2010年11月13日

ザ・ウォーカー (The Book of Eli)

監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン
2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★

中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、ちょっとした教育番組のようで興味深かったものです。その聖書。深読みしようがサラっと上辺だけ読もうが、基本的に良い事しか書いていない。良い言葉の宝庫。ところがどっこい、今も含め歴史を振り返ると、“神の名のもとに”の号令で血なまぐさい惨事が繰り返されてる。誰もが持つ死の恐怖から生まれたとも言える宗教ってのは、混沌を避け人間性を保ち人々を束ねる効果があるんですが、同様に盲信することで何をやっても許されるような錯覚も生んじゃうんでしょうねぇ。きっと神さまも、「あれぇ?そんなことを言ったつもりはないんだけどなぁ」と上の方で首をかしげてるんじゃないでしょうか。

tboe1.jpg

【ストーリー】
最終戦争により文明が崩壊したアメリカ。その荒野を、世界でただ一冊となってしまったとある本を抱えた男が、西へ向かって歩き続けていた。そんな中、人々を自在に操る力を持つとされる本を探し続けていた独裁者カーネギーが君臨する町に、その男は立ち寄る。カーネギーは、その男の持つ本こそ探し求めていた本と確信し…。

tboe3.jpg

平和と平安を与え得る力を持つ一方、劇中で語られる“前の指導者”が“神の名のもとに”を連呼し戦争を続けたブッシュを思い起こさせるように、盲信する人々を容易に間違った方向へと導き、凶行に走らせることも出来る力を持つ聖書。その言葉と文字の持つ力を、どう使うべきなのかを問うSFアクション。監督は、『フロム・ヘル』以来久々の劇映画となるザ・ヒューズ・ブラザーズ。
トレント・レズナーとの仕事でも知られるアッティカス・ロスによる、静かだが力強いスコアをバックに映し出される荒れ果てた世界と、そこに立つ主人公の姿に初っ端からシビレる本作。神の言葉を胸に荒野を歩く主人公の姿はバプテスマのヨハネを彷彿させ、その主人公が辿り着く最終地は岩の上に立つペテロの教会の様にも見える。主人公の名前も、神そのものと同名の預言者を思い出させ、物語に深みを与えている。
無論そんな宗教的な部分を抜きにしても、『ブラインド・フューリー』な主人公が、『サルート・オブ・ジャガー』のような世界で活躍するSFアクションとして観ても満足する出来で、西部劇のような構図で行われるアクションシーンなど、どれもこれも構図がビシリと決まっていてカッコ良い。小道具や些細な動作など、世界観を構成するディテールの描き方も詳細で、そのどれもが理屈の通る説得力を持っているのが見事。それもいちいち説明するのではなく、出会って最初に手を確認する行為の理由が、異常プリオン発生の有無を確認するためだったように、後々自然に判明していく様も良い。
深刻さばかりではなく、皮肉とユーモアが程良くブレンドされている本作。独裁者が迎えるしっぺ返しの強烈さは、非常に皮肉で痛快。終盤が急ぎ足の印象もあったが、そんなもんで崩れ去るような脆い面白さではない

tboe5.jpg

主人公のイーライに扮するのは、『デジャヴ』『アンストッパブル』のデンゼル・ワシントン。メインキャストで唯一の黒人ながらも、そんなことをいちいち全く気にさせないデンゼル印の安定感と安心感を満喫。しっかりとダン・イノサントのもとで鍛え上げてから現場入りする姿勢も、アクションに対する真剣さが伺え立派。その甲斐あってか、どのアクションシーンも見事に決め、悶絶するカッコ良さを生み出している。
で、そのデンゼルが演じる主人公にはデカイ秘密が隠されているのだが、確かに判明した時は唐突な感じが否めなかったものの、振り返ってみれば、銃は相手が撃ってから撃つなど全ての行為にその秘密が綿密に絡んでいたことに気付き、ジワジワーとビックリ
久々に取り憑かれたような狂気を発する『バットマン ビギンズ』のゲイリー・オールドマンや、そのゲイリー・オールドマンとの親子役ってのをいつか観てみたい『ハロウィン』『ブルーサンダー』のマルコム・マクダウェル、本の内容に触れ一瞬浮かべる笑みに、明るい未来をほんのりと感じさせた『呪怨 パンデミック』のジェニファー・ビールス、世界がどうなってもこの人だけはきっと変わらない事を確信した『コーヒー&シガレッツ』『ドミノ』のトム・ウェイツなど、なんともスパイシーな顔ぶれが揃った本作ではあるが、『寝取られ男のラブ♂バカンス』のミラ・クニスの、野良猫のような魅力発する風貌が印象的。この役を最初にオファーされたのが、『アドベンチャーランドへようこそ』のクリステン・スチュワートだったらしいのだが、“野性味”って意味ではミラ・クニスの方が適役ではと。
ストーリーはもとより、音楽、キャスティングと、非常に好みだった本作。ボンヤリと似てなくもないので、あの『アイ・アム・レジェンド』をいっそのことなかったことにして、このメンツで作り直して頂きたいなぁと強く。

tboe2.jpg
迷ってない割には、30年は掛かり過ぎって気も

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 02:47 | Comment(10) | TrackBack(59) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>「あれぇ?そんなことを言ったつもりはないんだけどなぁ」
解釈の仕方、使い方・利用の仕方、そしてどんな行動を取るのか。
この本は、昔から色々な出来事の中心でしたよね。

>主人公にはデカイ秘密が隠されている
先に本を読んで知っていたのですが、映像でどう見せるのかとても楽しみだった部分です!
Posted by 哀生龍 at 2010年11月13日 08:05
哀生龍さま、こんにちはー♪
宗教の持つ力について、ベタなほど分かり易く描いてたなぁと。救った数も多いんですが、流れた血もおびただしいですからねぇ。。。
Posted by たお at 2010年11月13日 16:17
秘密にはびっくりしましたが、そういわれれば、途中の演出に有った違和感がそうだったんだって感じでした。
完全に「ダメ」と言うわけではなく「かなり弱い」設定だとは思いますが、、、。
Posted by KGR at 2010年11月13日 22:48
KGR様、こんばんは!
どうにも評判の悪い本作。
宗教絡みがそうさせている所以の一つかと思われますが、それ抜きでも『サルート・オブ・ジャガー』みたいで好きなんですけどねぇ。「サルート、つまらんじゃん!」って言われればそれまでですがw
にしても、こういうディストピア映画を観ると「北斗の拳じゃん!」って意見を見かけますが、『マッドマックス2』を観ても「北斗の拳じゃん!」って言っちゃうんでしょうかねぇ?
Posted by たお at 2010年11月14日 02:31
へーー、ミッション系だったんですか!
おぼっちゃま?
私が宗教でいつも感じることは、開祖といわれる1000年に一人くらいの傑出した人間が、苦しみに苦しみ抜いて、やっと到達した悟りを、我々凡人がどうやってわかるんだ!
後世の凡人たちが、都合のいいように解釈しちゃって来たんだろうなああ、と思ってます。
だからさまざまな宗派にわかれ、元は同じなのに違うもんとして対立し、聖典は道具になってしまった・・・と。
んなことはどうでもよくて、やっぱマルコムおじさんに「時計仕掛けのオレンジ」はくっついて離れないでしょう。
「ザ・ロード」ってのもありますんで、次はこれで世界の終わり連チャンで。
Posted by sakurai at 2010年11月14日 10:28
sakurai様、こんにちは!
文面から充分察せられるように、全然ボンボンじゃないですw
モラルの規範や理想として宗教って役立つ面もあるんですが、排他的に働いちゃうことも多いんですよねぇ。キリスト教の過去って、その排他的な面が強く出た印象もありますが。。。
で、世界の終りって言えば『マッドマックス2』か『パラダイム』なんで、そのどっちかを観ようかと。
Posted by たお at 2010年11月14日 13:07
たおさんの感想読ませていただいてると
すごくいい映画だったんだなーと思えてくるなぁ。
影響されやすい私。
もういっかい観てみようかな。
キャストも渋いメンツでよかったですよねぇ。
Posted by kenko at 2010年11月15日 20:17
kenko様、こんばんはー♪
まぁ、私は気に入った作品で、気に入った事しか書いてないので面白そうに思えるだけなんでしょうが^^;
ま、人それぞれですしw
Posted by たお at 2010年11月16日 01:08
最後のイーライの秘密にはびっくりしました〜。 えっ、そうだったんだ!? って意外でしたけど、確かに振り返ってみればそんなふうな仕草があったかも、と納得。 宗教って時には争いのもとになったりしますが、神様を信じ続けるイーライの姿は感動的でした(^^)
Posted by りら at 2010年11月16日 01:17
りら様、こんばんはー♪
そんなイーライですら、信仰の本質を見失ってしまうんだから、そこがまた人間らしいなぁとも。
Posted by たお at 2010年11月16日 01:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ザ・ウォーカー
Excerpt: 世界が滅亡した後のアメリカ。 砂漠の中の町。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2010-11-13 07:56

「ザ・ウォーカー」感想
Excerpt:  「マトリックス」のジョエル・シルバー制作。ハリウッドを代表する二大スターが競演する事でも話題の本作。 主演のデンゼル・ワシントンは「サブウェイ123激突」の信楽焼のタ...
Weblog: 狂人ブログ 〜旅立ち〜
Tracked: 2010-11-13 16:46

劇場鑑賞「ザ・ウォーカー」
Excerpt:  「ザ・ウォーカー」を鑑賞してきました「フロム・ヘル」のヒューズ兄弟がデンゼル・ワシントンを主演に迎えて描くSFサスペンス・アクション。文明が崩壊した終末世界のアメリカ...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2010-11-13 16:51

タイトルデザイン_17・ザ・ウォーカー・Prologue Films
Excerpt: 注・ネタバレ、内容に触れています。物語・世界崩壊後の近未来。世界に一冊だけ残された本を運び西へ向かう男イーライ(デンゼル・ワシントン)。そして同じく本を探す男カーネギー(ゲイリー・オールドマン)。果た..
Weblog: 映画雑記・COLOR of CINEMA
Tracked: 2010-11-13 17:00

『ザ・ウォーカー』
Excerpt: ※カンの鋭い人は注意。 ※映画の核に触れる 部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:The Book of Eli)
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2010-11-13 17:10

ザ・ウォーカー
Excerpt:  文明が崩壊した近未来のアメリカを舞台に描く西部劇風サスペンス・アクション。  仕掛けが面白く、深読みが可能で、主演のデンゼル・ワシントンがかっこよく、悪役のゲイリー・オールドマンが如何にも..
Weblog: キノ2
Tracked: 2010-11-13 19:06

ザ・ウォーカー / The Book of Eli
Excerpt: “何らか”の原因に依って文明が崩壊してしまっている社会が舞台。 とは言うものの、“何らか”が示すものは、核戦争である事を映像的に表現しています。“何らか”と記したのは、明示的に台詞として語られていな..
Weblog: 勝手に映画評
Tracked: 2010-11-13 19:43

◆『ザ・ウォーカー』◆ ※ネタバレ少々
Excerpt: 2010年:アメリカ映画、アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ監督、ジョエル・シルバー製作、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、トム・ウェイツ出演。
Weblog: 〜青いそよ風が吹く街角〜
Tracked: 2010-11-13 20:04

映画「ザ・ウォーカー」
Excerpt: 先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。
Weblog: FREE TIME
Tracked: 2010-11-13 20:06

ザ・ウォーカー
Excerpt: 試写会で見ました。本を運ぶためにひたすら西へ向かって歩いている話です。冒頭の森の
Weblog: うろうろ日記
Tracked: 2010-11-13 20:12

映画「ザ・ウォーカー」感想と採点 ※ネタバレあります
Excerpt: 映画『ザ・ウォーカー』を本日鑑賞。本日初日1回目で観客は20名ほど。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら45点。 ざっくりストーリー 世界が一度崩壊した(らしい)近未..
Weblog: ディレクターの目線blog
Tracked: 2010-11-13 20:15

ザ・ウォーカー・・・・・評価額1400円
Excerpt: 最終戦争で人類文明が滅亡した後の世界を舞台に、この世に残されたたった一冊の貴重な本を、ひたすら西へと運ぶ男を描いた、デンゼル・ワシントン主演の近未来アクション映画。 一見すると「マッドマックス」....
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2010-11-13 20:19

ザ・ウォーカー/ THE BOOK OF ELI
Excerpt: ランキングクリックしてね
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2010-11-13 21:15

ザ・ウォーカー
Excerpt: 『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントン主演最新作。戦争で文明が崩壊した世界を歩いて旅する男を描いたSFアクションムービーだ。男がが運ぶこの世にたった一冊の本とは何なのか…。その本を狙う男に..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-11-13 22:14

ザ・ウォーカー
Excerpt: 評価:★★★【3点】 西へ西へって、最後は東から現れるパターンではなかったのね。
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2010-11-13 22:41

映画「ザ・ウォーカー」
Excerpt: 2010/6/23 ユナイテッドシネマ豊洲。 ここは肘置きが各椅子の左右に一つずつついている。 つまり、椅子と椅子の間の肘置きが2つあるので、肘置きの取り合いにならなくて済む。 とはいっても、他の映画..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2010-11-13 22:44

[映画『ザ・ウォーカー』を観た]
Excerpt: ☆どうあっても、B級にしか為り得ない、最終戦争後の時代の戦いの物語を、思った以上に格調高くセピアチックに撮り、見せ場もふんだんで面白かったのではないでしょうか?  アクションが西部劇スケールなので、..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2010-11-13 22:54

西へ旅する者〜『ザ・ウォーカー』
Excerpt:  THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き続けていた。彼が持っているのは..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2010-11-13 22:58

ザ・ウォーカー☆独り言
Excerpt: デンゼル・ワシントンにゲイリー・オールドマン舞台は近未来・・・人類は一度滅亡しかけ生き残った人々一人の男がひたすら西に向かって旅を続ける。Gyaoで冒頭7分くらいの映像公開してまして・・・あ、たぶん寝..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2010-11-13 23:22

ザ・ウォーカー
Excerpt: 【監督】アルバート・ヒューズ/アレン・ヒューズ 【出演】デンゼル・ワシントン/ゲイリー・オールドマン/ミラ・クニス/レイ・スティーブンソン/ジェニファー・ビールス/エバン・ジョーンズ/ジョー..
Weblog: シネマをぶった斬りっ!!
Tracked: 2010-11-13 23:45

★ザ・ウォーカー(2010)★
Excerpt: THEBOOKOFELI運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=松竹)初公開年月2010/06/19ジャンルSF/アクション/サスペンス映倫..
Weblog: CinemaCollection
Tracked: 2010-11-14 00:43

♯33 「ザ・ウォーカー」
Excerpt: 映画 「ザ・ウォーカー」 THE BOOK OF ELI を観ました       アルバート・ヒューズ / アレン・ヒューズ監督 2010年 アメリカ いつもなら映画を観る前には、できるだけ避け..
Weblog: ここはここ
Tracked: 2010-11-14 00:59

「ザウォーカー」
Excerpt: 心眼一刀流師範代が強いのなんの。 宗教観というのは語るのが非常に難しい。 宗教観が違う人とは、もはや次元が違うとしか言いようがないほど相互理解が進まないことがまま...
Weblog: Con Gas, Sin Hielo
Tracked: 2010-11-14 04:05

「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは・・・
Excerpt: <今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2010-11-14 05:30

ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI
Excerpt: かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー」を、金曜日の夕方に鑑賞。「
Weblog: いい加減社長の映画日記
Tracked: 2010-11-14 06:39

「ザ・ウォーカー」スタイリッシュな映像
Excerpt: 機内上映2本目は「ザ・ウォーカー」 こちらも、ただカッコイイだけという前評判だったので、期待しすぎないように気をつけて鑑賞。 なるほどー、確かにカッコイイ!! まるでモノクロの写真集をめくってい..
Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London
Tracked: 2010-11-14 07:19

『ザ・ウォーカー』・・・終末の先に
Excerpt: 事前情報をほとんど入れずに鑑賞。正直思っていたよりはるかに地味な作品だった。しかしながら切って捨てるにはもったいないだけの魅力も十分にあり、見応えはなかなかのもの。テイスト的には平日昼過ぎのテレビ東京..
Weblog: SOARのパストラーレ♪
Tracked: 2010-11-14 08:00

ザ・ウォーカー
Excerpt: デンゼル・ワシントン主演の近未来サスペンス・アクションです。 色を落とした映像の予告編を観て、面白そうだなあと気になっていました。 シンプルなストーリーと共に映し出された荒野に、彼はどこまで行くのかな..
Weblog: とりあえず、コメントです
Tracked: 2010-11-14 09:22

ザ・ウォーカー
Excerpt: (原題:THE BOOK OF ELI) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 世界にたった1冊だけ残された本を巡って繰り広げられるサスペンスアクション。 文明崩壊後のアメリカ大陸。ウ..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2010-11-14 09:42

ザ・ウォーカー
Excerpt: 狙ったわけじゃないんですよ。・・・「座頭市」と続けて見てしまったあたし。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2010-11-14 10:28

映画「ザ・ウォーカー」
Excerpt:  我が愛する(?)ゲイリー・オールドマンと、デンゼル・ワシントンが競演ってことで、かなり楽しみにしてたSF。ゲイリーが“狙う男”で、デンゼルが“運ぶ男”なんだそう。
Weblog: 今日の素敵さがし
Tracked: 2010-11-14 11:29

ザ・ウォーカー
Excerpt: 世界的戦争の後、荒廃したアメリカ大陸を旅する一人の男。その男が持っているのは世界に秩序を持たらす絶対的存在だ。最後のオチは予想外だったけど、爽快な気分と充実感が得られた。デンゼル・ワシントンの演技がす..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2010-11-14 11:52

ザ・ウォーカー
Excerpt: デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2010-11-14 14:03

ザ・ウォーカー
Excerpt: <<ストーリー>> 世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」と..
Weblog: ゴリラも寄り道
Tracked: 2010-11-14 16:47

ザ・ウォーカー
Excerpt: 世界滅亡後のアメリカ大陸。 世界に一冊しかない“本”を運ぶため、“ウォーカー”と呼ばれる男は、30年間、西へ向かって歩み続けている。 ある町の独裁者カーネギーは、真の支配者となるためにその本を必死で探..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2010-11-14 19:12

ザ・ウォーカー
Excerpt: 川崎のチネチッタにて、毎月10日、14日、19日のうち土日祝日に行われる、ポイントカード提示1000円の日に鑑賞。(実施日を見ると何を狙っているかがよくわかりますが。)劇場入り口は...
Weblog: がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記
Tracked: 2010-11-14 23:03

ザ・ウォーカー
Excerpt: 文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-11-14 23:04

ザ・ウォーカー
Excerpt: 「ザ・ウォーカー」監督アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ出演*デンゼル・ワシントン(イーライ(“ウォーカー”))*ゲイリー・オールドマン(カーネギー)*ミラ・クニス(ソ...
Weblog: だめ男のだめ日記
Tracked: 2010-11-14 23:43

「ザ・ウォーカー」
Excerpt: JUGEMテーマ:映画  デンゼル・ワシントン主演。廃墟となったアメリカの荒野を西に向かって歩きつづける男の話。ちょっと苦手なアクション&バイオレンス要素も多分にあったのですが..
Weblog: ハピネス道
Tracked: 2010-11-14 23:59

ザ・ウォーカー
Excerpt: 30年もかからないでしょう 公式サイト http://www.thewalker.jp製作: ジョエル・シルバー監督: アレン&アルバート・ヒューズ  「フロム・ヘル」大規模な戦争により文明が崩壊した..
Weblog: 風に吹かれて
Tracked: 2010-11-15 08:26

ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・
Excerpt: 【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2010-11-15 09:25

ザ・ウォーカー
Excerpt: デンゼル・ワシントン主演のSFアクション。 少なくとも今よりはテクノロジーが発達
Weblog: C note
Tracked: 2010-11-15 20:18

2010-17『ザ・ウォーカー』を鑑賞しました。
Excerpt: 映画を鑑賞しました。秊 2010-17『ザ・ウォーカー』(更新:2010/06/19) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間..
Weblog: はっしぃの映画三昧!
Tracked: 2010-11-15 21:28

ザ・ウォーカー
Excerpt: 久々の極悪人役を演じたゲイリー・オールドマン目当てで『ザ・ウォーカー』を観てきました。 ★★★ すばらしい! ゲイリー・オールドマンだけが燦然と輝いてる映画でした。 子供が成長しちゃったんでしょう..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2010-11-15 21:49

ザ・ウォーカー
Excerpt: THE BOOK OF ELI/10年/米/118分/SFアクション・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2010-11-16 00:48

ザ・ウォーカー
Excerpt: 【ザ・ウォーカー】 ★★★★ 映画(34) ストーリー イーライ(デンゼル・ワシントン)という名の謎の男は、崩壊したアメリカ大陸の荒野を西に
Weblog: りらの感想日記♪
Tracked: 2010-11-16 00:55

★「ザ・ウォーカー」
Excerpt: 今週の平日休みにTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 予告編を観て、30年間ひたすら西へ・・・なんて言ってたもんだから、 世界一周出来ちゃうぞ・・・と、ツイッターでツッコミを入れといたけど。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2010-11-16 03:59

ザ・ウォーカー
Excerpt: 世界で一冊だけとなった本を西へ運ぶため、30年間歩いて旅をしているイーライ(デンゼル・ワシントン)は、立ち寄ったある町で独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)と出会う。 文明が崩壊した終..
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2010-11-17 09:24

「ザ・ウォーカー」スタイリッシュな映像
Excerpt: 機内上映2本目は「ザ・ウォーカー」 こちらも、ただカッコイイだけという前評判だったので、期待しすぎないように気をつけて鑑賞。 なるほどー、確かにカッコイイ!! まるでモノクロの写真集をめくってい..
Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London
Tracked: 2010-11-17 17:23

【映画レビュー】ザ・ウォーカー
Excerpt: 2010年/アメリカ 監督:ザ・ヒューズ・ブラザーズ 製作:ジョエル・シルヴァー、ブロデリック・ジョンソン、アンドリュー・A・コソーヴ、デヴィッド・ヴァルデス、デンゼル・ワシントン 製..
Weblog: Hisa-Bo's Walk
Tracked: 2010-11-18 19:26

10-177「ザ・ウォーカー」(アメリカ)
Excerpt: 本を西へ運ぶ者  イーライという名の謎の男は、崩壊したアメリカ大陸の荒野を西に向かって歩き続けていた。ある本を携えて。その本は、いまや世界にこのただ一冊となっていた。イーライは、その本に近づこうとす..
Weblog: CINECHANが観た映画について
Tracked: 2010-11-23 23:36

ザ・ウォーカー
Excerpt: 世界に一冊だけ残った本を持ち、歩いて旅を続ける男の物語"ザ・ウォーカー"。 とは言っても、世界にある唯一の本という訳ではない。 その本が、もう世界に一冊しか残って無いという事な..
Weblog: まさとの素人映画レビュー
Tracked: 2010-12-02 14:56

mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆
Excerpt: 世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2010-12-04 21:40

【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから?
Excerpt: またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ というこ...
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2010-12-05 16:17

映画を観るなら ザ・ウォーカー
Excerpt: 未来の荒廃した世界での1冊の本を巡る争いなんだけど、この本が何かってのは、映画を観る前からなんとなく分かってる人も多いのでは。アメリカにとって、世界で一番重要な本(書物)といえばやっぱりコレしかないで..
Weblog: 映画を観るなら
Tracked: 2010-12-19 10:13

『ザ・ウォーカー』
Excerpt: ザ・ウォーカー ”空が光って”30年。 本を持ってひたすら西に向う ”ウォーカー”旅する男の目的とは... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:The Book ..
Weblog: 『映画な日々』 cinema-days
Tracked: 2011-04-05 01:45

「ザ・ウォーカー」(THE BOOK OF ELI)
Excerpt: デンゼル・ワシントンを主演にした近未来アクションドラマ「ザ・ウォーカー」(原題=イーライの本、2010年、米、118分、ヒューズ兄弟監督作品)。この映画は、文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2011-05-08 07:03

ザ・ウォーカー
Excerpt: ザ・ウォーカー ★★☆☆☆(★2つ) 公開後の評判が全く聞こえてこなかった本作。 期待していなかったけど、やっぱり・・・ 一言で言うと、「地味」。それに尽きます。 世界を救う一冊の本。世界を..
Weblog: 食はすべての源なり。
Tracked: 2011-05-16 16:13

世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー
Excerpt: ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 ..
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2011-05-26 14:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。