2010年08月19日

デヴィッド・ボウイ/クークス&ボーイズ・キープ・スウィンギング (David Bowie/Kooks&Boys Keep Swinging)

プロフィールにもある通り、デヴィッドと言えばボウイの私。シルヴィアンもクローネンバーグもリンチ捨て難いが、やっぱり断然ボウイ。映画内にボウイの曲が流れるなり、本人が登場するなり、写真一枚でも出てくれば「キャー!」ってなって、レビューに無理やりボウイ話を捻じ込んでしまいます。
そんなもんで、前回書いた『月に囚われた男』には特別な思い入れが。ところが、レビューを書きながらいつものボウイ話を捻じ込んでみるも、どうもシックリこない。“スペース・オディッティに於けるトム少佐の孤独がどーのこーの”とか、“『地球に落ちてきた男』と対になっている邦題がいいねぇ”とか、“あの坊やがこんなに立派になって”とか書いてみたものの、なんとも場違いな気が。やっぱり、息子とはいえダンカン・ジョーンズという一個人の作品だし、そこに親父の話を盛り込むのはボウイファンとして「なんか違う」と思ったんで、レビューからはボウイの話はほぼカット。ただし、ダンカン・ジョーンズを語る上でボウイを外す事は出来ないのも事実なので、今回この記事を。まぁ、オマケみたいなもんですね。

で、ボウイとダンカンの関係を語る上で外せないのが、1971年に発売された『ハンキー・ドリー』収録の“クークス”と、1979年に発売された『ロジャー』収録の“ボーイズ・キープ・スウィンギング”の2曲。どちらも愛息子ダンカン(ゾウイと言った方がシックリきますが)に捧げられた曲。

“クークス”では、「君のためにへんてこなベビーベッドもトランペットも靴も色々いっぱい買ったよー!」と初めての子供に浮かれるボウイの気持ちがストレートに歌われ、一方、ギタリストにドラムをドラマーにベースを弾かせ、子供が初めての楽器で遊んでいる雰囲気を出した“ボーイズ・キープ・スウィンギング”では、男の子に成長した息子に対し「制服も着れるし、車の運転も覚えるし、なんと言っても彼女が出来る!幸運は君の物だよ!」と、明るい未来を歌い上げるボウイ。すっかり親バカ
そんなダンカンも、今では期待される映画監督の一人に成長。本人も「一人前になったら、親父に正式に出演依頼したい」と言ってるようで。パパもきっと待ってるはず

【クークス】


【ボーイズ・キープ・スウィンギング】



↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

        



タグ:音楽
posted by たお at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。