2006年04月10日

ブルー・イン・ザ・フェイス (Blue In The Face)

監督 ポール・オースター/ウェイン・ワン 主演 ハーヴェイ・カイテル
1995年 アメリカ映画 85分 ドラマ 採点★★★★

良質の人情落語を聴いているかのようだった傑作『スモーク』。撮影終了後に、ちょこっと余った時間とお金を使って作り上げたのが、コレ。正直に言うと、『スモーク』より好き。なんで、DVD出てないの?

ブルックリンの街角にあるオギー・レーンの煙草屋。人種を超えた様々な人間達が行き交い、ドラマを生んだこの店がなくなるかも知れないという話が持ち上がる。

bitf3.jpg初歩的な状況設定と、10分間だけを与えられた俳優達による即興演技。ある時は楽しげに、ある時は気恥ずかしげに演じられるスケッチの間には、特に統一されたストーリー展開は存在しない。その街角の喧騒のごとき会話の数々によって、オギーが、煙草屋が、そしてブルックリンが如何に愛されているのかがヒシヒシと伝わってくる
この実験的とも言える作品が、退屈する事もなく映画として最後まで完成されているのは、ハーヴェイ・カイテル演じるオギー・レーンのキャラクターによるものが大きい。ストーリー展開上は不要だが、人物の肉付けとして重要となる無駄な動作、とっさの反応などが統一されているため、キャラクターとしてリアルで、実際ブルックリンに行けば、オギーに会える気さえしてくる。私の実家の裏手にある玩具屋の旦那も、こんな感じの人だったし。


『スモーク』のスナップ写真の如く日々遷り変わるブルックリンで、変わることなく存在し続ける煙草屋。その店内で、人々の会話を小耳に挟んでいるかのような楽しさが、この映画に溢れている。
大人になったらミッキーさんになる予定の私ですが、オギーにもなりたいです

bitf2.jpg
こういう大人になれば、モテ続けられるかな

↓↓ぽちりとお願いします↓↓
人気blogランキングへ

        
posted by たお at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 前にも観たアレ■は行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16367678

この記事へのトラックバック

まだ吸いたいな。肺臓深く。
Excerpt:  肺が激烈に痛いのを我慢していたのに、たけしのほんとは怖いなんとかなんとかというテレビ見てビビってタバコを止めて2年半。未だに吸いたい。でも他人が近くで吸っていると臭くて臭くて腹が立ってくる。でも..
Weblog: 昨日、今日
Tracked: 2006-05-12 01:21