2006年09月23日

ラストデイズ (Last Days)

監督 ガス・ヴァン・サント 主演 マイケル・ピット
2005年 アメリカ映画 97分 ドラマ 採点★★

ことの始まりはマット・デイモンだったとか。『グッド・ウィル・ハンティング』だったか『ジェリー』だったか忘れてしまったが、ガス・ヴァン・サントがマット・デイモンとロケ地へと向かう間中、連日カーステレオで大音量で流したのがニルヴァーナの“ネヴァー・マインド”だったという。「がちゃがちゃとうるさいバンドだなぁ」と当初は嫌っていたサントも、その音に込められた叫びや思いに惹かれ始め、今ではロック史上最も優れたアルバムの一枚に挙げるほど入れ込むことに。いやぁ、ジミーちゃんがニルヴァーナのファンでよかったですねぇ。オリヴィア・ニュートン・ジョンとかだったら、どんなことになったか

【ストーリー】
麻薬リハビリ施設を脱走した人気ロックスターのブレイクは、森の中に建つ彼の別荘にたどり着く。そこで彼は、人生最期の二日間を過ごす。

lada1.jpg

1991年にリリースされたアルバム“ネヴァーマインド”の世界的大ヒットで一躍スターダムを駆け上ったが、そのプレッシャーや思い通りの音楽をやれない苛立ちからドラッグにのめり込んでいったニルヴァーナのカート・コバーン。そして続くアルバム“イン・ユーテロ”リリース後の1994年4月5日。彼はショットガンで自らの頭を撃ち抜いた
本作は、そのカート・コバーンの最期の二日間をモデルとしたフィクションである。ガス・ヴァン・サントは自身の監督作『エレファント』同様、客観的に捉えたいくつかの出来事をそれぞれのキャラクターの視点で何度も交差させ、その出来事の羅列が持つ意味を全て観客に委ねる。思春期特有の視野の狭さと息苦しさを、やはり『エレファント』で見事に表現した焦点深度の浅い映像も、人物の視点で使われている。基本的な語り口は、『エレファント』と全く同様と言ってもよいだろう。しかし、あまりに客観的過ぎる。『エレファント』も同じく客観的だったとはいえ、常に登場人物の隣に立った客観性であり、彼らの持つ思いや悩みが言動の端々から伝わってきていたが、本作では登場人物をあまりに離れた位置から眺めているように思えて仕方がない。彼らが何を思い、何を悩み、何から逃れたいのかがあまりにも漠然とし過ぎており、観客に委ねるのは丸投げにも近い。悲しいまでに滑稽な世界を表現したコミカルな演出や、鮮やかな緑を主体にした映像が力強い分だけ、もったいない。
意図的に音楽を使うことを避け、ノイズとも実際の喧騒とも判断しかねない音で主人公の心の歪みを表現しようと努めた本作だが、カート・コバーンをモデルにしたこの主人公の心の歪みは、やはりカート・コバーンの言葉でしか表現は出来ない。ニルヴァーナの実質的最後のアルバム“イン・ユーテロ”の最終曲『オール・アポロジーズ』の一節、「こんな人間じゃなくて どんな人間になればいいのか 悪かったね」と歌う彼自身の言葉で。

lada2.jpg

一歩も二歩も引いた作りだったせいか、クレジットで初めてアーシア・アルジェントが出ていることに気付き驚く。メイキングではっきりと姿を現した彼女の太りっぷりに、更に驚く。ルーカス・ハースのインタビューもついでに見てみたが、なに大人ぶってんだぁと。でも考えてみればもう30歳。そりゃぁ、大人だ。いつまでも「ジョン・ブックのちっちゃいの」とは呼べないなぁ。で、肝心のマイケル・ピットだが、カート・コバーンに似てる似てないはさておいて、いい雰囲気。『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のトミーがまんま大きくなった感じなのだが、この手の役は本当に似合う。
いまだに妻であったコートニー・ラヴによる暗殺説が囁かれるカート・コバーンの死。信じたい思い、信じたくない思い、様々な思いが入り乱れているのであろうが、彼女が“セレブリティ・スキン”で歌い上げる「私の名前なんか忘れ去られている でも、ここに来てよかった」が、喪失感による苦しみから立ち上がった復活宣言に思えた私は、そんな説は信じたくないですねぇ。

lada3.jpg
ニルヴァーナのアルバムを二枚聞く方が伝わることが多い

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        

        
タグ:ドラマ ★★
posted by たお at 01:38 | Comment(4) | TrackBack(17) | 前にも観たアレ■ら行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
<カート・コバーンをモデルにしたこの主人公の心の歪みは、やはりカート・コバーンの言葉でしか表現は出来ない。
そうですね、インスパイアとは言ってもやはりカートの音楽と言葉が作品中に欲しかったと思います。
「GERRY」からの三部作として考えるとこの最後の作品は直球だった気もしますが、物足りなかったことは確かです、TBさせて頂きます。
Posted by lin at 2006年09月23日 08:31
lin様こんばんは!
ストレートに楽曲を使わなくても、言葉は使ってもらいたかったなぁと。それかせめて“ヘイヘイ、マイマイ”ぐらいは。
なんとも物足りない作品でした。。。
Posted by たお at 2006年09月23日 19:51
はじめまして。TBいただきました。
こちらからもお返し致します。

自分はニルヴァーナについてもカート・コバーンについてもまるで知識がないんですが、
この映画における被写体との距離感は、
そのまま彼岸へと達してしまったカリスマとその信奉者(ファン)との間に、
“開いてしまった”距離のように感じ違和感はありませんでした。
本作に漂う底ナシの虚無感こそロックの“祭の後”的な本質をよく表していると、
ロックをやったこともないのに思ったりもしました。
Posted by 栗本 東樹 at 2006年09月27日 19:19
栗本 東樹さまこんばんは!
カートに“燃え尽き”に似た感情があったならまだ理解も出来るのですが、実際カーとが抱えてた問題はそんなもんじゃなかったですから、違和感も強く感じてしまいました。会得した撮影スタイルをこの題材に利用しただけのような感覚さえ。
思い入れがある分、厳しい観方になっちゃったんでしょうねぇ。
Posted by たお at 2006年09月27日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ラストデイズ」
Excerpt:  Last Days サウンドトラック 「ラストデイズ」 ★★☆ LAST DAYS (2005年アメリカ) 監督:ガス・ヴァン・サント 脚本:ガス・ヴァン・サント キャスト:マイケ..
Weblog: NUMB
Tracked: 2006-09-23 08:27

“ロック”という自己矛盾の果てに… 『ラストデイズ』
Excerpt: オールディーズを聴くぐらいで、そもそも洋楽には疎く、 だからストーンズの東京ドームにも行くわけじゃないし、 (舞台演出上の小道具という名目で、 今回、全面禁煙の東京ドームに“タバコ”の許可申..
Weblog: 瓶詰めの映画地獄 ??俄仕込みの南無阿弥陀佛??
Tracked: 2006-09-27 19:07

ラストデイズ
Excerpt: 森の中の鳥の声や風で葉がすれる音、水音やたき火の音に、ブレイク(マイケル・ピット)は耳を傾けている。繊細に録音されたこれらの音に、僕たちもまたブレイクと同じ様に耳を澄ませる。そして彼は何かをつぶやきな..
Weblog: Kinetic Vision
Tracked: 2006-09-27 19:56

ラストデイズ(3/18公開)
Excerpt:  5/7、シネマライズにて鑑賞。5.0点。  NIRVANAといえば、90年代前半のロックの流れを完全に決めてしまった伝説的存在なわけだが、今だに神格化される理由の一端は、リーダーとしてバンドを率いて..
Weblog: 第八芸術鑑賞日記
Tracked: 2006-09-27 20:02

ラストデイズ
Excerpt: 奇人  現役映画監督の中で最も優れた才能をもつ一人とおもっているガス・ヴァン・サントの新作『ラスト・デイズ』は、たとえていうならば、アレクサンドル・ソクーロフ、ストローブ&ユイレ、ペドロ・コス..
Weblog: 秋日和のカロリー軒
Tracked: 2006-09-27 20:25

『ラストデイズ』
Excerpt: ガス・ヴァン・サントの詩的に独創的な世界。 おもしろいとも言い難いけど、嫌いじゃないかな。1994年4月5日グランジを代表する伝説のロックバンド“ニルヴァーナ”のヴォーカル、カート・コバーンは人気絶..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-09-27 22:32

映画 『ラストデイズ』
Excerpt: 『ラストデイズ』  2005年  原題 : LAST DAYS 監督 : Gus Van Sant ジャンキーのアホんだら! てめーらは、森の奥にでもすっ込んでろ! 絶対に世間に顔出すんじゃねーぞ!..
Weblog: Death & Live
Tracked: 2006-09-28 00:00

1回目は奇跡、2回目は偶然、3度目でこれが実力である事を証明した「ラストデイズ」のガズ・ヴァン・...
Excerpt: 「ドラッグストア・カウボーイ」(89)で登場し、リバー・フェニックスの遺作「マイ・プライベート・アイダホ」(91)や「グッド・ウィル・ハンティング」(97)の映画監督、ガス・ヴァン・サントがマット・デ..
Weblog: 道の駅紫波 レストラン果里ん亭です!
Tracked: 2006-09-28 10:55

99. ラストデイズ Last Days ★★
Excerpt: 1994年4月5日。 伝説のロックバンド「ニルヴァーナ」のカート・コバーンが自ら命を絶つ。 人気絶頂だっただけに世界中に衝撃が走る。 名声を得ることのプレッシャーに耐え切れず孤独と戦い抜いた末の結末で..
Weblog: 映画勝手にひと言
Tracked: 2006-09-28 12:32

ラストデイズ
Excerpt: ニルヴァーナにはそんなに思い入れ無いんですが、 事前に「カート・コバーンの死に着想を得た物語」って聞いてたので、 架空の人物とはいえ、やはり彼だと思いながら観てしまいました。 今まで彼の..
Weblog: It's a Wonderful Life
Tracked: 2006-09-28 18:41

『ラストデイズ(LAST DAYS)』
Excerpt: 『ラストデイズ』 一人森を彷徨うブレイク。彼はリハビリ施設を抜け出して森の奥にある自分の屋敷にたどり着いた。 独り言をつぶやきながら、徘徊するブレイク。彼をとりまく連中や訪問者。 ある朝ブレ..
Weblog: chaos(カオス)
Tracked: 2006-09-30 11:07

ラスト・デイズ
Excerpt: Last Days 忘れた頃に単館系の作品を上映する、吉祥寺バウスシアターにてレイトショーをやっていたので観に行って来ました。 しかし・・・これはカート・コバーンに思い入れのある人じゃない..
Weblog: knockin' on heaven's door
Tracked: 2006-09-30 17:35

ガス・ヴァン・サント「ラストデイズ」●MOVIEレビュー
Excerpt:  自死を想像することの不可能をそのままに  ゲイの映画監督であるガス・ヴァン・サント監督の作品。1994年に自ら命を絶ったニルヴァーナのボーカリスト、カート・コパーンの「最期の二日間」を、彼な..
Weblog: フツーに生きてるGAYの日常
Tracked: 2006-10-02 07:52

ラストデイズ
Excerpt: カート・コバーンに捧ぐ――伝説のロックアーティストの最期の2日間 お薦め度:.★★★. 『メタリカ:真実の瞬間』とは、対極に位置したようなロックスターの映画。いやはや…。映画として観るならこれ..
Weblog: PICO*THEATRE
Tracked: 2006-10-06 17:51

ラスト・デイズ
Excerpt: 「ラスト・デイズ」 2006年 米 ★★★☆ グランジ・ロックの代表的なバンド“ニルヴァーナ”のヴォーカリストで、 中心人物でもあったカート・コバーン。彼はバンドの成功と引き換えに孤独や..
Weblog: とんとん亭
Tracked: 2006-10-08 11:18

音楽
Excerpt: カート・コバーンがエルヴィス・プレスリーを破った。先日発表された『Forbes』の<'06年最も稼いだ死去アーティスト>のリストで、これまで毎年No.1を記録していたエルヴィスが、ニルヴァーナの伝..
Weblog: 音喰
Tracked: 2006-10-26 09:19

ラストデイズ
Excerpt: 『ラストデイズ』 あらすじ 『リハビリ施設を脱走し、森の中をさまようロック・ミュージシャンのブレイク。彼は、多大なる成功を収めたために激変してしまった生活環境、そして周囲の反応に戸..
Weblog: 39☆SMASH
Tracked: 2006-12-27 22:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。