2010年07月05日

アドベンチャーランドへようこそ (Adventureland)

監督 グレッグ・モットーラ 主演 ジェシー・アイゼンバーグ
2009年 アメリカ映画 107分 ドラマ 採点★★★★

初めてバイトらしいバイトを始めたのが、大学に入ったばかりの頃。“働く”ってこと自体が初めてみたいなもんだったんで、既に働き始めていたバイト先の人間が、年齢の上下関係なく自立した大人に見えたもので。既婚者なんてもう、“ザ・大人”。で、何年か働いた後、自分もそんな大人になったかと言えば、全くそんな感じもせず。若い連中と働いても、「若いなぁ」と思う以外はそんなに距離感を感じもしない。まぁ、向こうはそう感じてはいないんでしょうけど。

adve4.jpg

【ストーリー】
親の都合で学費の一部を工面しなければならなくなったジェームズは、地元のさびれた遊園地でアルバイトをすることとなる。低賃金のうえにバイト仲間は変わり者ばかりという環境で気分が乗らないジェームズだったが、エムという名の美少女と親しくなっていき…。

adve2.jpg

傑作『スーパーバッド 童貞ウォーズ』グレッグ・モットーラによる、1987年を舞台とした青春物語。
学費と卒業旅行代は親頼み、新生活の拠点となるアパートは友人頼りという他力本願気質で、大学を卒業する歳だというのにバイトもしたことなく、しかも童貞という全てにおいて出遅れている主人公が、学校生活とも家庭生活とも違う、“バイト先”という新たな世界に足を踏み入れ成長していく姿を描いた本作。
登場人物が抱える問題は、小さくもないが大き過ぎでもない、ただ抱える当人にとっては十分に重過ぎる。その等身大の問題の数々の中で主人公が成し遂げる成長も、決して飛躍的なものではなく、童貞らしい“3歩進んで2歩下がる”的な歩幅。ただ、その小さな成長の一歩は、いずれ振り返った時にその大きさに気付く重要な一歩でもある。そんな登場人物を見つめる作り手の視線が、まるで自分の記憶の中にある“誰か”を振り返っているかのような温かさと懐かしさに溢れており、それが観ている側の頭の中にある“あの時、あの人”を思い出させてくれる。
ファルコの“ロック・ミー・アマデウス”を1日20回聴かされるのは拷問以外の何物でもないが、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドやキュアらの楽曲の使い方も、非常に上手い。ボウイが流れてきて「うわぁーい!」となるのはいつもの事なのだが、それに加えジーザス&メアリーチェーンやらINXS、リプレイスメンツにクラウデッド・ハウス、ニック・ロウらと、まるで当時自分が作っていたカセットを聴いているかのような選曲も、これまた嬉しい。

adve3.jpg

理想と現実の見極め方がいまいちフワフワしている、いかにも童貞な主人公を演じるのは、『ハンティング・パーティ』でも理想と現実の間でふわふわしていたジェシー・アイゼンバーグ。そんな主人公にとって、親と先生以外で初めて出会う大人の象徴であり、“大人と言ったって何歳になっても実際は大人になりきれない”象徴でもあるコンネル役に、『悪魔の棲む家』『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』のライアン・レイノルズが好演。
また、本作のコメディリリーフとして登場シーン全てに強烈な印象を残す、『寝取られ男のラブ ♂バカンス』『ナイト ミュージアム2』のビル・ヘイダーの往年のダン・エイクロイドを彷彿させる芸風も見事の一言なのだが、やはり本作は、ちょっぴり大人で影のある美少女エムを演じる、『ゴースト・ハウス』のクリステン・スチュワートの魅力に尽きる。「ついこの間パニックルームに逃げ込んでギャーギャー騒いでた小娘が、いつの間にこんないい女に成長したんだ?」と驚くも、自分的には“ついこの間”でしかない本作が舞台の1987年には、まだ彼女は産まれてもいないという事実に、そりゃあ成長するよなぁと。

adve1.jpg
たかだか“バイト先の出会い”でも、一生を左右する事すら

↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

        

        
posted by たお at 02:12 | Comment(2) | TrackBack(9) | 前にも観たアレ■あ行■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ただ抱える当人にとっては十分に重過ぎる
周りから見たらどうって事ない悩み、後々振り返ってみたら何で悩んでたんだろうと思うような事柄。
でも、今はどうしようもなく悩んでる。
青春だなぁ〜
かつては自分も・・・
そんな気分になる作品ですよね!
Posted by 哀生龍 at 2010年09月08日 00:21
哀生龍さま、こんばんはー♪
>後々振り返ってみたら何で悩んでたんだろうと思うような事柄
で、後から不意に、それこそ車の運転中とかに思い出して、恥ずかしさのあまり絶叫したくなるんですよねぇ^^;
Posted by たお at 2010年09月08日 02:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155452806

この記事へのトラックバック

「アドベンチャーランドへようこそ」
Excerpt: JUGEMテーマ:映画 「アドベンチャーランドへようこそ」と言っても、うちの近所のあのテーマパークの話ではありません(笑)1987年の夏。大学院への進学を控えての夏休みにヨーロッパ遊..
Weblog: ハピネス道
Tracked: 2010-07-05 11:42

『アドベンチャーランドへようこそ』 (Adventureland)
Excerpt: 大学を卒業したばかりの青年ジェームズ・ブレナンは、卒業祝いで友人とヨーロッパ旅行を計画していたが、不景気のために両親は出費出来ず行けなくなってしまった。さらに自力で大学院進学の学費の足しにと夏の間だけ..
Weblog: Mooovingな日々
Tracked: 2010-07-05 20:38

アドベンチャーランドへようこそ / ADVENTURELAND
Excerpt: {/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 現在公開中「ゾ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2010-07-25 20:51

アドベンチャーランドへようこそ
Excerpt: アドベンチャーランドへようこそ / ADVENTURELAND 監督・脚本:グレッグ・モットーラ 製作:シドニー・キンメル 撮影:テリー・ステイシー ...
Weblog: RISING STEEL
Tracked: 2010-08-06 00:39

アドベンチャーランドへようこそ
Excerpt: Adventureland 大学の卒業旅行と大学院に行ってからのアパート代とに、親の金を当てにしていたジェイムズ(ジェシー・アイゼンバーグ)だったが、突然親の収入が減ってしまい、旅行どころか大学院の..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2010-09-08 00:18

映画「アドベンチャーランドへようこそ」今は輝くジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワート
Excerpt: 「アドベンチャーランドへようこそ」★★★WOWOWにて ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、 ライアン・レイノルズ、マーティン・スター、ビル・ヘイダー出演 グレッグ・モットーラ監督、1..
Weblog: soramove
Tracked: 2011-02-07 10:05

アドベンチャーランドへようこそ
Excerpt: 87年の夏。親の事情で、計画していた旅行のみならず大学院進学まで危うくなったジェイムズ。仕方なくバイトを始める事にしたが、そこは地元のさびれた遊園地だった。
Weblog: rambling rose
Tracked: 2011-02-11 19:37

『アドベンチャーランドへようこそ』’09...
Excerpt: あらすじ1987年夏。冴えない童貞のジェイムズは大学院進学を控えていたが、父親が減給され学費を稼ぐ為、寂れた遊園地でアルバイトするが・・・。感想低予算ながら、1億ドル以...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2011-06-21 09:21

『アドベンチャーランドへようこそ』’09・米
Excerpt: 80年代正統派青春映画 もっと読む[E:down] 虎党 団塊ジュニア の 日常
Weblog: 虎団Jr. 虎ックバック専用機
Tracked: 2011-06-21 09:26