2011年12月21日

孫文の義士団 (十月圍城)

監督 テディ・チャン 主演 ドニー・イェン
2009年 中国/香港映画 139分 アクション 採点★★

冷戦の緊張の高まりと宇宙開発競争の激化が、人々の恐怖の対象を“空から来る何か”に向けさせ、それが50年代の宇宙人侵略映画大流行の背景にある事を例に挙げるまでもなく、映画が大衆娯楽であるだけに、その時々・地域の世論を敏感に反映させてるもんなんですよねぇ。そうすると、最近中国/香港で多く作られてる“辛亥革命映画”って、どんなニーズで作られてるんでしょうねぇ

sywc4.jpg

【ストーリー】
清朝末期の香港。王朝打倒に向けた武装蜂起への気運が高まる中、日本へ逃れていた孫文が香港へとやってくる。孫文を亡き者にしたい西太后が送り込んだ500人もの暗殺者から彼を守るため義士団が結成されるのだが…。

sywc5.jpg

辛亥革命を間近に控えた香港を舞台に、革命運動に身を投じる者と周囲の者たちの姿を描いたアクション・ドラマ。監督は『アクシデンタル・スパイ』のテディ・チャン。
革命運動から息子を遠ざけたい父親と、その想いとは裏腹に革命運動に身を投じていく息子という親子の姿を中心に、己の理念や大切な人々の為に命を落としていく者たちの姿をエモーショナルに描いた本作。終盤に詰め込まれたアクションもかなりの迫力。ただまぁ、どうにもエモーショナル過ぎ。それぞれのキャラクターを描くドラマもアクションも、全てその人物の死をより一層悲しくするための前フリでしかなく、“結婚を間近に控えた若者”“禁じられた愛によって全てを失った男”“生き別れ娘に尊敬されたい父親”など、死んだら悲しい設定を施されたキャラが死んでいく様に盛り上げを頼り切ってしまっているこの手法は、やっぱり好みではない。「命を落としてでも!」という理念の力強さがもっと描かれてれば印象も変わったんでしょうが。
トップにキャスティングされながらも、扱いはスペシャルゲスト的だった『イップ・マン 葉問』のドニー・イェン。出番の少なさとあられもない最期が、なんとも残念。まぁ、レオン・ライや『インビジブル・ターゲット』のニコラス・ツェー、『エレクション』のレオン・カーフェイにエリック・ツァン、『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』のサイモン・ヤムなど、大作らしい顔ぶれは豪華でしたが。「あんなのが新しい母親でやって来たら革命運動どころじゃないでしょうに」と思っちゃった、『導火線 FLASH POINT』のファン・ビンビンも出てましたし。

sywc2.png

こっから先はほとんど映画の内容と関係ないんですが、なんで今“辛亥革命”なのかがちょっと分からない。本作はもとより、『新少林寺/SHAOLIN』も『1911』も結構な大作ですし。
“過去の偉業によって今がある”的作品と考えてみると、君主制打倒から現在が線に繋がってるようには思えず。『イップ・マン 序章』もそうだったんですが、中華民国の樹立と崩壊、中華人民共和国に、本作の中心人物層である医師や知識人らが粛清の名の下大虐殺された文化大革命を経た、一党独裁の現在に至る“その後”が描かれないだけに、やっぱり線で繋がる感じがせず。
じゃぁ、“清王朝を中国共産党に見立てた大衆のガス抜き映画”なのかと言えば、そもそもそんな映画を自由に作らせる国とは思えず。本作で描かれる清王朝も、やたら暗殺者を送り込んでくる困りものとしては描かれているが、打倒すべき悪玉としてまでは悪行が描き込まれておらず、また革命で命を落とす者たちの姿も、うがった観方をすれば“変な思想に染まった挙句に死んで、身内が悲しい思いをする”と見えてしまう事も。まぁ、これが何かしらの意図を持った印象操作なのか、演出としての不手際なのか、アレコレ妥協した結果なのかはちょいと分かりませんが。
如何せん現地の事にも歴史にも疎いので、ここで挙げた疑問は知ってる人にとっては既に答えの出ている常識なんでしょうけど、ちょっと分からなかったのでダラダラ書いてみましたよって次第で。

sywc1.png
死んだら悲しい

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        

posted by たお at 12:12 | Comment(2) | TrackBack(20) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぜ今!と聞かれたら、一応100年記念!ということなんでしょうが、中国としては複雑なもんがあるでしょうね。
まあ、そんな小難しいことはあまり考えず、胡軍の眉なし、悪役ぶりを堪能しました。
「1911」よりは、ずっと見やすかったです。
「1911」は書けずに終わりそうです。
Posted by sakurai at 2011年12月27日 17:23
sakurai様、こんにちは!
まぁ100年なんでしょうけど、描いてることと現代が繋がらないんで「だからなんだ?」って感じがしちゃうんですよねぇ^^;
Posted by たお at 2011年12月28日 11:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/241695004

この記事へのトラックバック

孫文の義士団
Excerpt:  『孫文の義士団』をヒューマントラストシネマ有楽町で見てきました。 (1)まあこんなもんでも仕方ないか、とあまり期待せずに何の情報も持たずに見たところ、案に相違して、随分と面白い内容なのに驚きました..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2011-12-23 16:36

孫文の義士団
Excerpt: 辛亥革命前の香港を孫文が訪れる。しかし清の西太后は彼の暗殺を命令するのだった。暗殺団500人を相手に名もなき8名の義士が立ち向かう姿を描いた歴史アクションが本作だ。出演はドニー・イェン、レオン・ライ、..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2011-12-23 18:31

『孫文の義士団』 孫文は日比谷でカレーを食べる?
Excerpt:  日比谷公園の中には、数軒のレストランが樹木の陰に隠れるように建っている。それぞれ木々や池に馴染んでおり、風情のある趣きである。  そのひとつ松本楼は、100年以上にわたってこの地にあり、2008年..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2011-12-23 18:41

孫文の義士団 -ボディガード&アサシンズ
Excerpt: レッドクリフpart2を抜いた興行成績だったとかなんとか聞いてます。ドニー・イェン、ニコラス・ツェー、レオン・ライ、ワン・シュエチー、レオン・カーフェイ、ファン・ビンビンさん。「三国志」の趙雲..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2011-12-23 19:29

辛亥革命前夜〜『孫文の義士団』
Excerpt:  十月圍城  BODYGUARDS AND ASSASSINS  20世紀初頭、清朝末期。大英帝国の統治下にある香港では、中国の未来を 憂える人々が革命を切望していた。そ..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2011-12-23 19:33

孫文の義士団 -ボディガード&アサシンズ-
Excerpt: 十月圍城 BODYGUARDS AND ASSASSINS/10年/中国・香港/138分/歴史アクション/R15+/劇場公開 監督:テディ・チャン 出演:ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2011-12-23 19:43

孫文の義士団 十月圍城
Excerpt: 東京国際映画祭のときにも観ました(そのときの記事はこちら)が、銀座に行って「ダンシング・チャップリン」が満席だったので、字幕問題もあったことだし、もう一度観にいきました。 東京国際映画祭のときと少..
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2011-12-23 20:42

ボディーガード&アサシンズ 十月圍城
Excerpt: 陳可辛(ピーター・チャン)プロデュース、陳徳森(テディ・チャン)監督の2010年香港金像奨作品。 清朝末期のイギリス領香港に、孫文が革命の会合のために訪れる。清政府は暗殺団を組織して孫文の命を狙い..
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2011-12-23 20:43

孫文の義士団
Excerpt: ★ネタバレ注意★  テディ・チャン監督の、中国と香港の合作映画。言語は北京語です。  とにかく、キャストが豪華であります。ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、..
Weblog: キノ2
Tracked: 2011-12-23 20:53

「孫文の義士団」 いわば中国の幕末もの
Excerpt: 辛亥革命の指導者となる孫文。 彼が香港を訪れることを知った清朝は暗殺者を送り込む
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2011-12-23 21:39

孫文の義士団
Excerpt: 20世紀初めの香港を舞台にしたアクション映画です。 東京・中国映画週間で上映されていたのでチャレンジしてみました。 辛亥革命へ向けて動き出す香港の様子が緊張感と共に描かれていました。
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2011-12-23 23:00

孫文の義士団
Excerpt: 2011年4月16日(土) 18:55〜 ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Clib-C会員料金) パンフレット:700円(買っていない) 『孫文の義士団』公式サイト 辛亥革命前..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2011-12-23 23:01

孫文の義士団
Excerpt: ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェーはじめアジアを代表する 豪華スターの競演で贈るサスペンス・アクション。 辛亥革命前夜の香港を舞台に、王朝打倒を掲げる革命家“孫文”を守るため、 西太后..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2011-12-24 00:07

『孫文の義士団』(原題『十月圍城』)日本では4月GWから順次公開☆
Excerpt: ピーター・チャンのもと実力派テディ・チャンが総合監督を務め、アンドリュー・ラウが特別監督として参加し、ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビンなどが出演している『孫文の義士団』..
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2011-12-24 01:01

■『孫文の義士団』■
Excerpt: 2009年:中国+香港合作映画、テディ・チャン監督、トン・ワイアクション監督、ドニー・イェン、レオン・ライ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ワン・シュエチー出演。 ≪【大阪アジアン映画祭2011】..
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2011-12-24 01:04

映画鑑賞【孫文の義士団】138分/中国・香港/密談の1時間、暗殺団から孫文を護れ!
Excerpt: 2009年制作 監督:テディ・チャン R-15 1906年辛亥革命前夜の香港に孫文が密談の為、日本から帰って来る。 その情報を受けた活動家の陳少白。 同時に、清王朝西太后から国賊孫文..
Weblog: 愛知女子気侭日記
Tracked: 2011-12-24 12:08

『孫文の義士団』
Excerpt: (原題・英題:十月圍城Bodyguards and Assassins) ----これって、最初、 あまり気乗りしていなかった映画だよね。 「うん。歴史モノで 偉人の伝記を描くのかと…。 ところが、..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2011-12-24 16:59

孫文の義士団◆◇『十月圍城』
Excerpt: 1時間、その男を守りぬく BODYGUARDS AND ASSASSINS MOVX京都にて鑑賞。 ASSASSINとは暗殺団の事だそうです。アジアの有名俳優が集結して作られたエンタメ作品。 孫..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2011-12-24 21:39

孫文の義士団・・・・・評価額1800円
Excerpt: 辛亥革命の指導者・孫文の暗殺を狙う刺客軍団と、彼を守る名も無き義士団の戦いを描いた、重量級の歴史アクション大作。 監督はジャッキー・チェン主演の「アクシデンタル・スパイ」で知られるテディ・チャン。 ..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2011-12-25 18:01

孫文の義士団
Excerpt: そんなこんなの激痛の中の鑑賞。でもこの人たちも痛い!!
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2011-12-27 17:23