2011年07月31日

かぞくはじめました (Life as We Know It)

監督 グレッグ・バーランティ 主演 キャサリン・ハイグル
2010年 アメリカ映画 114分 コメディ 採点★★

子供が出来ると、ホント色んな事が変わりますよねぇ。夜にDVDを観ながら食べるお菓子を買いに行っても、“不意に目覚めた子供にせがまれても大丈夫なお菓子”って前提で選んじゃってたりしますし。「これはチョコだし、これは辛過ぎるよなぁ。でもこれは、握ったらボロボロ崩れそうだし…」とアレコレ悩んでいる内に、結局辿り着くのはじゃがりこ。もうここ最近は、ほぼじゃがりこの一択

lwki1.jpg

【ストーリー】
小さなベーカリーを経営するホリーは、親友アリソンの紹介で彼女の恋人ピーターの親友エリックと出会う。しかし彼らの相性は最悪で、アリソンの結婚式や出産などのイベントで頻繁に顔を合わせるものの、関係は険悪のままだった。そんなある日、不慮の事故でアリソン夫婦が帰らぬ人に。彼らの遺言により、残された娘ソフィーを名付け親であるホリーとエリックが育てることになってしまう。慣れない子育てと大きさ生活の変化に戸惑う彼らだったが…。

lwki4.jpg

思わぬ子育てに翻弄されながらも、家族としての絆を深めていく様を描いたラブコメディ。『男と女の不都合な真実』に続いて、ナンシー&キャサリン・ハイグル母娘が製作総指揮を務めている。
親友夫婦が死んでしまうコメディらしからぬ衝撃的展開と、何の断りもなく後見人にされてしまってたが故に孤児を育てなければならなくなってしまう、問答無用かつ力技にも程があるな幕開けはどうかと思うが、それ以外はほぼ安全運転な本作。仕事と家庭の両立に奮闘する姿や、第一印象最悪のカップルが徐々に惹かれ合う様など、ラブコメディとして想定内のイベントをそつなくこなしていき、最終的にほっこりとさせる無難な作品には仕上がっているのかと。
ただまぁ、降って湧いた育児によって、仕事においてもライフスタイルにおいても犠牲を強いらせられる描写が男のエリックに集中してしまった為に、ホリーがそんなエリックを詰るだけの苛立たしいキャラクターに見えてしまうバランスの悪さは気になるところ。また、物語の中心がホリーとエリックの関係であるせいか、子供に対する愛情が軸となって家族として愛情を深めていく様子が希薄なのも同様に。なんかこう、子供が荷物のような感じも。

lwki3.jpg

ホリーに扮しているのは、『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』では思わぬ妊娠に翻弄されてたキャサリン・ハイグル。コメディエンヌとしてのセンスも抜群だし、NGの少ないリアクションの大胆な女優としてお気に入りの一人ではあるんですが、今回はなんか守りに入ったような印象も。“母親”ってのが似合わないからこそこういう題材で活きる女優だとは思うんですが、今回はその似合わない“母親”をゴールにするのではなく、そのずっと手前の“恋人”をゴールにしちゃってたあたりに、その守りに入ってた感を強く感じてしまったのかも。
お目当てだったキャサリン・ハイグルに幾分ガッカリさせられたものの、エリックに扮した『トランスフォーマー』のジョシュ・デュアメルはなかなか良い。お気楽だが軽薄ではなく、ムラッ気はあるが仕事は優秀で、人当たりが良い上に、ベビーシッターの中学生から熟女まで誰からでもモテモテのシングルライフを満喫する、もう羨ましいったらありゃしないエリック役を、「ティモシー・オリファントに弟がいたらこんな感じだろーなー」ってな風貌の彼が、これだけモテるのも納得の懐の深さで好演。子供に対して見せる笑顔も、しっかりと“父親”していて素晴らしい。“トランスフォーマー”シリーズでくらいしか観た事がなかったが、もうちょっと色んな役を観てみたいなぁと。
その他、結局のところホリーにいいように使われただけだった医師役に、『ステルス』『ポセイドン』のジョシュ・ルーカスが。単なる女たらしとかであれば良かったんですが、ただひたすら良い人だったんで、もう不憫で不憫で

lwki2.jpg
メリット/デメリットで考えられても…

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 15:39 | Comment(2) | TrackBack(9) | 前にも観たアレ■か行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
主人公2人の間には愛情が芽生えていくけれど、親友たちの遺児に対しては最後まで“愛情よりも責務”と言う感じだったので、見終わった時の気持ち良さがいまいちでした。

>「ティモシー・オリファントに弟がいたらこんな感じだろーなー」
おぉ〜 確かに!!
ナンパ兄弟が、実は殺し屋(大泥棒でもいいかな)兄弟だった。 と言う感じの作品での共演を希望(笑)
Posted by 哀生龍 at 2011年09月18日 20:54
哀生龍さま、こんにちは〜♪
何か違うんですよねぇ。。。
二人の愛情ばかりがメインになってるというか。
まぁ、ジョシュ・デュアメルがなかなかの雰囲気だったのが嬉しかったですけど。
Posted by たお at 2011年09月19日 08:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

かぞくはじめました
Excerpt: かぞくはじめました ★★★★☆(★4つ) すっごい好きなジャンルです 痛快、爽快、ラブコメディ(笑)細かいことはいいじゃん。ラストなんて最初からわかってるじゃん。それでもいいじゃん。 親友夫婦の..
Weblog: 食はすべての源なり。
Tracked: 2011-07-31 22:16

かぞくはじめました
Excerpt: 2010年 アメリカ作品 115分 ワーナー・ブラザース配給 → 劇場未公開原題:LIFE AS WE KNOW ITSTAFF監督:グレッグ・バーランティ脚本:イアン・ドイッチマン..
Weblog: pure\'s movie review
Tracked: 2011-07-31 22:27

かぞくはじめました
Excerpt: LIFE AS WE KNOW IT/10年/米/115分/コメディ/PG12/劇場未公開 監督:グレッグ・バーランティ 出演:キャサリン・ハイグル、ジョシュ・デュアメル、ジョシュ・ルーカス <スト..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2011-07-31 23:30

「かぞくはじめました」
Excerpt: 評価:★★★ ストーリー(Yahoo!映画より) レストラン経営で成功したいホリー(キャサリン・ハイグル)と、スポーツ番組のディレクターを目指す エリック(ジョシュ・デュアメル)。二人はデートをする..
Weblog: 映画鑑賞日記
Tracked: 2011-08-07 15:51

かぞくはじめました
Excerpt: Life As We Know It(2010/アメリカ)【Blu-ray】 監督:グレッグ・バーランティ 出演:キャサリン・ハイグル、ジョシュ・デュアメル、ジョシュ・ルーカス、クリスティーナ・ヘン..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2011-08-18 22:51

かぞくはじめました【試写会】
Excerpt: 作品情報 タイトル:かぞくはじめました 制作:2010年・アメリカ 監督:グレッグ・バーランティ 出演:キャサリン・ハイグル、ジョシュ・デュアメル、ジョシュ・ルーカス、クリスティーナ・ヘンドリックス ..
Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★
Tracked: 2011-09-14 00:43

かぞくはじめました
Excerpt: ベーカリー“フレーシュ”を経営している料理上手なホリー・ベレンソン(キャサリン・ハイグル)は、親友アリソン(クリスティナ・ヘンドリックス)のお膳立てでブラインドデートすることになっていた。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2011-09-18 20:40

『かぞくはじめました』
Excerpt: かぞくはじめました 親友夫妻が交通事故死 残された遺児の後見人に 指名された二人は犬猿の仲だった... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Life as We ..
Weblog: cinema-days 映画な日々
Tracked: 2012-02-05 20:04

かぞくはじめました
Excerpt: 2011年4月上映 監督:グレッグ・バーランティ 主演:キャサリン・ハイグル、ジョシュ・デュアメル他  大嫌いな人と一緒に子供を育てることになったとしたら?・・ヤッパ無理やろ。  ...
Weblog: oguoguの日々映画見っ放し!
Tracked: 2012-06-24 13:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。