2010年12月24日

必殺処刑人 (Outlaw)

監督 ニック・ラヴ 主演 ショーン・ビーン
2007年 イギリス映画 106分 アクション 採点★★★

考えてみれば、“必殺”っておっかない言葉ですねぇ。必ず殺すですよ、必ず。子供の頃、安易に「必殺技だー!ビビビビビー!」とか言っちゃってましたけど、必ず殺さなきゃなんなかったんですねぇ、必殺と言ったからには。TVヒーローとかが「食らえ!必殺技だー!」とか言いますが、食らった相手は必ず死んでるんですから、その技がどんなものなのか誰も分からないってこどですよね?怖い言葉だなぁ、必殺って

oula1.jpg

【ストーリー】
妻に家を締め出された帰還兵、麻薬組織に妊娠中の妻を殺された弁護士、不当な暴力に怯える会社員ら5人は、いつしか集まり法で裁けぬ悪人を処刑する闇の処刑グループを結成する。警察内部の協力を得ながら麻薬組織のボスに狙いを定めた彼らだったのだが…。

oula3.jpg

法をかいくぐり、時に法を悪用し世に蔓延る悪への怒り、暴力そのものへの嫌悪と誘惑。言いたい事は良く分かるのだが、描き方がさっぱりなっていないアクション映画。素人が下手に手を出すと痛い目に遭う手ぶれカメラワークも、イライラする以外の効果なし。ただただ重苦しいだけで変化のないサントラも、同様。実際に起きた事件と『ミュンヘン』に影響を受けたらしいが、その辺が感じ取れるのは手際の悪さからのみ。
処刑人となる経緯も、妻子を殺された弁護士と、妻に追い出されて面白くない帰還兵、チンピラに一回殴られた会社員とでは動機の重さが全く釣り合わず、そのバランスの合わないチーム具合がそのまんま作品バランスの悪さに。まぁ、意図してかせずかは不明だが、作品の短絡さとチーム結成から犯行までの短絡さが絶妙にリンクして、妙な臨場感は生まれておりましたが。
これでキャラクターにでも面白味があれば救われるのであるが、作品に箔を付けるためだけに出てきたような『ハリウッドランド』『ダニー・ザ・ドッグ』のボブ・ホスキンスにも、「ダン・エイクロイドかトム・ハンクス親子に似てるなぁ」と思いつつも、最終的に山崎邦正にしか見えなくなる『ミーン・マシーン』のダニー・ダイアも魅力に乏しく、なんともかんとも絶望的な気分に。

oula2.jpg

ところがどっこい、アノ人がいる。そう、ショーン・ビーンが。ショーンが可能な範囲を救ってくれる。撮影時期が『ヒッチャー』と重なったからか、短く刈り込んだ如何にも“やりそうな”雰囲気で登場するショーン。顔つきが違います。期待大です。ところが戦場から意気揚々と自宅に帰るショーンですが、家に入れません。カギ変えられてます。部屋で奥さん別な男と乳繰り合ってます。初っ端から、この調子です。安心しました
無言でその場から立ち去るショーンですが、いつの間にか妻への怒りが社会全体への怒りにすり替わってます。それが処刑人軍団結成へと繋がるんですが、他人の入れ知恵です。主体性がありません。主体性のないままリーダーへと祭り上げられてしまうので、時々不安になるようです。警察が現れると心底ドキドキしています。眼が思いっきり泳いでいます。でも、警察が逮捕しに来たわけじゃないと知ると、途端に安心します。心情が手に取るように分かる良い演技です。警察も味方に付けリーダーとしての株が上がったかのように思えたショーンですが、最初の仕事から大失敗をかまします。さすがです。言葉を失いかけました
本作に於けるショーンのほんのさわりだけ触れましたが、最後までこの調子です。とことん詰めが甘いです。“詰めが甘い”って、ショーンに対する褒め言葉のような気もしてきました。頑張れば頑張るほど救われず、最後の最後にドカンとしてやられるショーン。そんな“観たい”ショーンを腹いっぱい観れたんで、文句無しで★2つオマケ。文句は言わせません

oula4.jpg
自分ではもうちょっとやれると思ってた

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 00:50 | Comment(10) | TrackBack(3) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんメリークリスマスッす♪

いやぁ、まいりましたよ。コレには。
ショーン・ビーンに釣られ、ジャケ借りしてやっちまった感ありありの脱力感と
たおさんおっしゃる「“詰めが甘い”」だらけのシナリオに、キャラが確立してない俳優陣。
無駄に上手いボブ・ホスキンスなんか
何しに出てたんだろうって感じだし。
話が進めば進むほど、絶望的な気分になってしまいました。
いや、内容じゃなく、その素人くささに。

ほんっとうに、この映画を観終わった時は
「出る映画はちゃんと検討しようよ、ショーン・・・・。」
って思いました。とほほ。
Posted by かえる星人 at 2010年12月24日 22:58
かえる星人さま、こんばんはー!
映画としては、どうしようもないレベル。ダメセガール映画の演出にも似た、素人臭さ満載で、「オマエ、よくそんな実力でこれだけの顔ぶれ集めたな?」と言いたくなる作品。
ホント、作品をもっと慎重にショーンには選んで欲しいと思いつつも、ここまで詰めの甘いキャラばかり演じているのを観ちゃうと、それはそれで「選んでるんじゃないのか?」と思ってしまうほどです^^;
Posted by たお at 2010年12月25日 01:25
テーマとキャストは悪くないんですけどねぇ・・・
何でこうなっちゃったんだろう?
イヤ、こんなヘタレな作品だからこそ、ショーンらしさが輝いちゃう?
この邦題も、間違ってると思うけれど、ある意味“ダメな感じ”がピッタリなのかも・・・(^^ゞ
Posted by 哀生龍 at 2010年12月25日 12:32
哀生龍さま、こんばんは〜♪
>何でこうなっちゃったんだろう?
そりゃぁもう、監督に才能がないから。。。
こんな作品に出てしまうショーンの作品選びを嘆くのも良し、こんな作品でも一所懸命底上げに頑張る姿勢を褒めるも良し。
ただまぁ、作品自体は褒めれた代物じゃないw

Posted by たお at 2010年12月25日 20:14
>“詰めが甘い”って、ショーンに対する褒め言葉のような気もしてきました

……( ̄皿 ̄;……

注釈:↑ズバリと図星を突かれてしまい、グゥの音も出ない様を表す顔文字。
Posted by 豆酢 at 2010年12月26日 21:47
豆酢さま、こんにちはー!
そこを褒めでもしない限り、全く観る所のない作品でしたしねぇ^^;
Posted by たお at 2010年12月27日 15:58
どうもお久しぶりです。遅まきながら復帰おめでとうございます。
この話、必殺と言いながら最後に一人だけ殺したような記憶があるんですが。(それもS・ビーン氏が行なっていない・・・)。暗殺者になるまでの躊躇と禁忌を踏み出すまでの話と考えればそれなりなんでしょうが、やっぱりバランスの悪い映画でしたね。
ビーン氏、ホント作品選ぼうよ・・・・^^;
Posted by 座敷童 at 2010年12月27日 22:55
イライラ度の高い中で、ショーンのために何とか良い所をと探しながら見た作品でした〜。
>ここまで詰めの甘いキャラばかり演じているのを観ちゃうと、それはそれで「選んでるんじゃないのか?」と思ってしまうほど
あ、実は私もちょっとそう思い・・(^^;
つくづく、何度も見たくなる作品に出て欲しいと願うばかりです。
Posted by りどる at 2010年12月28日 05:50
座敷童さま、ご無沙汰しておりましたー!
まぁ、休んでたというか復帰というよりは、記事と記事の間が2年ばかり空いちゃったってのが真相ですが、最近は真面目に書いてます。内容は真面目じゃないですが。
なんか、コメントばかりがたまってくる作品ですねぇ。それも、みんな褒めてない。まぁ、実際褒め所のない作品ですけど。
ショーンの作品選びの下手さが出ちゃってるんですが、下手すると狙ってるかもしれないので油断できません。
Posted by たお at 2010年12月28日 16:00
りどる様、こんにちはー!
ほら!選んでると思われ始めちゃってますよ、ショーン!ここらで一発「こんなショーン映画を待っていた!」みたいな作品に出ないと、“ショーン映画”ってジャンルが出来ちゃいますよ!見てますか、ショーン?
Posted by たお at 2010年12月28日 16:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

OUTLAW
Excerpt: 戦地イラクから戻ったブライアント(ショーン・ビーン)は、家の鍵が替えられていたため窓から覗いてみた。 すると妻が身知らぬ男と暮らしているではないか。 やりきれない思いを胸に、ホテル暮らしを始める。 監..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2010-12-25 12:21

豆酢館C級映画館にぶちこんでやるぅ―「必殺処刑人」
Excerpt: 実は館長、ちまたでは非難轟々のアクション映画「処刑人」シリーズ(トロイ・ダフィー監督)が密かに大好きだったりします(笑)。いやー、かのブロンソン兄貴の必殺マグナムシリーズからこっち、処刑人映画(笑)は..
Weblog: 新・豆酢館
Tracked: 2010-12-26 12:47

「必殺処刑人」
Excerpt: 映画DVD 「必殺処刑人」 OUTLAW             ニック・ラブ監督 2007年 イギリス 前評判がいまいちな事は知っていたので、期待せずに見て『思ったよりは・・・』という私ですが..
Weblog: ここはここ
Tracked: 2010-12-28 05:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。