2011年02月19日

ミレニアム2 火と戯れる女 (Flickan som lekte med elden)

監督 ダニエル・アルフレッドソン 主演 ミカエル・ニクヴィスト
2009年 スウェーデン/デンマーク/ドイツ映画 130分 サスペンス 採点★★

多少込み入った物語で迷子になっても、本ならちょちょいとページを戻してみたり、巻頭の人物紹介を読めば概ね解決できますが、映画はそうもいきませんよねぇ。それを解決するのが演出力だったり脚本の構成力だったりするんですが、その辺が乏しいと私みたいに集中力に欠けた人間はすぐ迷子に。

milt2.jpg

【ストーリー】
少女売春組織の実態に迫る特集記事の準備を進めていた記者2人が、何者かに殺害される事件が発生。現場には、リスベットの指紋が付いた銃が残されていた。また、その銃でリスベットの後見人も殺害されていた。濡れ衣を着せられ指名手配されたリスベットは、独自に調査を開始するが…。

milt3.jpg

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』に続いて映像化された、ベストセラー三部作の第二弾。
少女売春組織が絡む事件を発端に、リスベットの出生にまつわる因縁が明らかになってくる本作。相変わらず見慣れぬ顔と聞き慣れぬ名前が序盤からドバドバ出て来ちゃうので、状況整理にひと苦労を強いられる。「あれ?さっきのハゲとこのハゲって、別人だったっけ?」と、似たり寄ったりの人物ばかりが出てくるのも、なかなかに辛い。原作ファンであれば問題ないのであろうが、一本の映画として整理されているとは到底言い難い脚本構成もアレで、結局のところ何でこんな大事になっちゃったのか、すっかり迷子になることこの上なし。例によってセンセーショナルな題材を多く取り扱ってもいるが、別段本筋に絡むわけでもなくセンセーショナルを着飾っているだけの感も強い。また、ミステリーの仕掛けや糸口も、キャラ設定に頼り切っている印象も。まぁ、それでも演出にメリハリが効いていれば、刺激的な物語だけでも堪能できたんでしょうけど、如何せん演出も平板極まりないので、そこもまた残念で。
作品自体は残念な感じではあるものの、相変わらずキャラクターの魅力は十分。クレジット上はトップにいるミカエルは、事件の後を追っかけているだけでさっぱり活躍をしないものの、先ごろ公開予定日も決定した『エイリアン』の前日譚のヒロインに大抜擢された、リスベットに扮するノオミ・ラパスや、当初はドルフ・ラングレンが予定されていた金髪の大男など、キャラクターの魅力が随分と救ってくれている感じが。

milt1.jpg
無口な大男ってだけで、なんとも可愛らしく見えてしまう

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 00:56 | Comment(2) | TrackBack(23) | 前にも観たアレ■ま行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
原作読了派なもんですから、迷子にもならず、構成力の貧弱さもあまり気にならず、いい具合に削いだなあ・・と見ることができました。
といっても、やっぱ本の力は圧倒的で、ぜひとも機会があったら読んでいただきたいほど!去年読んだ本の中で、最高の面白さでした。
読み終わって、本当は4部、5部続くはずが、作者の急死でもう読めないなんて!!!!悔しい!!と思ったほどでしたわ。
ドルフ・ラングレンだったんすか!そっちでもいいかも。
Posted by sakurai at 2011年02月19日 20:19
sakurai様、こんにちは!
「面白いよ!」とオススメされる本が結構多くて追い付いてないんですが、いずれ機会があったら^^;
金髪の大男が雰囲気的にもラングレンっぽかったんで、是非やって欲しかったですねぇ。
Posted by たお at 2011年02月20日 09:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: 原題 FLICKAN SOM LEKTE MED ELDEN/THE GIRL WHO PLAYED WITH FIRE 製作年度 2009年 製作国・地域 スウェーデン/デンマーク/ドイツ ..
Weblog: to Heart
Tracked: 2011-02-19 18:40

ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: ぐいぐいと進む話の展開に目が離せない!!
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2011-02-19 20:19

「ミレニアム」 ベストセラー誕生の裏側
Excerpt: スティーグ・ラーソン氏と「ミレニアム」について
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2011-02-19 20:20

ミレニアム2 火と戯れる女☆独り言
Excerpt: 原作を読み終わってからの鑑賞です。脳内補完しているせいか、かなりはしょっても平気(え?)あれから1年、リスベットは消息明。ミカエルはミレニアムから少女売春組織を告発すべく特集号の発行準備を進めていた。..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2011-02-19 20:56

ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: 全世界で大ヒットしたスティーグ・ラーソンの「ミレニアム」3部作を映画化した第2弾。少女売春組織の調査をしていた雑誌ミレニアムの記者が殺され、その犯人としてリスベットが疑われる。彼女を信じて助けるミカエ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2011-02-19 21:11

ミレニアム2火と戯れる女
Excerpt: スウエーデン製のサスペンス映画のパート2。パート3と連続公開されるので、2日続けて2作を鑑賞しました。今回はパート2。パート1「ドラゴン・タトゥーの女」はリスベットとミ...
Weblog: がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記
Tracked: 2011-02-19 22:19

ミレニアム2 火と戯れる女■リスベットと...
Excerpt: 「ドラゴン・タトゥーの女」から3日後に「火と戯れる女」を見る。今年100本目の映画。原作を先に読んでいると映画化作品には不満を持ってしまうのであり、これも例外ではないが、次...
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2011-02-19 22:51

「ミレニアム」の魅力を支えるリスベットを...
Excerpt: ハンニバル・レクターが異端のヒーローだとすれば、異端のヒロインはリスベット・サランデルであろう。小説「ミレニアム」の面白さは、何よりもリスベットの魅力が支えているといっ...
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2011-02-19 22:52

『ミレニアム2 火と戯れる女』はパート3に続くよ。
Excerpt:  8月のようにたまって取り返しがつかない事になる前に感想書いて行きますよ。  今回は当ブログでも取り扱った『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』の続編『ミレニアム2 火と戯れる女』の感想でご..
Weblog: かろうじてインターネット
Tracked: 2011-02-19 23:47

ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: 作者の死後に発行され、世界中でベストセラーとなった傑作ミステリー 『ミレニアム』3部作を映画化したスウェーデン発のミステリー映画。 本作はその第二弾。 連続殺人事件の容疑者として濡れ衣を着せられた..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2011-02-20 00:13

ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: 2010年9月22日(水) 18:00〜 チネ10 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:600円(買っていない) 『ミレニアム2 火と戯れる女』公式サイト 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2011-02-20 05:10

ミレニアム2 火と戯れる女/Millenium2 TheGirl WhoPlayedwithFire
Excerpt: 世界中で大ベストセラーとなった、 スティーグ・ラーソン原作の傑作ミステリー3部作を映画化した2作目 今年1月に公開された前作は、普通に面白かったってくらいで、続きが気になる!! ってほどじゃ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2011-02-20 09:45

ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: 先日WOWOWで放送してた『ミレニアム』の特集番組と1作目を観て以来楽しみにしていた『ミレニアム2 火と戯れる女』を観てきました。 ★★★★ 原作は物凄い大ベストセラーなのだそうで、ハリウッドリメイ..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2011-02-20 13:27

「ミレニアム2 火と戯れる女」
Excerpt: 「Flickan som lekte med elden」…aka「The Girl Who Played with Fire」2009 スエーデン/デンマーク/ドイツ ミカエルにミカエル・..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2011-02-20 17:05

【映画】ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: <ミレニアム2 火と戯れる女 を観て来ました> 原題:Millenium 2: The Girl Who Played with Fire 製作:2010年スウェーデン ランキング参加中 ヤ..
Weblog: ★紅茶屋ロンド★
Tracked: 2011-02-20 23:45

ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: ■ シネマライズにて鑑賞ミレニアム2 火と戯れる女/FLICKAN SOM LEKTE MED ELDEN 2009年/スウェーデン、デンマーク、ドイツ/130分 監督: ダニエル・アルフレッドソ..
Weblog: 映画三昧、活字中毒
Tracked: 2011-02-21 00:29

10-280「ミレニアム2 火と戯れる女」(スウェーデン)
Excerpt: 追い詰めただけで満足   鼻ピアスに全身タトゥーの華奢な天才ハッカー、リスベットの協力でヴァンゲル家事件を解決し、晴れて月刊誌『ミレニアム』への復帰を果たした社会派ジャーナリスト、ミカエル。事件以来..
Weblog: CINECHANが観た映画について
Tracked: 2011-02-21 01:44

ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: スウェーデンのベスオセラー小説「ミレニアム」の映画化第2弾です。 前作から1年後のリスベットとミカエルを中心に連続殺人事件を追っていくと聞いて、 怖いけれど観たいなあと思っていました。 リスベットらし..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2011-02-21 22:22

ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: ジャーナリストのミカエルと天才ハッカーのリスベットがヴァンゲル家の事件を解決してから1年。 少女売春組織を追っていた雑誌「ミレニアム」のジャーナリストが殺害され、現場には消息不明だったリスベットの指紋..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2011-02-22 20:08

ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: 《ミレニアム2 火と戯れる女》 2009年 スウェーデン/デンマーク/ドイツ映画
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2011-02-24 22:08

ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: 今日はスウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの大ベストセラー小説の映画化作品であり、現在ハリウッドでデヴィッド・フィンチャー監督によるリメイク企画が進行中の『ミレニアム』シリーズ第2弾『ミレ..
Weblog: シネマ名画座
Tracked: 2011-02-27 23:48

ミレニアム2 火と戯れる女
Excerpt: (原題:FLICKAN SOM LEKTE MED ELDEN) 【2009年・スウェーデン/デンマーク/ドイツ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 処女作である本作が出版される前に、作者であるスティーグ・ラ..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2011-03-07 01:31

「ミレニアム2火と戯れる女」(2009)
Excerpt: 大金を手に隠遁出来たはずのリスベットは、今作でも安全な場所に居ない。 彼女の抱える問題が金銭で解決しないからだ。 幼いリスペットが、人の乗った車に火をつけて中から生きたまま火だるまの男が転がり出てくる..
Weblog: INUNEKO
Tracked: 2011-06-23 14:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。