2012年02月20日

ゴーストライター (The Ghost Writer)

監督 ロマン・ポランスキー 主演 ユアン・マクレガー
2010年 フランス/ドイツ/イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★

小学生の頃、県の読書感想文コンクールで入選した事がある私。うちの親なんかは未だにそのことに触れ、「昔は文才あったのに…」とか言ってきたりも。でもあの感想文、当時の担任の指導通りに何度も何度も書き直してるんで、もうすっかり私の書いた元の文章なんて消え失せてるんですよねぇ。「大きくなっても人体についての勉強を続けたいと思います!」とか書いてありますが、そんなこと思った事もなければ続けてもいないですし。

ghwr3.jpg

【ストーリー】
元英国首相アダム・ラングの自叙伝の大幅な手直しを依頼された、ひとりのゴーストライター。前任者が謎の自殺を果たしているだけに気乗りしない彼であったが、高額の仕事という事もありアダムの滞在する孤島へと向かう。取材を重ねながら執筆を続ける彼だったが、ふとしたことから前任者が残したラングの過去に関するメモを発見。その件の調査を続けていくう彼だったが、知らず知らずのうちに触れてはいけない事実に近づいていってしまい…。

ghwr4.jpg

無名の男が国家間の陰謀に巻き込まれていく様を描いた同名小説を、帰るに帰れないロマン・ポランスキーが製作・脚本・監督を務めて映像化した上質ミステリー。
ここしばらく食指の動かない題材が多かったんで遠ざかっていたポランスキー映画。「最後に観たポランスキーの新作は何だろー?」と思い返してみたら、95年の『死と処女』。これだけ間が空けば、さすがのポランスキーも丸くなってるだろうと思っていたら、全然相変わらずで安心の一本に。
規模こそ大きいが、ネタ自体はシンプルな“余計なことを知っちゃった男”系サスペンスである本作。そのシンプルなネタを怒涛のイベントラッシュで無理やり盛り上げるようなことはせず、“知らない土地”で“知らない人に囲まれた”男が不安と孤独を募らせていく描写に、“前の住人が死んだ部屋”で仕事をする男が、知らず知らずのうちに“前の住人と同じ行動を取ってしまう”妄執的な描写を重ねる事で、息苦しいまでの緊迫感と一時も目を離せないスリルを生みだしている作品に仕上げた手腕は見事。ネタ自体も突飛になり過ぎず、「まぁ、そんなもんなのかもなぁ」と思わせるリアリティを持ってるのもミソ。また、主人公の行動が単なる好奇心や正義感であれば普通の映画になる所だが、パラノイア的に何か得も知れぬ力が彼を突き動かしてるようにも見える作りが、舞台の天候の様にドンヨリとした怖さを生みだしているのも素晴らしい。
印象的には“軽めの『テナント/恐怖を借りた男』”って感じもあった本作。深く考えれば「アレ?」ってなる箇所も少なくない。その“軽め”って部分に若干の物足りなさを感じなくもなかったのだが、自分の名前で表舞台に立つ事のない主人公が、下手に脚光を浴びることなく最後まで名無しのままで消えていく重々しい締め括りがその辺も帳消しにしてくれるので、満足度は高い一本に。

ghwr2.jpg

名無しのゴーストライターに扮したのは、『ヤギと男と男と壁と』『天使と悪魔』のユアン・マクレガー。愛想良く人当たりもいいが、その反面他人を易々とは信用しない非常に神経質であるイギリス人気質の主人公を好演。あまり深く考えないで行動してる内にのっぴきならない状況に陥り憔悴しきってる様が、ホントに似合う役者だなぁと。渡された他人の帽子に躊躇する様や、依頼主の奥さんの誘惑に一瞬だけ抗う様など、キャラクターを表す細かい仕事振りも見事。まぁ、他人が被ってた帽子を渡されるのは、私でも躊躇しますが。
一方の元英国首相アダム・ラングに扮したのは、『マリオネット・ゲーム』のピアース・ブロスナン。男前で演技力もあるから表舞台に立たされている、全てにおいて背後にゴーストを抱えた役柄は、ある意味ジェームズ・ボンドという看板を背負う事で脚光を浴びた彼にはうってつけの役柄だったのかと。スーツの着こなしなど、見た目の説得力だけは充分過ぎるほどある感じとか。また、ビルに対するヒラリーのようなラング夫人に扮した、『ハンナ』のオリヴィア・ウィリアムズも素晴らしい。自分の思い通りに事が進まなくなってきたことに苛立つ人間味を見せる一方で、思惑を達する為には手段を問わない冷酷さも併せ持つ複雑な役柄を見事なまでに熱演。このキャラクターに説得力があったからこそ、自分でシナリオを描いて物事を進めているつもりでも、その自分自身が別のシナリオによって動かされている深い闇が感じられたのかと。
その他、『ハンター』のイーライ・ウォラックや、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のトム・ウィルキンソンら曲者が脇を固めている本作。その中でも個人的には『ゴースト・ハンターズ』のキム・キャトラルに、『タップス』のティモシー・ハットン、『レッドブル』のジェームズ・ベルーシと、「なんだ?ここは80年代の同窓会会場か?」と思わせる懐かしい顔ぶれが出揃ってたのが嬉しかったなぁと。久々に『暴力教室'88』を観たくなりましたし。

ghwr1.jpg
どんなに豪勢でも、他人の部屋は落ち着かない

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   

        

        



posted by たお at 12:54 | Comment(8) | TrackBack(48) | 前にも観たアレ■か行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
再びコメントさせていただきます。

ピアース・ブロスナンがブレア元首相っぽいなど、妙なリアリティがあるように思えた映画でした。
そんな中で、奥さんが殺されたり、性犯罪容疑で入国できなくなっていたりと、アメリカにはあまりいい印象のなさそうなポランスキーが、ほんのちょっとだけ「アメリカって奴はまったく……」と毒づいてみたような感じが……。

ところで、冒頭の小学校の読書感想文、勝手ながら納得の話でした。
心にもないことを書いた感想文が表彰されたクチなので。
Posted by 片刃 at 2012年02月20日 22:08
片刃さま、こんばんは!
イラク戦争で問答無用にアメリカ追従の姿勢を貫いてしまったブレアに対する、痛烈な批判と妄想を盛り込んだ物語でしたが、ブレアはああ見えて案外キレ者だったりもしたんで、イメージ的には女房が全てを仕切ったクリントンって感じもありましたねぇ。表に立つ人間は見てくれ重視ってとこも。
感想文にしろ何にしろ、小学校のコンクールって、担任の色が全面的に出ちゃったりするんですよねぇ。
Posted by たお at 2012年02月23日 21:24
TB ありがとうございます。

おっしゃるとおり まさに上質なミステリー
ポランスキー監督 流石です!
Posted by リバー at 2012年02月25日 18:17
リバー様、こんにちは!
ポランスキーらしさが出た作品でしたねぇ。
Posted by たお at 2012年02月26日 07:36
過剰な期待を抱いてみてしまったもんで、自分的には、なんの先入観ももたずに見たかったなあと思ってます。
しかし、10数年ぶりとは、ちょっと開きましたね、ポランスキー。
ということは、「戦場のピアニスト」をご覧になってない!あのエイドリアン・ブロディは一見の価値ありまっせ。
懐かしのスター同窓会は、嬉しかったです。
Posted by sakurai at 2012年02月26日 16:38
>パラノイア的に何か得も知れぬ力が彼を突き動かしてるようにも見える作り
普通は、1度見ると気に入ってもなかなか2度目は見ないのですが、この作品は事件の全貌が分かった上でもう一度最初っから見直したくなった作品でした。
内容が面白いかどうかと言うのはなく、脚本が巧いなと感じて。
実際に、英語が全く分からないのに最初は海外版で見て、良く分からなかった部分が多かったので本を読み、大いに納得した上で日本語字幕版をもう一度見てしまったんですが。

その上、キャストが嵌っていましたよね♪
Posted by 哀生龍 at 2012年02月26日 17:40
sakurai様、こんばんは!
まぁある意味、想定内のポランスキー映画ではあったんですけど、それはそれで期待通りだったなぁと。『戦場の〜』は、今は随分と慣れてきましたが基本的にエイドリアン・ブロディが苦手だってのがあって^^;
Posted by たお at 2012年02月26日 19:54
哀生龍さま、こんばんは〜♪
物語そのものも面白かったんですけど、ゴーストが下手に実体を持たず(表舞台に立たず)、ゴーストのままで締め括る一種の遣る瀬無さも好きでしたねぇ。スポットライトの影にいるのが案外似合うユアンも、役柄にピッタリでしたし^^
Posted by たお at 2012年02月26日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ゴーストライター
Excerpt: 「ゴーストライター」もようやっと、 有楽町から新宿まで落ちてきました 日曜日の昼下がりの新宿武蔵野館は 老中年カップルばっかのお客さん やっぱロマン・ポランスキーのミステリーということで 皆さんお集ま..
Weblog: 538ねん。
Tracked: 2012-02-20 22:33

ゴーストライター
Excerpt: 知りすぎた、男(ゴースト)――。 原題 THE GHOST WRITER 製作年度 2010年 製作国・地域 フランス/ドイツ/イギリス 上映時間 128分 原作 ロバート・ハリス 『ゴーストラ..
Weblog: to Heart
Tracked: 2012-02-25 14:06

『ゴーストライター』
Excerpt: ゴーストライター [DVD]ユアン・マクレガー,ピアース・ブロスナン,キム・キャトラル,オリヴィア・ウィリアムズ,トム・ウィルキンソンHappinet(SB)(D) 『ゴースト・ライター』2010年..
Weblog: 映画批評ってどんなモンダイ!
Tracked: 2012-02-25 14:07

ゴーストライター
Excerpt: THE GHOST WRITER/10年/仏・独・英/128分/ミステリー・サスペンス/劇場公開 監督:ロマン・ポランスキー 過去監督作:『ローズマリーの赤ちゃん』 製作:ロマン・ポランスキー 原作:..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2012-02-25 14:16

ゴーストライター
Excerpt: 秘密は冒頭に公式サイト http://www.ghost-writer.jp同名小説(ロバート・ハリス著)の映画化監督: ロマン・ポランスキー  「チャイナタウン」 「戦場のピアニスト」元英国首相アダ..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2012-02-25 14:19

知り過ぎた男〜『ゴーストライター』
Excerpt:  THE GHOST WRITER  ロンドンでゴーストライターを生業とする男(ユアン・マクレガー)は、ある日 エージェントから元首相アダム・ラング(ピアース・ブロ..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2012-02-25 14:37

ゴーストライター
Excerpt: 元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆者が事故死してしまい、破格の報酬で後を引き受けたゴーストライター(ユアン・マクレガー)は、アメリカ東海岸の孤島へと向かう。 政...
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2012-02-25 14:47

ゴーストライター  監督/ロマン・ポランスキー
Excerpt: 【出演】  ユアン・マクレガー  ピアース・ブロスナン  キム・キャトラル  オリヴィア・ウィリアムズ 【ストーリー】 元英国首相ラングの自伝執筆のために出版社より選ばれたゴーストライターの“僕”は..
Weblog: 西京極 紫の館
Tracked: 2012-02-25 16:40

『ゴーストライター』
Excerpt: 元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター(ユアン・マクレガー)に出版社が提示した条件は、米国で講演中のラングが滞在する島に今夜中に発ち、1ヶ月以内に原稿..
Weblog: beatitude
Tracked: 2012-02-25 17:19

サスペンスのお手本のような
Excerpt: 1日のことですが、映画「ゴーストライター」を鑑賞しました。 イギリス元首相の自伝依頼を受けた男 前任者の不可解な死、首相の過去に不審な点も見つかり・・・ 名匠、ロマン・ポランスキー監督作品 いや..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2012-02-25 18:14

ゴーストライター
Excerpt:  『ゴーストライター』をヒューマントラストシネマ有楽町で見ました。 (1)この映画を制作したロマン・ポランスキー監督の作品は、『戦場のピアニスト』(2003年)に感動したこともあり〔その後の『オリバ..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2012-02-25 18:17

映画:ゴーストライター The Ghost Writer 濁流のような状況に一気に巻き込まれる男
Excerpt: 巨匠かつ拘束されたことが有名な、ロマン・ポランスキーが監督。 このため、かっちりラストまでハラハラさせてくれる。 サスペンスものとしては上々か。 まんまとうまく騙されてしまった(笑) 前任の急死に..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2012-02-25 19:23

『ゴーストライター』 事実は小説よりも奇なり
Excerpt:  【ネタバレ注意】  この映画は面白い。  あなたがまだ『ゴーストライター』を観ていないのなら、それだけ知れば充分だろう。  これは上質なサスペンスであり、芳醇なワインを味わうように渋みを楽..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-02-25 20:35

ゴーストライター
Excerpt: ★ネタバレ注意★  ロバート・ハリスの小説『ゴーストライター』を、ロマン・ポランスキー監督が映画化。    英国の元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)は、回顧録の出版を目前に控え..
Weblog: キノ2
Tracked: 2012-02-25 21:44

ゴーストライター
Excerpt: ゴーストライター(他人に成り代わって文章などの作品を代作する人)であるイギリス人男性の元に、代理人がおいしい仕事を持ってくる。 それは元英国首相アダム・ラングの自叙伝執筆。 気乗りはしなかったが破格の..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2012-02-25 22:15

ゴーストライター/The Ghost Writer
Excerpt: 『戦場のピアニスト』でアカデミー賞監督賞を受賞した巨匠ロマン・ポランスキー最新作。原作はロバート・ハリスの同名ベストセラー小説だ。元英国首相のゴーストライターとなった主人公が、思わぬことから重大な秘..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2012-02-25 22:35

「ゴーストライター」The Ghost Writer
Excerpt: 冬の海。フェリーが接岸する。船員が車を誘導するが、一台のBMWだけが動かない。
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2012-02-25 22:55

ゴーストライター  THE GHOST WRITER
Excerpt: この映画は一見するとサスペンスなんだけど、トニー・ブレア元首相を皮肉ったブラックユーモアたっぷりの物語なのだ。元首相の自叙伝を執筆するゴーストライターとして雇われた主人公は、活字にするのは元首相の名前..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2012-02-25 22:58

冷たい雨が降っている…『ゴーストライター』ロマン・ポランスキー監督
Excerpt: 注・内容に触れています。ロバート・ハリスの同名小説『ゴーストライター』を「チャイナタウン」「フランティック」「赤い航路」のロマン・ポランスキー監督が映画化。元イギリス首相のゴーストライターとして雇われ..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2012-02-25 23:04

ゴーストライター・・・・・評価額1700円
Excerpt: 隠された陰謀を知った時、名も無き“幽霊”は、生き残れるのか? 「ローズマリーの赤ちゃん」「テス」「戦場のピアニスト」など、映画史を彩る数々の傑作を生み出してきた巨匠、ロマン・ポランスキー監督による...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2012-02-25 23:16

ゴーストライター
Excerpt: 評価:★★★★【4点】(13) かなり地味だけど上質なミステリー映画に惹き込まれた。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2012-02-25 23:17

映画『ゴーストライター』
Excerpt: 『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督の新作は、なかなか面白いという噂のミステリー&サスペンス。 Story 元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたゴース..
Weblog: 健康への長い道
Tracked: 2012-02-26 00:09

ゴーストライター
Excerpt: これは最後まで見応えあるサスペンス・ミステリーでした。
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2012-02-26 00:49

■『ゴーストライター』■ ※ネタバレ少々
Excerpt: 2010年:フランス+ドイツ+イギリス合作映画、ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウイリアムズ出演。
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2012-02-26 02:03

<ロマン・ポランスキーの新作、公開>
Excerpt: ツイッターに書きましたが、どちらかというとブログ向きの話題のような気がしたので、コチラにも載っけます。予告編動画付きです。
Weblog: テアトル十瑠
Tracked: 2012-02-26 09:15

ゴーストライター
Excerpt: ■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞ゴーストライター/THE GHOST WRITER 2010年/フランス、ドイツ、イギリス/128分 監督: ロマン・ポランスキー 出演: ユアン・マクレ..
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2012-02-26 09:20

ゴーストライター
Excerpt: ロバート・ハリスの同名小説をロマン・ポランスキー監督が映画化した作品です。 昨年の東京国際映画祭でタイトルを観た時から、どんなサスペンスになるのだろうと楽しみにしていました。 展開というよりは題材がす..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2012-02-26 09:24

ゴーストライター
Excerpt: ★★★☆  原作はロバート・ハリスの小説。監督はあの『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー、主役のゴーストライターにユアン・マクレガーが扮している。格調高い大人向けのサスペンス映画である。  元英..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2012-02-26 10:58

「ゴーストライター」 真相を知ってからのほうが楽しめる?
Excerpt: 元英国首相アダム・ラング(ピアース・プロスナン)の自叙伝を書いていた男が謎の死を
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2012-02-26 12:26

「ゴーストライター」
Excerpt: 映画って本来こういうものだったんじゃないの。 どういう意味? ムリのない話の展開、ムダのない描写、ムラのない演技、そこから醸し出される空気感・・・もう「映画」としか言いようがない。久しく失われていた..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2012-02-26 13:21

『ゴーストライター』
Excerpt: (原題:The Ghost Writer) ----これは、観たときから スゴク気にっていた映画だよね。 ロマン・ポランスキーだっけ? 「うん。 1960年代に大活躍していた監督たちは、 そのほ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2012-02-26 15:19

「ゴーストライター」〜格調高いポリティカルサスペンス
Excerpt:  原発先進国を自任するフランスの核廃棄物処理工場で爆発が起き、死傷者が出た。「現時点で外部への放射能漏れはない」という原子力報道官のコメントにデジャヴを覚えた。  枝野氏は官房長官時代、放射能汚染に..
Weblog: 酔生夢死浪人日記
Tracked: 2012-02-26 16:21

ゴースト・ライター
Excerpt: あの、アメリカっぽいところはどこかなあ〜?などと思いながら、懐かしの俳優さんたちに萌えてた。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2012-02-26 16:39

ゴーストライター
Excerpt: The Ghost Writer 売れない作家の彼(ユアン・マクレガー)は、エージェントで友人のリック(ジョン・バーンサル)から元英国首相のアダム・ラング(ピアース・ブロスナン)のゴーストライターの..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2012-02-26 17:18

「ゴーストライター」
Excerpt:  病気の父を救うため、悪魔メフィストに魂を売ってしまった ジョニーは十数年後、派
Weblog: みんなシネマいいのに!
Tracked: 2012-02-26 21:18

ゴーストライター
Excerpt: 知りすぎた、男(ゴースト)ー。 ユアン・マクレガー主演の『ゴーストライター』を観てきました! (…本当は『ライフ』のつもりでいたのだけれど、時間の関係等の諸事情により…ちなみに先週の話!) こ..
Weblog: Peaceナ、ワタシ!
Tracked: 2012-02-27 01:26

『ゴーストライター』
Excerpt: これほど作品の内容に先行して、映画を撮った監督自身の生涯が話題になる人もそうそういないだろう。 その人は、ポーランド出身のロマン・ポランスキー。 詳細は他のサイトやブログで何度も紹介されているので省..
Weblog: 千の天使がバスケットボールする
Tracked: 2012-02-27 17:40

ゴーストライター(2010)◆◇THE GHOST WRITER
Excerpt:  知りすぎた、男(ゴースト)――。 評価:+5点=65点 MOVX京都にて鑑賞。 どんよりした灰色の空に、荒れる海・・・・。まさにサスペンスの臭いがプンプンしています。浜辺の波打ち際に倒れている..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2012-02-27 20:28

ゴーストライター
Excerpt: 『ゴーストライター』---THE GHOST WRITER---2010年(フランス/ドイツ/イギリス )監督:ロマン・ポランスキー出演:ユアン・マクレガー 、ピアース・ブロスナン..
Weblog: こんな映画見ました〜
Tracked: 2012-02-27 23:42

ゴーストライター
Excerpt: ロマン・ポランスキーの最新監督作。 なんの前知識もなく見てきました。 2010年ベルリン映画祭で金熊賞は逃したものの、ポランスキーが銀熊賞(監督賞)を獲得した作品です。    *********..
Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク
Tracked: 2012-02-28 00:00

【TIFF 2010】『ゴーストライター』 (2010) / フランス・ドイツ・イギリス
Excerpt: 原題:The Ghost Writer / The Ghost 監督/共同脚本/共同プロデューサー:ロマン・ポランスキー 主演:ユアン・マクレガー ピアース・ブロスナン キム・キャト..
Weblog: Nice One!! @goo
Tracked: 2012-02-28 07:57

ゴーストライター 俳優陣がイメージぴったり!
Excerpt: すみません今回記事長いです(-ω-;)ヽ 《感想》 劇中流れる音楽が不穏な雰囲気を醸し出しています。音楽はアレクサンドル・デスプラ「クイーン」「ベンジャミン・バトン」「ファンタスティックMr...
Weblog: 愛知女子気侭日記
Tracked: 2012-03-05 14:40

「ゴーストライター」 THE GHOST WRITER
Excerpt: 降りしきる雨の中、港にフェリーが近づき接岸し、やがて一台取り残されるBMW X4 。 そして波打ち際に打ち上げられる男の死体 ---- 。 まるで上質のミステリー小説を読んでいるがごとき不穏な雰..
Weblog: 俺の明日はどっちだ
Tracked: 2012-03-05 17:19

ゴーストライター
Excerpt: 《ゴーストライター》 2010年 フランス/ドイツ/イギリス映画 元英国首相のゴ
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2012-03-07 21:22

ゴーストライター☆独り言
Excerpt: 去年の公開時見逃したロマン・ポランスキー監督のミステリー。元英国首相ラングの自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター実は前任者は、謎の死を遂げていた。英国から米国のラングが滞在する孤島に赴き、前任者の執..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2012-03-14 22:13

ゴーストライター
Excerpt: ■「ゴーストライター/The Ghost Writer」(2010年・フランス=ドイツ=イギリス) ●2010年ベルリン国際映画祭 銀熊賞 ●2010年全米批評家協会賞 助演女優賞 ●2010年ヨ..
Weblog: Some Like It Hot
Tracked: 2012-05-13 16:57

【映画】ゴーストライター…島で秘密とか調べると大体こういう目に遭います。
Excerpt: 本日2012年9月29日(土曜日)はレンジで焼き芋を作ろうとして、炭を作ってしまったピロEKです …ヤバかったなぁ 早速ですが、以下は映画観賞記録 もちろんヤッツケて書きました(ヤッツケ度★★☆..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2012-09-30 17:23

『ゴーストライター』
Excerpt: ゴーストライター 元英国首相の自伝小説の執筆を依頼された ゴーストライターが米CIAの陰謀に巻き込まれる... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原作:ロバート・ハリス..
Weblog: cinema-days 映画な日々
Tracked: 2012-11-11 22:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。