2010年09月16日

ギャラクシー・クエスト (Galaxy Quest)

監督 ディーン・パリソット 主演 ティム・アレン
1999年 アメリカ映画 102分 SF 採点★★★★

小学生になる息子が、TVやDVDを観てると「これって、CGだよね?」って聞いてくるようになった。ついこの間まで、ウルトラマンショーに行けば「なんで、ここのウルトラマンは小さいの?」って聞いてきたり、スター・ウォーズを観れば「おっきくなったら、オビワンになるー!」って棒振り回してたのに。ちぇっ、なんかつまんないの

gaqu4.jpg

【ストーリー】
放送終了してもなお熱狂的なファンを持つSF番組“ギャラクシー・クエスト”の出演者たちは、各地で行われるコンベンションで食いつなぐ日々を送っていた。そんなある日、「侵略者から守って欲しい」と、彼らの番組を真実と信じ込んだ異星人が現れる。

gaqu3.jpg

“スター・トレックのパロディ”か“スター・トレック版サボテン・ブラザース”の一言で説明できそうで、実の所全くそんなんじゃ済まない傑作SFコメディ。
パロディとして笑いを取るだけではなく、ディーン・パリソットが“名探偵モンク”などのTV畑の監督の為か、スター・トレックを始めTV番組そのものに対する愛情がギューギューに詰まった本作。基本嘘をつくのが仕事である俳優に、純真無垢だった視聴者を象徴する嘘の概念がない異星人を絡ませ、全く噛み合わない会話のキャッチボールで笑わせながら、心情の変化を盛り込んでいく巧みな展開。その過程で、きちんと性格付けされたメインキャラクター達の成長もしっかり描かれているので、上辺だけの笑いに終わらず、「あぁ、こんな世界が本当にあったらなぁ」と思いながら食い入るようにTVを観ていた頃を思い出させてくれる。そんな思いがピークに達するタイミングを見計らったかのように発せられる「あれは現実なんだ!」って台詞は、もう最高の感涙ポイント。ある意味、ブラウン管の向こうから自分の名前を呼ばれたかのような感じ。

gaqu2.jpg

達観しちゃったのか根が前向きなのか、置かれた現状を目一杯楽しむ艦長役に『団塊ボーイズ』のティム・アレンに、まさかのお色気担当だが、それがビックリするくらいハマってた『バンテージ・ポイント』のシガニー・ウィーヴァー、スポックを演じるのがどんなに精神的に辛いかを痛感させてくれる『パフューム ある人殺しの物語』のアラン・リックマンと、素晴らしい顔ぶれが見事な仕事を見せてくれる本作。
後に“名探偵モンク”が当たり役となるトニー・シャルーブや、絶品の三枚目役を見せる『チャーリーズ・エンジェル』『月に囚われた男』のサム・ロックウェルらも良いのだが、圧倒的な印象を残すのは、あまりにあちこちズレ過ぎていて一個一個指摘が出来なくなる異星人役に扮した、エンリコ・コラントーニと『アレックス・ライダー 』のミッシー・パイルの怪演。ついつい真似したくなるのだが、真似をすればするほど危険人物に近づくので要注意。
ROCKER 40歳のロック☆デビュー』のレイン・ウィルソンと、『スペル』『ジーパーズ・クリーパーズ』のジャスティン・ロングのデビュー作でもある本作。レイン・ウィルソンはそこに立っているだけって印象だったが、オタクに扮したジャスティン・ロングは、デビュー作にしてハマり役

gaqu1.jpg
誰かキャプテン・ウルトラでこんな感じの作ってくれないかなぁ

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
blogram投票ボタン   人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 02:03 | Comment(16) | TrackBack(10) | 前にも観たアレ■か行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
古い記事を臆面も無くTBさせて頂きました。

夢を壊さないようにしなきゃならない俳優って、本当に大変ですよね。
特にヒーローショーとか、信じて応援してくれる子供の目の前で戦わなきゃならないし。

レイン・ウィルソンとのジャスティン・ロングのデビュー作とは知りませんでした!
後で見直さなければ!!!
Posted by 哀生龍 at 2010年09月16日 06:37
この映画も大好きですわ〜 一見登場人物が多そうなのに一人一人のエピソードや見せ場を積み重ねての伏線までキッチリ回収しての大団円、尺も含めて無駄も不足も無い娯楽としてのエンターテイメントとしてよく出来てましたよね…  

しかし字幕翻訳がかの女王のせいで「The show must go on!」を「お前それでも役者か!」とか、観ててゲンナリしたものです。アメリカでは既にBlu-rayが出てるんで日本版を出す時にはサックリ字幕、改善して欲しいですわ…(っても『ブルース・ブラザース』とか改悪されたのもあるから油断出来ないんですよね、あぅ)
Posted by USA-P at 2010年09月16日 22:48
評判は聞いていても馬鹿臭そうだなと敬遠していたのですが、実際見てみたらすんなりと世界に入り込めて気付いたら皆を応援していました!名作だけあるなと。
メインキャストもいいですが(アランリックマンの妙にリアルな感じとか笑)モンクさんやジャスティンロング、サムロックウェルがまた良い味だしてますよね〜。
特にサムロックウェルの芸達者ぶりが良くわかります。
Posted by ソク at 2010年09月17日 02:23
哀生龍さま、こんばんはー♪
昔いた会社で、東映からなんとかレンジャーの着グルミだけを借りて、中に入って写真会したことがあるんですが、その際にも約束事がいっぱいでしたよー。「キメのポーズはこれで、最後はこうするように」とか色々。
ホント、ヒーローは大変だぁ。。。
Posted by たお at 2010年09月18日 02:15
USA-P様、こんばんはー♪
いやぁ、ホント面白いですよねぇ。
なにやら隠れた名作扱いになってるようですけど、シガニー・ウィーヴァーが出てても隠れてるって・・・。
女王さまはもう、あの歳で変わる事もないでしょうから、仕事をあげるってことでソフト化の際に若手とかがシッカリやってくれればいいんですがねぇ。
ブルース・ブラザースの一件はちょっと分からないんで、今度確認してみますー
Posted by たお at 2010年09月18日 02:30
ソク様、こんばんは!
良い映画なんですよねぇ、これ。
脚本も良く出来てる。
いつまでも隠れた名作にしておくのはもったいないですよねぇ。
Posted by たお at 2010年09月18日 02:32
これは深夜放送で観ました。

しょっぱなの何分かを見逃したのですが、途中で止められないくらいハマりました。

ティム・アレンもアラン・リックマンもシガニーウィーバーもよかった。
ジャスティン・ロングもよかった。
これがデビュー作とは知りませんでした。

上の写真を見て初めて気づいたんですが、宇宙人の女性、ミッシー・パイルじゃないですか。
私にとっては「チャリチョコ」のバイオレットのママ。
Posted by KGR at 2010年09月20日 21:50
うは、これは名作です。(断定です)
アラン・リックマンはセルフパロディなんでしょうかね?あの役作り。
サム・ロックウェルは(おお、「月に囚われた男」観なくっちゃ。)出演作選んでるな、という感じがします。
それにしても、たおさんのレビューは面白いです、つくづく。
Posted by sheknows at 2010年09月20日 23:09
KGR様、こんばんは!
ミッシー・パイルを初めて観たのがコレなんで、もう何を観てもタコ星人なんですよねぇ^^;
Posted by たお at 2010年09月21日 02:19
sheknows様、こんばんはー!
えぇ、これは名作です!
確定です!
この当時のアラン・リックマンというと、案外まだ変な顔でビルから落っこちてく印象が強かったのかもしれないですねぇ。これ以降弾けますが。
褒められても図に乗るだけなのでアレですが、正直休み過ぎててまだまだ調子が戻らないんですよねぇ。
なので、今のところは「如何に短く終わらせるか」を課題に。
Posted by たお at 2010年09月21日 02:24
TBありがとうございました。
スタートレックのパロディだと聞き観た作品でしたけどSF映画の傑作でした。
久しぶりにまた観てみたくなりました。



Posted by モリー at 2010年09月25日 22:53
モリー様、こんにちは!
ただのパロディのようでいて、TV愛もたっぷり、現状の厳しさをしっかり描きつつも夢たっぷりと、ホントよく出来た作品ですよねぇ。
Posted by たお at 2010年09月26日 13:53
TBありがとうございました。名だたる役者さんたちが大真面目に演じれば演じるほど可笑しくて、そして作品に対する愛も感じられて?なかなかの映画だと思います!

余談ですが私もデヴィッドといえばボウイ派です。サブタレイニアンといえばホームシックエイリアンですか?(汗
違っていたらごめんなさい。
失礼しました〜〜。
Posted by J美 at 2010年09月27日 15:48
たおさん今晩はTBコメありがとうエコーさせていただきます

この作品は私も大好きな作品です今見るとすごい豪華なキャスティング
なのですが、エイリアン役のミッシー・パイルさんはこの作品を
見て好きになりました。
スタートレックやSF映画に対する愛を感じる作品ですね
Posted by せつら at 2010年09月27日 18:01
J美さま、こんばんは!
SFパロディにこの顔ぶれ!?って感じもありますが、この愛に溢れた脚本読んだら出たくなりますよねぇ。
ちなみに、サブタレイニアンと言えばジャングルやらホームシックエイリアンやらがメインどころなんでしょうけど、ボウイのアルバム『ロウ』に入ってるサブテラニアンズから取ってるんです^^;
Posted by たお at 2010年09月28日 02:14
せつら様、こんばんは!
この映画でのミッシー・パイルの印象が強過ぎて、もう何を観てもタコ星人に。。。
Posted by たお at 2010年09月28日 02:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ギャラクシー・クエスト
Excerpt: 20年前に放映していたTVシリーズ「ギャラクシー・クエスト」。未だにオタッキーなファンに支えられ、ファンの集いや開店イベントに呼ばれている。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2010-09-16 06:30

TV上映「ギャラクシー・クエスト」
Excerpt: 一応、映画に仕分けしておきます。 たまたま放送中のところを偶然見て、 途中からでしたがキャストに惹かれてそのまま最後まで見てしまいました。 明らかにTVシリーズの「スター・トレック」のパロディです..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2010-09-20 21:38

GALAXY QUEST
Excerpt: ギャラクシー★クエスト 監督:ディーン・パリソット 出演:ティム・アレン、シガニー・ウィーバー、アラン・リックマン、トニー・シャローブ、サム・ロックウェル 1999年 アメリカ 以前の業績..
Weblog: 引き出しの中身
Tracked: 2010-09-20 23:09

【映画】ギャラクシー・クエスト
Excerpt: <ギャラクシー・クエスト を観ました> 原題:Galaxy Quest 製作:1999年アメリカ 気楽に観られるコメディで、ちょっと製作にこだわりのある作品が観たくて(贅沢な!)、ツタヤで20分..
Weblog: ★紅茶屋ロンド★
Tracked: 2010-09-21 23:17

『ギャラクシー・クエスト』(1999)
Excerpt: 放送終了後20年近くを経た今でも、多くの熱狂的ファンを持つSFドラマ『ギャラクシー・クエスト』。その後は泣かず飛ばずの出演者たちだが、今日もファン大会が開かれ、ゲストとして参加していた。 ただこの番..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2010-09-25 09:30

■ギャラクシー・クエスト
Excerpt: 原題「Galaxy Quest」 1999年 公式サイト SFものTV人気シリーズ「ギャラクシー・クエスト」は、20年経った今でも、熱狂的なファンに支持されていた。そんなファンの熱い思いとは裏腹に、..
Weblog: kei☆の独り言;Blog
Tracked: 2010-09-25 16:58

ギャラクシークエスト
Excerpt: すっーごいおもろかった!!もうテーブルを叩きながらみてしまうほどでした。 なんたってスタートレック見ている私にとっては、最高に笑えるコメディー?
Weblog: 海外ドラマ☆SFワールド
Tracked: 2010-09-25 22:14

「ギャラクシー・クエスト」
Excerpt: 読売新聞の日曜版のDVD紹介コーナーに出てました・・・ 観てみました・・・。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2010-09-27 01:59

『ギャラクシー・クエスト』
Excerpt:  制作年:2000年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:102分  配給:ソニー・ピクチャーズ  監督:ディーン・パリソット  主演:ティム・アレン      シ..
Weblog: La.La.La
Tracked: 2010-09-27 18:03

ギャラクシークエスト Galaxy Quest
Excerpt: 映画「ギャラクシークエスト」を音声と字幕を英語にして見ました。 英語の難しさ  2  ★★☆ 映画の面白さ  3  ★★★ 宇宙を舞台にしたSF映画です。 英語はわかりやすく、セリフと字幕..
Weblog: 元ニートの英語勉強日記
Tracked: 2011-01-18 21:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。