2010年11月05日

13日の金曜日PART6/ジェイソンは生きていた! (Jason Lives: Friday the 13th Part VI)

監督 トム・マクローリン 主演 トム・マシューズ
1986年 アメリカ映画 87分 ホラー 採点★★

前作でジェイソン抜きでのシリーズ続行を模索し、二代目ジェイソンの誕生を匂わせておきながらも、「やっぱ、ジェイソン出ねぇと締まんねぇな」とばかりにジェイソンを復活させ、前作の事を色々とウヤムヤにしたまま仕切り直し。ジェイソン抜きでやってみようとした姿勢だけは、立派ですね。

ftts1.jpg

【ストーリー】
少年時代にジェイソンと対決し、そのトラウマから長年精神病院に入っていたトミーは、そのトラウマと決別するために病院を脱走し、ジェイソンの墓へとやって来る。墓を暴きジェイソンの骸に鉄杭を突き差したその瞬間、雷が鉄杭に落ち、ジェイソンがババーンと復活。逃げるトミーを追って、いつものキャンプ場へと向かう。

ftts3.jpg

本作より“死んでる”ってのが条件付けされたジェイソン。これ以降、物語の最大の関心ごとが“どうやって甦るか?”に集約される、ある種の絶頂期を迎えることに。
で、本作。「死んじまってるけど、やっぱジェイソン出せ!」と無理強いされた結果か、徹頭徹尾やけっぱちの香り漂う異色作。「もう、雷でいいんじゃね?フランケンみたいに?」と安易なネタで復活させ、007もじりのタイトルで迎えるオープニングから、もう怖がらせようってより笑かそうとする気満々。この前年に公開された『バタリアン』の影響も強いのか、笑えるホラー路線に果敢に挑戦。あんまり笑えはしませんが
笑えるわけでも派手なゴア描写があるわけでもない本作だが、オープニングから出ずっぱりのジェイソンが、『ジェイソンX』まで破られなかった最多殺戮数を記録する大活躍を見せたって意味では、ダレ場も少ない痛快作と言えるのかも。アリス・クーパーの曲もたっぷり聴けますし。

ftts2.jpg

今回で3度目の登場となるトミー役には、『バタリアン』で劇中の大半を「痛い痛い」言ってたトム・マシューズ、犠牲者の中にコッソリ『カフス!』のトニー・ゴールドウィンが出てたりもする本作だが、もちろん主役はジェイソン。
落雷で蘇るという荒業を成し遂げたせいか、何か吹っ切れた様子で、下手に小走りしたり、若者にしてやられたりすることのない、非常に堂々とした佇まい。マチェーテを構える姿もすっかり板に付き、これだけマチェーテが似合う男も、ジェイソンかダニー・トレホくらいじゃないかと。基本もうゾンビと同じ類なのに、しっかりと電話線を切ってから犯行に臨む用意周到さや、鈍重そうに見えて、走って逃げる犠牲者にあっさり追い付く見えない機敏さも見せるジェイソンさん。きっと誰も見ていない所で猛然と走ってるんでしょうねぇ。努力の人だ。

ftts4.jpg
超能力少女のウッカリを静かに待つジェイソンさん

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        



タグ:ホラー ★★
posted by たお at 02:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。