2010年12月20日

ザ・ロード (The Road)

監督 ジョン・ヒルコート 主演 ヴィゴ・モーテンセン
2009年 アメリカ映画 112分 ドラマ 採点★★★★

親が子供を殺すニュースほど、聞いていて陰鬱な気分になるものはないですねぇ。“子供は親の所有物である”を前提にしたかのような罰の軽さも、その気分を一層増させるものです。確かに親は子供を養い、守り、導く義務があるんですけど、それが子供の先行きを好きにしていいって理由にはならない。いつも思うんですが、その義務が子供を殺したくなるほど嫌ならさっさと捨てて、育ててくれる人に頼めと。殺されるより全然幸せだと。“血筋”のみが親子を成しているんじゃないんだと。

thro1.jpg

【ストーリー】
文明も自然も崩壊した死にゆく大地を、一組の父子がひたすら南を目指し歩き続ける。満足な食料も水もない中、父親は寒さと飢えと人肉を求め彷徨う暴徒らから息子を守りながら、ひたすらに歩き続ける。

thro5.jpg

『ノーカントリー』のコーマック・マッカーシーの原作を、『プロポジション -血の誓約-』のジョン・ヒルコートが映像化したドラマ。
世界を焼き払う炎が唯一の暖色である寒々しい色に統一された極限状態の中、父と子が目にした風景や出来事をそのまま映像化し、積み重ねていく中で父子の絆や親の役目、人間性の本質を浮かび上がらせていく本作。“父子の絆や親の役目、人間性の本質”と私は書いたが、それはあくまでこの映画から私が受け取った分かり易い一部分でしかない。「言いたい事はこれです!どうぞ!」と差し出される親切な作品ではなく、それぞれのシーンの余韻や空いた隙間を受け手自身が解釈し汲み取る必要がある作品に仕上がっている分、苦手な人は大いに苦手なタイプの映画であろうが、一つ一つの場面を自分に置き換えながら観賞することで、人それぞれ“何か一つ”強く胸に突き刺さる作品にもなっている。
ミスト』の父親同様に、愛する我が子が他の者の手にかかるくらいならば、自らの手で楽にすることを堅く誓う父親。その子供を愛する姿は胸を締めつけられるほどである一方、独善的でもある。“守るか死か”の二択。正しくもないが、間違ってもいない。一人歩きの出来ない子供に対する愛情として、賛同は出来ないが理解は出来る。しかし父親は、自らの死を意識することによって子供に対する接し方も変わって来る。子供も、父親の矛盾に気づくことで成長している。その成長した息子に、父親は自分亡き後の生きる術を教えようとする。子供が一人でこの荒れ果てた土地を歩いて行けるように。助けの求め方も一緒に。異常な状況下での物語であるが、これは現実社会となんら変わらない普遍的な物である。彼らに名前がないのも、ある特定の人物の特定の物語なのではなく、親子の普遍的な物語として描かれているからなのでは。親は自らの死を意識して初めて親としての役割を理解し、子は親の死をもって初めて大人となる。

thro3.jpg

人間性についても幾通りも解釈が出来る本作。“人を食べない=善 人を食べる=悪”。これは本作の父親が自分に課した善悪の基準でしかない。その父親も人を殺すが、それは“息子を守るため”という大義名分の上での善であると自分に言い聞かせている。では、もし襲い来る人喰いが家で待つ息子の為に襲いかかって来たのであれば、それは善になるのか?答えなんか出るわけはない。自分にとっての善が、相手にとっての善とは限らないのだから。共食いをしてまでも生き延びることや種を存続させることは生物として間違ってもいないし、“動物”ではなく“人間”として共食いを拒むのも間違っていない。
宗教的な寓話として解釈することもできる。聖書の言葉が用いられたり、教会が登場したり、唯一名乗る登場人物の名前(その名を聞いた父親の反応から伺う限り、本当の名前ではなさそうだが)が“イーライ”と聖書を彷彿させるものであることからそうなのだが、その反面、特定の神の名は出てこない。祈る対象も“みんな”であり、アーメンも言わない。ある特定の宗教的解釈を拒んでいるかのようでもある

thro2.jpg

なんともここまで“○○であり、○○でもある”と煮え切らない事ばかり書き連ねてしまったが、これだけはハッキリと断言できる。役者がどれもこれも素晴らしい
特に素晴らしいのは、やはり『ヒストリー・オブ・バイオレンス』『ゴッド・アーミー/悪の天使』のヴィゴ・モーテンセン。人間的弱さの上に父親という鎧を着たかのような、強さと弱さと矛盾と嘘と愛情がごっちゃになった象徴的父親像を見事に表現。全面的に正義のオーラを出す役者では演ずる事が出来ない役柄だけに、ヴィゴはまさに打ってつけであったのでは。『イースタン・プロミス』同様、アッパレなほどの脱ぎっぷりの良さを披露しますし。
また、本作における善行と優しさの象徴である息子役のコディ・スミット=マクフィーも、非常に印象的。こんな息子を遺せるなんて、ある意味父親冥利に尽きるとも。一方、回想シーンのみに登場し、幸福と混沌の時期をその顔色一つで表現した『イーオン・フラックス』『スタンドアップ』のシャーリーズ・セロンも良い。確かに回想シーンが多過ぎるような気もしたが、単調になりがちの本作のスパイスとしては効果的であった。
その他にも、信憑性はさて置き唯一名前のあるキャラクターとして登場する『ペナルティ・パパ』のロバート・デュヴァルは、短い登場時間ながらも親子のキャラクターを引き出す重要な役柄を演じ、作品中最も印象的なエピソードとして作り上げることに貢献。それにしても、男子の憧れナンバー1に違いないキルゴア中佐も、もう80歳になるんだぁ。そりゃあ私もこんな歳になっちゃうわけですねぇ。それはさて置き、最後にこの監督とは『プロポジション -血の誓約-』でも組んだ、ガイ・ピアース。自ら強烈な存在感を発するタイプじゃないだけに、主演であっても周りに喰われがちな彼だが、本作では一人ポツンと登場するのでそんな心配もなし。メイクを加え更に善悪アヤフヤな胡散臭さを漂わせただけに、息子最後の選択として非常に迷わせる役柄を好演。最後に救いがあるからまだいいのだが、あれがガイ・ピアースのみであったら、非常に不安な余韻のまま幕を閉じてしまっていたのでは。
プロポジション -血の誓約-』では脚本を書いたニック・ケイヴによる、作品の余韻をそのまま音にしたかのようなサントラも結構好みの出来。小説が原作ではあるものの、一つの曲を映像化したかのような印象も受ける本作だけに、サントラにそんな印象を強く受けたのかも。
こんな文末であれだが、似たような状況と景色からなにかと『ザ・ウォーカー』と比べられがちな本作。ただ、似てるのは景色だけで、語り口も語っている事もジャンルそのものもなにもかにも違う作品同士を比べても、なんにも出てこない気もしますが。

thro4.jpg
これが父と娘の物語だったら、こうはならない

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        

posted by たお at 02:38 | Comment(8) | TrackBack(37) | 前にも観たアレ■ら行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度 TB 感謝です

地味な作品ながら 深く考えさせられる
終末映画でした

主役の2人の演技の素晴らしさ
そして ロバート・デュヴァルがイイですね
Posted by リバー at 2010年12月20日 18:49
宿題をやってきたみたいなうれしさがあります!
世間様の評価は、いまいちですが、あたしもこっちは好きですわ。
ゾロアスター教みたいに二元論の世界で、ずるいっちゃ、ずるい作りですが、それを納得させるヴィゴお父さんと、その息子の存在でした。
この少年が、今度「ぼくのエリ・・」のリメイク版に出るようなンで、またお目にかかれると思います。
Posted by sakurai at 2010年12月21日 09:06
たおさん。こんにちは。

>親は自らの死を意識して初めて親としての役割を理解し、子は親の死をもって初めて大人となる。

正にそうですね。
もはやおじさんの分類にどっぷりの私です。
子供もいます。
どうしても、ヴィゴ・モーテンセンの目線で物語を共に見ていました。
すごく、共感できる部分が多く感じられた作品でしたよ。
Posted by de-nory at 2010年12月21日 12:40
リバー様、こんばんは!
終末映画というか、素晴らしい“子育て”映画でしたねぇ。ロバート・デュヴァルも基本いつも良いんですが、今回もアドリブを交えなかなかスリリングな役回りを好演してたのではと。
Posted by たお at 2010年12月21日 18:05
sakurai様、こんばんはー!
社会に出ると、常に矛盾に晒され、誘惑と苦難がいっぱいあるってのを映し出した作品でしたねぇ。
確かに二元論は逃げに使われてしまう場合もありますが、仮想の極限状態を用いて現実を映し出した今回は、この方法論が正しかったんじゃないのかなぁとも。
Posted by たお at 2010年12月21日 18:08
de-nory様、こんばんは!
長寿国だと、次世代がなかなか大人にならないってのが言われますけど、ホントそうなのかもしれないなぁと。いつか経験する親の死が、子供にとって重要な通過儀礼で、それを経験して初めて大人になる。で、それの繰り返し。そんなことを考えさせられましたねぇ。
Posted by たお at 2010年12月21日 18:11
こんばんは。

原作の方を先に読んでしまい、映画は未見です。
原作は傑作です。今のところ私のベスト1です。

ただし誰にでもお勧め出来るわけではではありません。
と言うのもただもう辛い。いろんな意味で。
何故なら、全編を覆う重苦しい雰囲気と暗く陰惨な内容が、
静謐で正確な描写で描かれ、しかもそんな内容なのに、
次に何があるのだろうと続きを読まずにはいられない。
読み終わるまで非常に辛かったです。
でも面白いからどんなに辛くても途中で放り出せない。
そしてそれをしのいでたどり着いたラスト一節の文章が、
あまりに深く美しくて、
会社の休憩時間に読んでたタリーズで、号泣しそうになりました。

このラストを読んで欲しいけど、多分途中をはしょったり飛ばしちゃうと、
これほど感動することは無いと思うので、皆には勧めにくい本です。くすん。

映画。
どうしようか、迷い中。
コーマック・マッカーシーの作品の映画化って
ちょっと肩透かし的なことが多いので。
二時間って枠に収める事に無理があるっていうか・・・。
Posted by かえる星人 at 2010年12月21日 22:24
かえる星人さま、こんにちはー!
原作は相も変わらず未読なので比較はできませんが(読んでても比較はし難いですが)、受けた印象は似たような感じなのかも。静かなのに騒々しく重々しい、でも胸を締め付ける感情に襲われる映画でしたねぇ。
Posted by たお at 2010年12月23日 09:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174177730

この記事へのトラックバック

ザ・ロード
Excerpt: コーマック・マッカーシーがピューリッツァー賞を受賞したベストセラー小説の映画化。突如襲った天変地異で文明が崩壊した後のアメリカで、ひたすら海を目指して旅する親子を描いたロードムービー。主演は『イースタ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-12-20 16:50

ザ・ロード・・・・・評価額1500円
Excerpt: 人類文明滅亡後の世界を舞台に、“神の言葉”を約束の地へ届けるために、果てしない「ザ・ロード」をひたすら南へ南へと旅する男の物語・・・・って、あれれ・・・・何だかつい先日全く同じ設定の映画を観た気が....
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2010-12-20 17:05

『ザ・ロード』
Excerpt: アカデミー賞映画『ノーカントリー』の作者コーマック・マッカーシーのピューリッツァ賞受賞・全米ベストセラー小説の原作を、ヴィゴ・モーテンセンが主演を務める『ザ・ロード』を観てきました。 あらす..
Weblog: Matthewの映画日記?
Tracked: 2010-12-20 17:09

「ザ・ロード」試写会、感想。
Excerpt: この手の、「世紀末(じゃないけど)荒廃した世界」とかの物語は、結構最近は見掛けますが、「ザ・ウォーカー」とか、ちょい前ですが「2012」「マッドマックス2」等ありますけど...
Weblog: Beinthedepthsofdespair
Tracked: 2010-12-20 17:23

ザ・ロード 【絶望に プロメテウスの 火を運ぶ】
Excerpt: 『ザ・ロード』 THE ROAD 2009年・アメリカ コーマック・マッカーシーの2006年の小説を映画化。  核の冬を思わせる厚い灰色の雲に覆われた空。陽光が少ないために寒冷化が進み、地震..
Weblog: 猫の毛玉 映画館
Tracked: 2010-12-20 18:14

ザ・ロード
Excerpt: 7月4日(日)@TOHOシネマズシャンテ スクリーン1で鑑賞。 滅多に当らない某サイト(あえて名を秘す)から劇場鑑賞券が3日(土)に送られてきた。 もう、上映が始まってるじゃない。 公開日前に送..
Weblog: あーうぃ だにぇっと
Tracked: 2010-12-20 18:37

終末世界のロード
Excerpt: 9日のことだが、映画「ザ・ロード」を鑑賞しました。 終末世界を舞台した作品で 親と子のロードムービー 週末の世界の絶望さはすごく 徹底している 暗く、人は少なく この世界観のビジュアルはなかなか ..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2010-12-20 18:49

ザ・ロード
Excerpt: コーマック・マッカーシーのピュリッツァー賞受賞の同名ベストセラーを 『アラトリステ』のヴィゴ・モーテンセン主演で映画化したロードムービー。 文明が崩壊して荒廃したアメリカで、ひたすら南に向かって旅..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-12-20 20:38

ザ・ロード
Excerpt:  凄い映画を観た、と思いました。  まだ8月ですが、もしかしたらこの映画が今年のベストかもしれない。  監督は、『プロポジション』のジョン・ヒルコート。ああ、やっぱ、このひと、只者じゃ..
Weblog: キノ2
Tracked: 2010-12-20 20:41

ザ・ロード
Excerpt: 見所はヴィゴのヌード 【Story】 謎の天変地異がアメリカを襲い、ほとんどすべての動植物が死に絶え、文明も消滅。そんな世界に残された父(ヴィゴ・モーテンセン)と息子(コディ・スミット=マ..
Weblog: Memoirs_of_dai
Tracked: 2010-12-20 22:19

映画「ザ・ロード」
Excerpt: JUGEMテーマ:映画  コーマック・マッカーシー原作。ピューリッツアー賞受賞作品の映画化。終末を描いた小説で、トーンも暗くテーマも重たそうでしたが、主演のヴィゴ・モーテンセン..
Weblog: ハピネス道
Tracked: 2010-12-20 23:03

映画 「ザ・ロード」
Excerpt: 映画 「ザ・ロード」
Weblog: ようこそMr.G
Tracked: 2010-12-20 23:45

ザ・ロード
Excerpt: THE ROAD/09年/米/112分/SFドラマ/劇場公開 監督:ジョン・ヒルコート 出演:ヴィゴ・モーテンセン、コディ・スミット=マクフィー、ロバート・デュヴァル、ガイ・ピアース、シャーリーズ・セ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2010-12-20 23:48

映画:ザ・ロード
Excerpt:  世界崩壊後の世界を描いた単館系映画ザ・ロードを観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2010-12-21 00:59

♯40 「ザ・ロード」
Excerpt: 映画 「ザ・ロード」 THE ROAD を観ました      ジョン・ヒルコート監督 コーマック・マッカーシー原作 2009年 アメリカ 映画を映画館で観る楽しみのひとつに、本編が正に今始まるとい..
Weblog: ここはここ
Tracked: 2010-12-21 01:41

ザ・ロード
Excerpt: ザ・ロード [DVD](2010/12/03)ヴィゴ・モーテンセン、コディ・スミット・マクフィー 他商品詳細を見る<<ストーリー>>ピューリッツァー賞を受賞したコーマック・マッカーシーのベストセラー小..
Weblog: ゴリラも寄り道
Tracked: 2010-12-21 02:27

「ザ・ロード」
Excerpt: 「ザ・ウォーカー」と非常に似通った映画だということを聞いていたので、多くは期待しまい、と思い見たのです。ただ、シャーリーズ・セロンさまが出演しているので半分義務感で見ま...
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2010-12-21 08:25

未来へ続く道―「ザ・ロード」(追記しています)
Excerpt: 昨年冬、急に冷え込んできたパリの映画館でひっそりと公開された映画「ザ・ロード(La Route)」。劇場公開されてすぐ父豆と一緒に観に行ったのですが、そのときには日本での公開のめどが立っておらず、スト..
Weblog: 新・豆酢館
Tracked: 2010-12-21 09:09

ザ・ロード
Excerpt: 評価:★★★☆【3,5点】 世界終末をリアル体験するために、娯楽性をすべて排除した映画。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2010-12-21 10:47

ザ・ロード(2009)
Excerpt:  原題:THE ROAD父には息子が、息子には父が全てだった。それぞれが、相手の全世界となって──。
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2010-12-21 11:11

ザ・ロード / THE ROAD
Excerpt: ランキングクリックしてね
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2010-12-21 11:33

ザ・ロード
Excerpt: 「この子だけは、絶対に守る」 【STORY】(goo映画様より引用させていただきました。) 文明が崩壊して10年あまり。 空を厚い雲が覆い、寒冷化が進んだ世界には生物の姿はなく、食料もわずかしかな..
Weblog: 墨映画(BOKUEIGA)
Tracked: 2010-12-21 12:42

ザ・ロード
Excerpt: 生きるべきか死ぬべきか公式サイト http://www.theroad-movie.jpピューリッツァー賞受賞の同名小説(コーマック・マッカーシー著)の映画化文明が突如崩壊して10年以上経つ。空には暗..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2010-12-21 14:47

ザ・ロード
Excerpt: 『ザ・ロード』 “THE ROAD” (2009・アメリカ) 1h52 監督 : ジョン・ヒルコート 出演 : ヴィゴ・モーテンセン、コディ・スミット=マクフィー、シャーリーズ・セロン..
Weblog: 映画尻エリカ
Tracked: 2010-12-21 19:13

★ザ・ロード(2009)★
Excerpt: THEROAD父には息子が、息子には父が全てだった。それぞれが、相手の全世界となって──。上映時間112分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)初公開年月2010/06/26....
Weblog: CinemaCollection
Tracked: 2010-12-21 20:54

「ザ・ロード」
Excerpt: 「The Road」2009 USA 男に「アラトリステ/2006」のヴィゴ・モーテンセン。 息子にコディ・スミット・マクフィー。 老人に「サンキュー・スモーキング/2006」「アンダーカヴ..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2010-12-21 22:01

ザ・ロード
Excerpt: コーマック・マッカーシーのピュリッツァー賞受賞作品の映画化。荒廃した世界。そこに、アメリカ大陸の南をめざしひたすら歩き続ける父親と息子の姿があった・・。
Weblog: rambling rose
Tracked: 2010-12-21 22:38

ザ・ロード☆独り言
Excerpt: 『ザ・ウォーカー』と内容的にだぶります。この親子は西じゃなくて南に向かってひたすら進んでいくのですが。なぜか理由は語られませんが世紀末。荒涼とした大地の中まっすぐに伸びた道を、ひたすら歩き続ける父と息..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2010-12-22 00:41

ザ・ロード
Excerpt: 謎の天変地異で文明が崩壊したアメリカ大陸、父(ヴィゴ・モーテンセン)と息子(コディ・スミット=マクフィー)は、南を目指して歩き続けていた。 ピューリッツァー賞を受賞した同名のベストセラー小説..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2010-12-25 18:06

ザ・ロード
Excerpt: 《ザ・ロード》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − THE ROAD 文明が
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2010-12-27 19:50

ザ・ロード
Excerpt: THE ROAD(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ジョン・ヒルコート 出演:ヴィゴ・モーテンセン/コディ・スミット=マクフィー/ロバート・デュヴァル/ガイ・ピアース/シャーリーズ・セロン ..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2010-12-30 22:55

10-178「ザ・ロード」(アメリカ)
Excerpt: 火を南へ運ぶ者  文明が崩壊して10年あまり。空を厚い雲が覆い、寒冷化が進んだ世界には生物の姿はなく、食料もわずかしかない。生き残った人々のなかには、人を狩り人肉を食らう集団もいた。  そんな大地..
Weblog: CINECHANが観た映画について
Tracked: 2011-01-03 19:11

【映画】ザ・ロード…2010年の残務整理(4)
Excerpt: 今日はお仕事です しかもそのお仕事はうちの会社で最近上手くいっていないモノで、今回は私が担当 自分は失敗したこと無いのですが妙にプレッシャーが…まぁ頑張ります...
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2011-01-08 14:10

ザ・ロード
Excerpt: 文明は崩壊し、作物は枯れ果て、生き物は死に絶えた。 世界の終わりから10年。 僅かに生き残った人々は食糧を奪い合い、まさに共食いの状況だった。 そんな危険な世界で、父親と息子は南へ向かって旅をしている..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2011-01-13 21:58

『ザ・ロード』'09・米
Excerpt: あらすじ文明を失い、10年以上経つ、寒冷化が進み動物も植物も死滅した世界で、父と子は南を目指して歩き続ける・・・。感想何でもないような事が幸せだったと思う♪ギャグじゃな...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2011-12-13 19:39

『ザ・ロード』'09・米
Excerpt: あらすじ文明を失い、10年以上経つ、寒冷化が進み動物も植物も死滅した世界で、父と
Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機
Tracked: 2011-12-13 19:40

『ザ・ロード』
Excerpt: ザ・ロード 大災害によって文明が崩壊した近未来 父子が”善き者”のまま、 海を目指して南下の旅を続ける... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原作:コーマック・マッカ..
Weblog: cinema-days 映画な日々
Tracked: 2012-03-31 23:28