2011年06月05日

イップ・マン 序章 (葉問)

監督 ウィルソン・イップ 主演 ドニー・イェン
2008年 香港映画 106分 アクション 採点★★★

歴史ってのが概ね事実である事は否定しませんが、頭ごなしに信用し切るのもどうかなぁと思う私。数ある事実の中から比較的都合の良いものを“歴史”として残したいって思うのは人の常でしょうし、その取捨選択権を勝った者や力がある者が握るってのも常だろうなぁと。そんな“歴史”をあたかも証拠のように盾にされても、どうなのって思っちゃうんですよねぇ。

ipma3.jpg

【ストーリー】
1930年代の中国広東省佛山。武術の盛んな町である佛山で、詠春拳の達人としてのみならず優れた人格の持ち主として誰からも一目を置かれる葉問。しかし日中戦争が勃発し、佛山は日本軍の占領地となってしまう。そんな折、葉問の腕前に目を付けた日本軍将校の三浦は葉問を武術指導者として引き入れようとするのだが…。

ipma2.jpg

かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』のウィルソン・イップとドニー・イェンのコンビによる、詠春拳の使い手として知られる葉問の人生を描いたカンフーアクションドラマ。アクション監督には、『SPL/狼よ静かに死ね』でドニー・イェンと繰り広げた死闘が未だ記憶に残るサモ・ハン・キンポー。
香港の航空会社がトラブル対策の為か、CAに訓練を義務化したことでも話題になった詠春拳。その詠春拳から無駄な事を取り除き、より実戦向けに近代化させたことで知られる葉問の問題山積人生を描いた本作。『ドラゴン怒りの鉄拳』や『SPIRIT スピリット』の主人公を葉問に変えただけって印象もなきにしろあらずだが、イベント盛り沢山のストーリーを駆け足に成り過ぎず、見応え充分過ぎるアクションとドラマをしっかりブレンドさせたさじ加減が見事。葉問とその周辺の人となりもしっかり描かれているので、人物ドラマとしても深みが生まれている。
ただまぁ、時代が時代だけに日本軍が残虐な悪役として描かれてしまうことには特に文句はないものの、中国共産党の仕打ちに関しては全く触れずにナショナリズムを煽り立てるやり口は、やっぱり好みではない。いつもの事っちゃぁいつもの事ですし、国内マーケットの事を考えれば仕方がないんでしょうけど。本作の大ヒットの影響か、一大葉問ブームが起きているそうですけど、なんか作品やドニー・イェンの素晴らしさとは違う部分でブームが起きてるような感じもして、ちょっと考えさせられちゃうなぁと。

ipma1.jpg

葉問に扮するのは、『SPL/狼よ静かに死ね』のドニー・イェン。「これから90分間、オレだけを観ていろ!」って作品も多いドニーさんですし、そんなドニーさんが大好きなわけなんですが、今回のドニーさんは役柄もあってか、いちいちキメ顔でどアップになるようなこともない控えめな印象。アクションも蹴りと拳のスピードを誇示するようなスタイルではないが、流れるような動きで急所を集中的に攻撃する姿は迫力十分。終始穏やかな顔をしていたドニーさんでしたが、感情の爆発と共に拳のスピードにも顔つきにもいつものドニーさんが垣間見え、ちょっと安心。葉問に成り切る事を楽しんでるような感じも、非常にドニーさんらしくてこれまた安心。
また、三浦将軍役には日本から池内博之が出演。サモ・ハンに相当しごかれたのか、なかなか力強さの感じられるアクションを披露。『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』などジョニー・トー作品でもお馴染のサイモン・ヤムや、日本軍に媚び諂いながらも葉問に対する畏敬の念が隠しきれない署長役に扮した、『エレクション』のラム・カートンらも印象的だったが、葉問の妻に扮したリン・ホンのなんか現実離れした顔立ちがちょっと強烈だったなぁと。

ipma4.jpg
やっぱりドニーさんはこうじゃないと

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        

posted by たお at 02:41 | Comment(0) | TrackBack(10) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/207174173

この記事へのトラックバック

イップ・マン 序章
Excerpt: あのブルース・リーの唯一の師匠、詠春拳の達人イップ・マン(葉問)の伝記映画。日本では『イップ・マン 葉問』のタイトルで続編から公開されたが、元々は本作が先の公開だ。主演に『HERO』のドニー・イェン、..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2011-06-05 12:03

最強。〜『イップ・マン 序章』
Excerpt:  葉問  IP MAN  1930年代。広東省佛山の瀟洒な邸宅に暮らす葉問(ドニー・イェン)は、詠春 拳の達人。弟子は取らず、家族と静かな暮らしを営んでいる。しかし、彼の腕前..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2011-06-05 18:04

イップ・マン 序章 葉問
Excerpt: さすが2008年の香港電影金像奨作品賞受賞作、骨太で見応えのある作品でした。 場所は武術の盛んな町、広東省佛山で、1935年から話は始まる。詠春拳の達人、葉問(ドニー・イェン甄子丹)は愛する家族や..
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2011-06-05 18:56

*『イップ・マン 序章』*
Excerpt: 2008年:香港映画、ウィルソン・イップ監督、サモ・ハン・キンポーアクション監督、川井憲次音楽、ドニー・イェン、池内博之出演。
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2011-06-05 21:23

『イップマン 序章』は小さい方のマトリューシュカ人形だよ。
Excerpt:  今回はついに公開だよ『イップマン 序章』の感想です。  見に行った映画館は前回に引き続き新宿武蔵野館。ファーストデイで、やはり立見が出るほど混雑しておりました。こちらは座れましたが。客..
Weblog: かろうじてインターネット
Tracked: 2011-06-06 00:09

イップ・マン 序章
Excerpt: 葉問/08年/香港/106分/伝記・格闘技アクション/劇場公開 監督:ウィルソン・イップ アクション監督:サモ・ハン・キンポー 出演:ドニー・イェン、サイモン・ヤム、池内博之、リン・ホン <ス..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2011-06-07 23:21

イップ・マン 序章
Excerpt: 伝説の映画スター、ブルース・リーにとっての唯一の師匠として知られる 中国武術“詠春拳”の達人、イップ・マン(葉問)の壮絶人生を、 「HERO」「セブンソード」のドニー・イェン主演で映画化した本格 ..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2011-08-19 00:40

イップ・マン 序章
Excerpt: 詠春拳の達人でブルース・リーの師匠、イップ・マン(葉問)の生涯を描いた作品。でもブルース・リー自体良く知らないんだよね^; 日本が完全に悪役として描かれているので、中国でヒットしたというのも..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2011-11-20 08:46

イップ・マン 序章
Excerpt: 2011年12月4日(日) 11:50〜 キネカ大森1 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフ:非売 イップ・マン 序章 [DVD]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)メデ..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2011-12-05 16:02

イップ・マン 
Excerpt: イップ・マン 葉門 / 葉門 2 2010年 香港映画 監督:ウィルソン・イップ 製作:レイモンド・ウォン 脚本:エドモンド・ウォン プロダクションデザイン:ケネ..
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2012-02-09 01:08