2011年06月25日

さようなら、ピーター・フォーク

pefo.jpg私の年代周辺の方々には、ミステリーの面白さや海外ドラマの面白さを刑事コロンボで知った人も少なくないのでは。
つい最近観直した時も、30年以上経過した今でも褪せる事のない面白さに驚かされたものです。
そんなコロンボを、“コロンボはどうあるべきか?”という姿勢で生涯掛けて追求し続けていたピーター・フォークが、今週木曜日自宅で家族に看取られる形で息を引き取ったそうです。
享年83歳。
子供の時分に映画やドラマの面白さを教えてくれた方々が亡くなってしまうのは、時の流れで仕方がないこととは言え、やはり寂しい限りです。

これまで存分に楽しませてもらった感謝の気持ちも添えて、心より御冥福をお祈りいたします。



タグ:雑記
posted by たお at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。