2011年07月25日

ザ・タウン (The Town)

監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック
2010年 アメリカ映画 150分 ドラマ 採点★★★★

私が生まれた田舎町は、県内で一番大きな街である仙台まで電車一本で行けるってこともあってか、駅前にはサラリーマン族や商店などちょっと裕福な人が集まり、線路を挟んだ反対側には、長屋のようなボロボロの公営住宅に住む貧困層が住む、小さいながらも真っ二つに分かれていた町。同じ小学校に通いながらも双方ほとんど交流はなく、私の両親も口には出さないものの、「向こう側の子とは遊んじゃダメだよ」って雰囲気を常に感じさせてたもので。何かの用でその長屋街を通る時は、知らず知らずのうちに誰にも目が合わないように俯きながら急ぎ足で通り過ぎる癖が付いていたものです。それでも時折彼らの生活の様子が目に入り、開け放たれた窓の奥の物やゴミで散乱した部屋の中、その隙間を縫うように真昼間から寝転がる両親をしり目に、ボーっとテレビを見続けている同級生の姿を見た時は、子供ながらに哀しい気分になったものです。子供ってのは、親を選べないのと同様に住む町も選べないんですよねぇ。

town1.jpg

【ストーリー】
ボストンのチャールズタウン。強盗多発地帯であるこの街で生まれ育ったダグは、かつては持っていた夢に破れ、今では獄中にいる父親同様に強盗を生業とするプロの犯罪者になっていた。そんなダグら強盗チームはとある銀行を襲い強盗を成功させるが、已む無く女性支店長を一時的に人質としてしまう。程なく彼女を解放するも、彼女が同じ街の住人であったことから自分たちの正体がばれてしまう不安に駆られたダグは、探りを入れる為に彼女に接触するも、図らずも恋に落ちてしまう。彼女と新しい人生を歩む為に足を洗おうとするダグであったが、街の顔役はそれを許さず…。

town2.jpg

ゴーン・ベイビー・ゴーン』で映像作家として素晴らしい才能を発揮したベン・アフレックが、今度は主演も兼任し犯罪地区に暮らす住人の生き様を見事に描き出した犯罪アクションドラマ。
マイケル・マンであればその美学なり散り様に注力しそうな題材だが、港町に住む人間がごく普通に漁について熟知しているのと同様に、犯罪が身近を通り越して生活の一部になっている様を、“街”にこだわりを持つベン・アフレックらしいタッチで描き出す本作。
歴史感じる美しい街並みとは裏腹に、特産品が“強盗”という特異な状況下にありながらも、街の生活を詳細に描くことで、強盗が特異ではなくごくごく日常の一部でしかないと描き出す。しかしながら、それが日常と感じているのはあくまでその街の犯罪者だけであり、すぐそばに住む一般人にとっては異常な状況には変わりない。目と鼻の先で暮らしながらも、基本的に交わることはなく、交わる時は概ね被害者と加害者の関係に。その加害者側であるダグと被害者側であるクレアの間に恋愛感情が生まれ、共に大きな変化を迎えていく様は犯罪ドラマに限らず定番な流れではあるが、街の顔役の存在こそあれど、あくまでダグが囚われているのは組織ではなく、生まれ育った“街”であるというテーマが非常に興味深い。
そのドラマや状況を丁寧に描きながらも、要所要所にリアルで見応えのあるアクションシーンを挟み込み、幼少期に別れた母親に対して持っていた美しい幻想が脆くも崩れ去る現実の残酷さや醜さまでをも盛り込みながら、決して崩れる事の無いバランス感覚で描き出したベン・アフレックの手腕は見事。オレンジ(タンジェリン)一個で、ダグとクレアの間に細いながらも一本の線を結んで締める幕引きも非常に上手い。また、利便性からも合成が主流になりつつある映画製作においても、現地野外ロケにこだわるスタイルも、そしてそこから得れる結果も非常に好みの仕上がり。ボストンに対して、レッドソックスと紅葉と絞殺魔くらいしかイメージがなかったんですが、これからはそこにベン・アフレックを加えなきゃなぁと。

town4.jpg

監督・主演を見事に兼任した今回のベン・アフレック。何を言おうが所詮犯罪者でしかない主人公を、持ち前の下級生を苛めて喜んでそうな実直さと卑しさが混じった顔立ちで好演。「あー見えて頭が良い」ってのは常に言われてた事ですが、二本の監督作を観る限り、勉強が出来る秀才肌ってのより、何事に対しても要領の良い天才肌の持ち主なんだろうなぁと。
そんなベン・アフレックを筆頭に、『28週後...』のジェレミー・レナーや、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』でも気の良いギャングを好演していたスレイン、出てくる度に「あ!コビャヤシだぁ!」と得した気分になって嬉しくなるんで大好きな役者であったが、残念ながら今年の初めに亡くなられてしまった『インセプション』のピート・ポスルスウェイトなど、“犯罪者らしく見える”という基本に則った前科がありそうな良い顔立ちの役者が集まっているのも好印象。
その他にも、『地球が静止する日』のジョン・ハムや、『プレステージ』のレベッカ・ホール、『かいじゅうたちのいるところ』のクリス・クーパーらが共演。中でも、司法取引で子供を手元に置けたとしても、あの様子じゃ遅かれ早かれ子供は施設行きなんだろうなぁと思いを馳せてしまった、『クリープス』のジェイソン・ライヴリーを兄に持つブレイク・ライヴリーのトラッシュっぷりが印象的。『ゴーン・ベイビー・ゴーン』にしろ本作にしろ、ベン・アフレックってトラッシュの描き方が上手いなぁ。
今回は、劇場公開版に20分以上のシーンを追加したエクステンデッド・バージョンで観賞。状況や関係図を描く前半に多くのシーンが加えられてたんですが、150分という長尺さを感じさせないテンポの良さで。そう言えば、ブルーレイだと未公開シーンになると、画面の上に“ここが未公開でござい!”ってなマークが出るんですねぇ。観比べるってことを考えると、あれは良いなぁ

town3.jpg
祖母の実家がウォーターメロンだったらバッグがパンパンに

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        

posted by たお at 14:52 | Comment(14) | TrackBack(60) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
TBありがとうございます。
現在、ブログを引っ越しておりまして、
以前のブログ「ハクナマタタ」http://ameblo.jp/nijimura/entry-10798122892.html 
こちらに頂いたのですが、新ブログ「as soon as」よりTB送らせていただきます。
よろしくお願いします。

この映画は思い返すに好きで、不思議な後味でした。
クライムアクションのシーンは三段階に分かれていて、
追い詰める側も進化していて間延びせず飽きさせない変化だなと感心しました。

>前科がありそうな良い顔立ちの役者
本当にそうですね。^^
ナイスな喩え!

映画館で観たので、エクステンデッド・バージョンは知りませんでした。
是非、観たいと思います。

TBありがとうございました。
Posted by おくやぷ at 2011年07月27日 20:59
撮る作品、舞台、そしてキャスト選びが上手いなと思ってしまいました。
親子連れで大型スーパーとかにいたら、「昔はちょっとやんちゃしちゃったけど、今は良いパパだぜ!」に見え、武器を持たせたら、「一見切れ者には見えないけど、やるときゃやるワルだぜ!」に見えるタイプを集めたような・・・

エクステンデッド・バージョンが在るとは知りませんでした。
それとあわせて、原作本も読んでみたいなと思いました。
Posted by 哀生龍 at 2011年07月27日 23:17
こんばんは。TBありがとうございました。
私は、ベン・アフレックと共にマット・デイモンを1997年の「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」を見て以来、彼らの映画は好きで良く観ています。本当にベン・アフレックもマット・デイモンも、あぁ見えて頭が良いんですよね。特にベンは悪党に成り切れない狭間で苦悶するチョイ悪男をさせたら良い味出しますわ。
エクステンデッド・バージョンと言うのが有るんですか!?知りませんでした。ブルーレイだと未公開シーンでマークが出ると言う事ですが、何処が未公開シーンだったんだろうって、そっちに神経使わなくて良いから、分かりやすくて面白いですね。
Posted by ミスト (MOVIEレビュー) at 2011年07月28日 00:26
おくやぷ様、こんにちは!
犯罪者側も当局も、地元を知り尽くしているからこそのせめぎ合いを見せるって面白さがありましたねぇ。
『ゴーン・ベイビー・ゴーン』でもそうだったんですが、地元の人間や本物の前科者を使って“地元感”を出す、上手いやり方だなぁと。
Posted by たお at 2011年07月28日 10:17
哀生龍さま、こんにちは〜♪
つるんでいる相手が昔っから変わらない、田舎の気の良いDQNっぽさが良く出ていましたよねぇ。
私は逆に劇場版を観なかったので、この若干の長尺さを違和感なく楽しめたんですが、劇場版を観た方にはどう映るのかなぁと。
Posted by たお at 2011年07月28日 10:20
ミスト様、こんにちは!
ベンアフの気の良い悪人っぷりは様になってましたよねぇ。
真っ当なヒーローを演じると違和感が出ちゃう役者なんですが、こういったチンピラ風情はホント良く似合う!
ブルーレイになってから便利だなぁと思う機能が増えたんですが、これは良かったなぁ。
Posted by たお at 2011年07月28日 10:22
TB ありがとうございます。

手堅くまとまった クライムドラマでした
強盗シーンの迫力もありましたね

ただ、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」の方が
私的には好きでした。
Posted by リバー at 2011年07月28日 23:04
そっか、そう言うおいしい話がついてるんですか!
うーん、映画館で見ている人にも何かおいしいおまけが欲しいなあ。
イーストウッドのあとを継ぐのはベンちゃんだあ!みたいにも言われてますが、なかなかの力量を見せてますね。
マット君とは別の道を進んでますが、二人とも着実に己の行く末を構築しているように思えます。
でも、やっぱりベンちゃん、顔でかい。。。
Posted by sakurai at 2011年07月29日 12:32
リバー様、こんばんは!
センセーショナルな題材だった『ゴーン・ベイビー・ゴーン』と比べると、娯楽面が強くなってた作品でしたねぇ。逆に、ストレートな娯楽作品も作れそうだなぁと、ベンアフのセンスに脱帽。
Posted by たお at 2011年07月30日 00:05
sakurai様、こんばんは!
いち早く大画面&大音響で観れるってのが、劇場で観る最大の特典なんでしょうねぇ。
確かにイーストウッドの後継者みたいに言ってる所もありますけど、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』が似た題材だっただけのような気も。本作だと、若干マイケル・マンですし。ただまぁ、イーストウッド同様、トラッシュ層の描き方は上手いですよねぇ。
Posted by たお at 2011年07月30日 00:11
ベン・アフレックはマット・デーモンに監督やれとそそのかしているらしいです。

マット・デーモンには監督よりジェイソン・ボーンの新作を期待してます。

宗教っぽい映画は期待してません。
Posted by KGR at 2011年07月31日 05:36
KGR様、こんにちは!
でも、ベンアフ監督でジミーちゃん主演の作品は観てみたいですねぇ^^
可能性がないわけじゃないだけに、楽しみで。
Posted by たお at 2011年08月02日 13:03
ベン・アフレック。。。今まではたんにカッコイイ人 としか認識してなかったんですが、監督した作品を観て意外と才能に恵まれた方なんだな〜としみじみ(笑)
地味ながらもよい作品でしたね〜(^^;)
Posted by りら at 2011年08月02日 18:25
りら様、こんにちは〜♪
私はどちらかというと“ケツアゴで若干性格の悪そうな若ハゲ”ってイメージが^^;
ただ、才能だけはずば抜けて素晴らしい物をもってますよねぇ。
Posted by たお at 2011年08月05日 14:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/216615783

この記事へのトラックバック

その街の男〜『ザ・タウン』
Excerpt:  THE TOWN  ボストンのチャールズタウン。犯罪の多発するこの街で生まれ育ち、幼馴染と 銀行強盗を繰り返すダグ(ベン・アフレック)。彼は人質として拉致した銀行の支 店長..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2011-07-27 20:01

ザ・タウン
Excerpt: 試写会で見ました。強盗と人質と言う関係で出会った二人ですが、主人公は、人質を見張
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2011-07-27 20:08

ザ・タウン
Excerpt: 人は生まれるときに その生まれを選ぶことはできない 一発逆転など 世の中のほんの一握り 誰が道端の花を温室に移すだろうか 反対に 温室の花に、道端で咲け! やれるはず..
Weblog: as soon as
Tracked: 2011-07-27 20:59

ザ・タウン
Excerpt:  『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2011-07-27 21:02

『ザ・タウン』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、レベッカ・ホ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2011-07-27 21:33

「ザ・タウン」
Excerpt: 「The Town」 2010 USA 監督、共同脚本、出演(ダグ)に「ハリウッドランド/2006」「消されたヘッドライン/2009」「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」のベン・アフレック。..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2011-07-27 22:07

『ザ・タウン』 (The Town)
Excerpt: 年に300件以上の銀行強盗が起こるボストン郊外のチャールズタウン。全米一、銀行強盗発生率の高い街である。その街で生まれたダグ・マクレイと幼なじみで兄弟のように育ったジェム、そしてデズ、グロンジーは今や..
Weblog: Mooovingな日々
Tracked: 2011-07-27 22:21

厄介な絆の形。『ザ・タウン』
Excerpt: 強盗団の一員として現金強奪を繰り返して生き抜いている犯罪の町に生まれ育った宿命を背負った男の物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2011-07-27 22:26

ザ・タウン
Excerpt: 「ザ・タウン」の試写会へ行ってきました。 アメリカ・ボストンの北東部に位置するチャールズ・タウン、犯罪多発地域である。そこに暮らす人々はその街を“タウン”と呼ぶ。 そこ
Weblog: Spice Cafe -映画・本・美術の日記-
Tracked: 2011-07-27 22:31

ザ・タウン
Excerpt: ボストンのチャールズタウン、名前だけで想像すれば、相当由緒あるしっとりした街をイメージしてしまうが、なんと、銀行強盗組織一味の巣窟みたいな街。そこで育った人たちは《強い絆》で結ばれファミリーのような育..
Weblog: KATHURA WEST
Tracked: 2011-07-27 22:39

『ザ・タウン』(ベン・アフレック監督・主演)
Excerpt: (原題:The Town) 「う〜む。 噂には聞いていたけど、ここまでオモシロい映画とは…」 ----えっ、珍しいニャ。 “オモシロい”という言葉を使うのって…。 「うん。とにかくよくできている..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2011-07-27 22:53

「ザ・タウン」
Excerpt:  (原題:THE TOWN)見所の多いクライム・アクションである。特に舞台の地域性に着目したあたりがポイントが高い。ハーバードなどの有名大学が軒を連ねるボストンは垢抜けた学園都市だと思われているが、..
Weblog: 元・副会長のCinema Days
Tracked: 2011-07-27 22:59

ザ・タウン
Excerpt: ボストンの一角、チャールズ側の北にある町チャールズタウン。 強盗犯罪がアメリカ一多いと言われるこの街で、今日も銀行強盗が起きた。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2011-07-27 23:01

ザ・タウン
Excerpt: 評価:★★★★☆【4,5点】(14) ベン・アフレック久々のヒット作!
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2011-07-27 23:08

ザ・タウン
Excerpt: アイルランド系移民で強盗という稼業から抜け出そうとする主人公の葛藤を、激しいアクションとリアルな脚本やロケで見せる濃い内容の作品になった。すべてを捨てないと街を出ることができない現実を証明している。こ..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2011-07-27 23:14

ザ・タウン
Excerpt: ボストンの一角、チャールズタウンは“タウン”と呼ばれ、アメリカで強盗犯罪が一番多い街。 銀行強盗グループのリーダー、ダグは、銀行襲撃の際に人質に取った女性支店長クレアが、どこまで自分たちのことを記憶し..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2011-07-27 23:50

生まれたところを遠く離れて(…生きてみたい) ベン・アフレック監督・主演『ザ・タウン』
Excerpt: 注・内容、台詞に触れています。前作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』が高い評価を受けたベン・アフレック監督第2作『ザ・タウン』主演もベン・アフレック。共演は「それでも恋するバルセロナ」のレベッカ・ホール、「..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2011-07-27 23:51

ザ・タウン
Excerpt: 監督は永久に不滅です 【Story】 綿密な計画を立て、ある銀行を襲撃したプロの銀行強盗一味のリーダー、ダグ(ベン・アフレック)は、思わぬ事態から支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2011-07-27 23:52

裏切りの街角
Excerpt: 「ザ・タウン」
Weblog: 宇宙のめいぐると
Tracked: 2011-07-28 00:09

映画 「ザ・タウン」の感想です。
Excerpt: 映画「ザ・タウン」を観てきました。ベン・アフレックが主演・脚本・監督の一人3役を務めています。ベン・アフレックの脚本と言えば、過去に、まだハーバード大学に在学中だった幼なじみで親友のマット・デイモンと..
Weblog: MOVIE レビュー
Tracked: 2011-07-28 00:28

ザ・タウン
Excerpt: 『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で監督として高い評価を受けたベン・アフレックの送る第2作。強盗団のリーダーと人質となった女性の恋愛模様や、仲間との絆を描いたクライムアクションだ。主演は監督のベン・アフレッ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2011-07-28 02:13

「ザ・タウン」 THE TOWN
Excerpt: ・ 舞台は銀行強盗発生率が全米一高い街と言われるボストン、チャールズタウン。 そんな犯罪多発地帯で生まれ育ち、父親と同様に強盗を生業として暮らしていた男が、銀行強盗をきっかけに出会った女性と恋に落ち、..
Weblog: 俺の明日はどっちだ
Tracked: 2011-07-28 02:15

映画「ザ・タウン」 感想と採点 ※ネタバレあります
Excerpt: 映画『ザ・タウン』(デジタル上映)(公式)を、初日(2/5)鑑賞。初日の深夜の回で観客は10名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら55点。後半が違っ..
Weblog: ディレクターの目線blog
Tracked: 2011-07-28 09:49

ザ・タウン 地元のしがらみが今は懐かしい
Excerpt: 【=11 -3-】 この三連休は仕事だった、だから今日も仕事の隙間に映画に行ってみた。 仕事になって、波乗り行かずに大阪に居たら、映画を観て、トレーニングもみっちり時間をかけて出来て、買い物とかの野..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2011-07-28 12:08

ザ・タウン #17
Excerpt: ’10年、アメリカ 監督:ベン・アフレック 製作:グレアム・キング、ベイジル・イバニク 製作総指揮:デビッド・クロケット 原作:チャック・ホーガン 『強盗こそ、われらが宿命』 脚本:ピータ..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2011-07-28 12:26

ザ・タウン(2010)◆◇THE TOWN
Excerpt: チャック・ホ―ガン原作の『強盗こそ、われらが宿命』を元に映画化。ベン・アフレックが主演と監督を兼ねている作品です。銃撃シーンはやカ―チェイスはスリル溢れていると思いました。ただ物語全体はちょっと物..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2011-07-28 13:42

ザ・タウン/ THE TOWN
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click ベン・アフレック監督第二作目。東京国際映画祭クロージング作品。 ロンドンで、まだ〜むと「リミット」を観た時、開場まで..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2011-07-28 13:49

ザ・タウン
Excerpt: 『ザ・タウン』---THE TOWN---2010年(アメリカ)監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック 、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー 、ジェレミー・..
Weblog: こんな映画見ました〜
Tracked: 2011-07-28 16:56

ザ・タウン
Excerpt: ★ネタバレ注意★  『ゴーン・ベイビー・ゴーン』に続く、ベン・アフレック監督第二弾です。しかも今回は、脚本と主演も! 原作はチャック・ホーガンのミステリー、『強盗こそ、われらが宿命』(未読)..
Weblog: キノ2
Tracked: 2011-07-28 19:24

ザ・タウン/試写状
Excerpt: 本日届いたのは、ハメット賞を受賞したチャック・ホーガンのミステリ小説を映画化した「ザ・タウン」(原題:THE TOWN)の試写状。 2007年に公開された「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(原題:GO..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2011-07-28 20:19

ザ・タウン
Excerpt: またまた、ほぼ上映終了作品なんですが(汗)、今日は、俳優ベン・アフレックの監督第2作目『ザ・タウン』についてです。 ..
Weblog: シネマ名画座
Tracked: 2011-07-28 22:03

映画:ザ・タウン The Town 意外にクラシカルな仕上がりにニンマリ。
Excerpt: ベン・アフレックの監督第2作。 橋一つを隔てただけで、生活レベルが全く違う環境のもと、犯罪発生率が高い都市、ボストン・チャールズタウンが舞台。 チャールズタウンからアップタウンに銀行強盗を行う犯罪団の..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2011-07-28 22:40

ザ・タウン
Excerpt: ■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ザ・タウン/THE TOWN 2010年/アメリカ/125分 監督: ベン・アフレック 出演: ベン・アフレック/ジョン・ハム/レベッカ・ホール/ブレイ..
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2011-07-28 22:44

『ザ・タウン』はスウィートな犯罪映画だよ。
Excerpt:  今回は第二のクリント・イーストウッドではないかともっぱら評判のベン・アフレック監督『ザ・タウン』の感想でございます。  観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。なんだろ話題性に..
Weblog: かろうじてインターネット
Tracked: 2011-07-28 22:44

ザ・タウン・・・・・評価額1650円
Excerpt: ベン・アフレック監督・主演によるクライム・サスペンス。 全米一の犯罪多発地帯、強盗こそが住人の“ビジネス”となっている街、それが「ザ・タウン」だ。 生まれ育った街の呪縛から逃れ、新しい人生を歩みだ..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2011-07-28 22:57

この 町 だから
Excerpt: 8日のことですが、映画「ザ・タウン」を鑑賞しました。 銀行強盗犯のリーダーと人質にされた女性の愛 強盗仲間、家族、警察、タウンでの人間ドラマ ベン・アフレック監督・主演 良く出来た クライム・ド..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2011-07-28 23:05

ザ・タウン
Excerpt: チャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが 宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となる ベン・アフレックが自ら主演も兼任して映画化した犯罪ドラマ。..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2011-07-29 02:13

ザ・タウン
Excerpt: ちょおおおっと、ナルが入ったかな〜
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2011-07-29 12:33

試写会「ザ・タウン」
Excerpt: 2011/1/24 新宿の明治安田生命ホール。 何がトラぶったのか知らないが、18時の開場が10分ほど遅れ、 開場してもしばらくホールで待たされる。 その後は特にイベントもなく、登壇者もなく、淡々..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2011-07-29 17:16

ザ・タウン
Excerpt: ザ・タウン 親から子へ家業のように犯罪が受け継がれる街チャールズタウン。一度はアイスホッケー選手として将来を嘱望されたダグも今では銀行強盗団を率い、その完璧な仕事ぶりで警察を翻弄していた。ところが、..
Weblog: シネマDVD・映画情報館
Tracked: 2011-07-29 18:30

[遅ればせながら、映画『ザ・タウン』を観た]
Excerpt: ☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2011-07-29 21:18

ザ・タウン☆独り言
Excerpt: 試写会同行させていただきました。ベン・アフレック監督作品『ザ・タウン』冒頭からみせる鮮やかな銀行強盗シーンに息を呑み目が離せなくなる・・・ということだそうですが・・・せっかくの試写会なのに冒頭から堕ち..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2011-07-29 23:57

「ザ・タウン」 その街こそもう一人の主役
Excerpt: アメリカの中でも古い街の一つ、ボストンの一角のチャールズタウンは世界でも最も銀行
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2011-07-30 07:12

ザ・タウン
Excerpt: ベン・アフレックが監督&主演を演じた作品です。 東京国際映画祭のクロージングになっていたのでチャレンジしてみました。 ボストンの片隅で生きる男たちの過酷な運命を描いていました。
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2011-07-30 12:25

ザ・タウン
Excerpt: 全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。 完璧に仕事をやり遂げてきたプロの強盗一味は、ある銀行を襲った時に、支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質にする。 クレアは無事解放さ..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2011-07-30 13:59

【映画】ザ・タウン
Excerpt: <ザ・タウン を観て来ました> 原題:The Town 製作:2010年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ テレビ東京さんのご招待で試写会にて鑑賞してきました。 役者でもあるベン・..
Weblog: ★紅茶屋ロンド★
Tracked: 2011-07-30 16:54

「ザ・タウン」
Excerpt: 「ザ・タウン」って、どこ? ちゃんと映画観てた?何度も出てきたぜ、ボストンのチャールズタウンって。 マッちゃんもハマちゃんもいなかったけどね。 それは“ダウンタウン”だ。こっちは、チャールズタウン。..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2011-07-30 19:13

ザ・タウン
Excerpt: 【監督】ベン・アフレック 【出演】ベン・アフレック/ジョン・ハム/レベッカ・ホール/ブレイク・ライブリー/ジェレミー・レナー/ピート・ポスルスウェイト/クリス・クーパー/タイタス・ウェリバー..
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2011-07-30 22:20

「ザ タウン」
Excerpt: それはしがらみの象徴。 タイトルが「タウン」である。都市でもなく村でもない独特のねっとり感。 その昔「シムタウン」というゲームがあった。「シムシティ」同様に町を発展させるのが目的なのだが、道を歩..
Weblog: Con Gas, Sin Hielo
Tracked: 2011-07-31 09:21

ザ・タウン
Excerpt: THE TOWN/10年/米/125分/犯罪ドラマ・アクション/PG12/劇場公開 監督:ベン・アフレック 原作:チャック・ホーガン『強盗こそ、われらが宿命』 脚本:ベン・アフレック 出演:ベン・ア..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2011-07-31 22:20

「ザ・タウン」
Excerpt: 第83回アカデミー賞授賞式がいよいよ2月28日(日本時間)と迫ってまいりましたね 本年度賞レース前半は「ソーシャル・ネットワーク」圧勝の勢いでしたが、次第に「英国王のスピーチ」が巻き返し、アカデミー..
Weblog: 華麗なる人生を目指して 〜グルメとエンタメとアンチエイジング〜
Tracked: 2011-08-01 00:05

ザ・タウン
Excerpt: ベン・アフレックってちょっと苦手。でも監督としての手腕はなかなか良いと思います。前作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も素晴らしかった。 たくさんのしがらみと因縁が、ダグをこの土地に縛り付けている。銀..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2011-08-01 09:27

映画『ザ・タウン』を観て
Excerpt: 11-13.ザ・タウン■原題:The Town■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2011-08-01 10:45

ザ・タウン
Excerpt: 【ザ・タウン】 ★★★★  試写会(1)ストーリー 全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。この街に生まれ育ったダグ(ベン・アフ
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2011-08-02 18:22

ザ・タウン (試写会)
Excerpt: また会える ここか あの世で 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thetown2月5日公開原作: 「強盗こそ、われらが宿命」 (チャック・ホーガン著 上巻・下巻)監..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2011-08-03 13:10

「ザ タウン」
Excerpt: それはしがらみの象徴。 タイトルが「タウン」である。都市でもなく村でもない独特のねっとり感。 その昔「シムタウン」というゲームがあった。「シムシティ」同様に町を発展させるのが目的なのだが、道を歩..
Weblog: Con Gas, Sin Hielo
Tracked: 2011-08-07 01:16

ザ・タウン The Town
Excerpt: ●「ザ・タウン The Town」 2010 アメリカ Warner Bros. Pictures, Legendary Pictures, GK Films,125min. 監督:ベン・アフレッ..
Weblog: 映画!That' s Entertainment
Tracked: 2011-08-14 14:20

ザ・タウン【試写会】
Excerpt: 作品情報 タイトル:ザ・タウン 制作:2010年・アメリカ 監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、タイタス・ウェリヴ..
Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★
Tracked: 2011-09-14 00:50

【映画】ザ・タウン…アフレック夫妻には厳しい私だったが。
Excerpt: サブタイトルのアフレック夫妻に厳しい私…云々は映画「バレンタインデー」の記事を併せて参照ください さて久しぶりの更新 寒くなって来るとパソコンの前に座るのも億劫でですねぇ 最近の近況ですが… 昨日..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2011-12-19 14:26

ザ・タウン
Excerpt: ザ・タウン / THE TOWN 2010年 アメリカ映画  ワーナー・ブラザーズ製作 監督:ベン・アフレック 製作:グラハム・キング  バシル・イワニク 脚本:ベン・アフレッ..
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2012-02-08 00:53