2011年06月04日

リトル・ランボーズ (Son of Rambow)

監督 ガース・ジェニングス 主演 ビル・ミルナー
2007年 フランス/イギリス/ドイツ映画 94分 ドラマ 採点★★★★

子供の頃、『キングコング』でその面白さを知り『ランボー』にハマっちゃったことで、その後映画浸りの人生を送ることになっちゃった私。出会いってのは大事ですねぇ。親としてはウチの子供らも映画好きになってくれれば嬉しいもんですが、それ以上に好きな物が見つかるならそれはそれでいいかなぁと

sora3.jpg

【ストーリー】
1980年代初頭のイギリス。TVや映画など、俗世間の娯楽を一切禁じる厳格なキリスト教徒の一家で育ったウィルは、ある日学校一の悪ガキであるリー・カーターと出会う。彼の家でたまたま『ランボー』を観てしまったウィルは強い衝撃を受け、すっかりランボーに夢中。ランボーの息子に成り切り、リーと共に自主製作映画を作り始めるのだが…。

sora4.jpg

銀河ヒッチハイク・ガイド』のガース・ジェニングスが、自身の体験を基に描いたノスタルジー溢れる一本。『ランボー』がノスタルジーの対象になっちゃうんだなぁと、若干感慨深くも。
ただでさえ多感な時期なのによりによって最初に出会った映画が『ランボー』じゃ、そりゃぁやられちゃうよなぁと、出だしからとっても微笑ましい。厳格な教えに縛られ自分を抑え込んでしまうウィルと、家族の愛に飢えているが故に悪事を繰り返し、唯一そばには居てくれる兄を一方的に愛するリー・カーターという、まるで違う家庭環境と性格を持ちながらもそれぞれ大きな問題を抱えた坊主二人が、子供らしい無邪気で無鉄砲な映画作りを通して友情を育み、それぞれ抱えるもんだいから解放されていく姿を、男子の脳内で常に走り回っているイマジネーションの産物を随所に散りばめながら描く本作。80年代初頭を舞台にしておきながらも使われる楽曲に随分大きな時期の幅があったり、若干の散漫さも否めない作品ではあるが、全体を包み込む微笑ましさもさることながら、問題への決着点が思いのほか痛快で好み。映画的にも派手なリー・カーターが迎える締め括りも悪くはないが、厳格な教えにがんじがらめになっていたウィルの母親が本当に大切なものに気付く様が、「最近怒ってばかり…」の前フリも非常に効いていてとっても印象的。下心丸見えの同胞を、静かに且つ力づくで追い出し、背後から塩を投げつけるが如く喝采を挙げる締め括りは、母親以上に長い間教えを守ってきたであろう祖母の眼差しの効果も相まって、かなり痛快。
笑いあり涙ありで心温まる作品であるし、なによりも『ランボー』に夢中になる子供の姿を描く作品を嫌いになれるわけがないので高評価を。だからと言って、『ランボー・ジョーダン/捕虜救出作戦』や『ランボー者』も好きってわけじゃないので誤解なきよう。確かに“リトル・ラン坊主”ってダジャレも頭をよぎりはしましたが。

sora2.jpg

自分がランボーに成り切るのではなく、ランボーの息子となり捉えられたパパ・ランボーを救い出そうとする姿に亡き父への想いが垣間見えるウィル役には、本作がデビュー作となり、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』では幼少期のマグニートーを演じるビル・ミルナー。ピュア過ぎるが故に、悪気のないまま相手を傷つけてしまう様を好演。免疫がない為か、「コレいいね!すっごくカッコ良いよ!」と何でも褒めちぎり相手の気分を良くする様は、確かに映画監督向きだなぁと。
一方、親から愛情を満足に受けられないが故に、むやみやたらにイタズラを繰り返す反面、好きな相手には一方的な愛情を注いでしまうリー・カーター役には、これまた本作がデビューである『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』のウィル・ポールター。自分とウィルの二人だけの世界であった映画制作の場に次々と人が入り込み、ウィルと映画が自分の手から離れてしまうことに嫉妬と怒りを感じる様を、まんまそんな子が出ているかのような自然さで好演。リー・カーターもまたランボーを演じるのではなく、ランボーにとって父親のような存在であるトラウトマン大佐を演じるのだが、リーもウィルも父親を求めながらも、息子に扮するウィルと父親に扮するリーという、性格の違いをこんな所で見事に表現されているなぁと感心。
その他に、『ショーン・オブ・ザ・デッド』では最強サバイバーだったジェシカ・スティーヴンソンや、その絡みもあってか『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』のエドガー・ライトもちらりと顔を出しておりましたよ。

sora1.jpg
“リトル・ランボズ”の方が良くない?

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 14:06 | Comment(8) | TrackBack(27) | 前にも観たアレ■ら行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へえ、「X−MEN」に出んのか。
うーん、いいかも。
最近マカヴォイ君の登場する予告見るたび、にまにましてます。
リバー・フェニックス似の男の子は、「ナルニア・・」ではいまいちでした。
というより、吹き替えしか上映がなくて、彼のよさが伝わらなかったです。
最初に見たのが「ランボー」じゃ、乱暴になるのもやむを得ないっすよね。
Posted by sakurai at 2011年06月04日 20:24
sakurai様、こんにちは!
最近吹替えオンリーの上映が増えてきちゃいましたねぇ。アニメなんかは地方だとほぼ無条件に吹替えだけだったりも。声優がプロの仕事をきっちりしてるなら我慢も出来るんですが、素人丸出しのタレントだったりするともう。。。
Posted by たお at 2011年06月05日 11:26
たおさん、こんにちは。
「リトル・ラン坊主」ナイス!な命名です。
「X-men」に出るんですね。楽しみです。
Posted by ryoko at 2011年06月06日 15:51
ryoko様、こんにちは!
下手なダジャレはさて置いても、作品の味を残すなら“ランボウズ”が正しいような気がしますよねぇ。“ペット・セメタリー”が“ペット・セマタリー”だったみたいに。
Posted by たお at 2011年06月06日 17:19
X‐MEN見てまいりました。
少年はおっきくなってて、わかんなかった。雰囲気ずいぶんと変わってました。
映画はとってもいい出来!
Posted by sakurai at 2011年06月11日 17:56
sakurai様、こんにちは!
おぉ!面白かったですかぁ!
正直関心のなかった作品でしたが、ちょっとばかり興味を。
Posted by たお at 2011年06月13日 16:19
主演の二人が可愛かったですね。
それにランボーになりたいんじゃなくてランボーの息子って所がかわいい。
あ、確かに“リトル・ランボウズ”のほうが合ってますよねぇ。
Posted by yukarin at 2011年07月10日 20:36
yukarin様、こんにちは〜♪
大好きな主人公になるんじゃなくて、主人公に可愛がられる(及び可愛がる)立場になりたがるってのが、なんとも可愛らしい作品でしたねぇ。
邦題はあと一歩詰めが甘かったのかなぁと。
Posted by たお at 2011年07月11日 14:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

リトルランボーズ /SON OF RAMBOW
Excerpt: ランキングクリックしてね ←please click 今年のベスト10入り確定 コアファンも多いB級作「銀河ヒッチハイクガイド」(←わたしは全くノレなかった..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2011-06-04 17:07

「リトル・ランボーズ」
Excerpt: 「リトル・ランボーズ」を観てきました 以下、ネタバレが含まれていますのでご注意を 【あらすじ】 厳格な家庭で育った11歳の小学5年正のウィルは、ある日不良少年のリー・カーターと知り合う。 ウィル..
Weblog: 空色レールウェイ
Tracked: 2011-06-04 20:15

リトル・ランボーズ
Excerpt: リバー・フェニックスと、フレディ・ハイモア君を共演させると、こんな感じかなあ・・。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2011-06-04 20:25

【映画】リトル・ランボーズ
Excerpt: <リトル・ランボーズ を観て来ました> 原題:Son of Rambow 製作:2007年イギリス・フランス合作 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ 題名からすでに観たいと思っていた作品!..
Weblog: ★紅茶屋ロンド★
Tracked: 2011-06-04 20:28

大佐と「ランボーの息子」 〜『リトル・ランボーズ』
Excerpt:  SON OF RAMBOW  父を亡くした少年ウィル(ビル・ミルナー)は、厳格な戒律の教会に属する家庭 に育ち、テレビをはじめ映画、ポピュラー音楽など「俗世の娯楽」全てを禁じられ..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2011-06-04 21:59

リトル・ランボーズ
Excerpt: 少年の友情と映画への情熱を描いたドラマです。 予告編を観て、「ランボー」のまねをしている少年の姿が可笑しいなあと気になっていました。 1980年代のちょっと懐かしい雰囲気と純粋な少年たちの友情が可愛い..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2011-06-04 22:28

リトル・ランボーズ
Excerpt: SON OF RAMBOW/07年/英・仏/94分/青春ドラマ/PG12/劇場公開 監督:ガース・ジェニングス 脚本:ガース・ジェニングス 出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、ジェシカ・スティ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2011-06-04 23:14

『リトル・ランボーズ』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「リトル・ランボーズ」□監督・脚本 ガース・ジェニングス□キャスト ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、エド・ウェストウィック、ジュール・シトリュク、ゾフィア・ブルッ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2011-06-04 23:28

リトル・ランボーズ
Excerpt: 原題 SON OF RAMBOW 製作年度 2007年 製作国・地域 イギリス/フランス 上映時間 94分 映倫 PG12 監督/脚本 ガース・ジェニングス 出演 ビル・ミルナー/ウィル..
Weblog: to Heart
Tracked: 2011-06-04 23:37

リトル・ランボーズ
Excerpt: 1982年、イギリス郊外。 11歳のウィル・プラウドフット(ビル・ミルナー)は、戒律の厳しい教会に属しているため、テレビや映画などすべての娯楽を禁じられる窮屈な日々を送っていた。 ある日、..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2011-06-05 00:13

リトル・ランボーズ
Excerpt: 誰もが自分の子供時代を思い出すハートフルなヒューマンドラマ。「ランボー」が公開された1982年のイギリスを舞台に、映画作りに夢中になる2人の少年の心の変化を丁寧なタッチで描き出す。主演は新人のビル・ミ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2011-06-05 01:14

『リトル・ランボーズ』は自己肯定映画だよ。
Excerpt:  今回は『リトル・ランボーズ』の感想です。  観に行った映画館はシネクイント。ちょこちょこいらっしゃいましたが、そこまで混んでいる感じはなく。若い女性客が多め。可愛らしい感じですし、渋谷パル..
Weblog: かろうじてインターネット
Tracked: 2011-06-05 01:49

リトル・ランボーズ
Excerpt: 「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングス監督が、自らの 少年時代の体験をモチーフに、対照的な2人の少年の出会いと成長を描く 感動ドラマ。シルヴェスター・スタローン主演の「ランボー」が大ヒ..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2011-06-05 02:48

リトル・ランボーズ(2007)◎●SON OF RAMBOW
Excerpt:  ランボーに愛を込めて・・・!でもアメリカ映画じゃなかったのね。ボクたちの、想像力と友情が世界をちょっとだけ変えるんだ。 京都シネマにて鑑賞。日曜日の夕方、映画館へ・・・・。休日ということで、お客さ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2011-06-05 11:15

リトル・ランボーズ  Son of Rambow
Excerpt: なんともまぁ、かわいくて、おかしくて、泣ける、今年3本目の超お薦め映画です。 日本での公開に3年もかかってしまったのは、 日本で馴染みのある俳優さんが出ていないことや子供が主役ってことでしょうか? 2..
Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク
Tracked: 2011-06-06 15:51

リトル・ランボーズ
Excerpt: 1982年、イギリス。 11歳の小学生ウィルはプリマス同胞教会の厳格な教えを守るため、様々な娯楽を禁じられて暮らしていた。 ある日、校内の問題児カーターの家で初めて映画「ランボー」のビデオを観たウィル..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2011-06-07 00:28

リトル・ランボーズ☆独り言
Excerpt: 家族が信じる宗教の戒律で娯楽は罪と教えられていた少年・・・でもノートにパラパラ漫画を描いたりして実はそっち方面に興味深々だった。老人ホームを経営し子どものことはあまり顧みない親を持った悪ガキのレッテル..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2011-06-08 00:08

「リトル・ランボーズ」
Excerpt: シルベスタ・スタローン主演『ランボー』を観て感激した少年たちが、自分たちで『ランボーの息子』という自主映画(メディアはビデオなのだが)を創る話で、可愛くも可笑しくて好感度の高い作品になっている。しかし..
Weblog: 古今東西座
Tracked: 2011-06-09 02:59

「リトル・ランボーズ」  SON OF RAMBOW
Excerpt: ・ 久しぶりに映画のことを書いてみようと思います。 オスカー作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞といった主要部門を独占したこともあって日本でも大いに話題となっている「英国王のスピーチ」。 この作品のこと..
Weblog: 俺の明日はどっちだ
Tracked: 2011-06-09 12:11

「リトルランボーズ」
Excerpt: 悪ガキはただ悪いわけではない。 兄が大きな移動電話を抱え、街にはニューブリティッシュインベイジョンの前夜といった曲が流れる。 そんな時代(1980年ころ)にまだ生息していた人種が「悪ガキ」だ。 ..
Weblog: Con Gas, Sin Hielo
Tracked: 2011-06-12 01:49

映画「リトル・ランボーズ」
Excerpt: son of rambow イギリス 2007 2010年11月公開 劇場鑑賞 2007年の英国映画が3年遅れでようやく劇場公開。しかもとある理由でずっと観たかった作品ということもあり、大喜びで観に行..
Weblog: Andre's Review
Tracked: 2011-06-13 00:21

リトル・ランボーズ
Excerpt: 映画「ランボー」に魅せられた少年2人が、ランボーもどきの自主製作映画を作るという友情学園物語。 家庭の環境が全く正反対のウィルとカーターの2人が、映画ランボーを通じて仲良くなっていくわけです。概..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2011-06-19 10:58

リトル・ランボーズ
Excerpt: ★★★★★ ランボーの息子 子ども時代の夢と妄想と挫折とモロモロをたっぷり詰め込んだ愛すべき作品。 ただのノスタルジーで終わらない、どこかオーバーでファンタジックな演出が、独..
Weblog: スペース・モンキーズの映画メイヘム計画
Tracked: 2011-06-23 23:57

リトル・ランボーズ
Excerpt: 【SON OF RAMBOW】 2010/11/06公開 イギリス/フランス PG12 94分監督:ガース・ジェニングス出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、ジェシカ・スティーヴンソン、ニール..
Weblog: 新・映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2011-07-10 20:33

『リトル・ランボーズ』'07・英・仏
Excerpt: あらすじ1982年、イギリス。11歳のウィルは教会の厳しい規律のもと、音楽や映画、TVなどすべての娯楽を禁止されて育ってきた。そんなある日、ウィルは学校きっての問題児カ...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2012-01-05 21:01

『リトル・ランボーズ』'07・英・仏
Excerpt: あらすじ1982年、イギリス。11歳のウィルは教会の厳しい規律のもと、音楽や映画
Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機
Tracked: 2012-01-05 21:02

『リトル・ランボーズ』
Excerpt: リトル・ランボーズ 父親のいない娯楽を禁止された少年と 校内一の悪童が自主映画を製作 そこに仏の交換留学生も加わり... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Son..
Weblog: cinema-days 映画な日々
Tracked: 2012-07-29 09:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。