2011年10月24日

アンディ・テイラー/アイ・マイト・ライ (Andy Taylor/I Might Lie)

デュラン・デュランでの出番もめっきり減って腐ってた時に参加したパワー・ステーションで、これまでの鬱憤を全て晴らすかの如くギターを弾きまくったアンディ。それで眠っていたギター少年魂に火が付いたのか、デュラン・デュランを脱退して作り上げたのがこの曲も収録されているアルバム“サンダー”。ポップさとハードさが程良くブレンドされた、プロデューサーのスティーヴ・ジョーンズの良さが非常に良く出た一枚に仕上がってる。人気絶頂にいたデュラン・デュランを脱退してまで作った渾身の一枚に、「流石スティーヴ・ジョーンズ!」って褒めるのもなんとも申し訳ない感じだが、そうなんだからしょうがない。でもまぁ、入りまくった気合に大事なものが色々とついて来てない感じが、とっても中学男子っぽくて好き。「これが本当のオレだぁー!」ってアルバムに、“サンダー”って付けちゃうネーミングセンスもとっても男子ですし。

【Andy Taylor - I Might Lie】



↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        



タグ:音楽
posted by たお at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。