2010年07月25日

40男のバージンロード (I Love You, Man)

監督 ジョン・ハンバーグ 主演 ポール・ラッド
2009年 アメリカ映画 106分 コメディ 採点★★★★

年々知り合いこそ増えるも、“友達”と呼べる関係になる人はさっぱり増えない、たおです。まぁ、元々人見知りだし、女の人と話してた方が気が楽ってのもありますが、やっぱりたまには友人と何もかにもあけっぴろげにして「ウワァー!」と騒ぎたいもので。ただ、この歳にもなると大抵“家庭”が絡んできて、そう易々とバカみたいに遊び呆けるわけにもいかないんですよねぇ。

ilym5.jpg

【ストーリー】
結婚を間近に控えたピーターは、ふと花婿付添人を頼めるような親友が誰もいない事に気づいてしまう。「これはいかん!」と親友作りに励むピーターだが、なかなか友人と呼べるような男性に巡り合えない。そんな中、ひょんなことで知り合ったシドニーと意気投合。二人でバカ騒ぎに明け暮れるが、その結果婚約者との関係がギクシャクし始め…。

ilym2.jpg

何回観ても、面白いなぁ
社会に出て結婚をし、ふと考えると学生時代のようにバカ騒ぎ出来る親友がいなくなってることに気付く、そんな中年男性の誰にも起こりがちな身近な題材を描く本作。男同士で遊び呆ければ彼女と上手くいかなくなり、彼女の為に親友と縁を切れば、気が沈む。作りはすっかり“男同士のラブコメディ”。
ベクトルこそ違うが、『大災難PTA』を彷彿させる本作。男と男の間に発生する“ラブ”を描いているのだが、敢えてゲイ的な香りを避けずに、その境界を曖昧にし大きな括りでの“ラブ”を表現。まぁ実際、男同士の友情も愛情も、根っこにあるのは一緒だと思いますし。
展開こそラブコメディの定番から一歩も外れない作りなのだが、そこに男同士がダラダラとカウチでだべってるような心地よいルーズさや、「このままが楽しいけど、そうも言ってられないなぁ」と考えさせられるアパトー風味が加わることで、登場人物と観客の立ち位置がより近づくことに。

ilym1.jpg

父親よりも母親との関係の方が良好で、素直で細かい気遣いが行き届き、『ショコラ』と『プラダを着た悪魔』をこよなく愛する女性的な一面が強いので、女性の輪の中にはすんなりと溶け込むが、人目を気にして弾けることも下品になる事も出来ないので、男の中には全く溶け込めない主人公ピーター。女性にとってはゲイ友のような“安全圏の男性”。高確率で“良い人”呼ばわりされる人。そんなピーターを演じるのは、アパトーギャングの面々の中では“普通の人”を担当する事が多い、『40歳の童貞男』『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』のポール・ラッド。まさに、うってつけ。
一方、細かい事はさして気にせず、男の子の夢が詰まった部屋で下品かつお気楽に日々過ごすシドニー。結婚を前提としない付き合いには最適。友達想いだが、その想いが一方通行になりがちなシドニーを演じるのが、アパトーギャングの脱ぎ担当、『寝取られ男のラブ♂バカンス』のジェイソン・シーゲル。これまた、うってつけ。そんなルーズな体型以外は共通点がなさそうな二人だが、息のピッタリと合った掛け合いと素のようなはしゃぎっぷりに、こちらもつられて楽しくなってしまう。
そんな彼ら以外にも、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』『ファンボーイズ』のジョー・ロー・トルグリオ、『アイアンマン』『エルフ 〜サンタの国からやってきた〜』の監督でも知られるジョン・ファヴロー、『DOA/デッド・オア・アライブ』のジェイミー・プレスリー、超人ハルクご本人と、作品を存分に盛り上げてくれる顔ぶれが揃っているが、なんと言っても“サタデーナイト・ライブ”のジェーン・カーティンを観れたのが、とにかく嬉しい。たとえ頭がとんがっていなくても、暴走するニュース解説者に苦笑いをしていなくても、作品内で笑わせてくれるシーンが皆無でも、嬉しいものは嬉しいもんで。

ilym3.jpg
マンデートのお手本

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 03:16 | Comment(6) | TrackBack(5) | 前にも観たアレ■さ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆
早速のコメントありがとうです!

これ気になってるんですよね〜
40歳の童貞男は笑えなかったけど、
関わってるメンツみたら面白そう。
40歳の〜ってシリーズ化しちゃった感じですね(笑)
Posted by mig at 2010年07月26日 00:16
mig様、こんばんは!
若干下品さは低めなので、大丈夫かも。
にしても、ホントに“40歳の〜”って多いですねぇ。いよいよ私の時代がやってくるのか!?www
Posted by たお at 2010年07月26日 04:19
“普通の人”担当と“脱ぎ”担当(爆)
確かに!!
彼女の女友達とは上手く行くタイプの男と、彼女の女友達には紹介されないタイプの男。 反対の位置にいる男同士のラブコメが上手く成り立ってるのは、この年齢だからってのもあるんでしょうね。

>たとえ頭がとんがっていなくても〜〜
ギルダ・ラドナーがいてくれたら・・・と(涙)
Posted by 哀生龍 at 2010年07月26日 11:24
哀生龍さま、こんにちは〜♪
天然キャラのギルダが脇に居てこそ、ジェーン・カーティンの苦笑いが映えるんですよねぇ。寂しい限りで。
Posted by たお at 2010年07月26日 16:44
トラックバックありがとうございました。

ジェイソン・シーゲルいいですよね。
この映画の身近な感じっていうか親しみやすさっていうか、いろいろな面においておもしろかったです。

ジョン・ファヴローが最近、私の視界によく現れます。
ウィンブルドン、アイアンマン2、とこれと偶然3本続けてみたので。
エルフ〜も好きな映画です。
Posted by 海外ドラマにあ at 2010年07月27日 17:05
海外ドラマにあ様、こんばんは!
実際身の回りに居なくても、なんか仲間内の一人に居そうな気がするんですよねぇ、ジェイソン。
Posted by たお at 2010年07月28日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

40男のバージンロード
Excerpt: 付き合って8ヶ月のゾーイ(ラシダ・ジョーンズ)にプロポーズをしたピーター(ポール・ラッド)だったが、1つだけ問題があることに気付かされてしまった。
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2010-07-26 11:04

40男のバージンロード  I LOVE YOU, MAN
Excerpt: これねー実は予告編でかなり前からチェックしていた作品だったのですよ。タイトルは「I Love You, Man」だったのだけど、まさか邦題でこう変わるとは思ってなかったわ^;損してると思うな〜 ..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2010-07-27 16:34

『40男のバージンロード』'09・米
Excerpt: あらすじプロポーズにOKの返事をもらって有頂天のピーター。だが、男の友人が一人もいないことに気付いた彼は結婚式に同行してくれる親友探しを始めるが・・・。感想下柳剛42歳...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2010-07-27 20:42

『40男のバージンロード』 (I Love You, Man)
Excerpt: ピーター・クレイヴンは不動産仲介人で、理想の女性ゾーイにプロポーズを承諾してもらって有頂天であった。しかし彼には結婚式の花婿付き添い人になってくれる男友達がいないことに気づく。かくして親友探しを始める..
Weblog: Mooovingな日々
Tracked: 2010-07-27 21:02

40男のバージンロード  I LOVE YOU, MAN
Excerpt: ポール・ラッドっといっても、「それ誰?」ってな感じで、御存知の方は少ないんじゃぁないでしょうか?                  {/good/}{/face_heart/}  以前ジェニファー・..
Weblog: 映画の話でコーヒーブレイク
Tracked: 2010-07-28 14:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。