2010年12月28日

インビジブル・ターゲット (男兒本色)

監督 ベニー・チャン 主演 ニコラス・ツェー
2007年 香港映画 129分 アクション 採点★★★★

世代交代ってのはどんな世界でも起こっているんですが、実際映画を観ていたり音楽を聴いていたりしてる分には、あんまり私自身は感じないことも。「ランボーはいいなぁ、ランボーは!」「やっぱ、カジャと言ったらグーグーだよなぁ」と、相変わらず同じ映画や音楽ばかり楽しんでいる。んー…受け手である私ごと世代交代がとっくに進んじゃってるようですねぇ。

inta1.jpg

【ストーリー】
強盗事件の巻き添えになり婚約者を失ったチャン刑事、同じ犯罪グループの襲撃に遭い大きな屈辱を味わったフォン警部補、行方不明の兄がその犯罪グループの一員であると疑われるワイ巡査。それぞれ同じ犯罪グループを追う3人は、やがて協力し合い犯人を追うのだが…。

inta5.jpg

香港国際警察/NEW POLICE STORY』『コネクテッド』のベニー・チャンによる、香港アクション映画の底力をまざまざと見せつける快作。
「ジャッキー・チェンがいなくなったら、香港アクションはどうなっちゃうんだろう…」と、ファンなら誰もが思う不安を一気に払拭する本作。下手に次世代ぶって過剰な映像処理などに頼らず、「面白い物語と、身体を張った息をのむアクションをきちんとまとめ上げれば観客は満足する!」と言わんばかりに、基本に忠実な姿勢で作り上げられている。アクションと笑いと涙のブレンド具合も非常に良く、これまでの香港映画の集大成を観ているような感じも。それ故にか、世代交代による“新しい流れ”といった類はあまり感じられないのだが、しっかりと土台を固めたうえで出発しようとする意気込みが感じられる。
主役3人のそれぞれの物語から始まり、それらが融合し事件の全体像が見えてくるという盛り込まれたストーリー数は多く、その為かランニングタイムもアクション映画としてはやや長めの2時間越えとなっているのだが、先に挙げたアクション・笑い・涙のブレンド具合と、ラストでほっこりさせる全体バランスが良いため緩急が生まれ、ストーリーも停滞することなく矢継ぎ早に進むため、全く飽きる事がない。それはもちろん題材をきちんと消化したベニー・チャンの手腕によるものも大きいのだが、容赦のないアクションの数々を全速力で演じる役者が生み出すスピードが、作品にスピード感を与えた結果であるとも言える。

inta4.jpg

主役の3人に扮するのは、『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』で赤ドニーと緑ドニーを演じたニコラス・ツェーとショーン・ユーに、ジャッキー・チェンの御曹司ジェイシー・チェン。それぞれが“ハンサム・坊主・良い子”と分かり易いキャラ分担と、“怒り・笑い・涙”とこれまた分かり易い見せ場分担をしているので、グループ主人公ものでありがちな「コイツ、正直いらないんじゃね?」って問題が起こらない。また、役者としての仕事振りを知らなかった分、観る前は正直不安だったジェイシーも、自然と醸し出されるボンボン臭と父親譲りのワタワタ演技が功を奏し、役柄としっかりマッチ。顔を真っ赤にして戦う顔は父親ソックリで、そんなジェイシーを中心に観ると、他の二人がだんだんサモ・ハンとユン・ピョウに見えてくるから不思議。もちろん顔がじゃなくて、キャラがですけど。
一方、そんな3人が束になっても敵わない絶対的な強さを誇る悪役に扮するのが、『SPL/狼よ静かに死ね』でドニー・イェンを相手に一歩も引かない見事な戦いを見せたウー・ジン。自身に満ち溢れたそのふてぶてしい面構えになるのも納得してしまう、強烈な足技を披露。まさに本物のカンフースターの凄味で、その圧倒的な強さが本作をビシリと引き締めている。
ニコラス・ツェー、ショーン・ユー、ウー・ジンというドニー道場経験者3人に、ジャッキー遺伝子を持つジェイシーを含めた4人が見せるアクションの数々は、どれも息を飲むレベル。合間合間に挟まれる本人らによるスタントも、安全第一の限界線に挑むハイレベルな代物。アイドルだろうが御曹司だろうが、アクション映画に出る限りはしっかりと身体を作り上げ、鍛錬を重ねる、まさに“基本に忠実”な本作。先ごろ「壁走ったりするやつとか全部、自分でやりましたー」とあちこちで宣伝しまくる邦画があったが、そこは売りにする場所じゃないんじゃないのかなと。スタント使おうが使わまいが、ワイヤーだろうがCGだろうが、それは面白い映画を作るための手段の一つでしかないんだし、その手段が面白さの大部分を占めるなら、それだけのものを見せてくれと。

inta3.jpg
唯一足りないお色気は、これでなんとかカバー

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 02:34 | Comment(0) | TrackBack(7) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

インビジブル・ターゲット 男兒本色
Excerpt: 怒涛の香港アクション!冒頭から爆弾が炸裂し、その後も1対1の格闘アクションに銃撃戦、カーチェイスと息をつく暇もないほどの展開。最初は129分で「うわっ、長尺だなー」と思って...
Weblog: まてぃの徒然映画+雑記
Tracked: 2010-12-28 21:53

インビジブル・ターゲット
Excerpt: それぞれの事情を抱える香港警察の若き3人の警察官が、現金輸送車 襲撃事件の犯人グループを追うポリス・アクション。現金輸送車襲撃事件に巻き込まれ、最愛の婚約者を失ったチャン刑事、 怪しい車を停止させて職..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-12-30 01:10

インビジブル・ターゲット
Excerpt: (原題:男兒本色/INVISIBLE TARGET) 【2007年・香港】試写で鑑賞(★★★★☆) 3人の警察官が凶悪な爆破強盗団に挑んでいくポリス・アクション映画。 香港の繁華街で白昼堂々現金輸..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2010-12-30 02:47

「インビジブル・ターゲット」
Excerpt: 「インビジブル・ターゲット」新宿シネマスクエアとうきゅうで鑑賞 2007年/香港 原題/男兒本色(一人前の男本来の姿 翻訳機による翻訳) 漢字読んでも思っていたものと意味違うものですね。 で..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2011-01-02 23:16

『インビジブル・ターゲット』
Excerpt: DVDインビジブル・ターゲットDTSコレクターズ・エディション(2008年12月21日発売)東京国際映画祭の中でやっている香港映画祭出品作品のひとつ、ニコラス・ツェー、ジェイシー・チェン...
Weblog: Cinema+Sweets=∞
Tracked: 2011-01-10 14:20

230「インビジブル・ターゲット」(香港)
Excerpt: 復讐は正義じゃない!  香港の繁華街で現金輸送車襲撃事件が発生する。犯人は大量の火薬を使用し、その爆発によって香港警察のチャン刑事の婚約者も巻き添えとなって命を落としてしまう。犯人に復讐を誓うチャン..
Weblog: CINECHANが観た映画について
Tracked: 2011-01-22 12:13

インビジブル・ターゲット
Excerpt: 2011年3月31日(木) 19:20〜 シネマヴェーラ渋谷 料金:0円(二本立ての二本目) インビジブル・ターゲット DTS コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]出版社/メーカー: ..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2011-04-01 16:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。