2010年10月17日

13日の金曜日PART3 (Friday the 13th Part 3)

監督 スティーヴ・マイナー 主演 ダナ・キンメル
1982年 アメリカ映画 96分 ホラー 採点★★

“映画は映画館で観た方が面白い”ってのは分かるんですが、“映画館で観ないと面白くない”ってのはちょっと違うんじゃないのかなぁと思っているたおです。画質や音質も大事だけど、それこそつい数年前まで小さいブラウン管TVでビデオ画質のモノラル音声で映画を観ていたわけで、それでも面白い映画はその輝きを失ってなかったんですよねぇ。3Dも然り。ギミックや表現方法の一つとして3Dは面白いけど、それがイコール映画の面白さとは違うんじゃないのかなぁと。“3Dじゃないと面白くない”って、ちっちゃな違いでしかないのかもしれないけど、それはもう映画じゃなくアトラクションに過ぎないのではと。

ftth1.jpg

【ストーリー】
ついこの間大量殺人事件があったばかりだと言うのに、その現場であるクリスタルレイク近辺に、過去この地で謎の殺人鬼に追われた経験を持つ少女を中心とした若者が懲りずに集結。案の定、ジェイソンさんに散々な目に遭わされる。

ftth3.jpg

“鉄は熱いうちに打て”とばかりに製作された、『13日の金曜日』の第3弾。監督は、前作『13日の金曜日PART2』に続いてスティーヴ・マイナーが担当。
劇場公開時は3Dだった本作。とにかく棒状の物やらなにやらかにやらが向こう側から手前に突き出される。これでもかって程、突き出されてくる。飽きる。まぁ、確かにギミックとしての3Dはホラーと相性が良いし、当時劇場で「うわぁうわぁ」と楽しんだものですが、如何せん今出ているソフトは2D。唯一のギミックである3Dを失ってしまった本作に残ったのは、前に突き出す以外全く工夫のないショック描写と、大雑把な特殊メイク、同じ監督とは思えぬほど間とテンポの悪い展開のみ。更に、オッパイひとつちゃんと映さないサービス精神のなさも辛い。とっても辛い

ftth2.jpg

本作でいよいよホッケーマスクを手に入れるジェイソンさん。元がデブでチリチリの残念な男の子の持ち物なんで、今後ジェイソンさんを見る度に彼を思い出しそうです。前作から大して時間が経っていない設定にもかかわらず、前作では多少残っていた髪の毛がゴッソリいってしまったジェイソンさん。ストレスですかねぇ。素顔も随分と残念な出来になってるのも、ストレスのせいかと。この頃はまだ辛うじてダイハードな人間として描かれているので、反撃されると素直にうめき声をあげたりしてますし、時折小走りもする。しかも、ちゃんと死ぬ。まぁ、この“ジェイソンの死”と“プロレスラーの引退”は似たようなものなんですが。

ftth5.jpg
ある意味ジェイソンの生みの親

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        



タグ:ホラー ★★
posted by たお at 00:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が住んでるトコでは3Dじゃない版での公開でありましたが見世物としての映画としては結構楽しんだ記憶があります。
「いやスプラッタを赤青での立体ってもね…」
とか【酸っぱい葡萄】じゃなく素直に思えたんですがこれは思い出補正かな?(苦笑)
 
しかし毎回たお様のスクリーンショットのセンスのいい事! ラストのは笑えて笑えて。
Posted by USA-P at 2010年10月19日 21:46
USA-P様、こんにちはー♪
内容に関してはきっと思い出補正でしょうねぇw
でも、当時確かに「スゲェスゲェ」と見世物として楽しみましたよねぇ。
Posted by たお at 2010年10月20日 13:31
13日の金曜日33D は20年 過ぎると思いますがそれ以上になります。確かに、劇場版にはハラハラとするホラー映画だと思われているが面白いと、メガネ立体式で、見ていました。さすがに、興奮しました。ね そして、アメリカ購入版3D版を、現在購入しました。昔のように飛び出しが全く違うぐらい、タイトル飛び出し色合わせが無いのでむかつく怒り(ムカッ)最近の3Dはメガネ立体式が少ないのでむかつく怒り(ムカッ)ょ本当に、ブルーレ式に、なっている為に、馬鹿にしてるな。映画会社が勝手過ぎると思います。それ共日本人が勝手に3Dをしないまま通常版にすればいいと思い遣り過ぎと思いませんか。わざとしている見たいですね。勝手だよ
Posted by 田中孔治 at 2010年11月06日 01:09
田中孔治様、こんばんは!
アメリカ版を観ていないので何とも言えませんが、3Dがメインギミックの作品を2Dでしか出さないってのは、確かにアレですねぇ。どっちか選べる選択肢でもあればいいのに。スパイキッズの時みたいに。まぁ、最近のは大体選べるようですが。
Posted by たお at 2010年11月06日 02:41
すみません。もう一度書きます。金曜日3Dですがあの時は劇場版には最初見た時は、佐世保市の島の世のカズバ劇場でしだ今は現在では既に、無くし太陽感劇場版に変わって居ます。あの時では凄く迫力満点でしだそして一日なってサンああぁや
Posted by 田中孔治 at 2010年11月06日 08:04
失礼します。昨日二度メール出しましたが眠たくて訳分からずメール出して申し訳ありません。でした。13日の金曜日33Dですが、DVDになっているが確かに3Dにはなって居ないために、本当は劇場版のようにして居れば、販売も売れる恥ずかもね。人気になっていますよ今でも名作ホラー映画だと思われています。しかし。立体式に、なって居ないために、駄目作品で、売れる事されないでしょうね勝手に、立体式に、されて居ない為に、無理と思われているんでしょうよね。
Posted by 田中孔治 at 2010年11月06日 13:42
田中孔治様、こんばんは!
まぁ、3Dは“劇場で楽しむアトラクション”って考えてるんで、これが3D版で出てたらどうなるかは分からないんですが、せっかくの3Dフォーマットで作ったんだから、出してみればいいんですがねぇ。
Posted by たお at 2010年11月07日 00:12
今晩わ 久しぶりな投稿しました。俺名前変わったので、千葉正高です 最近わ、スプラッタ、ホラー映画が少なくています。そしてあのリメーク版13日の金曜日が新シリーズ1始まっては 今年に、シリーズリメーク 2が公開上映するつもりが公開拒否設定された事に、なっていましたが あんなに。そんな、事されると、見る人々が最低な事しては拒否する人には映画完成された事を黙っていたまま隠す結果では今までに、ずっと見てきた人々達は、許さないでしょうね 上映しない事しては拒否するつもりだろうが今回は3D映画だったのですね 俺反対するよこれは、侮辱としか考えられないよ 裁判所に訴えればいいよ 監督も、判決を、された方がいいよ いくらアメリカでも、馬鹿しか見てないでしょう。せっかくに、楽しみにして居たのに、普通だったら喧嘩所か、派手にやられているかもね。見る人々もいるし、カンカンに怒っているでしょうね 作っている完成された作品はきちんとして上映せろうと、思っています。どうですか、せっかく、楽しみした作品の13日の金曜日リメーク版シリーズU、3D式を 俺も見たいんだ。この馬鹿やろう。3十年間待って居たのに、ふざけているよ そして色眼鏡でも、 入れとけよテレビ式ような3Dを専門に、しやがってから馬鹿にするな このやろう。
Posted by 千葉正高 at 2011年07月02日 01:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。