2011年06月27日

かいじゅうたちのいるところ (Where the Wild Things Are)

監督 スパイク・ジョーンズ 主演 マックス・レコーズ
2009年 アメリカ/オーストラリア/ドイツ映画 101分 ファンタジー 採点★★★

自分の子供の頃を思い出すまでもなく、男子ってのはちょっと目を離すとすぐ空想の世界に旅立っちゃいますよねぇ。うちの息子も、一人風呂場で見えない敵と戦ってたり、宿題をやっているように見えて、頭の中は宇宙戦争の真っただ中だったりしてますし。女子も空想の旅に出るとは思うんですが、たぶん現実との接点がある一番遠い地点が旅のゴール地点なのではと。それに対し、男子はただひたすら遠くへ行っちゃうんですよねぇ。

wwta4.jpg

【ストーリー】
母と姉と三人で暮らしている8歳のマックス。家族にあまり構ってもらえず寂しい日々を送っていたマックスは、ある日ひょんなことから母を怒らせてしまい、悔しさのあまり家を飛び出してしまう。ボートに乗り海へと出たマックスは、やがて不思議なかいじゅうたちの暮らす島へと辿り着く。新しい王様として迎えられたマックスは、かいじゅうたちが幸せに暮らせる王国を作ろうとするのだが…。

wwta3.jpg

世界的ロングセラーとなっている同名絵本を、『マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズが映像化したファンタジー。製作者として、トム・ハンクスや出演もしているキャサリン・キーナーの名も。
“家庭”というシェルターを離れ、不特定多数の他人との生活を強いられる小学校入学を迎えるとぶち当たりがちな集団生活の難しさや対処法を、個性的なかいじゅうたちとの生活を通して描き出した本作。主人公の子供を、感情が高ぶってしまうと自分では押さえる事が出来ない、若干情緒面で問題を抱えているように描くことで、子供とかいじゅうたちをリンクさせ、道徳話としてより分かり易くなっている。逆光や空間配置の仕方、カメラワークなど、“独特の映像センス”と“素人臭さ”の狭間にあるスパイク・ジョーンズの演出は正直苦手な類なのだが、そこから生み出される独特な間が、絵本であればページを止めマックスの行動について子供と話し合う時間のような、ちょっとした心の整理や気付きを与える時間となっているのも良い。
実在の動物を模したかいじゅうたちも、やたらサクサクと動く昨今主流のCGではなく、『ラビリンス/魔王の迷宮』のジム・ヘンソン・カンパニーによる着ぐるみを使うことで、その場に実在するモフっと触れる存在となっているのも好印象。また、いくらでも消せたであろう蠅もそのまま残すことで、かいじゅうたちから発せられる臭いと体温、べたつきなどを感じさせてくれてもいる。ただ、怖さよりも不格好さが前に出たデザインは愛嬌たっぷりで良いのだが、子供たちが社会に感じる不安や怖さの象徴でもあるので、もうちょっと子供が本能的に感じる怖さってのを出していれば、より締まった印象になったのかなぁとも。まぁ、最初の完成品は相当怖かったようですが。
父親不在の寂しさや疎外感が前面に押し出されている感も強かった本作。母親こそマックスを出迎えてくれているが、プチ家出の原因でもある姉が終始この騒動に関わってないなど、マックスの問題が解決されたような印象はない。突き放した印象すら。ただ、その問題は周囲が解決してくれるものではなく、内なるかいじゅうたちと向き合ったマックス自身がこれから頑張って解決するように促しているんだろうなぁと。

wwta1.jpg

ミラクル・ワールド/ブッシュマン』におけるコーラの瓶のような存在でもあったマックスに扮しているのは、本作が劇映画デビューとなるマックス・レコーズ。感情がハッキリと顔に出る様に子供らしい愛くるしさを感じさせてくれる一方で、時折見せる冷めた男前の表情に驚かされたりも。
また、ママ役には『僕の大切な人と、そのクソガキ』のキャサリン・キーナーが扮し、シングルマザーとして家計を支える母親を好演。その恋人役として、『恋人はゴースト』のマーク・ラファロもちらりと出ていたりも。そう言えば、マックスが帰って来た時に着ていたママのブラウスが家を出た時と一緒でしたが、てことはマックスの旅は数時間だったんでしょうねぇ。
一方、声優として個性豊かなかいじゅうたちをその表情と共に感情たっぷりに演じた役者たちも、『ゲット・ショーティ』のジェームズ・ガンドルフィーニを筆頭に、『ホーム・アローン』のキャサリン・オハラ、『フェイク シティ ある男のルール』のフォレスト・ウィッテカー、『リトル・ミス・サンシャイン』のポール・ダノ、『カポーティ』のクリス・クーパーらと、非常に魅力的な顔ぶれが揃っているのも嬉しい。
因みにお気に入りのかいじゅうはと言えば、猫好きとしては「キャロル!」と言いたいところだが、なんだかんだと大人の対応を見せるダグラスが好き。友達の捕まえ方が個性的且つ私の姪に瓜二つなKWも、怖そうに見えて単なる引っ込み思案なだけだったバーナードも捨て難いが、やっぱりダグラスが好き。羽の代りに枝を差してる姿なんて堪りませんでしたし。あのまんまの姿のフィギュアが欲しい。

wwta2.jpg
一つの“幸せ”を全員には押し付けられない

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 01:23 | Comment(8) | TrackBack(44) | 前にも観たアレ■か行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たおさん〜こんばんは♪
マックスやキャロルの不安定さは苦手でしたが、
ハグしてモフりたくなるかいじゅうたちや、映像世界は良かったです。
Posted by りどる at 2011年06月28日 00:19
見た目的はポール・ダノだったんですが、元の絵本が好きなので実写でどうなるのか企画があることを知ったときは結構不安でした。
が、巨大な着ぐるみのかいじゅうと光と巣とかの造形がとても良くて、イメージ映像としても楽しめました。

子供って、ちょっと恐かったり不気味だったりするキャラが好きですよね。
Posted by 哀生龍 at 2011年06月28日 00:42
りどる様、こんにちはー!
思わずぎゅっとしたくなる愛くるしさでしたねぇ。たぶん、ちょっとベタっとして臭うんでしょうけど^^;
Posted by たお at 2011年06月28日 14:37
哀生龍さま、こんにちは〜♪
“感性”って言葉で丸投げしちゃうような映像表現って正直苦手なんですが、今回は絶妙な隙間がある世界観が非常に物語に合ってて好きでしたねぇ。
Posted by たお at 2011年06月28日 14:39
ぬいぐるみならではの、かいじゅうたちのモフっと感はとてもよかったですね。
それでいて、ちゃんと生き物っぽくて。

かいじゅうたちはもちろん、KWに捕まえられる友達や、
砂漠で遠くを歩いてるだけの巨大な犬なども好きでした。
Posted by kenko at 2011年06月30日 01:56
kenko様、こんにちは〜♪
CG全否定ってわけじゃないんですが、子供のイマジネーションが具象化したような、作り物っぽいけど生き生きしている本作のかいじゅうは良かったですねぇ。
Posted by たお at 2011年07月01日 14:08
たおさん、こんばんは〜♪
かいじゅうたちが可愛かったですね〜。 でも、どことなく寂しい雰囲気が漂ってる感じもあって……。多分、マックスが感じている寂しさと同じものなんだろうな、となんだか切なかったです〜。
Posted by りら at 2011年07月04日 20:33
りら様、こんばんは〜♪
かいじゅうたちの世界が、全然楽しそうじゃないんですよねぇ。暖かそうな感じもしない。やっぱりその辺も、マックスの置かれた状況がそうさせてるんですかねぇ。
Posted by たお at 2011年07月05日 02:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

かいじゅうたちのいるところ/Where the Wild Things Are
Excerpt: ファンタジー大好きなので、予告編を観て楽しみにしていた作品。 「かいじゅうたちのいるところ」を、公開日の金曜のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん」は、いつも以上に少なかったかな。 「かいじゅうた..
Weblog: いい加減社長の映画日記
Tracked: 2011-06-27 16:44

『かいじゅうたちのいるところ』(字幕版)
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「かいじゅうたちのいるところ」□監督・脚本 スパイク・ジョーンズ □原作 モーリス・センダック □脚本 デイヴ・エガーズ キャスト マックス・レコーズ、キャサリン・キ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2011-06-27 17:23

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 世界中で愛されるモーリス・センダックの同名絵本の実写化。センダック自身の希望もあり、監督は『マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズが務め、プロデューサーにトム・ハンクスも参加している。主人公の少年..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2011-06-27 17:37

ALL is LOVE〜『かいじゅうたちのいるところ』
Excerpt:  WHERE THE WILD THINGS ARE  両親が離婚し、仕事に恋に忙しい母親に育てられ、年の離れた姉にも相手にし てもらえない孤独な少年マックス(マックス・レコー..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2011-06-27 18:06

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 監督はスパイク・ジョーンズ 主演はマックス・レコーズ、 とても可愛い男の子です。 試写会で観てきました。 この物語の主人公は、 8歳の空想が好きな、 いたずら少年マックス。 日本語吹替え版で..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2011-06-27 18:36

『かいじゅうたちのいるところ』はあなたの家だ
Excerpt:  親が子どもを「ウチのかいじゅう」などと表現するのはよくあることだが、『かいじゅうたちのいるところ』は、王様気取りの大怪獣たる少年マックスが、自分はただの子どもでしかないことを悟るまでの物語だ。.....
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2011-06-27 19:22

かいじゅうたちのいるところ、日本語吹き替え版
Excerpt: モーリス・センダックの「かいじゅうたちのいるところ」という絵本が原作で、監督はスパイク・ジョーンズだ。これは、子供向けの映画ではない。家族の絆には、愛こそが必要だということや食物連鎖や戦争、支配者とは..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2011-06-27 21:13

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 同名の絵本をスパイク・ジョーンズ監督が映像化した作品です。 予告編を観た時からとても楽しみにしていました。 孤独な少年の異界への冒険を描いた物語は 映し出されているすべてが愛しくなるような、とても優し..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2011-06-27 22:18

かいじゅうたちのいるところ◇◆WHERE THE WILD THINGS ARE
Excerpt: その島で待っている見たことのない世界 流したことない涙ーー 東宝シネマズ二条にて初日に鑑賞しました。我想一個人映画美的女人blogのmigさんお薦めの作品で気になっていました。モーリス・センダック..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2011-06-27 22:45

『かいじゅうたちのいるところ』
Excerpt: 予告を見て楽しみにしていた『かいじゅうたちのいるところ』観てきました。 あらすじは、 空想が大好きな8歳の少年マックスは、母と姉との3人暮らし。しかし、近頃母も姉も自分をあまり構ってくれず..
Weblog: Matthewの映画日記?
Tracked: 2011-06-27 22:51

[映画『かいじゅうたちのいるところ』を観た]
Excerpt: ☆痛快なファンタジーアクションとは当然ながら思っていなくて、絵本の映画化なので「子供騙し」だとも思っていなかったが、こんなにも大人の鑑賞に堪える良質の作品だとは思わなかった。  実生活で孤立感を感じ..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2011-06-27 23:06

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: モーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本をスパイク・ジョーンズが 映画化。ひょんなことから不思議な島へとたどり着いた少年が島で出会った かいじゅうたちと繰り広げる冒険を描いたファンタジー。8歳..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2011-06-27 23:11

♯07 「かいじゅうたちのいるところ」
Excerpt: 映画 「かいじゅうたちのいるところ」 WHERE THE WILD THINGS ARE (日本語吹替版)       スパイク・ジョーンズ監督 モーリス・センダック原作 2009年 アメリカ ..
Weblog: ここはここ
Tracked: 2011-06-28 00:01

「かいじゅうたちのいるところ」
Excerpt: 男の子が、かいじゅうたちの住む島で王様になって、みんなをまとめようとするが、かいじゅうの世界にもいろんなゴタゴタがあって…。 これ、好きだなあ。
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2011-06-28 00:07

Blu-Ray:かいじゅうたちのいるところ 実は、自分の感性を確認する分水嶺? リトマス試験紙?!
Excerpt: 公開時、かなりの賛否両論を生んだ本作。 そんな状況で、悩みつつも、公開時にスルーしてしまった。 世界中で約2000万部売れている有名な絵本だが、自分としては既に記憶にないこともそれをプッシュした。 だ..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2011-06-28 00:15

かいじゅうたちのいるところ・・・・・評価額1500円
Excerpt: モーリス・センダックによって1963年に創造された、あまりにも有名な絵本「かいじゅうたちのいるところ」の初の実写映画化である。 過去にも幾度と無く企画されてきた映画化だが、最終的に本作を作り上げたの..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2011-06-28 00:18

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 8歳のマックス(マックス・レコーズ)は、腹を立てていた。 好きだった姉クレア(ペピータ・エメリック)は自分の友達と仲良くして、マックスの相手をしてくれなくなった。 母親(キャサリン・キーナー)は仕事で..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2011-06-28 00:22

★「かいじゅうたちのいるところ」
Excerpt: 今週の平日休みの3本目は、チネチッタに移動して観てきました。 ひらりん的にはファンタジーは見逃せないところでしょうけど、 最近、コドモ心を失いかけてて、ちょっと心配。 邦題が全部、ひらがな・・っ..
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2011-06-28 02:51

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: (成長)でっきるかな?でっきるかな? 【Story】 いたずら好きなマックス(マックス・レコーズ)はいつものようにママ(キャサリン・キーナー)とケンカして、外に飛び出してしまう。ふと気付く..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2011-06-28 07:03

かいじゅうたちのいるところ 日本語吹替え版
Excerpt: 8歳の少年・マックス(マックス・レコーズ)は、自分の友達ばかりを大切にする姉・クレアからのけ者にされていた。ママ(キャサリン・キーナー)は、マックスを“世界の王様&rdqu..
Weblog: やっぱり最終的には自分じゃないの
Tracked: 2011-06-28 08:09

かいじゅうたちのいるところ / WHERE THE WILD THINGS ARE
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 「マルコヴィッチの穴」のスパイク・ジョーンズ監督があの絵本を実写化 と聞いてからずーっと楽しみしてた映画 ロンドンから一時..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2011-06-28 08:26

かいじゅうたちのいるところ (試写会)
Excerpt: ウオゥ〜〜〜少し大人になって さようなら 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/wherethewildthingsare2010年1月15日公開絵本の映画化監督: ス..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2011-06-28 10:29

昔の私も「かいじゅう」だった・・・。『かいじゅうたちのいるところ』
Excerpt: 世界中で愛されている絵本「かいじゅうたちのいるところ」を実写版映画化した作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2011-06-28 11:09

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 「かいじゅうたちのいるところ」はさぞかしアドベンチャーに満ち溢れた楽しいところだろうと思って見に行ったら全然違っててビックリした。それで、なんだかわけが分からなかったくせに、何ヶ所かで泣いてしまった。..
Weblog: シネマ日記
Tracked: 2011-06-28 11:38

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 作品情報 タイトル:かいじゅうたちのいるところ 制作:2009年・アメリカ 監督:スパイク・ジョーンズ 出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ、ローレン・アンブローズ、クリス..
Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★
Tracked: 2011-06-28 14:40

「かいじゅうたちのいるところ」 WHERE THE WILD THINGS ARE
Excerpt: ・ ひょんなことから不思議な島へとやって来た感受性豊かな少年が、ちょっとこわいけれど愛嬌あるかいじゅうたちと繰り広げる冒険の数々を描いたモーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本をスパイク・ジョーン..
Weblog: 俺の明日はどっちだ
Tracked: 2011-06-28 19:25

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 公開中 スパイク・ジョーンズ監督     マックス・レコーズ主演     出演 キャサリン・キーナー、     マーク・ラファロ 他 新評価 2.0 暇だったので劇場に行き、時間が良かったので鑑..
Weblog: B-scale fan's log
Tracked: 2011-06-28 21:40

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 原題:WHERE THE WILD THINGS ARE原作:モーリス・センダッ
Weblog: TRUTH?ブログエリア
Tracked: 2011-06-28 22:34

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: ママに怒られて家を飛び出した8歳の少年マックスは、ボートに飛び乗り海へと漕ぎ出した。 たどり着いたのは、見たこともない大きな体のかいじゅうたちのいる島だった! 彼らに食べられそうになったマックスは「僕..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2011-06-29 03:22

「かいじゅうたちのいるところ」 心の中のかいじゅう
Excerpt: マックスはとても不機嫌でした。 彼はまだ9歳の男の子。 年の離れたお姉ちゃんは(
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2011-06-29 05:15

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: かいじゅうたちのいるところ WHERE THE WILD THINGS ARE 監督 スパイク・ジョーンズ 出演 マックス・レコーズ キャサリン・キーナー マーク・ラファロ 声の出演 ..
Weblog: Blossom
Tracked: 2011-06-29 08:31

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 2009年 アメリカ作品 101分 ワーナー・ブラザース配給原題:WHERE THE WILD THINGS ARESTAFF監督:スパイク・ジョーンズ脚本:スパイク・ジョーンズ デイヴ・エッガース原..
Weblog: pure\'s movie review
Tracked: 2011-06-29 16:53

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 《かいじゅうたちのいるところ》 2009年 アメリカ映画 − 原題 −WHER
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2011-06-29 22:16

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 原作絵本はかいじゅうの絵のタッチくらいしか知らなかったけど、ずいぶん前に予告編を一緒に観た友達がかいじゅうの再現具合に大興奮してたので、折角なので一緒に『かいじゅうたちのいるところ』を観てきました。 ..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2011-06-30 00:57

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 原作の『かいじゅうたちのいるところ』は特別思い入れがあるわけではないけど、子ども
Weblog: C note
Tracked: 2011-06-30 01:56

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: ■ 試写会にて鑑賞かいじゅうたちのいるところ/WHERE THE WILD THINGS ARE 2009年/アメリカ/101分 監督: スパイク・ジョーンズ 出演: マックス・レコーズ/キャサ..
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2011-07-01 00:30

【映画】かいじゅうたちのいるところ…25年前の私なら好きだと語るかもね
Excerpt: 夏ですねぇ…実に暑い ひとつ前の「アイアンマン2」の記事。 最後に「一旦、このあたりで」と締めているのは、その日にもう一回更新する予定だったからなのですが、流石は“計画は常に計画で終わる”当ブログ..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2011-07-02 13:56

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: アメリカの絵本作家モーリス・センダックが1963年に発表以来、世界中の子どもたちを虜にし続けている「かいじゅうたちのいるところ」を実写映画化。監督は『マルコヴィッチの穴』『アダプテーション』のスパイク..
Weblog: シネマDVD・映画情報館
Tracked: 2011-07-02 21:12

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 【かいじゅうたちのいるところ】 ★★★★ 試写会(1)ストーリー やんちゃな8歳の少年マックス(マックス・レコーズ)は、シングルマザーの母と
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2011-07-04 20:37

かいじゅうたちのいるところ [監督:スパイク・ジョーンズ]
Excerpt: かいじゅうたちのいるところは、さしてびっくりすることも、楽しいことも起こらないばかりか、内輪でけんかしてばっかのとてもつまらなそうなところだった・・・
Weblog: 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
Tracked: 2011-07-06 19:16

「かいじゅうたちのいるところ」 ◆感想を追記しました。
Excerpt: 1月に公開される映画で、気になる映画をピックアップしていますが、今週の1月15日(金)公開の「かいじゅうたちのいるところ」と言う映画も要チェックな映画です。私はファンタジー映画も好きなジャンルなので観..
Weblog: MOVIE レビュー
Tracked: 2011-07-10 02:54

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: 原題:WHERE THE WILD THINGS ARE ワーナー・ホーム・ビデオより¥1500で発売中 2009年度作品/アメリカ <監督> スパイク・ジョーンズ <原作> モーリス..
Weblog: みるき〜うぇい
Tracked: 2011-07-18 17:10

『かいじゅうたちのいるところ』(2009)
Excerpt: 8歳の少年マックスは、母親と姉との3人暮し。だがシングルマザーの母は仕事が忙しく、また新しい恋人に夢中だし、姉は弟の相手よりも友だちと遊ぶ方が楽しい。 誰にも相手にされない寂しさから、マックスは母親..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2011-07-28 23:09

かいじゅうたちのいるところ
Excerpt: ★★ きょうぼうでうたれづよいこどもたちのいるところ お姉ちゃんやその友達にかまってほしくてちょっかいを出したところ、こてんぱんにやられてみたり、いきおいでお姉ちゃんの部屋を荒..
Weblog: スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
Tracked: 2011-08-07 03:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。