄伝説』で徐々に服着る“イエロー・キャブ方式”を採用し只のイロモノではないことを証明。『Be Cool/ビー・クール』に到っては類稀なるコメディセンスを披露し、かなりアレだった作品の完成度自体を大幅に底上げするまでに成長。今回はいよいよトレードマークの片眉上げまでも封印し、存在感一本で勝負。いやぁ、スター性ってのは凄いものですね。

doom5.jpg
手伝ってはあげるけど、キミがもっと頑張って前へ出ないと

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        

        
posted by たお at 01:43 | Comment(16) | TrackBack(37) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
WW(F)E時代のサドちっくなエンターテイナーの活き活きした楽しさを知っているだけに『Be Cool』以降の真面目役はチト勿体無く思うですが…
 本作を観終えた後で
「いやぁこの映画は最初は俺が主人公だったんだけど、あえてダークヒーローにしてもらったのさ!」
っと笑顔で語るロック様にはバカ負けしましたのぅ…
 
でも出来れば『プレデター』ばりの漢臭い映画になって欲しかったですわ〜
Posted by USA-P at 2006年10月18日 06:09
USA-P様こんばんは〜♪
リング状のギラギラ感は薄まってきましたが、それでもあのオーラは大したもので。売り込み方も上手ですし^^
確かに漢気には薄い作品ですが、アンジェイにそこまでは期待できないのかも^^;
頑張っても『ユニバーサル・ソルジャー』みたいになっちゃうのでは?w
それも、リターンズの方の。
Posted by たお at 2006年10月19日 00:12
たおさん、こんにちは!
TB&コメント有り難う御座いました。
私もTBさせて頂きました。

この作品、DOOM(3ですが)をPLAYした者にしてみすと確かに「ほら、そこそこ」とか「イケイケ…うりゃ〜」とか思わず叫んでしまいたくなるシーンが特に最後にありましたね。
早速ですが、DOOMならぬQuake2や3あたりをPLAYしたくなります。ただ映画本編はもっと激しい銃撃戦を期待していたのでちょっと拍子抜け。エイリアン2級の壮絶さをして欲しかった。続編は難しそうですねぇ、、。

今後とも宜しくお願い致します。(^^♪
Posted by cocos at 2006年10月20日 01:59
こんばんは!いつもありがとうございます!
これって主役、ロックでしょ!
でも最後、悪役になっちゃったし、、、
役どころ反対にすれば、もっとおもしろかったと思うんだケド、、、
>スター性ってのは凄いものですね。
ですね。
Posted by 猫姫少佐現品限り at 2006年10月20日 02:23
cocos様こんばんは!
最後のシーンはアレ以上長くなっちゃうと間違いなく酔うので、あのくらいで助かりましたが、確かに銃撃戦は地味目で。ロック様がきっと「オレさまに銃なんて必要ない!」とか言ったんじゃ?w
Posted by たお at 2006年10月21日 02:20
猫姫さまこんばんはー!
悪役とは聞いていたんですが、いつになったらと思いきや、最後の最後。
確かにロック様が最初から主役なら自然ですが、強すぎるでしょーw
Posted by たお at 2006年10月21日 02:22
たおさまこんにちは〜
TB有り難うございます。

いつもの様に鋭い突っ込み溢れる楽しいレビュー、笑わせていただきました!
DOOM、御指摘の通りマンガ顔カール・アーバンには主役の荷は重かったと思います。実質的主役は重厚な存在感溢れるザ・ロック様。ザ・ロック様を悪役にしたのは大正解。もし反対じゃ面白く無かったに違い有りません。また、始めヒーローその後悪役のザ・ロック様の演技力もめっけもんでした。

しかしながらアーバン君は続編にサインし、やる気マンマンです。どうなるんだろう・・・
Posted by pointdpo at 2006年10月21日 10:19
こんにちは。
いつもありがとうございます。

途中でメインのキャラクターが変る衝撃!
これは、これで楽しめました!
いい意味でだまされた!
Posted by @KOBA at 2006年10月21日 13:20
pointdpo様おはようございます!
アーバン、やる気満々ですかぁ・・・。
まぁ、やっと手にした主役の座ですからねぇ。相当華のある悪役か、それこそ下半身がサソリになったロック様の再登場が必要になるかもしれませんねぇ。
Posted by たお at 2006年10月22日 09:59
@KOBA様おはようございます!
ロック様が悪役になる衝撃もそうでしたが、カール・アーバンが主役になっちゃう衝撃も大したものでw
まぁ、これの前に“主人公っぽい人間がさっさと死んじゃう”映画を観たばかりだったので、そっちの方が衝撃的でしたが。
Posted by たお at 2006年10月22日 10:06
遅くなりました。TBありがとうございました。
こういう映画は滅多に観ないので、面白かったです。
ロック様、かっこいいなぁ。
カール・アーバンはB級SF専門になっていくんだろうか??
Posted by kino at 2006年10月29日 00:19
kino様、こちらにもようこそ♪
確かにkino様とドゥームって組み合わせも新鮮ですよねw
ロック様はカッコいいですよ〜
このままロック道へと堕ちて行くkino様も見ものですけど。
Posted by たお at 2006年10月30日 01:06
TB&コメントさせて貰いますね〜
「思ったより面白かった」って言うのが感想ですが、
やっぱりロック様が良かったですね〜
あの人は悪役をやっても、イマイチ悪になりきれないところが良いw
Posted by oguogu at 2006年11月17日 22:31
oguogu様こんばんは!
もう、スターのオーラ背負っちゃってますからねぇ^^
Posted by たお at 2006年11月19日 00:26
>迷うことなく購入したのが3DO。よりによって
おぉ〜 たおさん、お持ちでしたか!!!
我が家にもありましたが、何年も前に壊れてしまいました(涙)

>一人称視点でぐわんぐわんと画面が動く
>あっという間に酔う
映画の中では僅かな時間にもかかわらず、ふらふらしかかりました(^^ゞ

>休憩中のロック殿下の背中にしがみ付くカール・アーバンの姿
それにしても、男っぽいロック&アーバンの2枚看板を期待したのですが、アーバンにとってはまだまだロック殿下の背中は大きかったのですね・・・
Posted by 哀生龍 at 2007年02月05日 06:38
哀生龍さま、こちらでもこんばんは〜♪
おー!3DOをお持ちでしたか〜^^
我家のもあっという間に壊れました・・・。
未だに、アレもう一回やりたいなぁってゲームありますよ。
ロック殿下と二枚看板を背負うには、もっと前に出ないとねぇ^^;
Posted by たお at 2007年02月07日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

火星のモンスター掃討せよ!
Excerpt: 68「DOOM ドゥーム」(アメリカ)  2026年ネバダ州で火星へのワープ・ゲートが発見される。そして2046年、その火星の研究所からSOSが発信される。現地研究員の安否を確かめるため特殊部隊RR..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2006-10-19 01:19

DOOM/ドゥーム
Excerpt: 3点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) “一人称型シューティングゲーム”の元祖として知る人ぞ知る人気ゲームを 映画化したSFアクション・ホラーです。 主演(違うかな?)はあ..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2006-10-19 04:48

宇宙での戦い
Excerpt: 「セレニティー」 「ドゥーム」
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-10-19 10:31

DOOM 06年164本目
Excerpt: DOOM ドゥーム 2005年   アンジェイ・バートコウィアク 監督カール・アーバン , ザ・ロック , ロザムンド・パイク , ラズ・アドティ これって、ゲームでしょ? てか、Video性能の..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-10-19 16:00

「DOOM/ドゥーム」
Excerpt: 肉眼で見える血中の黒い異物のウヨウヨ感にときめいて、死体解剖の臓器摘出シーンにときめいて・・・。 原作ゲームは無知のため、正直、自分のノリ♪も悪かったけれど・・・。 後半、話はさらにグダグダに..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2006-10-19 16:52

● DOOM ●
Excerpt: ▼これまたGAMEから・・▼ 今日行きつけのDVDショップで映画「スパイ・バウ
Weblog: MOVIE
Tracked: 2006-10-20 01:47

DOOM/ドゥーム
Excerpt: 誰も生きては戻れない 原題 : Doom 監督 : アンジェイ・バートコウィアク...
Weblog: 第四の欲求
Tracked: 2006-10-20 02:01

DOOM ドゥーム
Excerpt: やっぱり「癒し」と言えばB級バカアクションしかねぇだろう、ということで貴重な休日に銀座へ足を伸ばしてきました。 アメリカで大人気のガンシューゲームの映画化っつーことで、どうしても「バイオハザード」と比..
Weblog: TRIVIAL JUNK Blog
Tracked: 2006-10-20 02:01

映画 「DOOM 」
Excerpt: 映画 「DOOM 」 の試写を九段会館にて。
Weblog: ようこそMr.G
Tracked: 2006-10-20 04:17

映画「DOOM ドゥーム」
Excerpt: 2006年18本目の劇場鑑賞です。公開当日劇場で観ました。「ロミオ・マスト・ダイ」「ブラック・ダイヤモンド」のアンジェイ・バートコウィアク監督作品。火星に置かれた研究所で謎のクリーチャーが出現、捜索&..
Weblog: しょうちゃんの映画ブログ
Tracked: 2006-10-20 08:35

「DOOM」
Excerpt: 「DOOM」一ツ橋ホールで鑑賞 アメリカで人気のあったゲームが原作らしいです。ゲームってやってことがないのでほとんどわからないのです。予想外の作品でした。普通にザ・ロック主演のアクション映画かと..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2006-10-20 09:25

DOOM/ドゥーム
Excerpt:   評価:★6点(満点10点) 監督:アンジェイ・バートコウィアク  主演:ザ・ロック  カール・アーバン ロザムンド・パイク     &nbs..
Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
Tracked: 2006-10-20 11:03

DOOM
Excerpt: 前の記事でもちょっと触れたので、「DOOM」もチェック! FPS(ファースト・パーソン・シューティング)を定義づけたゲームではないだろうか? (FPSというのは自分の目線でゲームを進めていき、画面には..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2006-10-20 13:43

2006/04/21
Excerpt: 『DOOM/ドゥーム』を観た。ちょうどいい時間に始まるのが、これしかなかったので、これを観たが、遅れて入ったので、タイトルが出る前を観れなかった。だからなのか?ストーリーを理解できないまま、最後までい..
Weblog: m's box
Tracked: 2006-10-20 14:38

映画「DOOM ドゥーム」
Excerpt: 映画館にて「DOOM ドゥーム」★★★ 大ヒットゲームをもとに、火星に出現した謎の生命体と海兵隊RTTS(緊急対応戦略部隊)の攻防を描くSFホラー。 『エイリアン』や『バイオハザード』のようにメン..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2006-10-20 16:04

DOOM ドゥーム
Excerpt: 「高橋”克彦”熊ノ介」(勝手に漢字変換してみましたが何か) 気づいたこと...ユニバーサルのフィルムロゴバックが火星ではじまりました。w http://www.doom-movie.jp/..
Weblog: ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!
Tracked: 2006-10-20 17:30

【 DOOM/ ドゥーム  】
Excerpt: 製作年度   2005年 製作国    アメリカ/チェコ 上映時間   104分 監督     アンジェイ・バートコウィアク 製作総指揮  ジョン・D・スコフィールド 脚本     ..
Weblog: ひろのホラーは お好き?
Tracked: 2006-10-20 18:54

DOOM/ドゥーム☆独り言
Excerpt: 元はゲームなんですね^^;これでも、シネコンのチケット売り場のモニターで流れた映像に惹かれちゃって(笑)『DOOM/ドゥーム』観てきました。カール・アーバンにロザムンド・パイク・・・あらら ロックさま..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2006-10-20 22:20

DOOM/ドゥーム
Excerpt: 大ヒットしたゲームが原作、 全米興行成績初登場第1位を記録した、 近未来SFホラー・アクション!! STORY:時は2026年。 火星にあるユニオン宇宙社研究所では、 ある極秘研究が行わ..
Weblog: 映画とはずがたり
Tracked: 2006-10-20 22:26

ドゥーム
Excerpt: 何も考えないで観られるB級映画 でも観ていて状況が分かりにくかった。 どうせなら、もっとド派手にして欲しかったけれど 低予算がミエミエなので、仕方なかったのかな… 簡単に言えば(エイリアン+ゾンビ)..
Weblog: 気ままに〜ひとりごと日記
Tracked: 2006-10-21 09:00

24番目の染色体:ドゥーム(2005)
Excerpt: 写真増強しました!(9/13) 正直に懺悔します、シューテング・ゲームが元のSFアクションムービー、と聞いて、すっかりB級と思っていた私は、間違っていました。確かに前半はエイリアンとバイオハザード..
Weblog: ORGANIC STONE
Tracked: 2006-10-21 10:26

『DOOM ドゥーム』
Excerpt:  どぅーん、どぅーん!  いや、違うって村上さん!この映画のタイトルはドゥームやって!  何を言う〜、早見優〜  ・・・なんか書いているだけで花冷えがしてきました。  村上ショージのギャグ..
Weblog: 映画大陸
Tracked: 2006-10-21 12:55

『DOOM ドゥーム』1人称ゲーム映画化!
Excerpt: 『DOOM ドゥーム』DOOM(2005年アメリカ)  監督 アンジェイ・バートコウィアク  出演 カール・アーバン、ロザムンド・パイク、ラズ・アドティ、ザ・ロック  ■ストーリー■  2026年、..
Weblog: @KOBAのムービー!ムービー!
Tracked: 2006-10-21 13:12

DOOM ドゥーム
Excerpt: "一人称型シューティングゲーム"の元祖として知られる人気ゲームソフトを映画化したSFアクション・ホラー。 主演は「リディック」「ロード・オブ・ザ・リング」のカール・アーバンと「スコーピオン・キング」..
Weblog: Imagination From The Other Side
Tracked: 2006-10-21 17:04

【 DOOM ドゥーム 】
Excerpt: パソコンの有名シューティング・ゲームの映画化。主演はザ・ロック。プロレス辞めたの? 期待してる人いないだろうけど、話はスカスカですので、念のため。 ゲーム画面と同じ視点でゾンビ&クリーチャーを殺..
Weblog: もじゃ映画メモメモ
Tracked: 2006-10-21 19:47

『DOOM ドゥーム』 主演:ザ・ロック
Excerpt: 2005年後期は有名PCゲームの映画が多い気がします。この 作品もPCでは有名なダンジョンスクロール型ガンシューティング でその残酷描写からR指定がかかっていました。ゲームは全くし たことがないのでど..
Weblog: La.La.La
Tracked: 2006-10-22 18:48

DOOM ドゥーム (2005)
Excerpt: いきなりロック様の背中大サービスです。 この世のものとは思えないすばらしい背中と二の腕。 …しかし、なんで上半身裸で指令受けてるのかな…。 と、わけのわからない始まりかたをするわけだが、さすがR−1..
Weblog: 萌映画
Tracked: 2006-10-22 22:56

DOOM ドゥーム
Excerpt: 「DOOM ドゥーム」を観た。 ある日、火星にあるユニオン宇宙社オルドゥヴァイ研究所から“極秘研究の被験者が脱出、至急ここを封鎖しろ”との救援要請が入る。早速、カリフォルニア海兵隊特殊作戦本部R..
Weblog: 雑記のーと Ver.2
Tracked: 2006-10-23 00:30

映画「ドゥーム」
Excerpt: 試写会が当たったので、4/1公開の映画「ドゥーム」を見てきました。 全米初登場NO.1になった作品だそうです。
Weblog: ○blog
Tracked: 2006-10-23 10:04

ドゥーム
Excerpt: 【DOOM  ドゥーム】 ★★★ DVD ストーリー ある日、火星の研究所から“極秘研究の被験者が脱出、至急ここを封鎖しろ”との救援要請が入
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2006-10-23 22:30

「DOOM ドゥーム」 サラっとしたゾンビはおらんのか?!
Excerpt: こんな映画が上映されてることを知ってる人がどれほどいるだろう?? 私だってロック様が出ていなけりゃ 観てなかったね、絶対。 そういう意味では、好きな俳優をおっかけて映画を観るというのも なかなか楽しい..
Weblog: 目の中のリンゴ
Tracked: 2006-10-29 00:18

ドゥーム ( 2005 / アメリカ )
Excerpt: オープニングからググッと引きつけられました。 なんだか「エイリアン2」のような「バイオハザード」のような、様相をていしてるぞ・・・ しかしすぐにそれは落胆へと変わりましたが・・・(笑)
Weblog: くんだらの部屋
Tracked: 2006-11-02 21:35

ドゥーム
Excerpt: ★本日の金言豆★ FPS(First Person Shooter):ゲーム画面がプレイヤー自身の目となるタイプの一人称シューティングゲームをさすジャンル。 2006年4月1日公開 2006..
Weblog: 金言豆のブログ ・・・映画、本について
Tracked: 2006-11-03 23:27

映画館「DOOM ドゥーム」
Excerpt: あまり期待をしないで観に行きました。 まさしく、それはピッタリあてはまりそれほど面白くも無く、、、 感染系エイリアンモノっていうのかしらぁ。 エイリアンっぽいんだけど、ゾンビちっく。 ゲー..
Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆
Tracked: 2006-11-11 21:44

ドゥーム(DOOM)
Excerpt: 2005年上映 監督:アンジェイ・バートコウィアク 主演:ザ・ロック他 ゲーム映...
Weblog: 新!oguoguの日々映画&ビデオ
Tracked: 2006-11-17 22:28

「DOOM ドゥーム」
Excerpt: プロレスラーのザ・ロック様主演。 たまにはアクションものでも楽しんでみよう・・ってことで。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-01-21 03:35

ドゥーム
Excerpt: Doom 海兵隊の特殊作戦本部のサージ(ザ・ロック)に、火星にあるオルドゥヴァイ研究所を調査し、“アーク”の封鎖と“脅威”の掃討の指令が下った。 その場所は、かつて遺跡が発掘され地球と火星をつなぐ“..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2007-02-05 06:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。