2011年04月17日

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 (Scott Pilgrim vs. the World)

監督 エドガー・ライト 主演 マイケル・セラ
2010年 アメリカ/イギリス/カナダ映画 112分 コメディ 採点★★★★

男ってのは、好きな人が出来るとその人の過去までものにしたがるんで、過去の事が気になってしょうがないんですよねぇ。元カレの人数とか、どんなことをしてたとか。元カレの人数が少な過ぎればそれはそれでイヤだし、多過ぎれば尚更イヤ。面倒ですねぇ。気にしてないフリをしながらも、頭の中では元カレと対決。で、妄想上で敗北。妄想だと言うのに落ち込む。ホント、男って面倒臭い生き物ですねぇ

spvw1.jpg

【ストーリー】
バンドでの成功を夢見るスコットは、ある日ラモーナという風変わりな女性に出会い一目惚れ。付き合っていた年下の彼女との関係をウヤムヤにして、ラモーナとの交際にこぎつける。しかし、突然ラモーナの元カレがスコットに対決を挑んでくる。なんと、ラモーナと交際するには、彼女が交際していた7人の邪悪な元カレを倒さなければならず…。

spvw3.jpg

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のエドガー・ライトがカルト的人気を誇るという同名コミックを映像化した、青春バトルコメディ。
『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』と、サイモン・ペッグと共に題材に対する愛情に満ち溢れた傑作を送りだしてきたエドガー・ライトが、サイモン・ペッグ抜きでどんな作品を撮るのか期待半分不安半分だった本作。まぁ結果から言えば、そんな不安を軽く吹き飛ばす痛快作に仕上がっている。
元々生理的快感を生み出すテンポ作りや場面転換に長けた監督だけに、うざったいだけになりがちな格闘ゲームやコミックをモチーフにしたユニークな映像表現も、浮つくことなく完全に消化しつつ、日本っぽい香りもしっかりと残す見事な手腕を発揮。ふんだんに使われている楽曲の数々も非常に好みで、最近では珍しくサントラが欲しくなるほどの出来。楽曲もそうだが、ベースを構えるエリック・セラのアートワークがとってもベックっぽいなぁと思ったら、がっつりベックが噛んでた。道理で。

spvw5.jpg

成功までほど遠くない位置にいるバンドのメンバーで、元カノはスーパースターな上に、今カノは女子高生と、なんともオタクが部屋で一人妄想しているかのような状況設定の本作。そんな夢のような状況設定の割に、デートは専らゲーセンかCDショップで、彼女が出来たらとりあえずバンドの練習に連れて来てしまう様に、結局のところ間繋ぎでしかなかった彼女に対して主人公が感じ始める違和感や、その感情を感じ取る彼女の様子など、恋愛描写は結構生々しい。ある意味、ギーク側に更に掘り進めた『(500)日のサマー』の様でも。
描写はかなり吹き飛んではいても、恋愛に関する男の姿勢はかなり正直に描かれたこの作品。“邪悪な元カレとの対決”と突飛な設定も、彼女の元カレは良い人よりは邪悪であって欲しいという男の子の素直で目論みの甘い感情だし、対決そのものも一人一人自分の中で消化していく通過儀礼のようにも。消化しきれずに心が折れてしまい、見当違いに彼女を責めてしまった結果ギクシャクするってのは、ホントよくあることですし。健気で子供らしい素直さが魅力の年下の彼女に対する主人公の行動や迎える結末は確かに身勝手ではあるが、恋人が変わる時って、案外こんなもんだしなぁと妙に納得。この生々しさがあってこその作品だと思いますし、こんなことを経験してレベルアップをするんだろうから。ただまぁ、いくら男の子がレベルアップを繰り返そうとも、女性のレベル1に到底追いつかないってのが現状なんですけど。間違いなく一年も経てば、年下の彼女の方が精神的に追い抜いてることでしょうし。

spvw2.jpg

何よりも髪型には触れられたくないスコットに扮するのは、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』『紀元1年が、こんなんだったら!?』のマイケル・セラ。双方に良い顔をしている内に、結局皆を傷つけてしまう決断力のなさや、経験ではなく知識が先に出る頭でっかちっぷりは、もういつものマイケル・セラ。ピッタリとハマる好キャスティング。遠目で見るとベックっぽい、その文系っぷりも含めて。優しいだけじゃダメなのは充分分かってるんだけど、だからと言って特に自分に自信がないので、結局優しいだけになってしまうってキャラクターが、ホントに似合うなぁと。
また、背後に七人の邪悪な元カレを背負っているラモーナ役に、『ダイ・ハード4.0』『デス・プルーフ in グラインドハウス』のメアリー・エリザベス・ウィンステッド。太ったのか役柄なのか、髪の色もあってなんかケイト・ウィンスレットっぽい。これまでは正直あまりピンとこなかった女優だったが、陰のある風変わりな女性役という珍しさもあって、今回は結構良い。
その他にも、いつの間にか色気のある男前になってたマコーレーの弟キーラン・カルキンや、ギークから見たジョックスの恐怖を具象化したかのような『フェイク シティ ある男のルール』のクリス・エヴァンス、作品選びにブレが全くない『銀河ヒッチハイク・ガイド』のジェイソン・シュワルツマン、相変わらずスーパーな『スーパーマン リターンズ』のブランドン・ラウスに、その犬っぽさからもし『ティーン・ウルフ』をリメイクするなら主演をやって欲しい『ジェニファーズ・ボディ』のジョニー・シモンズなど、好キャスティングが光る本作。こっそり『ミスト』のトーマス・ジェーンや、『マインドハンター』のクリフトン・コリンズ・Jrが潜んでたり、『アドベンチャーランドへようこそ』のビル・ヘイダーの声だけが鳴り響いてたりもしますし。でも、なんだかんだと一番印象を残すのは、彼氏を振り向かせるために彼氏が心を奪われている女性と同じ髪型にするという、涙ぐましいが逆効果の努力をするナイヴスに扮したエレン・ウォン。もし街で見かけたら、「頑張れ♪」って言おうっと。
こんな最後の方でアレですが、一足先に本作を観る機会を与えてくださった“Die-Early”のUSA−P様、どーもありがとーございましたー!

spvw4.jpg
レベルアップしても、大して変わんない

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        

posted by たお at 17:02 | Comment(8) | TrackBack(18) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵なレビューですね〜 と言うか、私の場合、なまじゲーム好きなもんで例えば敵がコインになる事がゲームではアイテムなり技なりを購入するのに対して映画では、とか色々と比較しちゃう部分があって真っ直ぐ映画として観れていなかった、その事をたお様のレビューで再発見したり納得したり腑に落ちたりして等々の気付き、凄く新鮮であります。
 
> いつの間にか色気のある男前になってたマコーレーの弟キーラン・カルキン
ここは激しく同意! いやホンと、何時の間に、ですよね〜
Posted by USA-P at 2011年04月18日 00:28
USA-P様、こんにちは〜♪
予告編を観た時は、映像表現だけが暴走しちゃってる作品のような印象も受けたんですが、思いのほかちゃんとした恋愛コメディだったんで驚きましたねぇ。ゲーム要素も、ギークの妄想表現としてハマってましたし。いやぁ、ホント有難いですよ!
キーランは、最初誰だかわかんなかったですねぇ^^;
Posted by たお at 2011年04月18日 14:35
こんばんは〜♪
わたしは単純に映像の面白さと楽しさが気に入ったんですが、内容にはちょっと??のところもありました。でも、たおさんのレビュー見て色々と納得できました〜(笑)
Posted by りら at 2011年04月29日 23:02
りら様、こんにちは〜♪
映像にばかり話題が集中しがちですけど、男子の恋愛中であっても暴走する脳内妄想を見事に表現した作品なんですよねぇ。
Posted by たお at 2011年04月30日 12:06
男子系ラブコメ大好きな哀生龍にとっては、かなりド真ん中だったこの作品。
エドガー・ライトと言う事でイメージしていていたよりもテンポが良くて、いるいるこんな奴、分かる分かるその反応、とスコットの言動を笑いながら楽しめました。

そうそう、どんなにレベルアップしても、女子には追いつけない(笑)
22歳になっても、中高生と大差ないんですよね男子は。
それに比べて女子の成長の速さといったら・・・

トーマス・ジェーン、クリフトン・コリンズ・Jr、ビル・ヘイダー
この3人の出演に、またまた大喜びしちゃいました。
Posted by 哀生龍 at 2011年05月08日 19:59
哀生龍さま、こんにちは〜♪
スコットがついつい取ってしまう言動も、元カレに対する妄想も、全部妙に理解出来ちゃうんですよねぇ。似たような恋愛感覚を持っちゃってるんですかねぇ^^;
Posted by たお at 2011年05月09日 12:35
こんばんは!
エドガー・ライトが監督とも知らずに、なんとなくきっと自分好みっぽいという直感で、予告通り観てきました。
『500日のサマー』的な物語の部分で、実はいろいろ?なところもあったんだけど、
つっこむヒマもなく映像が問答無用におもしろくって楽しめました♪
元カレ軍団には爆笑。とくに最初のカレ。
そうそう、ルームメイトの彼、めっちゃマコーレーカルキンぽいと思ったら弟くんだったんですね。
音楽もよかったですよね〜
ベック作「ラモーナ」はいい曲だ。
Posted by kenko at 2011年05月12日 21:32
kenko様、こんにちは〜♪
マコーレーの方もイイ味の出た顔つきになってきたので、そろそろ再ブレイクをして欲しいなぁと思う今日この頃。
にしても、ベックの楽曲が素晴らしい作品でしたねぇ。
Posted by たお at 2011年05月14日 08:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196286187

この記事へのトラックバック

『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』
Excerpt: (原題:Scott Pilogrim vs. the World) 「う〜ん。こういう映画を言葉で語るのは実に難しい。 まあ、とにかく観てみて感じて…」 ----えっ、それで終わり? あんまりだ〜..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2011-04-17 23:50

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
Excerpt: 作品情報 タイトル:スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 制作:2010年・アメリカ 監督:エドガー・ライト 出演:マイケル・セラ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、キーラン・カルキン、..
Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★
Tracked: 2011-04-19 14:10

スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団 Scott Pilgrim vs the World マジくだらねえ〜、は褒め言葉(笑)
Excerpt: オフビート系のコメディ。 ロケンロ〜ル & 恋愛青春映画。 それに、ゲーム世界が加わる。 主人公のスコット・ピルグリムは、メジャー・デビューを目指してバンド・コンテストに出演することに。 バンド名..
Weblog: 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
Tracked: 2011-04-24 23:01

エドガー・ライト監督&マイケル・セラインタビュー:<br />映画『スコット・ピルグリムvs.邪悪な元カレ軍団』について【1/2】
Excerpt: 『インタビュー:エドガー・ライト監督編』 日本公開が危ぶまれていた「スコット・ピルグリム vs. 邪悪な元カレ軍団」だが、わたなべりんたろうによる公開署名活動が結実し、いよいよ上映が始まる。先日の来日..
Weblog: INTRO
Tracked: 2011-04-28 17:27

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
Excerpt: 格ゲー+映画 【Story】 売れないバンドのベーシスト、スコット・ピルグリム(マイケル・セラ)は不思議な魅力を持つ女の子ラモーナ(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に出会い、恋に..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2011-04-30 14:51

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 / SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD
Excerpt: ランキングクリックしてね&amp;larr;please click この映画、DVDスルーのはずだったのが、劇場公開を望むネットの署名運動によって公開が決まった 「ホットファズ-俺たちス..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2011-05-01 23:04

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
Excerpt: カナダの人気コミック「スコット・ピルグリム VS ザ・ワールド」を『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のエドガー・ライト監督が実写映画化。ヒロインに恋をした主人公が彼女を手に入れるために7人..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2011-05-04 01:02

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
Excerpt: 評価:★★★【3点】(13) まるっきり漫画の世界ですな(笑)
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2011-05-05 00:07

「スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団」ゲームだけに
Excerpt: カナダのコミックが原作の、ゲームをそのまま映画にしたってかんじの映画。 あくまでゲーム。 それ以上でもなく、それ以下でもなく・・・・・
Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London
Tracked: 2011-05-06 23:33

「スコットピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」
Excerpt: 仮想的世界に限界はない。 最初のつかみは、主演のM.セラと原題&quot;・・・VS THE WORLD&quot;の違和感だ。 邦題のとおり戦う相手が単なる元恋人だけなので、「キックアス」のよ..
Weblog: Con Gas, Sin Hielo
Tracked: 2011-05-06 23:53

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD 劇場パンフレット 映画チラシ
Excerpt: ●『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』2011年4月29日公開。 劇場パンフレット 映画チラシ 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスー..
Weblog: 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
Tracked: 2011-05-07 22:14

映画レビュー 「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」
Excerpt: スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団  原題:Scott Pilgrim vs. The World 【公式サイト】  【allcinema】  【IMDb】 エドガー・..
Weblog: No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)
Tracked: 2011-05-10 00:04

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
Excerpt: 予告篇も観ず、誰が出てるかも知らず、伝え聞く断片的な情報から、きっと好みのタイプ
Weblog: C note
Tracked: 2011-05-12 21:33

「スコット・ピルグリムvs邪悪な元カレ軍団」 部分的はおもしろいけど全体的にはグダグダ
Excerpt: 「ショーン・オブ・ザ・デッド」、「ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン-」
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2011-05-15 17:25

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団
Excerpt: アメリカ/イギリス/カナダアクション/青春/ファンタジーDVD観賞     * * * * * * * * 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」の俊英エ..
Weblog: だらだら無気力ブログ!
Tracked: 2011-09-20 00:55

『スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団...
Excerpt: あらすじ売れないバンドのベーシスト、スコットは、不思議な魅力を持つラモーナに出会い、恋に落ちるが・・・。解説普通の人には受けない!?倍以上の映画館で上映されたのが功を奏...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2012-03-16 08:21

『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』'10・米・英・加
Excerpt: あらすじ売れないバンドのベーシスト、スコットは、不思議な魅力を持つラモーナに出会
Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機
Tracked: 2012-03-16 08:22

「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」
Excerpt: おもしろい! ゲームや漫画みたいで、遊び放題!
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2012-07-22 14:58