2006年04月08日

レインメーカー (The Rainmaker)

監督 フランシス・フォード・コッポラ 主演 マット・デイモン
1997年 アメリカ映画 135分 ドラマ 採点★★

アクション映画に、何を期待しますか?崇高なテーマ?豪華なキャスト?面白いストーリー?それらが全て揃っていても、アクションシーンが腑抜けだったら台無し。火薬量がいくら多くても、危機感がなければ迫力も出ない。
では、裁判映画に何を期待しますか?

理想に燃える若き弁護士ルーディ。大手保険会社を相手取った裁判の中、暴力夫に怯える女性と出会う。

rain3.jpg

キャスティングは、ハマっている。ハマり過ぎているほどに。悪人は見るからに悪人で、やっていることも揺ぎ無く悪人だ。善人もひたすらに善人で、どんな誘惑にも負けず、自分の理想を貫き通す。と言うか、誘惑もない。理想に燃える若者が、社会に出て様々な人々に会うのだが、「彼らは彼ら。ボクはボク」と混じりあう事がないので、主人公に葛藤が生まれない。
主人公に挫ける要素がないので、ドラマ部がゆるゆる。で、裁判シーンに期待をすれば、そこもゆるゆる。言葉を武器に展開するスリルとダイナミズムが欠落しているのだ。証言が覆るような反証合戦もなければ、苦労して手に入れた証拠によって勝利する達成感もない。相手が勝手にボロを出してくれる。たどたどしい弁論の新人弁護士が、裁判中、飛躍的に弁論術が上達したわけでもなく、よくぞ勝てたなと驚くばかり。てか、誰の目にも原告側勝訴の結末が最初から見えてしまうほど、被告側が不利。格下の相手を一方的にボコボコにするヒョードルの試合を見ても、全く面白くないのと同じ。

rain1.jpg

最初から最後まで、一瞬も揺るぐことのない善人役には、確かにジミーちゃんがぴったり。でも、彼をはじめ殆んどがタイプキャストのため、印象にも残らず。唯一、ミッキーさんを除いて。現実社会を象徴する悪徳弁護士を演じるミッキーさんは素晴らしい。昨日と同じセリフで申し訳ないんだけど、あーゆー大人になりたいです

rain2.jpg
いくらでも大問題になりそうなシーンなのに、あっさりと

↓↓ぽちりとお願いします↓↓
人気blogランキングへ

        
タグ:★★ ドラマ
posted by たお at 02:46 | Comment(0) | TrackBack(2) | 前にも観たアレ■ら行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16293227

この記事へのトラックバック

1998年6月28日(日) 「絆−きずなー」「レインメーカー」
Excerpt: 日劇東宝で「絆−きずなー」(no.89)を観る。 タイトルどおり絆をめぐる映画だ。それは「家族の絆を断ち切られた者たちの絆」だ。 幼い頃両親をなくし施設で育った伊勢が、一緒に暮した仲間・慎二..
Weblog: 大いなる遡行(アスランの映画クロニクル)
Tracked: 2006-04-10 00:25

「レインメーカー」フランシス・フォード・コッポラ
Excerpt: 私の世代でコッポラ監督作品といえば飛びついて観たくなるものなのですが、実はこの作品が作られた事も知りませんでした。 コッポラと言えば「地獄の黙示録」「ゴッドファーザー・シリーズ」そして「アウトサ..
Weblog: 藍空
Tracked: 2006-05-01 08:48