2011年11月11日

じゃぁ、それまでは何を根拠に?

“20歳未満の少年の再犯者の割合を示す再非行少年率は31.5%で、98年から増加の一途をたどり、75年の調査開始以降で最悪の水準。特に、強盗で検挙された少年のうち61.9%、恐喝では60.8%が再犯だった。
 こうした現状を受け、法務省は04年1〜3月に少年院を出所した当時18〜19歳の男女644人の追跡調査を初めて実施。25歳までに39%(248人)が再犯で刑事処分を受けていた。一方、女子の再犯は5%(2人)にとどまった。再犯の時期は20〜21歳に集中していた。”


数字の1がズラリと並ぶ、なんかメデタイというか6本アニメな日に書くような話ではないんですけど、ちょいと気になったんでチョロリと。
まぁ気になったとは言っても、そもそも少年犯罪に対して年齢や家庭環境の問題による減刑は情状酌量の範囲内に収めるべきで、量刑を年齢で線引きするのはおかしいと考えているので、「それ見たことか!」と鬼の首を取ったかのように騒ぎ立てるつもりも、「6割は更生してるザマス!」とヒステリックに喚くつもりもなく。
ただ気になったのは、法務省が初めて追跡調査を行ったってこと。じゃぁ、これまで少年法を厳格化するか否かの議論は何を根拠にやってたんだい?まぁ、どっかが調べたデータを用いてたとは思うんですが、そういう大事な事は自分らでやりなよと思いましたよってことで。
では、ポッキーとプリッツ食べながら10本アニメでも観るとしますか。では!


↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ




タグ:雑記
posted by たお at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。