2010年07月23日

ROCKER 40歳のロック☆デビュー (The Rocker)

監督 ピーター・カッタネオ 主演 レイン・ウィルソン
2008年 アメリカ映画 103分 コメディ 採点★★★★

もうかれこれ20年近くも前になっちゃうんだけど、バンド活動に勤しみまくっていた私。そこそこの会場で、そこそこのライブをやっていただけにもかかわらず、「コレで食っていけんじゃね?」と甘い夢を見ていたもので。無論甘い夢のままで終わって、徐々にバンド活動からも離れ現在に至るんですが、未だに「バンドやりてぇなぁ」と思う事も多々。ただまぁ、この歳になっちゃうと、若い連中に混ざれば「ロックを頭で考えるんじゃねぇ!」って怒鳴ってしまいそうだし、同世代で集まれば「何でやる曲まで歳に合わせなきゃなんねぇんだ?」と絡んでしまいそう。あぁ、どっかに都合のいいバンドメンバーいないかなぁ?

thro4.jpg

【ストーリー】
20年前、メジャーデビュー直前にバンドをクビになってしまった、ドラマーのフィッシュ。かつての仲間たちが世界的スターとなっていく一方、フィッシュは職も家も失いどん底に。そんな折、急遽ドラマーが必要となった甥のバンドに加入したフィッシュの映像が動画サイトで話題となり、それをきっかけに念願だったデビューを飾るのだが…。

thro5.jpg

ビートルズからデビュー直前に追い出されたドラマー、ピート・ベストの物語をざっくりとベースにした、『フル・モンティ』のピーター・カッタネオ監督、『ナイト ミュージアム2』のショーン・レヴィ製作によるコメディ。
ふと『ガレージ・デイズ』も思い出してしまうが、大人になりきれないと言うか、なることを拒否している主人公や、登場している顔ぶれに、ほんのりとアパトーギャングの作品の香りもする本作。かと言って、ジャド・アパトー絡みの作品のように観終わった後に「あぁ、俺もそろそろしっかりしなきゃなぁ」と思うようになるかと言えば、そんなことは全くないあっさりとした作り。
多少の浮き沈みはあるものの、基本的に主人公らが順風満帆のまま終わる本作。ダメ男の再起物語としてもロック映画としても、定番内にキッチリと収まってしまう、非常におとなしい出来。ただ、その物語の土台が安定しているからこそ、世代によるロック感の相違を中心とした笑いの数々に高い瞬発力が生まれ、結果、小気味良く笑っているうちに作品が終る軽快なスピード感が生まれることに。
確かに当たり障りのない作品ではあるが、バンドの中心メンバーとしても出演しているテディ・ガイガーによる楽曲も思いのほか良いし、一時甘い夢を見ていた私のような人間にとって、ファンタジーのまま終わる本作は、まるで一服の清涼剤のような感触だったので、甘めの評価。

thro3.jpg

全身からダメ中年臭を漂わせるフィッシュ演じるのは、『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』『Gガール 破壊的な彼女』のレイン・ウィルソン。あっさりとコッテリを混ぜ込んだ笑いで、存分に打ちのめしてくれるのだが、一旦中川家礼二に見え始めると、顔ばかりか声まで中川家礼二に聞こえてしまうことも。TV放映の際は、是非吹替えをお願いしたい。
そのほか、『スーパーバッド 童貞ウォーズ』からそのまんま出てきたかのようなエマ・ストーンや、今回は随分とおとなしい『40歳の童貞男』のジェーン・リンチらが、本作にほんのりとアパトー風味を加える一方、ピート・ベスト本人もこっそりと登場。
かなりのつわものママを演じていた、『ビッグ・ヒット』『俺たちニュースキャスター』のクリスティナ・アップルゲイト。見た目こそなんか“量産型ジェニファー・アニストン”みたいになってましたが、そんな風貌とは裏腹に、「昔パンクバンドやってたのー」っていう劇中での台詞同様、実際にパンクス上がりなんですねぇ。これまた劇中同様ギターヒーローが大好きらしく、やり過ぎて腱鞘炎になったとか。筋金入りですねぇ。

thro1.jpg
この構成だと、高確率で男女関係で揉めるよ

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

        

        



posted by たお at 02:51 | Comment(6) | TrackBack(2) | 前にも観たアレ■ら行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ〜 たおさんご自身がバンドをやられていたんですね!
哀生龍はもっぱら聞くほうです。

>ファンタジーのまま終わる本作
この作品は、これでいいんですよね♪
夢は夢のままに、現実的に一歩前に進むタイプの作品もいいけれど。
見る側の年代によって感じ方がかなり違う作品なんだろうな、とは思いつつ・・・
Posted by 哀生龍 at 2010年07月23日 06:18
こんにちは♪
この作品お気に入りなんです。
流れる楽曲も良い曲が多いですよね。
これ観た時はDVD発売がなくてガッカリしてたんですけど発売されるんですね。
買わなきゃ!

ははは、確かに中川家礼二に見える(笑)
Posted by yukarin at 2010年07月23日 13:09
哀生龍さま、こんにちは〜♪

なまじ他人事に思えない分、すっきりとさせてくれた映画でしたねぇ。
またバンドがしたくなりましたよ!
Posted by たお at 2010年07月23日 14:31
yukarin様、こんにちは〜♪

大手独占レンタルしてから販売って流れはあんまり好きじゃないんですが、とりあえず発売されて良かった良かった。
今ではすっかり“主演 中川家礼二”に脳内変換されてます。
Posted by たお at 2010年07月23日 14:33
中川家礼二!ほんとだ 見えるっっ
うっわー。レイン・ウィルソンを見たら中川家礼二になっちゃうよ〜〜〜
☆たおサン、バンドマンしてたんだ。
幼稚園から中学迄バリバリのクラッシックピアノを弾いてて何故か突然ジャズピアノに行ってしまった私。
いわゆるPOPSからROCKも弾く♪
そういう者としては音楽も楽しめた
ちょっと「ありえない」主人公
びみょーなヘタレっぷりが楽しめた
がははははは
量産型ジェニファー・アニストンみたいな・・・ってウケる〜〜
実は♪♪cdを持ってる私なのだっ
(*^-゚)vィェィ♪
Posted by q 実は音楽一家 at 2010年11月21日 23:08
q様、こんばんはー!
もう私の中では“レイン・ウィルソン=中川家礼二”です。直結です。
音楽をかじった者としては、嫌いになれない魅力がある作品でしたよねぇ。
サントラも良かったですし。
“量産型”とか“廉価版”とかは、私の口の悪さゆえにってことで^^;
Posted by たお at 2010年11月22日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ROCKER 40歳のロック☆デビュー
Excerpt: The Rocker 1986年。 ロックバンド“ヴェスヴィオス”はブレイク寸前だった。 マッチブック・レコードが出してきた条件“社長の甥を加える”を、メンバーは泣く泣く飲んだ。 こうして、ドラマー..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2010-07-23 06:03

ROCKER/40歳のロック☆デビュー [DVD]
Excerpt: 【ROCKER】 2008年劇場未公開 アメリカ 103分監督:ピーター・カッタネオ出演:レイン・ウィルソン、クリスティナ・アップルゲイト、ジェフ・ガーリン、ジョシュ・ギャッド、テディ・ガイガー、エマ..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2010-07-23 13:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。