2006年10月15日

ゴースト・オブ・マーズ (John Carpenter's Ghosts Of Mars)

監督 ジョン・カーペンター 主演 ナターシャ・ヘンストリッジ
2001年 アメリカ映画 115分 SF 採点★★★

子供の頃から宇宙だの惑星だのに興味があった私は、TVで放映されたカール・セーガンの“コスモス”にいたく感激し、親にねだって“コスモス”の本を買ってもらうほどの夢見がちな少年でございました。まぁ、今でも馬頭星雲の写真だけで一時間は妄想に耽れる夢見がちな大人ですが。その“コスモス”に載っていた「もし他の太陽系の惑星に生命体がいたら、こんな感じじゃない?」と想定して描かれた数々の生命体は、「さすがに火星にはタコ型宇宙人はいないだろう」と成長の兆しを見せていた私でさえもワクワクしたものです。もちろん、今でもワクワクしてますが。そんな私だったので、同じく子供の頃TVで放映されたフェイクドキュメンタリー“第三の選択”に、ものの見事に騙されたんですよねぇ。

【ストーリー】
人類が火星に移住をし始めた西暦2176年。火星の古代遺跡から“何か”が放出され、その“何か”に憑依された人間は豹変し人々に襲い掛かっていった。そんな混乱の中、ゴーストタウンと化した町で火星の亡霊に囲まれた刑務所に取り残された警官と犯罪者達が、彼らに戦いを挑む。

gom2.jpg

この作品以来、ずいぶんと劇場用映画を撮っていないカーペンター。最近では、『アサルト13 要塞警察』やら『ザ・フォッグ』『ハロウィン』のリメイクが続きとりあえず生活費には事欠かないようではあるが、やはりオリジナル映画がないのは寂しいもの。
カーペンターファンには絶賛され、それ以外にはそっぽを向かれた本作。篭城状態の中、犯罪者と法の番人が“男”として(=戦士として)手を組み、正体不明の強敵に立ち向かう基本プロットは『要塞警察』を例に挙げるまででもなくカーペンター的。アウトローに“砂漠”というしびれるあだ名をつけるのも、その仲間に“その一”“その二”“その三”といかしたあだ名をつけるのも、素敵なまでにカーペンター的だ。そして、マリリン・マンソン風の火星の亡霊たちが先住民であり、人類の方が侵略者であるという位置づけを崩すことなく描ききるのもさすがだ。首が盛大に飛びまくるクライマックスの迫力もかなりなもので、最初から最後まで悶絶して鑑賞できた。しかし、それは私がカーペンターファンだからである。明らかに安っぽい外観を想像力と優しさで補い、羅生門をやりたいのか水増ししたいのかイマイチ判別不能な繰り返される回想シーンも、極力好意的に受け止め、ドラッグのトリップシーンでのビックリするくらい分かりやすい心象映像にも、「さすが、カーペンター!分かりやすい!!」と膝を打つ。カーペンター臭を敏感に嗅ぎわけるファンならではの反応だ。ただし一見さんを打ちのめすだけのパワーはない。『ハロウィン』や『マウス・オブ・マッドネス』、それこそ『ゼイリブ』にもあった「なんだ、コレは?」と思わせるエネルギーがないのだ。その安っぽい外観で易々と“B級”のレッテルを貼られてしまった、この作品。「だって、低予算だし…」ってのは言い訳にしかならない。『マウス・オブ・マッドネス』は、この半分の予算で作られてたし

gom3.jpg

もしかして予算の大半がギャラに消えたのかとも思えるほど、意外に顔ぶれが豪華なこの作品。人間離れした美貌とスタイルで登場し、やっぱり人間じゃなかった『スピーシーズ/種の起源』のナターシャ・ヘンストリッジ。本作でも相変らず見事なスタイルを披露しているが、そのスタイルとトリップシーンがなんとなくエッチな感じがした以外はさほど印象に残らず。『トリプルX ネクスト・レベル』『ボクらのママに近づくな!』のアイス・キューブの方は相変らずズングリムックリで可愛いのだが、“砂漠”といういかしたニックネームがつくアウトロー役にしてはカリスマが感じられない。アウトローってよりはチンピラ。『トランスポーター2』のジェイソン・ステイサムの頭頂部にぱやぱやと髪の毛が残っているのに驚いたが、本作で一番驚くのはパム・グリア。当時もう50を越えているのに、すっごく綺麗。きっと『クラス・オブ・1999』の時同様アンドロイドなんだな、実際に。タランティーノ同様カーペンターも彼女の大ファンらしいのだが、タランティーノが『ジャッキー・ブラウン』で女神のような美しい女性に描いたのに対し、カーペンターはまず『エスケープ・フロム・L.A.』でドラッグクイーンにし、本作では開始早々さっさと首を切り落とす。独特な愛情表現で。
ぽけーっと観ている分には耳に入るのはいつものカーペンター節溢れるサントラなのだが、演奏しているのはアンスラックスにバケットヘッドにスティーヴ・ヴァイ。あらま、すごい顔ぶれ。全く違和感を感じないため、「スラッシュメタルのルーツはカーペンターなんだぁ」と勘違いしそう。間違いなく勘違いなんですが

gom1.jpg
好きな娘に、思ってもいない悪口とか言っちゃうタイプなんでしょうねぇ

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        

        
posted by たお at 01:08 | Comment(8) | TrackBack(3) | 前にも観たアレ■か行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>馬頭星雲の写真
良いですよねぇ〜 凄く好きな星雲です♪

>カーペンターファンには絶賛され、それ以外にはそっぽを向かれた本作
それって、よく分かります(苦笑)
パワー不足の部分は、見ているのがファンなら愛情で補っちゃいますが、そうでない方には・・・
哀生龍はカーペンター・フリークと言うほどのファンではありませんが、B級テイストが好みに良く合うんですよ♪
Posted by 哀生龍 at 2006年10月15日 13:37
こんばんはー★
TBありがとうございました♪
そうか、これって、一般ウケしない作品だったんですね(笑)
私ってば、全然、一般的感覚に乏しくてw
みんなモレなく、これ好きになってくれるんじゃねーかー、っつー勢いで書いてしまいました・・・焦っ

パワー不足は、ヘビメタと、不気味カワイイ原住民&ズングリムーたん☆なアイスキューブで、だーいじょーぶでしょー♪

ところで、『ゴケ』は手に入りませんか?
そろそろ、送った方がよろしくて?
謹んで、送らせていただきましてよ・・・ちゅっ☆
Posted by とらねこ at 2006年10月15日 22:07
哀生龍さま、こちらにもありがとうございます!
そうなんですよね。ついつい暖かい目で見守ってしまうんで、甘やかしてもしまうw
充分に面白い作品なので、外見だけでも整えれば、もっと沢山の人がカーペンターにハマるのになぁ、と。
Posted by たお at 2006年10月17日 02:36
とらねこ様こんばんは!
私も「みんなフツーに好きだろ?」と思い込んでいるのが多いんですよねぇ^^;
「はぁ!?」って顔されますしw
あぁ、そうそう!『ゴケ』!
忙しいのにかまけて、スッカリ忘れてた!!
近々探した結果を報告しますので、なかった場合は是非!
Posted by たお at 2006年10月17日 02:40
こんにちは、はじめまして・・・。
この作品ですが『DOOM』の元ネタという観点で観てましたw・・・。
(設定は『DOOM』は2026年、『GOM』は2176年という事で《150年後》ですね・・・。)

「宇宙海兵隊(植民地海兵隊)」「機動歩兵隊(SST)」も良かったのですが、
この作品の「MFP(Mars Force Police)」もなかなか良いですね・・・。
『DOOM』の「海兵隊:緊急対応戦略部隊(RRTS)」にも期待しています。

【パム・グリア】等が使っている「ショットガン」は「SPAS15」のカスタム・モデルだと思うのですが、こういう「銃」のチョイスが素晴らしいです・・・。「ノリ」が良いし面白い作品でした・・・。
Posted by lomo at 2006年10月17日 23:25
lomo様こんばんは!
『ドゥーム』は先日レビューを上げたんですが、まぁ立派なロック様映画で^^
SF文脈には疎いので“火星の古代遺跡”や“機動歩兵隊”がどのへんにルーツがあるのか定かではないのですが、“スターシップ・トゥルーパーズ”あたり?
古代遺跡繋がりで『ミッション・トゥ・マーズ』を久々に観たいなぁと^^
で、今作ですが、さすがにツボを押さえた作りになっており、満足度も高いんですが、そのツボがまた微妙に対象観客が狭いものでw
Posted by たお at 2006年10月19日 00:08
こんにちは。

私も宇宙大好きです!
『コンタクト』というトンデモ映画も、世間では酷評されていましたが私には大傑作で、「こんなに広い宇宙に人類だけなんて勿体無い」(でしたっけ)と言うセリフなんて、会う人会う人に言い回りたくなってしまいました。
それはさておき、この作品。
「なぜ舞台が火星だったのだろう・・・」と言うのが一番の疑問でしたが、「アウトローっぽい星だったから」という事かもしれませんね。
ズングリムックリなアイス・キューブ、可愛かったです♪
Posted by アガサ at 2007年07月07日 15:58
アガサ様こんにちは!
『コンタクト』は良い映画ですよ!
ヒトラーの映像に設計図を隠してみたり、北海道に秘密基地があったり、やっぱりその秘密基地は畳張りだったりと、素晴らしいシーンの連続ですし!
で、本作。きっと“火星の亡霊”ってタイトルが、なんとなく素敵だったからじゃないですかねぇ。
Posted by たお at 2007年07月08日 15:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ゴースト・オブ・マーズ
Excerpt: 自動運転で戻ってきた火星の鉱山列車に乗っていたのは、囚人を護送するためにシャイニング渓谷に行ったはずの、副長メル(ナターシャ・ヘンストリッジ)ただ1人だった。 隊長のヘレナ(パム・グリア)、副長メル、..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2006-10-15 13:29

83.ゴースト・オブ・マーズ
Excerpt: シェアブログ1993に投稿ジョン・カーペンター監督督・脚本のSFアクション映画。音楽も全部彼の作曲による。演奏は、アンスラックス、バケット・ヘッド。ヘビメタファンも必見だ★なかなか楽しい佳作♪B級SF..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2006-10-15 22:17

『ゴースト・オブ・マーズ』
Excerpt: 幽霊なのだそうです。 全国の血に飢えたスプラタファン垂涎の極悪映画 『シー・ノー・イーヴル/肉鉤のいけにえ』 。 先日レンタル開始となったこの作品を鑑賞する為、3日連続で近所のレンタル屋を日参..
Weblog: すきなものだけでいいです
Tracked: 2007-07-07 15:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。