2006年05月19日

ダウン (Down)

監督 ディック・マース 主演 ジェームズ・マーシャル
2001年 オランダ/アメリカ映画 111分 ホラー 採点★★★

エレベーターで遭った怖い目といえば、どう見ても刀傷としか思えない深い傷跡を無数に頭に刻んだ大きな人と二人きりだったことくらいしか思い出せませんが、エレベーターでのたまらなく怖いシーンがある映画って結構多いですよね。ざっと思い出すだけでも、『ゾンビ』『オーメン2/ダミアン』『サスペリア2』『殺しのドレス』『氷の微笑』などなど。なかなかの傑作揃いで。じゃあ、機械が意思を持って人間を襲う映画といえば、『マングラー』『地獄のデビルズトラック』『殺人ブルドーザー』……。んー、どれもこれもまぁアレでしたね

【ストーリー】
ニューヨークの高層ビル“ミレニアム・ビル”のエレベーターで次々と悲惨な事故が起こる。まるでエレベーターが殺意を持ったかのような不審な事故を、エレベーター技師のマークと新聞記者のジェニファーが独自に調査を始める。

dow2.jpg

今ではポール・ヴァーホーヴェンの影に隠れる形となってしまっているが、オランダ映画界きっての娯楽派ディック・マースが自身の処女作『悪魔の密室』をセルフリメイク。ハリウッド映画らしく、機械が凶行を引き起こした原因を明確にしてしまったがためにオリジナルにあった冷たい不気味さこそなくなってしまったが、デビュー当初から作品に活かし続けられている独自のユーモア感覚は健在。一風変わった作品となっている。
ちびっ子のわんぱくアドベンチャーかの『小さな目撃者』が、女の子を主人公としておきながら意外に残忍なサスペンスアクションとなっていたのと同様、甘ったれたハリウッドルールに慣らされてしまった目には驚く展開もしばしば。ハリウッド映画じゃ子供は大抵死にませんからねぇ。
笑っている最中に残忍なシーンへと展開したり、緊迫感の溢れるシーンにベタなギャグをしゃあしゃあと挿入したりとオランダ流。飽きさせない展開だけに、本来のテーマ“なぜ機械が?”ってとこに意外性がないのが残念。せめて、偶然コウモリが突っ込んで、偶然作業員が怪我したおかげで血の味を覚えた為に、偶然黒魔術が成立してしまった殺人プレス機並にムチャな驚きが欲しかったところですが。

dow3.jpg

ツイン・ピークス』でバイクで旅に出たっきり行方知らずだったジェームズ君が堂々と主役。元海兵隊員という設定ですが、ジャック・ニコルソンに逆らったから除隊ですか?エレベーターが苦手というナオミ・ワッツも、当時まだ売り込みに必死だったようで、やたらとボディラインを強調。どうにも彼女の醸し出す“安っぽさ”が苦手なんですが、今回はキャラ設定が安っぽいのでセーフ。そんな彼女も、今では巨大猿の恋人まで出世したんだから大したものですね。

dow1.jpg
エレベーターといえば首がもげるのが基本

↓↓ぽちりとお願いします↓↓
人気blogランキングへ

        


posted by たお at 01:46 | Comment(4) | TrackBack(8) | 前にも観たアレ■た行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
今ごろこの映画でTBをいただけるとは!
映画館に観に行きました。プレスシートをパンフレットと称して売ってました・・・。

とにかく、TPのジェームズ君が懐かしかったです。
Posted by kino at 2006年05月20日 15:27
kino様こちらにもありがとうございます!!
ふらりと旅立ってしまったジェームズ君が、なんとなくゲイ風味増量で帰ってきたような気がするのは気のせいでしょうか?
Posted by たお at 2006年05月20日 15:42
TB、ありがとうございます。

黒魔術、ツボでした。(笑
Posted by at 2006年05月22日 09:08
松様こんばんは!
コメント&TBありがとうございます!!
もう、そのくらいのおもいきりが欲しかったですよねw
Posted by たお at 2006年05月23日 02:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

恐怖のエレベーター 「ダウン」
Excerpt: 今日、会社のエレベーターが不気味でした。 まず、1階で私も含め5人ほどが待っていて、 さぁ、乗ろうとしたら、扉がノロノロと開くのです。 (映画なら、中から死体かなんか出てくるところです。) 男性が”な..
Weblog: 目の中のリンゴ
Tracked: 2006-05-20 15:28

「ダウン」
Excerpt: 近所の中古屋さんで手に入れました! ほぼ映画1回みる値段でDVDが買えるわけで。 ・・・映画の内容がたとえどんなにとんでもなくても、腹も立ちません。映画1回分で譲治さんの吹替えしている映画を何度で..
Weblog: 夜の散歩
Tracked: 2006-05-20 15:57

ダウン
Excerpt: こないだエレベータの恐怖について書いたので 今日はエレベータの映画を紹介してみる。 恐怖の殺人エレベータ。 ..
Weblog: h
Tracked: 2006-05-20 21:56

ダウン DOWN
Excerpt: CATVで観ました。 原因不明の死亡事故が続出するエレベーターの恐怖を描いたパニック・ホラー。   主演はナオミ・ワッツ。    子供の頃、エレベーターに閉じ込められ..
Weblog: 色即是空日記+α
Tracked: 2006-05-21 02:39

ナオミ・ワッツ Naomi Watts
Excerpt: バイオグラフィー生年月日:1968年9月28日出身地:英国ショアハムイギリス生まれだが、14歳の時にオーストラリアに移住、シドニーの演劇学校で演技を学ぶ。 父のピーター・ワッツはピンク・フロイドのサウ..
Weblog: 映画DB
Tracked: 2006-05-21 03:57

「ダウン」
Excerpt: ハピネット・ピクチャーズ ダウン DOWN~スペシャル・エディション~ 【真夏の夜のホラー特集】さて本日は予告通り「リメイクした作品」。 アメリカ作品「ダウン」であります。 ..
Weblog: こだわりの館blog版
Tracked: 2006-05-21 10:57

6/18(土) ダウン
Excerpt: 録画しておいた「ダウン」を鑑賞。 公開時のキャッチコピーが 「それでもあなたは乗りますか? エレベーターが人を襲う 垂直落下型ショッキング・ホラー!」 いやあ〜、ものすごく面白かったです。 ばかば..
Weblog: 「高橋祐太・脚本家ページ(仮)」のつぶや記
Tracked: 2006-05-22 00:40

ダウン
Excerpt: この映画、謎だらけです。ここまでワケワカラン映画は初めてかもしれません。 まぁ、細かい事を言いだすと原稿用紙が何枚必要なのかわからんほど謎だらけなんですが、いくつか挙げると・・・ エレベー..
Weblog: Drifting Clouds
Tracked: 2006-05-22 09:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。