2010年07月04日

テレビでは流せない芸能界の怖い話

確か新耳袋に書いてあったような気がするんですが、怪談話で重要なのが、読者と怪談の舞台との地理的距離だとか。たしかに同じ話であっても、舞台が自分が今いる場所の近くであるかカザフスタンであるかでは、怖さが全然違いますしねぇ。だから、新耳袋では場所が重要なカギを握る場合以外は、敢えて書かないそうで。

その怪談において地理的距離間が怖さを増幅させる重要な要素の一つなんですが、実際の舞台が読者から遠くに位置している場合が多いにもかかわらず、怖さが変わらない“距離感の曖昧さ”を持っているのが、TVや映画など芸能界を舞台にした怪談。実際距離が遠くても、受ける印象はTVと自分の距離の近さと感じてしまいますし。

で、この本。
“芸能界の”って言ってる割には芸能界じゃない話が多かったり、“TVじゃ流せない”ってはずなのにTVで放映したものの話だったりと、色々とチグハグだったりもしますが、心霊話から芸能界の苦労話、若干の愚痴など多岐にわたる話の数々の中には、ゾクッとする話も何篇かありましたし、「カブトムシもいいけど、夏はやっぱり怪談だぁ!」って方には無難な一冊かと。


↓↓お帰りの際にでもぽちりと↓↓
人気ブログランキングへ

        

        



タグ:雑記
posted by たお at 03:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。