2011年12月12日

ドライブ・アングリー (Drive Angry)

監督 パトリック・ルシエ 主演 ニコラス・ケイジ
2011年 アメリカ映画 101分 アクション 採点★★

ニコラス・ケイジって、ホント自分の好みに素直な人ですよねぇ。何を犠牲にしても、自分のやりたいことをやり通してますし。素敵だなぁと思う反面、「誰か周りに止める人はいないのか?」と思ったりも。

dran1.jpg

【ストーリー】
娘夫婦を惨殺し幼い孫を連れ去ったカルト教集団から孫を取り戻す為、ジョン・ミルトンは地獄の底からやって来る。しかし、そんな彼を謎の追跡者が追っていて…。

dran3.jpg

『ドラキュリア』シリーズばっかり撮ってる印象のあるパトリック・ルシエによる、狙いは分かるが形に成り切らなかったお下劣アクション。
ニコケイを始め大物キャストが揃ってるとは思えぬほどペラッペラのCGと、こっちはニコケイが出てるのも納得の中坊の妄想的物語に驚かされる本作。手足が吹き飛びバットは頭を貫き、果てや『シューテム・アップ』ばりのハメ撃ちまで披露する下品シーンのオンパレード。いやぁ、楽しい!面白いかどうかはさて置いて、楽しい!
ただまぁ、このニコケイ版グラインドハウスなのであろう本作を、“分かってる人”が撮ってれば“楽しい”に“面白い”も加わった『マチェーテ』に成り得たんでしょうが、残念ながらそこまでは至ってないので薄っぺらさばかりが際立つ結果に。また、キリストに対し「あの大工、実は短髪の方が似合うんだよね」とか面白いセリフはあるものの、どっかで理性が働いてしまったのか、“地獄からの脱走犯”“地獄の追跡者”“カルト集団”“テキサスビッチ”と美味しい題材が揃っているのに、弾け切れずに程良い下品さに収まってしまったのも惜しいところで。“自分のはらわたで悪党を絞め殺す”とか、やたらとカーペンターズの曲ばっか流れてくるとか、作り手の正気を疑うようなシーンがあってもいいのに。

dran2.jpg

“失楽園”のジョン・ミルトンから頂いたのであろう同名の主人公に扮しているのは、自分がカッコイイと思うシチュエーションを演じることに至福を感じるのであろう、『バンコック・デンジャラス』『キック・アス』のニコラス・ケイジ。今回も炎上する車をバックに悠然と立ち去ったり、アクロバティックな銃さばきを見せたりと、いつも通り“カッコ良い道追求”に余念がないんですが、如何せんあまりに小汚い。ヅラが不自然なのはいつもの事だからいいとしても、深酒後の寝起きみたいな風貌はどうかと。
そんなニコケイを中心に、実のところ劇中の面白い部分を全て背負っている、この作品のオアシスのような存在だった『ウルトラヴァイオレット』のウィリアム・フィクトナーに、『ザ・ロック』のデヴィッド・モースといった、マイケル・ベイ組の同窓会のような顔ぶれが揃った本作。その他にも、それなりに活躍したのにも関わらず生足しか印象に残らなかった『ゾンビランド』のアンバー・ハードや、カーペンター作品の常連でもあった『クリープス』のトム・アトキンスらも共演。この顔ぶれを見ると、つくづく程良い下品さに終わってしまったことがもったいないなぁと。
因みにエンディングに流れる曲は、先ごろパーソナルトレーナーにボコボコにされたことでも話題になったニコケイの息子、ウェストン・ケイジが歌ってるようで。まぁ、色んな意味でそこが一番下品だったかと。

dran4.jpg
あれこれウヤムヤにする生足

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        

posted by たお at 02:36 | Comment(4) | TrackBack(11) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはわりと楽しめましたよ。
しかし『シューテム・アップ』のぱくりはいけませんなぁ(笑)

ラストの曲は息子が歌ってるんですか?
へぇ〜。
Posted by yukarin at 2011年12月14日 13:57
yukarin様、こんばんは〜♪
お下劣を狙ったのに、どこかでセーブが掛かっちゃったような作品だった感じも。
クレジットを見る限り、ラストの曲はあのお騒がせ息子が。
Posted by たお at 2011年12月14日 17:27
面白かったんですよ、B級テイスト満載で。でももう少しはっちゃけられても良かったかもしれない、と思っちゃう作品でしたね。
それこそ「自分のはらわたで悪党を絞め殺す」とか(いやそれはないだろう/笑)
「ニコケイinグラインドハウス」を狙ったのなら正解だったかも知れませんね
どこか安作りだったCGもB級感まるだしで逆に好感触でした
Posted by maki at 2011年12月16日 10:12
maki様、こんにちは!
弾け具合が半端だっただけに、「ちゃんとした映画も作れるけど、敢えてB級にしましたー」って狙いミエミエの作品になったんだろうなぁと。「そこまでやるのか!?」って驚きがない。やっぱりそこは、自分のはらわたで…w
Posted by たお at 2011年12月17日 08:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/239973924

この記事へのトラックバック

ドライブ・アングリー3D
Excerpt: 評価:★★☆【2,5点】(15) 往年の名車、マッスルカー見たさに観る気になったものの、、、
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2011-12-14 10:18

ドライブ・アングリー3D
Excerpt: カルト教団に娘を殺され、その娘の忘れ形見の孫娘を奪われた男が、教団から家族を取戻すべく復讐する。しかし男にはある秘密があった…。復讐鬼と化する父親をニコラス・ケイジが熱演、共演には『ゾンビランド』のア..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2011-12-14 11:23

ドライブ・アングリー3D
Excerpt: 2011年8月14日(日) 19:15〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:1300円(TOHOシネマズデイvit購入900円+3D料金メガネ付400円) パンフレット:未確認 『ドライブ・アングリー3..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2011-12-14 12:42

ドライブ・アングリー
Excerpt: 【DRIVE ANGRY】 2011/08/06公開 アメリカ R15+ 101分監督:パトリック・ルシエ出演:ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、ウィリアム・フィクトナー、ビリー・バーク カル..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2011-12-14 13:41

ドライブ・アングリー3D
Excerpt: ニコラス・ケイジ主演のアクションです。 タイトルしか知らなかったのですけど、友達に誘われたので2Dでチャレンジしてみました。 出だしから手首が飛ぶような銃撃戦にゾッとしながらも、時々可笑しくて笑ってし..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2011-12-14 17:22

映画:ドライブ・アングリー 徹底して B級路線を突き進む1本。
Excerpt: かなりバカバカしい展開。 カーアクションや銃撃戦の中で判明するのだが、ニコラス・ケイジは不死身。 一度死んでも生き返る(笑) 「カルト教団」によって大切な家族を奪われ、復讐を遂げるまでは。。。 もち..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2011-12-14 20:25

ドライブ・アングリー 3D/ DRIVE ANGRY
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 最近のブームに乗って、色んなものが飛び出すけど、そんな中 こんどは飛び出すニコラス 30日〜公開の「デビルクエスト」に..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2011-12-14 22:08

ドライブ・アングリー
Excerpt: DRIVE ANGRY/10年/米/101分/アクション/R15+/劇場公開 監督:パトリック・ルシエ 脚本:パトリック・ルシエ 編集:パトリック・ルシエ 出演:ニコラス・ケイジ、アンバー・ハード、..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2011-12-15 00:46

『ドライブ・アングリー』
Excerpt: JUGEMテーマ:映画 制作年:2010年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:101分  原題:DRIVE ANGRY  配給:日活  監督:パトリック..
Weblog: La.La.La
Tracked: 2012-01-06 19:49

ドライブ・アングリー
Excerpt: インデックスを見直すとニコラス・ケイジ主演作品が結構あることに気づきました。 このままいくと初期から書いていたラッセル・クロウやメル・ギブソンの記事よりも 多くなるんじゃないか、というわけでニコ...
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2012-03-26 23:06

『ドライブ・アングリー』
Excerpt: ドライブ・アングリー カルト教団によって娘を殺され、 孫娘を誘拐された男が地獄から脱獄 生贄とされる満月まで2日間、教団指導者を追う... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞)..
Weblog: cinema-days 映画な日々
Tracked: 2012-08-12 21:41