2012年01月04日

ザ・バッド (The Maiden Heist)

監督 ピート・ヒューイット 主演 クリストファー・ウォーケン
2009年 アメリカ映画 90分 コメディ 採点★★★

うっかり死んでしまわない限りは、近いうちに必ず訪れるであろう老後。その老後を如何に楽しく過ごすかってのが懸案事項になってるようなんですが、まぁなんとか楽しく過ごす自信だけはあったりもする私。“暇を如何に楽しく潰すか?”が、もう趣味の一つのようなもんですし。

mahe3.jpg

【ストーリー】
愛する絵画がデンマークへと移送されてしまう事を知りショックを受ける、ベテラン警備員のロジャー。そんな彼同様、愛する絵画を失うことにショックを受けたチャーリーやジョージと知り合ったロジャーは、その絵画を盗み出す決意をする。彼らは用意した贋作とすり替えるため、美術品が保管されている倉庫へと忍び込むのだが…。

mahe2.jpg

それっぽいタイトルとジャケットでアクション映画に成りすまし店に置かれているが、中身は老人がワタワタ右往左往する老人クライム・コメディなのでご注意を。主演であるモーガン・フリーマンとウィリアム・H・メイシーも製作者として名を連ねた、どこかフランス製コメディを思わせる、洗練されてるのにバタ臭い仕上がりの一本。
「大好きな絵画が遠くへ行っちゃう!」→「じゃぁ、盗もう!」って安易さに驚かされるが、そんな安易な発想しか浮かばない素人集団ならではの行き当たりばったりな笑いに包まれた本作。盗みだす為に贋作製作を思い付くも、“金がない→奥さんのヘソクリに手を出す→瞬く間にバレる→怒られる→嘘をつく→にっちもさっちも行かなくなる”と、この一事が万事行き当たりばったり様に「男子ってのは老人になっても男子なんだなぁ」と、可笑しいやら哀しいやら。色々ウヤムヤにしてフワっと軟着陸してしまう結末など難点も少なくないし、傑作と呼ぶには程遠い作品でもあるのだが、この他人事とは思えぬ思い付きのみで動く様が嫌いにはなれない一本で。

mahe4.jpg

作品選びの根拠が“現場が楽しそう”って感じになってきた、『燃えよ!ピンポン』『もしも昨日が選べたら』のクリストファー・ウォーケンが出ずっぱりってのが嬉しい本作。かつての人を人とは思わぬ冷血ぶりなんぞ微塵も感じさせない、見事なまでのコメディバージョンでの仕事っぷり。そのクリストファー・ウォーケンを中心に、『RED/レッド』のモーガン・フリーマンと、この二人に挟まれるとまだまだ若手扱いになってしまう『カラー・オブ・ハート』のウィリアム・H・メイシーといった芸達者三人組が揃った本作。なんかもう出来云々をさて置いて、この三人が中心になったコメディを観れたってだけで嬉しい
また、この三人に負けず劣らずの芸達者ぶりを披露した『ミスト』のマーシャ・ゲイ・ハーデンや、監督のピーター・ヒューイットとは『ガーフィールド』からの付き合いでもある『ロード・トリップ』のブレッキン・メイヤーなども共演。
それにしても、先にも書きましたがすっかりアクション映画として店頭に並べられてる本作。まぁ珍しいことではないんですが、そうしてしまった根拠が分からず。冒頭5分の妄想シーンだけ観て販売方針を決めちゃったのか、「コメディじゃ売れねぇからアクションってことにしちゃおう」って詐欺路線決定にしちゃったのか。まぁ概ね後者なんでしょうけど、それはそれで“格付け的にはアクション>コメディ、内容的にはアクション<コメディ”って決めつけられてるようで、なんとも癪に触るなぁと。

mahe1.jpg
プロが集まり素人仕事

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 02:41 | Comment(8) | TrackBack(2) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うっわー、これ観たいーっ!

妖怪化著しいウォーケンや仙人モーガン
愛すべき小市民代表のメイシーちゃん。
まさかこの3人が同じ映画でしかも仲良し!?
もうその設定だけで、萌えます!

ゲオに行かなきゃ!
Posted by かえる星人 at 2012年01月04日 11:58
かえる星人さま、こんにちは!
随分と前に予告編を観て気になってたんですが、こんなパッケージだったんですっかり見過しておりましたねぇ。出来はともかく、この濃厚な三人によるコメディってのは貴重なので、押さえておいても損はないかと。
Posted by たお at 2012年01月04日 16:18
こんばんは♪
クリストファー・ウォーケンが好きなので久々に観られて嬉しかったですねぇ。
オジサマ方が憎めなくて可愛くてドタバタが面白かったです^^
Posted by yukarin at 2012年01月09日 23:39
yukarin様、こんにちは〜♪
たぶん、クリストファー・ウォーケンの作品選びの基準は、“現場が楽しそう”なんだと思いますw
Posted by たお at 2012年01月10日 07:02
>洗練されてるのにバタ臭い仕上がりの一本
コメディ専門の喜劇役者がやっても当たり前過ぎて面白味半減だと思いますが、強面キャラも、シリアスキャラも、悲哀を感じさせるキャラも、オールマイティにこなすベテランだからこその滲み出る面白さが!!

>プロが集まり素人仕事
素人仕事、万歳!
Posted by 哀生龍 at 2012年02月05日 00:13
哀生龍さま、こんばんは〜♪
経験も実力も豊富だからこそ、どこか余裕と楽しさを感じる好演だったんでしょうねぇ。キャストにおんぶにだっこっちゃぁそうですが、そこが存分に活かされた可愛い映画で。
Posted by たお at 2012年02月05日 22:01
これ、昨日みたんですよ〜。面白かったよね〜だいたい、こんな豪華な顔ぶれ、そうそうあるもんじゃないっ!! クリストファ〜・ウォ〜ケン、めちゃ、い〜あじ出してますね。それにしても、レンタルショップでアクション映画の棚にあるのは?? でも、おすすめ!!
Posted by こりどらす at 2012年02月13日 12:49
こりどらす様、こんにちは!
アクションの方がレンタルされ易いとは言っても、アクションを期待してこれを観たら「ケッ!つまんねー映画!」ってなってしまって本末転倒だと思うんですけど、“面白さを伝える”云々は関係ないんでしょうねぇ、映画関係者の方々には。。。面白いのに、これ。
Posted by たお at 2012年02月15日 12:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ザ・バッド THE BAD
Excerpt: 【THE MAIDEN HEIST】 2008年劇場未公開 アメリカ 90分監督:ピート・ヒューイット出演:モーガン・フリーマン、クリストファー・ウォーケン、ウィリアム・H・メイシー、マーシャ・ゲ..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2012-01-09 23:33

ザ・バッド
Excerpt: The Maiden Heist THE BAD とあるアメリカの美術館で、展示品の変更が行われることになった。 所蔵品の一部がデンマークの美術館に移されるのだが、その中に、長年警備員をしているロジ..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2012-02-05 00:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。