2006年06月04日

ヒドゥン (The Hidden)

監督 ジャック・ショルダー 主演 カイル・マクラクラン
1987年 アメリカ映画 100分 SF 採点★★★★

缶コーヒーのCMの顔といえば今ではトミー・リー・ジョーンズだが、『ツイン・ピークス』ブームに日本中が沸いていたその昔は、カイル・マクラクランがそれだった。「ジョージアにまかせろ!!」を合言葉に、街中にカイルが溢れまくっていたものです。いい時代でした。ダン○ンドーナッツでは、同じく『ツイン・ピークス』からアンディ保安官補が使われていたような…。「アンディはいい人だ」とかなんとか。本当に、いい時代でしたねぇ

善良な市民が突如として凶悪犯罪を犯すという事件が続発。犯人を追ってきたというFBI捜査官と地元警察の刑事が捜査に乗り出すが、FBI捜査官の口から信じられない事実が告げられる。

thi1.jpegthi6.jpeg

「面白かったB級映画は?」と訊ねれば、かなりの確立でこのタイトルが挙げられるであろうSFアクションの傑作。金と女とフェラーリとヘヴィメタルが大好きで、カントリーミュージックが大嫌いという、とても他人事とは思えない寄生虫型エイリアンを、生真面目・子供好き・ポルシェ好き・酒ダメのエイリアンが追っかけるという、一見ムチャな物語をハイスピードのテンポで一気に見せ切る。SF・ホラー・アクションの要素に笑いも盛り込み、それらをバランス良く配合できた奇跡的一本ではないだろうか。
「山火事で亡くなった人物の姿を借りている」としか劇中では語られない主人公の秘密だが、それがもし悪玉エイリアンを追跡中に起きた火事だとすれば、まんまウルトラマンの第一話。「あー、やっちゃったー。じゃー、命あげるー」という感じ?そう考えれば、あのやや強引なオチも納得がいくような気も。
荒削りだし、良く考えればハッピーエンドではない終わり方だが、一発ネタとテンポだけに頼らずキャラクターの魅力を存分に活かすことにも注力した監督の手腕により、この作品が20年近く経った今でも面白い作品として観ることのできる要因だ。最近ジャック・ショルダーの名前は聞きませんが…。

thi2.jpegthi5.jpeg

この映画の魅力は、なんといってもカイル・マクラクランに尽きる。『スクリーン』などで“〜の貴公子”とか“王子さま”とかいう形容詞がつけられていたカイルは、物憂げでふわふわと地に足が着いてなく、端正なマスクをしつつも生真面目すぎてどこかアホっぽく見える主人公を好演。“中に宇宙人が入ってます”という感じを見事に表現。これほど直立したままただボーっと立っている姿が様になる俳優も少ない。口半開きってとこが重要。
カイル・マクラクランを含め、出演陣のほとんどは最近とんと見かけなくなってしまい時代の流れを痛感。一番の出世頭がダニー・トレホってとこに、さらに痛感

thi3.jpegthi4.jpeg
この頃まだ生まれてないってのも多いんだよねぇ…

↓↓ぽちりとお願いします↓↓
人気blogランキングへ

        


posted by たお at 02:15 | Comment(6) | TrackBack(9) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この映画、大好き!(笑)
娯楽としての映画の楽しみに満ちていて、しかも
途中でエロとかグロとか社会問題とか変にズレずに最後まで一本の映画としてのトーンの統一されて、テンポやエフェクトで誤魔化さない感じとか大好きです。
 
「エイリアン・ネイション」も好きだったなぁ…(遠い目)
Posted by USA-P at 2006年06月04日 12:34
USA-P様どうもです♪
面白い要素を取りこぼさないで、バランスよく作り上げる事の出来た奇跡的な一本ですよね。
>「エイリアン・ネイション」も好きだったなぁ…
リクエストですか?w
近々^^
Posted by たお at 2006年06月04日 23:47
TBありがとうございます。いいですよね。カイル・マクラクラン(^0^)。あ、それだけじゃないですよ。この映画は大好きです。ツインピークス以降は全然パッとしませんけど。以前カイルがス○ルの車のイメージキャラだったとき(古代?)車を買いもしないのにカレンダーを貰いに行きました。ビデオも貰いました(オタク爆裂)
Posted by Lance at 2006年06月05日 00:22
Lance様ようこそー♪
私の場合は、ウイスキーのCMにミッキー・ロークが出ていた時代に、近所の酒屋から立て看板貰ってきましたwまだ実家にあるはず。
Posted by たお at 2006年06月05日 03:16
今晩は!TBさせてくださいね。

始めてお邪魔させていただきましたが、
文章がとっても面白くて・・・
この映画大好きです。いま見るとSFXもちゃちいですが、ストーリーが良くできていてムダが無いのです。

それでは、またお邪魔いたします。

>一言:「デヴィッド」といえば「ボウイ」
「カジャ」といえば「グーグー」です。
私「デヴィッド」といえば「カヴァデール」です・・・
Posted by pointdpo at 2006年07月26日 23:28
pointdpo様こんにちはー♪
ありゃりゃ。カヴァーデールでしたか・・・。
まぁ、伊東じゃないだけよいですがw
で、この作品ですが、ここまで年月が経過しても変わらぬ面白さを持っているのも珍しいですよね。全く持って無駄のない映画です。
Posted by たお at 2006年07月27日 11:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ヒドゥン」
Excerpt: 「ヒドゥン」淀川さんも番組でご紹介してくれました。 B級のいいとこを全部“ツユダク”で盛り込んでくれてます。( ̄ー ̄)v ダラダラひっぱらないで、なかなかテンポよくストーリーが展開するので飽き..
Weblog: 変態博士 Dr.デュランデュランの異常な愛情
Tracked: 2006-06-04 04:21

SFホラーの傑作
Excerpt: ヒドゥン[THE HIDDEN] 1987年/アメリカ 監督:ジャック・ショルダー 出演:カイル・マクラクラン エド・オロス クルー・ギャラガー クリス・マルケイ ちらっとダニ..
Weblog: krock@555
Tracked: 2006-06-04 15:05

ヒドゥン
Excerpt: 1987年米 カイル・マクラクラン主演[:拍手:] 実は、カイル様も大好きです。特にこのヒドゥンでは[:ラブ:] 初めて観たとき「萌えーーー」でした[:豚:] 内容は人体に寄生し、体を乗っ取..
Weblog: オタク部屋
Tracked: 2006-06-05 00:11

ヒドゥン(1987)
Excerpt: ノンストップ・アクションSF、知る人ぞ知る、カルトSFの1つ。数回映画館で見てしまいました。そのスピード感、無駄のない展開、ジェットコースターの様。イスにしがみついたまま、息つく暇もなくクライマックス..
Weblog: ORGANIC STONE
Tracked: 2006-07-26 23:21

ヒドゥン
Excerpt: 監督 ジャック・ショルダー 出演 カイル・マクラクラン、マイケル・ヌーリー、クラウディア・クリスチャン、エド・オロス 製作年 1987年 時間 97分 ロサンゼルスで白昼堂々と単独犯での銀行強..
Weblog: Ossan's Blog
Tracked: 2007-02-08 19:49

ヒドゥン
Excerpt: 監督 ジャック・ショルダー 出演 カイル・マクラクラン、マイケル・ヌーリー、クラウディア・クリスチャン、エド・オロス 製作年 1987年 時間 97分 ロサンゼルスで白昼堂々と単独犯での銀行強..
Weblog: Ossan's Blog
Tracked: 2007-02-22 15:33

ヒドゥン(1987)
Excerpt: 監督 ジャック・ショルダー 出演 カイル・マクラクラン、マイケル・ヌーリー、クラウディア・クリスチャン、エド・オロス 製作年 1987年 時間  97分 原題 The Hidden ロサンゼル..
Weblog: 映画・DVD・動画 おっさんのブログ
Tracked: 2007-03-19 23:52

ヒドゥン
Excerpt: カイル・マクラクランという俳優をご存知だろうか…。アメリカのテレビドラマ『ツインピークス』のクーパーFBI捜査官の役で一躍その名を世界に知らしめた二枚目俳優だ。日本でも缶コーヒー「ジョージア」のCMに..
Weblog: 不機嫌なハウスワイフ 〜日常、映画ときどきアメリカ〜
Tracked: 2007-04-28 02:24

1.理想の機器
Excerpt: 映画館に行かなくても迫力の映画が見れたら。。。 凄い映画館にはかなわなくてもしょぼい映画館で 映画見るぐらいだったら家でゆっくりと楽しみたい。 おっさんは映画が大好きなのでちょっと考えてみた。 画面に..
Weblog: オーディオ・映画・DVD おっさんのブログ
Tracked: 2008-06-12 12:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。