2006年08月08日

バッド・チューニング (Dazed And Confused)

監督 リチャード・リンクレイター 主演 ジェイソン・ロンドン
1993年 アメリカ映画 110分 コメディ 採点★★★

「あの頃が一番良かった」なんて言っちゃうとすっごく後ろ向きな気もするが、高校時代の夏休みは確かに楽しかった。小学生の頃の夏休みもかなり楽しかったが、行動範囲の広さや活動時間の長さを考えれば、高校時代に分がある。夜中にこっそり抜け出して夜遊びする興奮なんて、今じゃとても味わえないし。この歳になると、こんな時間まで起きてても何の感慨もありゃしない

【ストーリー】
いよいよ明日から夏休み。高校の上級生は、これから入ってくる新入生の尻を特製バットで殴るので大忙し。せっかく企画したパーティーも親にばれておじゃんだし、来年度もフットボール続けるかどうか悩まないといけないし、ラリんなきゃなんないし、なにかと忙しい夜でございます。

daco1.jpg

正直、あまり好きな監督ではないリチャード・リンクレイター製作・脚本・監督作。自身の思い出話とも言える、1976年の高校生の一日を描く。
一応主人公クラスであるランドール・“ピンク”・フロイドがフットボール続けようかどうしようか悩む物語が主軸にはなっているが、それ以上に彼を取り巻く学生達のバカ騒ぎをノスタルジー溢れる視線で描いている。その騒々しくも懐かしい彼らの姿は、見ているだけでも非常に楽しく様々な思い出が頭を駆け巡るのだが、始まると同時に登場人物が矢継ぎ早に登場し、一斉に会話を始めるうえにDVDの字幕が信じられないほど不親切かつ不自然な為、作品に入り込むのに一苦労してしまう弊害はある。
物語が大きく展開するわけでもないが、押入れの奥から懐かしいアルバムが出てきたかのような面白味のある作品。それが、自分の写真が満載のアルバムであるか、知らん人のアルバムであるかで、大きく評価も変わりそうではありますが。

daco3.jpg1993年というとついこの間のような気がしてしまうが、出演陣の駆け出しっぷりを見ると、ものすごく昔なんだなぁと実感。歳を取ると、この辺の時間感覚がおかしくなるようで。
大物スター達の駆け出し時代を拝めるのも、この作品の楽しみのひとつ。3番目にクレジットされている割に、ろくにセリフもなくただそこに居るだけのミラ・ジョヴォヴィッチ。いかにもヨーロッパ然とした美少女ぶりは見ものではあるが。いい歳こいて未だ高校生とつるんでいる痛々しい役には、マシュー・マコノヒー。テキサスが舞台なだけあって、テキサスっ子丸出し。まだまだ細身だが、芸風は全く変わっていない。テキサス魂が黙っちゃいないのか、後にテキサス名物『悪魔のいけにえ/レジェンド・オブ・レザーフェイス』にも出演。同じくテキサスっ子で、前出の『悪魔のいけにえ/レジェンド・オブ・レザーフェイス』にも出ていたレニー・ゼルウィガーも出演しているようだが、どこにいるのか発見できず。ベン・アフレックは相変らずアホで嫌な奴役。こういう役は、どうしようもないくらい似合う。ベン同様ケヴィン・スミス組のジョーイ・ローレン・アダムスの姿も。考えてみれば、主演のジェイソン・ロンドンの双子の兄弟であるジェレミー・ロンドンも、ケヴィン・スミス組だ。
作り手の青春時代に沿う時代設定で作られる青春映画。もうちょっとすると、自分がじゅうぶん大人になっちゃった頃の時代設定で、青春映画が作られたりするんでしょうね。ノスタルジーたっぷりに。90年代なんて、ついこの間なのに

daco2.jpg
時代設定がどんどん追いかけてくる

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        

        
posted by たお at 05:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
>DVDの字幕が信じられないほど不親切かつ不自然

あ〜これ私も思いました!最初観たとき「へ?」ってカンジですよね。2行にわたって字幕流すのはどうなの?っていう。本人がまだしゃべってない台詞まで先に字幕ででてるし(笑)
Posted by baoh at 2006年08月09日 00:04
それも、グーグル翻訳やったかのような不自然な訳でしたし。。。
一昔前のDVDって、こんなの多かったんですよねぇ。
Posted by たお at 2006年08月09日 03:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

バッド・チューニング
Excerpt: 「バッド・チューニング」を観た。 70年代のアメリカを舞台に、ロックン・ロール、アルコール、ドラッグ、セックスと、自由奔放に生きる若者たちの姿を描いた青春ドラマ。ジェイソン・ロンドン、ミラ・ジョ..
Weblog: 雑記のーと Ver.2
Tracked: 2006-08-08 23:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。