2006年04月23日

ラビリンス/魔王の迷宮 (Labyrinth)

監督 ジム・ヘンソン 主演 ジェニファー・コネリー
1986年 アメリカ映画 102分 ファンタジー 採点★★★★

プロフィールにもあるとおり、“デヴィッド”と言えば“ボウイ”です。ベッカムでもフィンチャーでもありません。ボウイです。無論、カヴァーデールやカッパーフィールドでもありません。ボウイです。間違っても、伊東じゃぁないです。

口うるさい継母にも、赤ん坊の弟にもウンザリのサラ。ある日、泣き止まない弟に業を煮やしたサラは、つい「こんな弟いらない!」と叫んでしまう。何気にサラにホの字なゴブリン界の魔王・ジャレスはサラの願いを聞き、魔王の城へ弟を連れ去ってしまう。

lab2.jpg

これで初めてボウイに触れたという人が、案外多い作品。それっきりという人も多いのですが…。タイツ姿がいけなかったのですか?王子様ルックが、お口に合いませんでしたか?音楽面でも最悪の時期だったということもあって、ボウイファンの間でも不評を買った作品であるが、好きですよ私。この中の曲、何曲か弾けますもん。ぱっつんぱっつんのタイツ姿で美少女を追い掛け回す姿に目を覆った方も多かったようですが、相手がジェニファー・コネリーですよ。私だって追っかけ回します。そもそも、ジャレス役は誰がやっても違和感丸出しになっちゃうんです。パペットでも人間でもダメなものを出来るのは、ボウイかフェレルくらいなものです。

lab4.jpg

CG全盛の今では、パペットによる動きにぎこちなさや古臭さを感じる方も多いだろう。だからといって、敬遠したり軽んじて観てしまうのは、映画を楽しむ上で非常にもったいない観かたではないだろうか。“本物らしく”見せるCGも、“どうやって躁演しているのか不思議”なパペットも、表現方法は違えど、観客に驚きを提供するという目的は一緒なのだ。飲み物と食べ物の違いのようなもので、飲み物に「歯ごたえがない!」と怒ってもしょうがないのでは。相変らず言葉足らずの表現で申し訳ないですが…。
もしジム・ヘンソンが生きていて、この作品の続編を作る事となっても、パペットで作り上げる事だけは確かだと思える。

lab3.jpg

“汚れを知らぬ”面持ちとは裏腹な肉体を持つジェニファー・コネリー。デビュー当時から、監督の秘めたる欲望を叶えるかのような役柄が多いのだが、一見健全なこの作品にも、彼女の持つ耽美な香りが充満する。特に、仮面舞踏会でも彼女の美しさは絶品で、ついつい身を乗り出してしまうが、撮影当時14・5歳であることを思い出し、あわてて身を正してしまう。魔王が惚れるのも当然だ。例え20歳以上年下であっても。
当初ジャレス役には、マイケル・ジャクソンやスティングも候補に挙がってたという。まぁ、マイケルは魔界の住人みたいなものなのでよしとしても、スティングはどうだろー?『デューン』みたいになっちゃわない?
劇中、サラの部屋の鏡台にボウイらしき写真があったような気がしましたが、その“憧れの人”であろう姿を真似、ジャレスが言い寄ってきたという解釈は間違ってますか?魔王チックなフィギュアもあったし。

lab1.jpg
一歩間違うと、イタイ少女の妄想劇

↓↓ぽちりとお願いします↓↓
人気blogランキングへ

        
posted by たお at 02:35 | Comment(10) | TrackBack(11) | 前にも観たアレ■ら行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 TBありがとうございますm(_ _)m

 今、見ると多少「う〜ん」と首を捻って
しまう部分もありますが、それは自分自身
が映画に慣れ過ぎてしまっている部分が大
きいのかもw

 パペットの動きも滑稽だったり、「忘却
の穴」の手で表現した顔なんかは、アイデ
アとしてはなかなかだと感じます。
Posted by たましょく at 2006年04月23日 10:11
はじめまして☆
TBありがとうございました☆☆

ジャレス役候補に驚きました(笑
この役はボウイで正解かも☆
お話の内容・暖かみのある映像・曲
全て好きです
ボウイの写真 気付きませんでした(汗
チェックしてみますね☆☆

ボウイと言えば1度だけPV?を観たのですが
上にスパイダーのような形をしたものがあり
正座しているボウイが歌いながら
前に進んでいるんですけど
あの曲が凄く耳に残り探しているのですが
全く曲名が分からず(汗汗汗
もしご存知でしたら教えて下さい☆☆
Posted by バビ at 2006年04月23日 10:41
たましょく様、バビ様こんにちは!
コメント&TB、ありがとうございます!!

たましょく様
時代の流れは痛感しますが、ボウイとジェニファー・コネリーの周りだけ時間が止まっているかのようですね。かわらなすぎです^^;

バビ様
多分ボウイの写真だと思うんですが、違ったらごめんなさい^^;
87年にリリースされた『ネヴァー・レット・ミー・ダウン』で開催された“グラス・スパイダー・ツアー”の映像かもしれませんね。でっかいクモ使ってましたんで。ただ、そのDVDは持ってないので、曲名までは分かりませんが^^;
やたらと正座するPVは、同アルバムの『タイム・ウィル・クロール』ってシングル曲がありましたが。
Posted by たお at 2006年04月23日 14:16
この記事を読みながら相方に
「デイビットといえば?」
と聞いたところ即答「伊東」でした(爆)

私この映画大好きですよ!
また見たかったのですが、DVD化なかなかされませんでしたか?たおさんがレビューを書いていたのでまさか!と思って調べたらあったのでさっそくDISCUSのリストに入れましたよ〜

今あらためてみてないけど
今見ても新鮮で好きだといえると思います

これねぇ当時まだ学生だった私は弟と見にいきましたよ(爆)で弟はこの作品ですっかり映画のtりこに、当時私の部屋にあった、サントラ盤CDを盗みだして聴いていました
デイビッドボウイの持つ怪しい雰囲気はこれ以前から好きでした、だから私的には適役だと思ったのですが世間的にはあのタイツがダメだったみたいね

ジェニファも好きでしたよ、当時は
>汚れを知らぬ”面持ちとは裏腹な肉体を持つジェニファー・コネリー。デビュー当時から、監督の秘めたる欲望を叶えるかのような役柄が多いのだが

そうそう、そうなんだよね〜
うちの相方なんてその部分しか見てない気がするけど、なんかそういう手の役多くなってからあまり見なくなりました>私は

Posted by じゅりあん&まのん at 2006年04月25日 11:09
ちなみに劇中で使われていたボウイの曲は私も大好きです

ボウイがパペットたちと踊るシーンの曲口づさめます!
Posted by じゅりあん&まのん at 2006年04月25日 11:10
じゅりあん&まのん様こんにちは!
いつもコメントありがとうございます!!
伊東でしたかぁ……趣味までは問わないので構いませんが、反省文提出で。
待ちに待ったDVD化でしたが、改めて観直してみてもさして劣化していないのに驚きました。20年も前の作品ですが、ボウイもジェニファーも遠目で見る限り今とあまり変化が無いのも大きいですね^^;
ジェニファーは『レクイエム・フォー・ドリーム』でヨゴレの極地まで到達して以来は正統派の美人を演じる事も多くなりましたよね。嬉しいんだか嬉しくないんだか…。この映画も、14・5の美少女がタイツ姿の中年男に追い回されるって意味ではじゅうぶんイカガワシイ映画でもありますねぇ^^;
劇中で使われていたのは『マジック・ダンス』ですね♪かわいい曲です。「曲中の赤ん坊の声もボクがやってたんだよ」と自慢げに話してましたよ、ボウイ様。
これからも、よろしくお願いします♪
Posted by たお at 2006年04月25日 13:11
はじめまして、TB失礼させていただきました。

いまどきの「かっこいい映画」「面白い映画」と比べるとさまざまに疑念が湧くのでしょうが、これを見るのは良質な絵本を見る感覚に似ている気がします。まあ、子供のときに見たという背景の影響を否定できませんが、それでも価値は変わらないと思っています。

僕はタイツはある意味ヒットだったんですけどね。
楽しい映画です。
Posted by 鳥居 at 2006年04月28日 19:37
鳥居様こんばんは!
コメント&TBありがとうございます!!
いくらCGが進歩しても、“そこにある”実存感は現物に敵わないと思うんですよね。
ただのキレイゴトだけじゃなく、ちゃんとコワイ部分もあるのがこの映画の特長なんで、今の子供達に是非見てもらいたいなと。
Posted by たお at 2006年04月29日 02:40
どうも〜〜〜

マジやりました〜〜〜〜

たったいま仕事からからの帰りがけで 帰宅ルートにブックオフがあるのですが 立ち読みして 時間つぶしながら 帰るかって おもって 店に寄ったのです。


そ・そ・そ・・・・ そしたら ナント 「ラビリンス魔王の迷宮」のサウンドトラックCDが あったのデス・・

マジ うれしい 昔そのサントラがほしくて 何回も県内のブックオフやら 中古専門レコード店に足を運んでも収穫ゼロだったのに。 

仮に 動画で消されても もう大丈夫デス^^
Posted by zebra at 2013年04月05日 18:15
zebra様、こんにちは!
何気に良曲揃いなんですよねぇ、このサントラ。私はCD化された時に買って以来ずーっと聴いてるんですけど、当時より案外今の方がより好きかも。
Posted by たお at 2013年04月12日 17:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

あぁ、懐かしの映画
Excerpt:  B級映画だけだとネタがすぐなくなってしまいそうなので、たましょくが若い頃に見た思い出の映画を紹介します。 懐かしの映画「ラビリンス 魔王の迷宮」  見たのは、たましょくが中学生の頃だったと思..
Weblog: 何を書くんだろー
Tracked: 2006-04-23 10:12

ラビリンス 魔王の迷宮
Excerpt: 「ラビリンス 魔王の迷宮」 評価 ★★★★☆ 『あらすじ』  劇の練習に余念のないサラ。家に帰れば継母から小言を言われ、衝突する。そんな中、両親が外出 し幼い弟の面倒を..
Weblog: 何を書くんだろー
Tracked: 2006-04-23 10:13

ラビリンス 魔王の迷宮
Excerpt: ジム・ヘンソン版「不思議の国のアリス」
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2006-04-23 10:29

ラビリンス 魔王の迷宮
Excerpt: 弟の世話に嫌気がさし ゴブリンキングに弟を連れ去ってもらうよう願ってしまう 後悔し さらわれた弟を返してもらおうとゴブリンシティへ向かう話です ゴブリンキングはデヴィット・ボウイ サラはジ..
Weblog: my Favorites .......
Tracked: 2006-04-23 10:33

ラビリンス 魔王の迷宮
Excerpt: こっ、これは、今となっては観てはいけないものを観てしまった気分です。「今となっては」 というのは、「21世紀になって・・・」というのと、「31歳にもなって・・・」という二つです。
Weblog: しーの映画たわごと
Tracked: 2006-04-23 11:04

ラビリンス〜魔王の迷宮〜/デビッド・ボウイ
Excerpt: ラビリンス〜魔王の迷宮〜 (1986年) 出演:デビッド・ボウイ、ジェニファー・コネリー 両親が外出した夜、弟トビーの子守りを言いつけられたサラは 泣き止まないトビーに腹を立て呪文を口にしてしま..
Weblog: Monologue
Tracked: 2006-04-25 23:17

ラビリンス DVD本編を観て
Excerpt: DVDが届いてから、しばらくの間迷宮をさ迷う羽目になった。 ティーンエイジャーの時にはまった物が、今になって見てもはまるっていうのは、 何というか・・・ 夢や空想の世界に生きていた少女時代、それを手放..
Weblog: 月の記憶
Tracked: 2006-04-27 19:00

ボウイの迷宮
Excerpt:  来ました、これは。ついに来た。 自分にとってのTHE MOVIEといえば、くらいの作品。「Labyrinth(85米)」だ。見た当時4歳くらいだがやはり名作。幼かった我ながら見る目がある。脳髄に強烈..
Weblog: エレクトラ号
Tracked: 2006-04-28 19:31

再び。ラビリンス~魔王の迷宮~
Excerpt: もう何度も見ちゃったさ。 ずっとテープで見てたから、DVDはやはりラクでよいわな。 ストーリーは今更書くまでもないけどいちお書くと、 空想好き?な少女サラが、さらわれた弟をとりもどしにラビリンスに挑み..
Weblog: 宇宙猫独白
Tracked: 2006-04-29 20:38

ラビリンス 魔王の迷宮
Excerpt: アーティスト: Original Soundtrack タイトル: Labyrinth: From The Original Soundtrack Of The Jim Henson Film ..
Weblog: 鑑賞文
Tracked: 2006-05-05 18:00

ラビリンス 魔王の迷宮
Excerpt: 目指すは魔王のお城[:壁掛時計:] ラビリンス 魔王の迷宮 コレクターズ・エディションデヴィッド・ボウイ ジム・ヘンソン ジェニファー・コネリー ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2..
Weblog: ムーパラ控え室から・・・
Tracked: 2006-07-23 22:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。