2006年07月03日

プッシーキャッツ (Josie And The Pussycats)

監督 ハリー・エルフォント/デボラ・カプラン 主演 レイチェル・リー・クック
2001年 アメリカ/カナダ映画 99分 コメディ 採点★★★

“カワイイ”ってのは武器だ。どうすればより可愛く見えるかを研究した、努力に裏打ちされた才能とも言える。男なんてものは、可愛い子にとにかく弱い。クールを気取って興味ないふりして視線を逸らそうが、頭の中は「うわぁー!やべー!カワイー!!」とけたたましくサイレンが鳴っているんですから。

【ストーリー】
田舎町で細々とバンド活動を続けるジョージー、メル、ヴァルら“プッシーキャッツ”は、ある日大手レコード会社にスカウトされる。突然スターとなった彼女らは戸惑いを隠せないが、その裏には大きなカラクリが隠されていた。

jatp2.jpg

コミックが原作で、『ドラドラ子猫とチャカチャカ娘』というタイトルで放映もしていたようだが、全く観た記憶がない。地方では、やってなかった?
で、本作を大雑把に噛み砕いてみれば、『ゼイリブ』から男気とカーペンターと宇宙人と主張性を取り除いて、レイチェル・リー・クックとタラ・リードとロザリオ・ドーソンを足した感じ。ま、“サブリミナル”ってとこしか合ってませんが
“大企業による陰謀”というプロットの扱いがぞんざいだったり、思いのほかテンポがかったるかったりもするが、レイチェル・リー・クックらが思いっきり可愛いので文句なし。“キャンディは甘ければ甘いほど美味しい”のだから。駄菓子屋に行って「懐石料理出せ」って言ったら、おばあちゃんが可哀想だ。まぁ、100分近く若い子が耳元でキャーキャー騒いでいるような異常に高いテンションは、年寄りには堪えましたが。

jatp1.jpg

キャラクターがどう色分けされているかが、この手の作品のキモでもあるのだが、本作の“プッシーキャッツ”の三人は、主役・シッカリ者・バカと明確に色分けされ、成功した部類。『アメリカン・パイ』のタラ・リード扮するバカは、そのあまりにナチュラルなピュアぶりに、観ているこっちが心配になるほど。ロザリオ・ドーソンはまぁ……シッカリ者でしたよ。
個人的にはセス・グリーンを観れたのが一番嬉しかったが、やはりこの映画はレイチェル・リー・クックを観る映画である。主食がドングリかのような彼女が、露出も高めな衣装で目をクリクリさせながら飛び回る姿を見ているだけでお腹がいっぱい。観ているうちに次々浮かぶ不満も、彼女の姿が帳消しにしてくれるうえに、アラン・カミングの怪演もついてくるので、ゲップが止まらない。胃もたれしたい方にはオススメの一本。

jatp3.jpg
3人同時にキメ顔するのは困難なようで

↓↓ぽちりとお願いいたします↓↓
人気blogランキングへ

        
posted by たお at 01:04 | Comment(6) | TrackBack(0) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本作は未見ですが、たお様の解説を読んでいるとラス・メイヤーの『BEYOND THE VALLEY OF THE DOLLS (ワイルド・パーティー (1970) )』を思い出しましたよ。まぁこちらはセックス&ドラッグ&ロッケンロールな映画で別物でしょうが3人のカットとかで… とか、ってのは兎も角、う〜ん観たくなってきました本作!(笑) 素敵なご紹介、ありがとうございます〜

Posted by USA-P at 2006年07月03日 05:52
哀生龍はハリー・エルフォント/デボラ・カプランのコンビとはかなり相性がいいので、この作品も好きです(爆)
サントラも買っちゃいました!
実は、プッシーキャッツを除いた“カミング氏とDu Jourとパーカー・ポージー”がもっと見たかったんですけど・・・(苦笑)
だから特典映像のPVにDu Jourが2曲も入っていて、ひとり大喜びでした♪
Du Jourの4人が、ハリー・エルフォント/デボラ・カプランのコンビの「待ちきれなくて・・・」に全員出ているのはご存知ですか?
Posted by 哀生龍 at 2006年07月03日 12:31
USA-P様ようこそー♪
まぁ、『ワイルド・パーティー』から巨乳とバイオレンスを抜けば、コレとちょっと似てるかもw
どっちかと言えば、『動物奇想天外』とか観ている時の感情に近いかも。
Posted by たお at 2006年07月04日 02:09
哀生龍様こんばんは♪
何で特典にDu Jourが出まくりなのか不思議だったんですが、監督繋がりでしたかぁ。
『待ちきれなくて…』は未見なので、なんとも。
セス・グリーン観たさに、近々観てみますね^^
Posted by たお at 2006年07月04日 02:13
『プッシーキャッツ』のレイチェルめちゃめちゃ可愛くて大好きです☆
この映画サントラまで買っちゃいました…。
タラ・リードはほんっとおばかな役が似合いますね☆
Posted by 朝霞 at 2006年07月06日 20:09
朝霞さま、こんばんは♪
レイチェル・リー・クックの可愛さは鉄壁でしたねぇ。タラ・リードは似合うというより、本気で心配になります^^;
Posted by たお at 2006年07月07日 01:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。