2006年06月20日

プライベート・ライアン (Saving Private Ryan)

監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス
1998年 アメリカ映画 170分 戦争 採点★★★★

歳の離れた従兄弟の影響で、プラモデル作りに熱中していた小学校時代。もっぱらドイツ軍の戦車やら野営セットやらをせっせと。丁寧に塗装したり、完成品をポカーンと眺めたりすることなど出来ない落ち着きの全くない子供だったので、ある程度数が貯まったら近所の空地へ。両手いっぱいの爆竹と共に。乾いた爆音と共に飛び散る戦車や兵隊の模型の向こう側に、行った事もない戦場を垣間見ていた子供時代。うーん、ここだけ読むと、えらく寂しい子供のようだが。

オマハビーチでの激戦を生き延びたミラー大尉に、新たな指令が下った。4人の子供を戦地に送り出したライアン家。しかし、3人が戦死。最後の子供までも母親から奪ってはならぬと、行方知らずになっているジェームズ・ライアン二等兵の救出を命じた。この理不尽とも思える命令を遂行する為、ミラー大尉は7人の部下と共に戦地へ向かう。

spr1.jpg

スピルバーグは何を伝えたいのか?
映画表現の常識を一変させ、「足りないのは臭いだけ」とまで言わしめた冒頭の戦闘シーン。「戦争は悲惨なんだよ」「戦争反対!」と伝えたかったのか?それとも、その判りきった建前を武器に、壮大な戦争ゴッコを再現したかったのであろうか?私には、後者に思えてならない。
画面上で常に誰かが死んでいる残酷なシークエンスは、観客を戦場のど真ん中に叩き落す目的のほかに、スピルバーグ自身がその場を再現したいという願望が見え隠れしている。彼の作品の特徴でもある“残虐なユーモア”が、いつも以上に散りばめられているからだ。手足のない俳優に敢えて義肢を着けさせ、わざわざ火薬を装着して吹き飛ばす極悪ぶり、実話がベースとはいえわざわざ通信兵に2度振り向かせ、3度目に顔が吹き飛んでいるオチをつける。応急処置が成功した途端に射殺される負傷兵、ヘルメットの有難味に感謝した途端に頭を吹き飛ばされる描写に到っては、明らかに“笑い”を意識している。これらの笑っていいのかダメなのかギリギリのユーモアが、死に対する感覚を麻痺させていく。やはりこの注目が集中する冒頭のシークエンスには、キレイゴトのメッセージや説教じみた倫理観は込められていない。観客を死に対する感覚を麻痺させ、一兵士として次のステージへと向かわせる通過儀礼なのである。

spr2.jpg

あまりに強烈な序盤の戦闘シーンのため、取って付けたような印象が強い中盤の物語。しまいには「最初と最後の戦闘シーン以外はいらね」とまで言われることも。しかし、この映画にとって重要なテーマはほとんど全て中盤で提示される。しかし、明確な答えは提示されない。問いかけられるのだ。「命の重さには違いがあるのか?」と。4人の子供を失った母親の悲しみは、一人息子を失った母親よりも大きいのか?命の天秤が多く描かれるこの作品には、答えは提示されない。答えはないのだ。登場人物同様、一人一人が理不尽さを噛み締めながら自分を納得させるしかない。
“納得しがたい命令で激戦区を少人数で横断”といえば『地獄の黙示録』を思い出す。コントロールの利かなくなった自軍の将校を暗殺するという『地獄の黙示録』と、子供が全員死んじゃ可哀想だから一人助けに行く本作では命令の意味合いが正反対のように思えるが、戦地に送り込んでおきながら思い通りにいかなくなったから何とかしようとする矛盾と理不尽さは同じ。旅の途中で様々な試練とエキセントリックな人々に出会う様子も、“オデュッセイア”の影響が垣間見える『地獄の黙示録』と似ているといえる。

spr3.jpg

『シンドラーのリスト』と異なり、本作ではユダヤ人スピルバーグとしての視点で描かれていない。ナチスとドイツ兵の区別が明確であるのと、一兵士の視点で描かれるため“善と悪の戦い”といった勝手な言い分や虚栄が省かれている。連合軍の行動にドイツ軍が恐怖する描写の方が多いとも言える。途中仲間を一人失ったミラー一派が、生き残ったドイツ兵を処刑しようとするシーンに戦争の矛盾と理不尽さがよく描かれている。ドイツ側は全滅、ミラー側は死者一名。それでも命の天秤はつり合わないのだ。
唯一ユダヤ人であるメリッシュが、ナチス青年兵より奪ったナイフで殺されるシーンは映画史上にも残るであろう後味の悪いシーンだ。もしかしたらアパムが助けに来るかもしれないという淡い期待を観客に抱かせながら、イラだたせるだけで結局は全く役に立たず、非常にゆっくりとナイフがメリッシュの心臓を貫くシーンはとてもスピルバーグらしいいやらしさだ。今度アパムに会ったら殴ってやろうと決心した観客も多かったことであろう。

spr4.jpg

当初は冷静沈着な兵士役のトム・ハンクスに違和感が大きかったものの、虫も殺さぬ田舎教師でさえも、戦場ではその風貌さえも大きく変えられてしまうという意味では納得のキャスティング。プライベートでは何かとお騒がせのトム・サイズモアも、この作品以降はハリウッド一の軍曹俳優として出世。“心は優しい力持ち”を体現したヴィン・ディーゼルや、まだまだイイコちゃんのジミーちゃんなど若手俳優陣も魅力的。
観る度に微妙に印象の変わる作品ではあるが、傑作であることには違いない。

spr5.jpg
とことん“ドラマチックな展開”を拒否

↓↓ぽちりとお願いします↓↓
人気blogランキングへ

        


posted by たお at 04:20 | Comment(4) | TrackBack(13) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやいや、TBありがとうございます。これは本当に好きです、私。私は特に強くミラー大尉に感情移入。
Posted by チュチュ姫 at 2006年06月22日 02:10
チュチュ姫様こんばんは!
コメント&TBありがとうございます!!
キレイゴトのように見せかけて、戦争の理不尽さを鋭く突いたいい作品ですよね!!
Posted by たお at 2006年06月22日 03:22
TBありがとうございます。
戦闘シーンはすごかったですね、僕は単純に戦争の悲惨さとしてとらえました。
Posted by maimai at 2007年08月23日 22:18
maimai様こんばんは!
スピルバーグのマニアぶりが随所にうかがえる戦闘シーン。これ以降、この影響を受けていない戦闘シーンを観た記憶がないですねぇ。
Posted by たお at 2007年08月24日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「プライベート・ライアン」
Excerpt: 「プライベート・ライアン」(1998年  監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 トム・ハンクス  トム・サイズモア マット・ディモン) ●『どんな事をしても、末弟を戦場から救いだせ』。(ライアン..
Weblog: 変態博士 Dr.デュランデュランの異常な愛情
Tracked: 2006-06-20 23:33

プライベート・ライアン
Excerpt: たぶん4度目の鑑賞。観るたびに良さが増えるような印象。個々のキャラへの思い入れが強くなるというか。そして、とにかく自分も部隊にいるような臨場感で楽しませてくれる映画。
Weblog: しーの映画たわごと
Tracked: 2006-06-21 10:08

プライベート・ライアン
Excerpt: 4人兄弟の3人が戦死。残った1人を救う為,結成された8人の兵士が歩く戦場。
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-06-21 10:08

プライベート・ライアン
Excerpt: 重たい映画は苦手です…。落ち込んでしまうから。 この作品も、何度手にとっては戻したことでしょう。
Weblog: シェイクで乾杯!
Tracked: 2006-06-21 16:35

プライベート・ライアン(1998年)
Excerpt: タイトル プライベート・ライアン ---感想--- 先に”勝手に書評”で紹介した「プライベート・ライアン」の映画。と言うより、本来は、映画のほうが先に有ったが、公開のスケジュールの関係で日にちが前後..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2006-06-21 19:59

キャプテン・ミラーは私のヒーローです−『プライベート・ライアン』
Excerpt: Saving Private Ryan 冒頭のオマハ・ビーチの地獄絵図を始めとして、この映画は生々しい描写の戦闘シーンが多い。ほとんど、戦闘シーンの合間に様々なダイアローグが挿入されていると..
Weblog: 姫のお楽しみ袋 
Tracked: 2006-06-22 02:11

プライベート・ライアン
Excerpt: 原題:SAVING PRIVATE RYAN監督:スティーブン・スピルバーグ映画
Weblog: TRUTH?ブログエリア
Tracked: 2006-06-23 18:49

プライベート・ライアン
Excerpt: ('98/米)第2次大戦中、8人の兵士が「3人の兄をなくしたライアン2等兵を助け出し、故郷の母親のもとへ帰す」という任務を受ける。ライアンを連れ戻すために仲間が命を落としていく。。。最初の戦闘シーンで..
Weblog: 映画と私
Tracked: 2006-07-17 22:15

映画 プライベート・ライアン(主演 トム・ハンクス)動画有
Excerpt: 「ノルマンディ大激戦の陰に 選ばれた8人の兵士達による たった一人の新兵を救出する作戦があった…」 間違いなく史上最高の戦争映画 冒頭24分のオマハビーチでのノルマン..
Weblog: エンタメ動画日記 ??映画等の紹介??
Tracked: 2007-01-30 23:18

映画DVD「プライベート・ライアン」
Excerpt: 1998年 アメリカ 監督:スティーブン・スピルバーグ 主演:トム・ハンクス   ■ストーリー 1944年、4人兄弟のうち3人の兄が戦死し、 ..
Weblog: 映画DVDがそこにある。
Tracked: 2007-08-23 18:20

『プライベート・ライアン』を観たぞ〜!
Excerpt: 『プライベート・ライアン』を観ましたスピルバーグ監督が圧倒的な戦闘描写で、1998年度のアカデミー監督賞を授賞した第二次世界大戦を描いた戦争映画です>>『プライベート・ライアン』関連原題:SAVING..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2007-08-24 22:11

≪プライベート・ライアン≫(WOWOW@2008/01/12@021)
Excerpt: この時期はWOWOWで戦争物をよくやってて、基本的には苦手だから観ないんだけど やっぱり観ておかなきゃダメだよね(´・ω・`)ウン…って事でこの作品を初鑑賞 プライベート・ライアン ..
Weblog: ミーガと映画と… -Have a good movie-
Tracked: 2008-02-08 16:41

プライベート・ライアン
Excerpt: SAVING PRIVATE RYAN 1998年:アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・ハンクス、アダム・ゴールドバーグ、バリー・ペッパー、エドワード・バーンズ、トム・サ..
Weblog: mama
Tracked: 2009-10-02 16:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。