2006年07月29日

極道恐怖大劇場 牛頭

監督 三池崇史 主演 曽根英樹
2003年 日本映画 129分 ホラー 採点★★★★

その昔、ふらりと一人旅に出て夜行バスで本州を縦断するという、どっかの四人組のような無茶をしたわたくし。大阪から名古屋までバスで向かい、名古屋から東京までのバス時間まで半日あったので、市内をブラブラすることに。地表よりもはるかに多い人数が地下をうようよする様子に驚き、何でも甘辛くしてしまう東北人の私でも、名古屋の何にでも甘ったるい味噌を乗っける食事に困り果て、コーヒーが飲みたいだけなのに何食わぬ顔で付いてくるミニグラタンに最早驚くことさえ放棄させてくれた名古屋。名古屋よ、何処へ向かっているんだい?

チワワを「ヤクザを殺す“ヤクザ犬”に違いねぇ」と惨殺した尾崎を“壊れた”と認定した組長が、尾崎の弟分・南に名古屋にある“ヤクザ処分場”に尾崎を連れて行くよう指示。名古屋へ向かう尾崎と南だったが、道中ちょっとした事故で尾崎が死亡。困り果てた南が組長に電話している最中に、死体が行方不明に。死んだはずの尾崎を探すために名古屋に滞在した南に、名古屋が牙を剥き始める。

gozu2.jpg

そもそも“脱力”とは速球の合間に混ぜられるチェンジアップの様なもので、物語の高いテンションの合間にストンと入れることで功を奏す。ところがこの作品、全編が横浜ベイスターズのクルーンが投げるフォークなのだ。それも、全くスタミナが衰えないまま150キロ近いフォークのみを投げて先発し完投したクルーン。つまり、観客はお手上げ&置いてけぼり。振っても当たらないのだから、ただただ「ほえぇぇ」とめくるめく“名古屋ワールド”に身を任せるしかない。
タイトルとなっている“牛頭(ごず)”は、大きな災いの前触れとしても語られる“件(くだん)”であると思われるが、そんな大物をタイトルに付けている割には、あんまり物語とは関係しない。唐突に出てはくるが、それまでに充分三池の描く“名古屋ワールド”にやられちゃってる身には、「あぁ、名古屋ならコレもあり得るなぁ」と思わせるばかり。
佐藤佐吉による脚本の力なのか三池の演出力なのか、この作品は映画の礼儀作法というものを全てぶち壊す。悪い冗談を通り越して観客に対する嫌がらせとしか思えない展開をするこの作品が与える驚きは、杓子定規な映画ばかり観ている身にはすこぶる快感。「だって哀川翔のVシネでしょー」と敬遠されてる方も多いだろうが、何処の世界の映画もゴミの山が高く降り積もっている所にこそ真に面白い作品が生まれることを思い出し、是非観ていただきたい。特に「あたしー、ミニシアター系しか観ませんでございまするわよ」とかほざいている仰る方々に。“カンヌに出品された”と言えば、釣れるでしょうし

gozu3.jpg

小沢仁志、加藤雅也、遠藤憲一、丹波哲郎、長門裕之ら錚々たる顔ぶれがゲスト出演している本作。きっと内容を知らなかったんでしょう。そんなゲスト陣以外にも、哀川翔や火野正平ら出演陣も豪華。彼らにしか出来ない表現法で、この作品を盛り上げている。中でも特筆すべきは、吉野きみ佳。もの凄く久しぶりにその姿を見たのだが、「え?こんなに色っぽかったっけ?」と驚く艶々っぷり。設定上から考えても全く脱がないことに不自然さは感じるものの、観ている最中はそこに全く気が付かないほど色っぽい。
“牛乳も出なけりゃ肉も不味い、そんなオバさんの私は実はオジさんなの”と乳牛の悲哀を歌うエンディング曲と、名古屋に対する“愛”以外の全ての感情が込められたこの作品に対する正当な評価として、★4つ。

gozu1.jpg
名古屋での評判は如何に?

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        

        
posted by たお at 01:20 | Comment(4) | TrackBack(7) | 前にも観たアレ■か行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました!!感謝感激です(泣)さっき、落ちそうになってたんですが、一気に目が覚めてしまいました。
名古屋、本当にコーヒーにグラタンがついてきたんですか?あわわわわわわ・・・
そして、
>全くスタミナが衰えないまま150キロ近いフォークのみを投げて先発し完投したクルーン。つまり、観客はお手上げ&置いてけぼり。振っても当たらないのだから、ただただ「ほえぇぇ」とめくるめく“名古屋ワールド”に身を任せるしかない。
ここの文、最高です〜〜!!
よくぞ、うまいこと表現して下さいまして、もう笑い転げてしまいました!
>件(くだん)
そ、そうか!私としたことが、ついこないだ岩井志麻子で読んだばっかりだったのに、名古屋ワールドに完全にアタマをやられてしまったんでしょうか?
とにかく最高でした〜〜。
Posted by とらねこ at 2006年07月29日 02:53
いやぁもぅ素晴らしい!素敵なレヴューですよぉ!
こんなに笑えて納得! 流石!
Posted by USA-P at 2006年07月29日 22:39
とらねこ様、こんばんはー♪
もう、例え様も表現のしようもない作品なので、こんな乱暴な文章に^^;
実際クルーンの球を間近で見たら、笑うことしか出来ないでしょうしw
多分“件”だと思うんですが、歌同様オスでしたねw
関西方面に多いんですよね、この伝説?
まぁ、名古屋では確かにグラタンがついてきましたよ。
どっちがメインだ???
Posted by たお at 2006年07月30日 02:35
USA-P様、どうもですー♪
いやぁ、あんま褒められると図に乗るのでホドホドに^^;
Posted by たお at 2006年07月30日 02:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

64.極道恐怖大劇場 牛頭
Excerpt: ←このポスター、内容とゼンっゼン、違います・・・と、言う事をまず、お断りしておきたい。 三池さんってば、日本一のおバカ映画でも、作りた〜い とか思っちゃったんですかね・・・????  ..
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2006-07-29 02:55

『極道恐怖大劇場 牛頭』
Excerpt:  牛頭〜牛頭〜牛頭〜♪  牛頭〜牛頭〜牛頭〜♪  うちのおじちゃん、乳牛なのに〜♪  お乳が出ない どうしてだろう〜♪  やばい、エンディングテーマの『牛頭の歌』が耳から離れない。  こ..
Weblog: 映画大陸
Tracked: 2006-07-29 09:18

**−極道恐怖大劇場−牛頭**
Excerpt: またもマイナー映画を取り上げる、森と海です。 第56回カンヌ国際映画祭正式出品、三池崇史監督作品「極道恐怖大劇場−牛頭」です。−−−それは、名古屋にあるらしい・・・・・。−−− 簡単なあらすじ。..
Weblog: 日刊【考える葦】Returns
Tracked: 2006-07-29 20:05

164. 極道恐怖大劇場 牛頭(ごず) ★★★
Excerpt: 深作欣二監督のヤクザ映画とは全く違ったヤクザの世界にしたかったらしい。 ヤクザホラーと言う怖いものX2といったジャンルだが、どこと無く滑稽でコミカルで、かなり笑った。 老婆が滴り出る母乳を絞るシーンの..
Weblog: 映画勝手にひと言
Tracked: 2006-07-30 01:00

ゆうばりで出逢った映画たち〓 『極道恐怖大劇場 牛頭GOZU』(from 2004)
Excerpt: そして後夜祭、この年夕張の主役とも言える三池監督とそのゆかりの人物たちを集めてのトークショーのあと、私の中の”名作”が上映されたのでした。 『極道恐怖大劇場 牛頭GOZU』(’03 日本)  監督:..
Weblog: よんふぁ広場2〜HONDOのつぶやき〜
Tracked: 2007-01-31 23:46

極道恐怖大劇場 牛頭
Excerpt: 2009年9月19日(土) レンタルDVD 極道恐怖大劇場 牛頭 [DVD]出版社/メーカー: クロックワークスメディア: DVD DVDスルー。 翔兄貴がいっちゃっているヤクザ。冒頭、ヤク..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2009-09-23 04:41

極道恐怖大劇場 牛頭
Excerpt: 作品情報 タイトル:極道恐怖大劇場 牛頭 制作:2003年・日本 監督:三池崇史 出演:曽根悠多、哀川翔、吉野きみ佳、火野正平、冨田恵子、曽根晴美、木村進、間寛平、加藤雅也、丹波哲郎 あらすじ:字廻組..
Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★
Tracked: 2010-08-24 20:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。