2010年08月26日

イヤー・オブ・ザ・ドラゴン (Year of the Dragon)

監督 マイケル・チミノ 主演 ミッキー・ローク
1985年 アメリカ映画 134分 アクション 採点★★★

仕事柄いろんなお店を渡り歩いた私。で、着任後すぐに疑問点や不備をリストアップし、スタッフ共々改善に向けて進もうとすると、往々にして上がってくる意見が「ウチは昔からこうやってきたんです!」ってやつ。“昔からそうなんだからいいんだ”って根拠も良く分からないし、「今上手くいってないじゃん」って疑問や、「そもそも、それがダメだから私が来たんだよ」って言いたいのも我慢して、こんこんと説明から始める毎日。なんか、慣れって嫌ですねぇ。

yotd2.jpg

【ストーリー】
ニューヨーク、チャイナタウン。この地に赴任してきた刑事スタンリーは、チャイニーズマフィアの新時代を築こうと企む若きドン、ジョーイ・タイを相手取って、マフィア撲滅に向けた熾烈な争いを繰り広げていた。しかし、マフィアの魔の手はスタンリーの家族にまで及び…。

yotd1.jpg

キングコング』『フラッシュ・ゴードン』の豪腕プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティス製作、『天国の門』で伝説的な大失敗をやらかしたマイケル・チミノ監督による、チャイニーズマフィアの実態を描いたアクション。脚本は、『JFK』のオリヴァー・ストーン。
メジャー映画として、初めてチャイニーズマフィアの実態をリアルに描いた作品として話題になった本作。マイケル・チミノらしい、大量のエキストラがチャイナタウンを埋め尽くす冒頭から強烈なバイオレンス描写が連続し、実際の出来事をベースにしたであろう事件の数々や、何かにつけて歴史の長さを誇示するチャイナタウンの日常描写も豊富。ただあまりに豊富すぎて、肝心のストーリー展開が冗長。反面、組織の描写は思いのほか質素で、そのトップから末端に向けた指令の流れや役割分担があまり分からず、リアリティがイマイチ湧いてこない。主人公がなぜそこまでチャイニーズマフィアを目の敵にするのか、なぜそんなに闇雲に不機嫌なのかが、“ベトナム戦争”ってキーワードを与えられても分かりにくい人物描写も、若干辛い。

yotd4.jpg

本作でブレイクし、日本でも人気の高かった『シャドー』『ローグ アサシン』のジョン・ローンが、知性と凶暴さを兼ね備えた若きドンを熱演。主人公を遥かに凌ぐ強烈な存在感と印象を残す。
で、そのジョン・ローンに食われっぱなしの印象が強かった主人公に扮するのが、当時ハンサム期絶頂にあった『エンゼル・ハート』『キルショット』のミッキー・ローク。原動力が正義感なんかじゃなく、ただ「なんか面白くない」という主人公は、当初ジェフ・ブリッジスやニック・ノルティを想定して書かれていたようだが、なんだかんだと『天国の門』繋がりでミッキー・ロークに。彼特有の空気が抜けるようなささやき声で凄んでみたり、髪を白髪に染めてみたりと頑張ってはいるが、如何せんまだ20代。結果的に、若いんだか老けてるんだかさっぱり分からない年齢不詳の主人公に。奥さんと並ぶと親子のように見えますし。その髪型のせいで、時折井上順にも見えてしまう本作のミッキー・ローク。もちろん今のミッキー・ロークなら見事にハマるんでしょうが、この頃は色々と頑張ってた頃だってことで。

yotd3.jpg
背伸びしたくなる年ごろ

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ   blogram投票ボタン

        

        



posted by たお at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。